2006/12/22 CROSS FM「クロキン激音団」 ※ゲスト:ストレイテナー

12月22日(金)。
地元のラジオ番組で、ストレイテナーのホリエ氏が電話にて出演するこの日。
あや兵衛はいつものように残業で。
時計を見ては、今から帰宅してもゆっくりラジオ聴けるな、なんて思ってたら。
番組は21時からなのに、22時と勘違いしてたけどね。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

~始めに~
以下は、12月22日(金)、CROSS FM「クロキン激音団」(21時~23時)というラジオ番組のレポです。
但し、内容を一部編集しておりますので、ご了承下さい。
尚、この番組はDJが2人存在しまして、「●」が男性、「○」が女性と分けております。


曲:ストレイテナー「BERSERKER TUNE」

○えーと、お名前をどうぞ!
ホリエアツシ(以下、ホリエ):はい。ストレイテナー、ボーカル・ギターのホリエです。
○こんばんはー。
●ごめんねぇ。こんな時間に(笑)
ホリエ:(爆笑) 生(放送)なんですね、これ。
●電話するつもりじゃなかったんだよ、オレは。やめとけよって、ディレクターに言ったんだよ。こんなねぇ、クリスマスに…。
ホリエ:(爆笑)まさか、生だとは思わなかったですね。
●思わないよな、普通な。もう今、これ生で福岡の皆に全部届いてる――これがまぁ、クリスマスプレゼントとして考えたんですけども。
ホリエ:あぁ、はい。まぁ、まぁねぇ(笑)
●こんな時期、如何お過ごしですか?
ホリエ:そうですね。レコーディングとかライブが11月で終わっちゃったんで、12月はのんびり過ごしてます。
○じゃあ、もう、クリスマスはパーティですか?
ホリエ:クリスマスパーティ…鍋とかやろうと思ってます。
○鍋パーティね。
ホリエ:あと、テレビで「トレインスポッティング」(※注1)をやるんで。スポッティング見たい――あ、あんま福岡、関係ないですけどね。
●福岡、関係ないし(笑) おまけに、ホリエ、「トレインスポッティング」くらい買えよ!
○DVDが出てますからね、随分前に。
ホリエ:(爆笑) そうですね。
○(爆笑)
ホリエ:18歳くらいの時に見た――映画館で見たんで。それ以来初めて見るからですね。
○テレビって吹き替え?
ホリエ:あ、(吹き替え)じゃないと思うんですよ。マイナーなテレビ局なんで。
●じゃあ、それは字幕かな?
ホリエ:字幕じゃないすかね。
●あれ、(テレビで放送)やっていいのかね?
ホリエ:あー。多分、(テレビ局が)マイナーだから大丈夫。
●大丈夫なのかね? 便器の中に吸い込まれちゃって大丈夫かな?
ホリエ:(爆笑)
●オレもあれに近い経験はしたことあるんだけど。
ホリエ:(笑) 僕も今日、近いというか、同じような感じですね。
●何じゃ、そりゃ?(笑)
ホリエ:二日酔いで
●(爆笑) やっぱり、12月にライブがないと意外と…
○呑みが続きますよね。
ホリエ:そうなんですよね。あの、ノロウィルスとか気をつけて下さい。
●ホリエも結構、長時間呑むからね。
ホリエ:そうですね(笑)

●この時期、やっぱ、他のバンドもライブがたくさんあるじゃないですか。つい見に行ったりしてね。
ホリエ:はい、はい。そうですね。明日なんか、the band apart見に行こうと思って。
●それはどちらまで?
ホリエ:えっと、the band apartは両国国技館なんですけどね。
●これはちょっと帰り、困るよね、打ち上げとかがね。
ホリエ:そうなんですね。
○近くのちゃんこでいいよ、ちゃんこで。
ホリエ:(爆笑)
●tha band apartとか皆集まって、ちゃんこ鍋食ってるのも面白いけどね。
ホリエ:良いですね、両国で打ち上げ(笑)
●クリスマス当日ってのは、鍋でもしようかなって感じで。
ホリエ:そうですね。クリスマス当日は仕事も入ってますからね。
●あら! これは何が入ってんの?
ホリエ:仕事は…テレビの収録とかが。衛星(放送)ですけど。
●でも、そっちの方が良いよな?
ホリエ:そりゃ、そうですね。そう、今年はないんで、カウントダウンも。

