<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

K・U・R・U・M・Eからお届けしております

昨日、ライブ行く前に、大型書店を3件ほどハシゴしたんですよ。
欲しい本や雑誌は多々あるも、荷物になるのは控えたかったので、買うのは次の機会にと諦め、今日仕事帰りに本屋へ立ち寄りました。
ところが、欲しかった雑誌の表紙が違う。
あや兵衛が欲しいのは表紙がサンボマスターじゃなくて、ストレイテナーだ。
もしや…と思って、発売日を確認したら毎月28日でした…。
せつなめ。
(注;地方なので、発売日が2、3日ほど遅れて当たり前)

3/28 ZAZEN BOYS「TOUR MATSURI SESSION」at 久留米GEILS
雨は夜更け過ぎに雪へと変わる場合もあるだろうけど、昼過ぎに無事止んでくれたこの日。
ご存知の方はご存知だろうが、Vo.向井秀徳氏とここ久留米GEILSのある久留米市は深い縁があります。
こりゃ、観客が多いだろうと思ったら、当日券が普通に販売されていました。
入場整列の際、整理番号100番までの人は会場へと続く階段に並んでいくのだが、101番以降は春の夜風が冷たい中、外の歩道で2列に並ばせられる。
しかも、スタッフの方の誘導の声にすぐ反応して並んだのが、あや兵衛と20代前半の女の子1人だけ。
勿論初対面だが、あまりにも人が並ばないので「おかしいですねぇ」と声かけて、お互い苦笑いなんかしてみました。
次第に人が並び始めたが、あや兵衛の番号は109番なのに、前に誰もいない。
前の8人は何処へ消えたのだね?
この時点であや兵衛はこのライブは本当にZAZEN BOYSなのかと軽い自問自答が起きていました。

開演は19時30分と何故か遅め。
客の割合は6:4で男性の方が多めで、しかも今は学生さん等は春休みのせいか、まだあどけなさを残した輪郭から、中学生らしき男の子が参戦する姿も見れました。

ZAZENのライブは一瞬の隙をも許してはいけない。
それはメンバーかてそうだろうが、観客とて前のめりで常に窺ってますよ。
しっかり曲を聴かないと、リズムを間違えてコールや手拍子のタイミングを失敗することだってあるますし。(はい、それはワタシです)

Gt.Vo.Sn.の向井氏は何処から用意したやら、キ●ンのビールケースの上に立って、ギターやシンセサイザーを操ります。
しかもシンセサイザーを演奏する時なんか、片脚を後ろへまっすぐ伸ばし、華麗な技(?)まで披露してくれました。
しかし、その際、あや兵衛の心の声は「ひなっち、危ない(笑)」
何せ、向井氏の足が町田のヤンキー(別称;ひなっち)ことBa.日向氏に当たりそうなところを見逃しませんでしたから。

カシオマンことGt.吉兼氏なんか突然、向井氏に紙製の手作りお面を被せられても、そのまま演奏を続けます。
ちゃんと、お面に目の所に穴を開ける配慮はしてありました。
ご安心を。

2回ほど、それぞれ別の女の子がステージの上に上がるというプレミアなこともありました。
1回目は観客全員で手拍子が湧き起こる中、20代前半の女の子は向井氏から手渡された拍子木使って、恥ずかしながらも、リズムを刻んでくれました。
2回目は観客全員で大合唱が湧き起こる中、20代前半の女の子は向井氏から差し出されたマイクに恥ずかしながらも、唄ってくれました。
因みにこの時の彼女は、向井氏から何処の高校かとの質問に素直に答えてました。

向井氏のMCでは流石、地元の地名や高校の名前が飛び交ってました。
「久留米」の言葉が何回発せられたのやら、しかもフェイント突いて「車」とか言い出すし。

あと、彼等のステージから退場があや兵衛的にかっこよかったと思う。
まず唄い終えた向井氏から退散、暫く演奏して、次に日向氏が観客からひなっちと歓声を受けながら退散。暫く(中略)Dr.柔道2段こと松下氏が柔道での一礼をして退散。
そして、1人残った吉兼氏のソロプレーでシメて、彼も退散――という、まるで映画のワンシーンを見ていってるようで、いつまでも余韻にひたれることができた。

