ストレイテナー「Deadman's Radio」 Vol.2(2006/4/13~15分)

Vol.1

あや兵衛は知っている。
ラジオレポ目的で、ここのブログに来る方がいらっしゃるってことくらい。
そんな貴方様の夢と希望と期待を下手したら、見事に粉砕させるかもしれない――そんな今回のブログです。

全国のおとま(略)

ごめん、ちょっと面倒臭くなった。

はい。
多少のハプニングは除いて、今夜も元気に聴くことができました。
Vo.&Gt.ホリエ氏のタイトルコールから始まる「Deadman's RADIO」。
予備知識の全くない方がこのタイトルだけを見たら、恐らく訝しがるだろう「Deadman's RADIO」
でも決して怖くはないよ「Deadman's RADIO」

関東在住の方からですね、このラジオが直接聴けて羨ましいと言われましたが。
逆にあや兵衛から言えば、様々なライブに行けて羨ましいと思うことがあります。
ラジオが聴けようが聴けまいが。
ライブに行けようが行けまいが。
それよりも。
人それぞれの楽しみ方があり、自分なりに楽しむことが大事だと思います。

今回のラジオはVo.&Gt.ホリエ氏とDr.ナカヤマ氏がリスナーのメールを読んでのまったり進行。
そりゃ当たり前のように、メールを送るリスナーは九州人で。
長崎出身のこの春から大学生の18歳からのメールでは、大学生が10代であることに改めて気づかされ、驚くシンペイ氏。
当時18歳の2人は高校卒業して、上京してるわけで、今思うとかなり無謀なことをした、いろんな方々にお世話になったとホリエ氏は言います。
春になると、母親と2人で1人暮らしの部屋を探す姿をちらほら見かけると言うシンペイ氏。
どうせ本人にとっちゃ念願の1人暮らしで、暫く経てば、コンパに明け暮れる日々が続くことを指摘し、大学は学問を学びに行く所だと主張する彼は、熱く今から説教してやると意気込んでおりました。
因みに、大学生活を経験しているホリエ氏はコンパ未経験で、音楽1本の硬派でした。
あと、専門学校を卒業した人達がその専門の道に進むのは少ないと、互いに指摘をしてました。

熊本在住の方からのメールでは、今度のライブでは初上陸であることに対し、九州出身の2人にとってみれば、熊本は行ったことがあると答える。
ホリエ氏に至っては、この間のプロモーションでばってん荒川のポスターを見たそうな。(何処のポスターを見たのかは、あや兵衛には判った)

あと。
この番組にはHPがありまして。
その日に流れた曲のリストや収録内容が載せられてますので。
聴けなくて、切ないため息をつかれている貴方には、こちらをご覧になることをぜひオススメします。

サイトアドレス→ http://www.smilefm.co.jp/straightener/

因みに。
前回の放送のオンエアリスト曲で、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのVo.後藤氏の日記にも書かれてある、yuppie fluの曲があるのだ。
無論、セレクターはホリエ氏。

Vol.2/Vol.3/Vol.4/Vol.5/Vol.6/Vol.7/Vol.8/Vol.9/Vol.10/Vol.11/Vol.12/Vol.13

今回のBGM:嶋野百恵「HOT GRAMOUR」
数年前に購入したDYNAMITE 7TH ANNIVERSARYのテープより。
[PR]

by p_and_l | 2006-04-13 22:18 | ラジオレポート

<< 愛するが故に    竹島なら「BAMBOO ISL... >>