○今年はどんな年だったんですか?
ホリエ:今年は忙しかったですね、とりあえずね。
●今年はストレイテナー史上、かなりベスト3に入るくらい、ビジーな年じゃなかった?
ホリエ:ビジーでしたね。全然、忙しくなって有難いことですけど。ライブなんかも細かく、いろんな地方に行けたりとかして。喜ばしい忙しさでした。
●メンバー全員が忙しかったもんね。ZAZEN BOYSとか…
ホリエ:そうですよ。ザゼンに至っては、まだツアー回ってますからね。
●忙しいと逆に、アドレナリンが出てくる時もあるだろうね。
ホリエ:寂しいのが、あまり忙しすぎると、あんまり1つ1つを覚えてないのが寂しいんですよね。
○そうね。昔のピンクレディーも言ってました、そんなふうに。
ホリエ:あー。
●ピンクレディーかよ。
ホリエ:(爆笑)
○もう、ベストテンに出て喋ったこと全然、覚えてないって。
ホリエ:ピンクレディーとはちょっとアレが違いますけど(笑)
○忙しさが?
ホリエ:レベルが(笑)
●でも、今年はフジ(ロック・フェスティバル)に出たりとか、そういう時のことは覚えてるんじゃないの? オレは見たよ、ホリエ達がプラプラして結構、呑んでるところを。
ホリエ:マジですか!?
●えぇ。バックヤードを歩いてるところを。でも、結構、もうそん時、皆で(酒を)お召し上がりになってね。
○(爆笑)
ホリエ:あ、そうですか(笑) 日本酒なんか呑んでましたね。
●呑んでた!? いいねぇ(笑)
ホリエ:新潟なんでね、主力が。日本酒が。
○成程ね。
●自然の中にいるとね、自分のアフターライブの時とか、凄い解放感があってね。いろんなステージの袖から見てると、総て同じ目線で見えてくるからね。
ホリエ:そうですね。最高ですね。青春のアイドルだったクーラ・シェイカー(※注2)を袖で見れたのが、凄い嬉しかったですね。
●生クリスピアン!みたいな。
ホリエ:(爆笑) 青春でした。アイドルでしたからね。
●クリスピアンは凄くフレンドリーな人間ですから。普通にラーメン好きですからね。
ホリエ:(笑) ラーメン好きなんですか?
●日本に来て、いつもラーメン食ってるらしいからね。
ホリエ:へぇー、良い話ですね。
●今度、ホリエも一緒に食いに行こうと言ったら、すぐ食いに行くと思うよ(笑)
ホリエ:美味いラーメン屋があると言ったら…
●行こうぜと言ったら、乗ってくると思うよ。
ホリエ:(爆笑)