久留米GEILSというライブハウスはキャパが約300人ほどで、段差もなく至って平面。
ポールもなくて、灰皿が置いてあるのが毎回不思議に思うんですよね。
携帯電話の電波が届かない地下だし、地下だからこそ禁煙にしないと危険ではないでしょうか?
また、今回のライブでは会場内のトイレが使用禁止で、ライブハウス隣にある公園の公衆トイレを利用しないといけませんでした。
さらに、久留米GEILSのステージは低い。
前から4列目で見ても、メンバーの手元は全く見えなくて、前屈されたら視界から完全に消えます。
しっかりと目に焼き付けたいなら、一番前じゃないと堪能できないでしょうな。

今回のまとめ。
・今回ぐらいはドリンクにビールが呑みたいと、いつも車を使うところをあえてバスを利用することで、美味しい一杯を戴く。
・しかし帰りのバスの時間が迫っていて、ほぼイッキで飲み干す(良い子にはオススメできない)
・そのまま全力疾走でバス停に向かうも、交差点の赤信号のせいで、バスを見送るハメになる(素人にはオススメできない)
・次のバスが30分後だった為、空腹だったこともあり、近くのコンビニで買ったおにぎりを食しつつ、6つ先のバス停までひたすら歩いていった(女の子にはオススメできない)

↓会場の入り口。
f0042928_23483876.jpg

今回のBGM:BGMかけ忘れた。
そんな時だってある。
[PR]

by p_and_l | 2006-03-29 23:48 | ライブレポート

星3ついただきました!

ストレイテナーが4月からラジオのレギュラー番組「Deadman's RADIO」がスタートすること知りまして。
そのラジオ局がFM佐賀(毎週木曜21:00~21:25)、FM長崎・FM熊本・FM鹿児島(毎週21:30~21:55)、FM大分(毎週金曜20:30~20:55)、FM宮崎(毎週土曜21:30~21:55)です。
が。
お気づきになりません?
何故か同じ九州圏内なのに福岡がない。
福岡がない!
関係ないが、FMならFM福岡よかCROSS-FM派。

夏はまだまだ先なのに、あや兵衛の中でビッグウェーブが巻き起こってる今回の1枚はこちら。
hare-brained unity「2000'S ★★★★★ DISCO」
f0042928_22483975.jpg発売日: 2006年1月25日
レーベル: ROCKTRADE
規格品番: ATRT-005

1.intro
2.スターライト
3.スペクトル
4.星に願いを
5.白い街
6.バタフライ
7.光と影
8.Fivestars(inst)
9.スロウマップ
10.サヨナラトーン
11.1216

相方からこのCDを借りたのがきっかけですが、ロックながらもディスコサウンドの印象を受けるところに惹かれました。

アーティスト名は「ヘアブレインド・ユニティー」と発音します。
略して「ヘアブレ」
どういう意味なのか調べてみたら、直訳すると「浅はかな統一」だそうで。

メンバーはGt.&Vo.布谷吉崇、Gt.吉田大佑、Ba.和田大樹、Dr.大坪徹志の4人で、全員長崎出身。
このアルバムのTHANKSクレジットには同じ長崎出身のストレイテナーのアーティスト名が発見できます。
あぁ、しかも彼等はあや兵衛と同世代だ。

あと、あや兵衛的に関心を湧いたのが彼らはハイラインレコーズ出身ということです。
ハイラインレコーズと言えば、様々アーティストを輩出してますよね。
ハナレグミ、椿屋四重奏、ホフディラン…
結構、コアなアーティストが多いので、一目置いてます。

たまたまタワーレコードのHPでこのアルバムのレビューで、ASIAN KUNG-FU GENERATION、ACIDMAN、ストレイテナーに次ぐロックバンドみたいなことを書かれてましたが、今年のロックの兆候ってちょっとディスコちっくなのがウケるんでしょうかね?
あや兵衛の中のディスコちっくはDOPING PANDAが真っ先に連想されます。

