GRAPEVINE「another sky」

仕事であれ、遊びであれ。
たまに、何処まで満足していいのやら、って考えることがあります。
完全に満足しちゃったら、もうそこで終わってしまいそうで。
発展の余地がなさそうで。
何事もほどほどが良いと思うけど。
ついつい欲張ってしまうあや兵衛自身に、また葛藤の嵐が吹き起こります。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

f0042928_22242298.jpg種類:国内盤/CDアルバム
発売日:2002年11月20日
レーベル:ポニーキャニオン
規格品番:PCCA-01789
価格:3,150円(税込)
収録曲
 1.マリーのサウンドトラック  
 2.ドリフト160(改)  
 3.BLUE BACK  
 4.マダカレークッテナイデショー  
 5.それでも  
 6.Colors
 7.Tinydogs
 8.Let me in ~おれがおれが~
 9.ナツノヒカリ
 10.Sundown and hightide
 11.アナザーワールド
 12.ふたり

GRAPEVINEはあや兵衛にとっては、比較的早い段階で存在を知りました。
初めて聴いたのは、相方からMDに録音してもらった「風待ち」(2001年)です。
その時は、この曲がバラードであったためか。
非常に優しい印象を持ったくらいで。
そこまで、ハマることはなかったです。

しかし、とある深夜の音楽番組にて。
その優しい印象は、単なる固定観念の1つであることを思い知らされました。
2002年にリリースした「BLUE BACK」。
そのPVの一部がオンエアされて。
Vo.&Gt.の田中氏が「んなわけねぇよ」と唄う姿を見て。
うわぁ、やさぐれてるなぁ、と思ったことを今でも覚えています。
これは勿論、良い意味でですけどね。
この曲を聴いてから、本格的にGRAPEVINEにハマっていってしまいました。

まぁ、だから。
GRAPEVINEの好きなアルバムを挙げるとしたら、あや兵衛はこれで。
初めて、まともに聴いたアルバムだったにも関わらず。
バラードだったり、ロックだったり。
様々な曲調がふんだんにあって、楽しいと思いましたね。

あや兵衛は8曲目の「Let me in ~おれがおれが~」がお気にです。
この曲が終わった後に。
次のバラードである「ナツノヒカリ」が来る、曲調のギャップもお気にです。

あと。
「マダカレークッテナイデショー」というこの曲タイトル。
あや兵衛の中で、未だに最強クラスのタイトル名として君臨してます。

今回のBGM:椿屋四重奏「LOVER」
腕がうようよしてるよ、このPV。凄いね。
[PR]

by p_and_l | 2007-05-02 23:25 | 今日の1枚

<< GREAT ADVENTURE...    4/27 GRAPEVINE ... >>