ストレイテナー ニューアルバム&DVD

方言辞書も気になった。
全国のおとまにのみなさん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

職場の上司との談話で、「ダヴィンチコード」という本に今、ハマっているそうで、機会があったら読んでごらんと言われた。
確かに、発刊当時は各メディアの注目を浴びていたことは覚えている。
しかも今度、映画化されるそうで。
せっかくだからと仕事帰り、図書館に行って探したら貸出中で、しかも17人の予約待ちだった。
仕方なく諦めたが、感情表現辞書という面白そうな辞書を見つけ、これを借りようとしたら貸出禁止本だった。


ストレイテナーNEW ALBUM「Dear Deadman」
2006.3.8(水)発売 2,500円(税込)
TOCT-25912

1 The Novemberist
2 Melodic Storm -DEAR EDIT-
3 Blue Sinks In Green
4 Dead Head Beat
5 Sad Code
6 The Remains -DEAD EDIT-
7 The Nowarist
8 Tornado Surfer
9 Discography
10 Farewell Dear Deadman


ストレイテナーNEW DVD「EMOTION PICTURE SOUNDTRACK」
2006.3.8(水)発売

1. TRAVELING GARGOYLE
2. A SONG RUNS THROUGH WORLD
3. TENDER
4. REMINDER
5. KILLER TUNE
6. SAD AND BEAUTIFUL WORLD
7. AGAINST THE WALL
8. THE REMAINS
9. DISCOGRAPHY
10. Melodic Storm


この間、ライブの詳細が決定したと思ったら、今度はアルバムにDVDと来ましたか。

ストレイテナーの曲のタイトルは見ての通り、英語ばっかりなんですよね。
前々から思ってたんですが、タイトルに使われてる言葉があや兵衛の中で非常に親近感が湧きます。
学生時代、よく目にした単語が多く、逆にこの単語でこう言った表現ができるのかと改めて思い知らされます。
別に難しい言葉を使わなくとも、ありふれた言葉の方が親しみが持てて、イメージしやすいのかも知れませんね。
でも、「Farewell Dear Deadman」で別れの言葉である「good-bye」ではなく、「farewell(Good-byeより古風で、長い別れの挨拶に用いられます)」を使うところがニクいと思いました。
あと、「GARGOYLE」や「Storm」を用いる辺り、ファンタジー系が好きなのかと憶測してますが。

あ、今日シングル発売日だったんだ。


今回のBGM:weezer「Perfect Situation」
フレッシュネスバーガーで食事してたら、ちょうどこのBGMが流れ、1人満足。
[PR]

by p_and_l | 2006-01-18 15:52 | 偏見的リリース情報

<< OUTLAW解散    ストレイテナーツアー開催 >>