そんなヘアブレは4月26日に3rdマキシシングル「ソライロ」をリリースします。

今回のBGM:ZAZEN BOYS「Friday Night」
明日の予習でございます。
[PR]

by p_and_l | 2006-03-27 23:16 | 今日の1枚

世界の共鳴

今日、秋葉原名物おでん缶を食しました。
醤油ベースと思いきや、しっかりと鰹だしが効いてます。
練り物の弾力がやや固めかな。
こんにゃくに串刺さってるのが良いなぁ。
食べ終わって、残りの汁を捨てる時、下の方で残ってた牛すじが流しの三角コーナーに転がって落ちていったのがちょっとショックでした。
あと、このおでん缶を温めるのに、鍋に熱湯を入れてそのまま缶ごとぶち込んで暫く放置しました。
そしたら、この方法が親からえらく驚かれたんですけど、そんなに変わってるんですか? この方法。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

3/18 ACIDMAN LIVE TOUR「and world」at Zepp Fukuoka
実はACIDMANのワンマンはこれが初めて。
密かにあや兵衛とACIDMANとの相性はあまり良くないと思ってますが、今回も予想外さず、天気は雨。
実は今回、開場前に買ったライブTシャツに黒のスニーカーと今まで参戦したライブでありえなかった、むしろこんな装備をしたのは生まれて初めてだったのにもかかわらず、天気は雨。
お客さんの大半が傘をさす中、春雨に濡れるあや兵衛。
しかも困ったのが、後ろの女の子がさしてる傘から落ちた雨粒がうなじから背中へ伝う。
本人に悪気はないだろうけど。

ACIDMANはVo.&Gt.大木伸夫・Ba.佐藤雅俊・Dr.浦山一悟から成る3ピースバンドで、ちょうど会場の真ん中で見ると、3人が視界いっぱい楽しめる。
4ピースの場合、Dr.がVo.の影に隠れてよく見えないから、これは非常にお徳だなぁと思いました。

ステージ前に躍り出て客を煽るのが、サトマの愛称で知られるBa.佐藤氏のお仕事。
Vo.&Gt.オオキ氏は勿論唄わなければいけないし、Dr.イチゴ氏はドラムを放棄するのは以ての外だ。
そうなると、この仕事は必然的に彼の役割になる。
しかも実は、コーラスは総てDr.イチゴ氏が担当しており、彼はいっさいコーラスをしない。
じゃあ、彼の前に置かれてあるマイクスタンドは一体何の意味があるのかと思ったら、ちゃんとMCでツッコミを果たしました。
この時、初めてライブでサトマ氏のMCを聴きましたね。
ベースを弾きながらの上下ジャンプ姿には彼らしいと思わず納得してしまいましたが、興奮あまりキャップがいつの間にか取れてました。
この時、初めてライブでサトマ氏のキャップなし姿を見ましたね。

ライブのメインMCを務めるのが、毎回様々なあだ名(仙人、サンタさん、ラーメン等)で観客に可愛がられるDr.浦山氏のお仕事。
本人の名前からして物語っているのか(憶測ですが)、今回のMCも食べ物の話はお約束。
見事、外していない。
今回のツアーが始まる前にツアー中で痩せると宣言したらしいが、ツアー中の彼の食欲っぷりを見るに、本当に痩せる気があるのかとオオキ氏やサトマ氏からツッコミの集中攻撃を喰らう。
あまつさえ、今回も観客からダイエットというあだ名を貰う。
はたして、このツアーが終わったら、一回り痩せたイチゴ氏が見れるのか。
ドラムはスティックを使うのは当然ですが、この時初めてスティック以外のものを使うのを始めてみました。
恐らく、ティンパニーで使用されるバチ――「マレット」だと思うんですがね。