●さっき聴いてもらった、10月25日に「BERSERKER TUNE」が出まして。これまた素晴らしいね。また、これで山中さわおが嫉妬して、3曲くらい曲ができてると思うんですけど。
ホリエ:(爆笑) こないだライブ見に行きました。
●実は来年年明けにて、1月・2月と2作連続シングルが。こりゃ、(天下を)取りに行くね。
ホリエ:いや、いや、いや(笑) 意外にも攻めていきます。
○2枚連続リリースして、その後、またドーンと何か来るんでしょ?
ホリエ:そうですね。来ますね、はい。まだ言えないですけどね。
●これは相当、来年の前半は過激な動きをしていくような気がしますね。
ホリエ:はい。1月早々、福岡でカサビアン(※注3)を…。
○カサビアンのライブを見に来るんですか?
ホリエ:いや、いや、いや(笑) 前座です、前座です。
●カサビアンの連中と友達なんじゃないの?
ホリエ:じゃないです。最初、東京だけだったんですけど、福岡も出てくれって言われて。
●こりゃもう、日本が誇るイケメンバンドと向こうから来たイケメンバンドとの激突ですよ。
ホリエ:いや、いや(笑) かなりのイケメンですからね。でも、カサビアンって年、若いんですね。
●大丈夫だよ、”Hey,boy!”って言っとけば。
ホリエ:(爆笑) 良い奴だっていう話は聞いたことあります。とにかく男前ですよ、めちゃくちゃ。ちょっと太っちゃった気がしますけど。ボーカルがカート・ラッセル(※注4)に似てきたな、と。
●ヤバいよな、それ(笑) それはもう、福岡に来た時に美味しいラーメン屋連れてって…
ホリエ:あ、はい。山ちゃん辺りに。
○ラーメン好きかどうか判んないですよ?
●大丈夫、大丈夫。カサビアンなら。ホワイトスープ飲ましときゃ大丈夫と思う。
ホリエ:(爆笑)
○これが1月10日、Zepp Fukuokaでしょ? カサビアンのライブの日がシングルのリリース日なんでしょ?
●これ、凄いね。もうカサビアンファンにごっそり売って。もうチケットに無理矢理つければいいんだよね。
ホリエ:CDをね。
●CDを上乗せで。マストアイテムとして、もう(笑)
ホリエ:えぇ。抱き合わせで(笑)
●でも、もし当日、テナーを見たことない人が見たら、これ絶対買う気するんだけどね。
ホリエ:おぉ。なかなかやっぱ、洋楽ファンと邦楽ファンは相容れないですからね。そこを何とかしたいですね。
●今、奴等はモアファットになってるから、チャンスだからね。シンペイくらいガスッとやらしといて、ね。
ホリエ:はい、はい(笑)
●カサビアンとストレイテナーのカップリングライブ、これはちょっと見ものですよね。ホリエから聴いてて、カサビアン自体はどう?
ホリエ:あー、僕、大好きなんですよ。やりたいなぁと思って、日本来るんだったらやりたいですみたいな話をしてたら、実現したんですよ。
●カサビアンの音もテナーに通じるようなところがあるからね。カサビアンファン、ぜひテナーを見てですね、取り入れてもらいたい気もするんですけどね。
ホリエ:そうですね。カサビアンにかっこいいって言ってもらいたいですね。
●あいつら、イギリスツアーに呼んでもらいたいよね。
ホリエ:あぁー。それがもう最高ですね。
●今年なんかは、POLYSICSがカイザー・チーフス(※注5)と一緒にイギリス回ったりとかして。これからは簡単に実現していくような気がするのね。
ホリエ:あぁー。なかなか自分達で行こうと思わないですよね。
●実際、どうなの、ホリエは。海外志向みたいなものは。
ホリエ:海外志向は全くないんですけど。ただ、楽しそうだから行きたいなっていうのはありますよね。イギリスとか行ったことないんで、行ってみたいですね。
●意外と切望している人間は行けなかったりするんですよ。山中さわおも絶対行きたくなかったというアメリカライブツアーやって、びっくりしたらしいからね(笑)
ホリエ:(爆笑)
●POLYSICSのハヤシも言ってましたけど、イギリスやアメリカ行っても、早く日本の居酒屋で呑みたいと思う、と。
ホリエ:イギリスは呑んだら、とりあえず、ケンカするらしいですからね。絶対嫌ですからね。何か、ケンカが普通らしいですね。

●そして、2月はライブが福岡で予定されまして。2月22日で、2・2・2。
ホリエ:お、良いですね。
○にゃん、にゃん、にゃんでネコの日です。
ホリエ:ネコの日ですか!?(笑) ホントですか!?(笑)
○ホントですよ。
●会場はDRUM Logos。LITEが一緒に、ゲストに出ると言うことで。
ホリエ:はい。ツアー一緒に回ります。
○2月にまたシングルリリースするんでしょ? それもタイトル言っちゃっていいんですか?
ホリエ:はい、言っちゃっていいですね。「TRAIN」です。
●カサビアンのライブの日に2007年最初のシングル「SIX DAY WONDER」がリリースされて、2月14日に2007年のセカンドシングル「TRAIN」。こう、毎月、出していったら面白いんですけどね。
ホリエ:あんま、やりすぎるとね…(笑)
●おのずと、アルバムも。いずれかには。どのくらいに?
ホリエ:まぁ、その後に(笑) ガツンと行きますんで。