曲の総ては彼の手によって施され、今回のアルバム「and world」に託されたメッセージを伝えるのがVo.&Gt.大木氏のお仕事。
総てはイコールで繋がっていて、その後も世界は続いていく意味でこのタイトルにしたそうな。
ライブ終盤で感情露わに「楽しかった!」と言うオオキ氏に観客が「俺も!」と答えるので、「お前を2番にしてやる。1番が俺だ」と投げ返した。
アー写ではジーンズ姿などお目にかけないので、初めて見るジーンズ姿と思いきや、勘違いに終わりました。
基本的にピックを使って演奏するのに、ある曲の間奏でピックをくわえ、指に変わった時、指とピックじゃ違いがあるんだなぁと素人ながらの関心を覚えました。

今回のあや兵衛のチケット番号は100番台と前の方で堪能でき、モッシュは多少あったが、人が雪崩れて倒れるほどではなかったし、ダイブなんて一切なかった。
インスト曲が演奏される中、同時に映像も楽しめるのは流石、ACIDMANならではで、聴覚だけでなく視覚も大いに味わえます。
ACIDMANはあや兵衛の中では音源よりライブで曲を聴きたいと思ってます。
繊細かつ壮大な音に乗せて築き上げる彼等の空間は、ライブを見た方にその存在を大いに残すでしょう。

今回のまとめ。
・今回、一緒に参戦した相方はあや兵衛と間違えて、違う娘さんの頭を後ろから激しく撫でたそうで。
・あや兵衛は観客に押されて、相方とはぐれる直前、相方の指を咄嗟に掴んだが、どうやら別人の方の指を掴んでたようで。
・ライブ終了後、出口付近でスタッフの方がビデオカメラ持って、観客のコメントを撮影してたが、あや兵衛のコメントは果たしてどう活かされるのやら。
・ライブ後に地元のラーメン店で地獄ラーメンという激辛ラーメンを食べたが、辛ければ辛いほど、とんこつ独特のまろやかさが薄れることが判り、試合に勝って勝負に負けた気分を味わう。

今回のBGM:WOF-PLAY「その都へ」
こちらも音源よかライブで聴きたいアーティストの1つです。
[PR]

by p_and_l | 2006-03-25 00:10 | ライブレポート

Too early? No.I'm too late.

TVで地元の幼稚園児達が川に鮭の稚魚を放流を体験するニュースを見ました。
体験した幼稚園児達がそれぞれ「楽しかった」とか「鮭が帰ってきてほしい」とコメントを述べる中、1人の幼稚園児は物凄いコメント(↓)をしてくれて、爆笑しました。
「いろんな経験をして、帰ってきてほしい」

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

ストレイテナーは2度目ですが、取り上げる曲の基準は文を書いてみたいからという、あや兵衛の単純発想です。
ストレイテナー「Early Years」f0042928_20181990.jpg
発売日: 2005年4月13日
レーベル: Pacific
規格品番: LDCD-50018
価格:2,520円(税込)

1.ROCK STEADY
2.BOUNDER ADVENTURE
3.SKYLABHURRICANE
4.ANOTHER DIMENSIONAL
5.戦士の屍のテーマ
6.UNICORN
7.THE MEANING
8.SENSELESS STORY TELLER SONY
9.DOUBLE HEADER
10.THE WIND DIED AWAY LONG LONG AGO
11.DRASTIC TRANSPOSITION
12.WIDE OPEN STANCE
13.EAGLE SHARKPANTHER
14.FRAGILE SILENCER
15.I'm O.K.
16.走る岩
17.ERROR
18.STAND UP NOW!
19.T.W.D.A.L.L.A.
20.UNDER ATTACK
21.MOUNT
22.YES, SIR

このアルバムはストレイテナーのインディーズ時代の音源が収録されているベスト盤です。
全22曲だが、収録時間は60分とちょっと。
1曲1曲が3分前後と比較的に短めなんですな。

インディーズ時代の頃のストレイテナーは「ギターとドラムスとの最少編成」という代名詞が嫌と言うほど目に付いた。
それも事実な訳で、Vo.&Gt.ホリエアツシとDr.ナカヤマシンペイの最少編成2人組が音の最大の魅力を発揮したのも事実ですね。

あや兵衛は彼等の音源を最初にまともに聴いたのがアルバム「TITLE」で、曲に幻想的かつ叙事的な印象が強く残りました。
しかし、このアルバムを聴いた時、既にこの時からスピード感溢れる、圧倒的なサウンドも兼ね備えていたんだと思いました。
そういう意味じゃ、二面性を巧く魅せるテクニシャンかもしれません。
「TITLE」から「Early Years」へと邂逅するように曲を聴いたものですから、インディーズ時代の曲の雰囲気がメジャーになっても活かされているのがよく判ります。

あや兵衛的に12曲目の「WIDE OPEN STANCE」がまるで、ミッシェル・ガン・エレファントみたいだと思いました。
因みに、この表現はいろんな意味で、適切ではないことは自覚してます。

今回のBGM:ストレイテナー「FRAGILE SILENCER」
サビのメロディーにあや兵衛の切なさ度が上昇します。
[PR]

by p_and_l | 2006-03-14 21:02 | 今日の1枚

5月の意地悪

あや兵衛自身もうっかり忘れてた、久々の1本勝負。

ASIAN KUNG-FU GENERATION
あや兵衛(○) VS 5/16(火)Zepp Fukuoka(●)
インターネット先行受付後、抽選。

あや兵衛(●) VS 5/19(金)佐賀GEILS(○)
インターネット先行受付後、抽選。

あちゃあ、やっぱ読みは予想通り。
佐賀がハズレで、福岡当たり。
本命は佐賀GEILSだったんですが、何分会場のキャパと日程を考えると、当選確率は非常に低いだろうと睨んでて、保険のために福岡も申し込んでました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

今日はこちらの情報でも。
「DANIELS E.P.」
THE BAND APART/MOCK ORANGE
asg-006 1,785円
2006/5/17 ON SALE
LIMITED EDITION SPLIT EP

SMOOTH LIKE BUTTER TOUR -me,car,me-
(注/全公演MOCK ORANGEの出演はございません。)

5/20(土) 神奈川/CLUB24 YOKOHAMA
info : DISK GARAGE 03-5436-9600

5/21(日) 埼玉/越谷EASY GOINGS
info : DISK GARAGE 03-5436-9600

5/23(火) 奈良/NEVER LAND
info : GREENS 06-6882-1224

5/24(水) 和歌山/OLD TIME
info : GREENS 06-6882-1224

5/27(土) 宮崎/SR-BOX
info : キョードー西日本 092-714-0159

5/28(日) 鹿児島/SR HALL
info : キョードー西日本 092-714-0159

5/30(火) 山口/周南TIKI-TA
info : 夢番地(広島) 082-249-3571

6/01(木) 徳島/JITTERBUG
info : DUKE(高松) 087-822-2520

6/02(金) 愛媛/松山SALON KITTY
info : DUKE(松山) 089-947-3535

6/04(日) 岐阜/CLUB ROOTS
info : JAIL HOUSE 052-936-6041

6/05(月) 静岡/SUNASH
info : JAIL HOUSE 052-936-6041

6/09(金) 岩手/盛岡club change
info : GIP 022-222-9999

6/12(月) 北海道/旭川CASINO DRIVE
info : WESS 011-614-9999

6/14(水) 北海道/函館BAY CITY STREET
info : WESS 011-614-9999

6/16(金) 青森/QUARTER
info : GIP 022-222-9999

6/19(月) 長野/LIVE HOUSE J
info : FOB(長野) 026-227-5599

6/21(水) 福井/CHOP
info : FOB(金沢) 076-232-2424

6/22(木) 京都/磔磔
info : GREENS 06-6882-1224

6/25(日) 千葉/LIVE SPOT LOOK
info : DISK GARAGE 03-5436-9600

先行発売 http://www.diskgarage.com/info/asian/


何故、福岡がないっ!!!
しかも同じ九州内かて、日程が悪すぎる。
5月末はスケジュールの都合で行けない。
週末なのに行けない。
だから、同じ5月末にある大分でのマキシマム ザ ホルモンのライブも無理になりました。