●何処かアジア圏も行ってもらいたいんだよ、ストレイテナー。
○アジアは興味あるんですか?
ホリエ:アジアも行ったことないんで、行ってみたい気もするんですけど。
●まず、韓国とか行ってほしいですね。
○韓流の映画にストレイテナーみたいな曲、使ってほしいですね。
ホリエ:(爆笑) それはどうかと思いますけどね。
○何かねとーとしたものじゃなくて、スコーンとしたヤツをね。
ホリエ:だいたい、記憶喪失になりますからね(笑)
○そうなんですよ。最後に美しい涙を流すんですよ。
ホリエ:そういうギャップは有りですよね。
●何故、そんなにホリエをアジア進出にプレゼンしてるのか判んない(笑)
欲がないからね。欲を出してやろうと思って(笑)
ホリエ:そうですかね(笑) ま、そもそも、カサビアンがイギリスに呼んでくれるとは夢のような話ですからね。
●ぜひ、カサビアンファンの人達も1月10日のZepp Fukuokaのストレイテナーのライブも楽しみにしてほしいですね。
ホリエ:これからチケット買って来てくれる人も、宜しくお願いします。
●2月22日にはDRUM Logosでのライブありますので、そっちも皆さん、足を運んでいただきたいと思います。
ホリエ:宜しくお願いします。

●というわけで、今日はストレイテナー、ホリエアツシに直接、電話しまして。
○やっぱ、声が良いですね。
ホリエ:あ、そうですか? 一生懸命テンション上げてるんですけど。普段は電話はめちゃめちゃ暗いって言われます。
●(笑) リスナーの皆さんに何か一言ありましたら。
ホリエ:そうですね。福岡の皆さんは、ノロウィルスに気をつけて下さい。
●ストレイテナー、ホリエアツシ。有難うございました。
ホリエ:有難うございました。

曲:ストレイテナー「SIX DAY WONDER」


~解説~
注1:「トレインスポッティング」
ダニー・ボイル監督。ユアン・マクレガー主演。1996年製作のイギリス映画。
スコットランドを舞台に、ヘロイン中毒の若者達の日常を描いた、アーヴィン・ウェルシュ原作の同名小説を映画化している。
トレインスポッティングとは鉄道マニアが列車の番号票・認識票を収集することを表す。

注2:クーラ・シェイカー
クリスピアン・ミルズ(Vo.&Gt.)、アロンザ・ベヴァン(Ba.&Piano)、ポール・ウィンターハート(Dr.)、ハリー・ブロードベント(Org..&Key.)によるイギリスのロックバンド。
1994年にサウス・ウエスト・ロンドンで結成。
2004年に解散したが、2006年に活動再開宣言をし、同年のフジ・ロック・フェスティバルに参加している。

注3:カサビアン
トム・メイガン(Vo.)、セルジオ・ピッツォーノ(Gt.&Key.&Vo.)、クリス・エドワード(Ba.)、ジェイ・メーラー(Gt.)によるイギリスはレスター出身のロックバンド。(但し、ジェイ・メーラーはサポートメンバー)
尚、カサビアン福岡公演ではアフター・パーティーの実施が決定されてます。
 CROSS FM × TROOP RECORDS presents KASABIAN AFTER PARTY
 日時:2007年1月10日(水曜日)22:00~
 会場:THE DARK ROOM(福岡市中央区天神)
 入場方法:1/10KASABIAN福岡公演チケット半券+1ドリンク代(\600)
 *KASABIAN福岡公演チケットをお持ちの方対象のイヴェントです
 現在、CROSS FMでは優先入場ハガキの応募を受付中!
 詳しくは、 CROSS FMホームページ(http://www.crossfm.co.jp/)まで。

注4:カート・ラッセル
1951年3月17日生まれ。アメリカはスプリングフィールド市出身の俳優。
ジョン・カーペンター作品の常連でもあり、A級作品だけでなくB級作品での出演も多い。
俳優のビング・ラッセルの息子であり、千葉ロッテマリーンズ内野手・マット・フランコとは甥にあたる。

注5:カイザー・チーフス
リッキー・ウィルソン(Vo.)、ニック・ホジソン(Vo.&Dr.)、アンドリュー・ホワイト(Gt.)、サイモン・リックス(Ba.)、ニック“ピーナッツ”ヘインズ(Key.)によるイギリスはリーズ出身の5人組。
バンド名は南アフリカ共和国のフットボールチームに由来する。
POLYSICSは2006年4月19日~29日に行われたイギリスでのアリーナツアーのフロントアクトとして登場している。

今回のBGM:ANA「SHIFT」
上記の解説の言葉、どれ1つ知識がなかった。
[PR]

by p_and_l | 2006-12-23 19:20 | ラジオレポート

<< インパクト勝負。    大演奏・春場所。 >>