今回のBGM:明和電機「明和電機社歌」
日本一イカした電機屋さんであり、日本一スパークしている電機屋さんでもある。
[PR]

by p_and_l | 2006-03-07 21:49 | 偏見的ライブ情報

お面の告白

3月4日からポカリスエットのCMソングとして、ポルノグラフィティの曲「ハネウマライダー」が起用されましたね。
ちょうどあや兵衛が職場での昼休みの時間、偶然TVで見たもんで、卵焼きを食べる手が止まりましたよ。
しかし、タイトルにある「ハネウマ」という言葉。
あや兵衛の憶測に過ぎないのですが、これってペガサスのことでも指すんですかね?
麻雀の「跳満」と似て非なるものがあると思いました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

何か、このところBEAT CRUSADERSの動きに目を瞠るものがありますね。

4月5日に両A面シングル「DAY AFTER DAY/SOLITAIRE」がリリース。
初回限定盤には4曲収録されてて、中洲産業大学教授ヒダカトオルによる曲解説・ライナー付など特典有り。
ちょっと「SOLITAIRE」という言葉の意味が気になったが、(指輪に)一つはめた宝石や ひとりトランプの意味だそうで。

5月3日にYOUR SONG IS GOOD×BEAT CRUSADERS SPLIT ALBUM"BOOOOTSY"がリリース。
それに相まって、5月20日よりBEAT CRUSADERS×YOUR SONG IS GOOD/『we are HYO-KING tribes2006』ツアーが開催。
・5月20日(土) 沖縄 ヒューマンステージ
OPEN 17:00/START 18:00
PMエージェンシーTEL.098-898-1331
料金:前売¥2,500/当日¥3,000
チケット発売日:3月19日(日)ぴあ、ローソン、イープラス
備考:w/ SKAYMATE'S

・5月27日(土) 千葉 ルック
OPEN 17:30/START 18:00
TEL.043-225-8828
料金:前売¥2,500/当日¥3,000
チケット発売日:3月4日(土)15時~お1人様1枚(会場店頭のみ)
備考:w/ TUFF SESSION

・5月28日(日) 横浜 エフエーディー
OPEN 17:00/START 18:00
TEL.045-663-3842
料金:前売¥2,500/当日¥3,000
チケット発売日:3月4日(土)14時~お1人様2枚(会場店頭のみ)
備考:w/ SPECIAL OTHERS

・6月4日(日) 大阪 ビッグキャット
OPEN 17:00/START 18:00
サウンドクリエーターTEL.06-6357-4400
料金:前売¥2,500/当日¥3,000
チケット発売日:4月23日(日)ぴあ、ローソン、イープラス
備考:w/ DJ HALFBY

・6月10日(土) 名古屋 クラブクアトロ
OPEN 17:00/START 18:00
ジェイルハウスTEL.052-936-6041
料金:前売¥2,500/当日¥3,000
チケット発売日:4月23日(日)ぴあ、ローソン、イープラス
備考:w/ DJ HALFBY

・6月17日(土) 広島 クラブクアトロ
OPEN 17:00/START 18:00
YUMEBANCHI TEL.082-249-3571
料金:前売¥2,500/当日¥3,000
チケット発売日:4月23日(日)ぴあ、ローソン、イープラス

・6月18日(日) 福岡 ビートステーション
OPEN 17:00/START 18:00
BEA TEL.092-712-4221
料金:前売¥2,500/当日¥3,000
チケット発売日:5月21日(日)ぴあ、ローソン、イープラス
備考:w/ nontroppo

・6月24日(土) 札幌 ペニーレーン24
OPEN 17:00/START 18:00
SMASH EAST TEL.011-261-5569
料金:前売¥2,500/当日¥3,000
チケット発売日:5月21日(日)ぴあ、ローソン、イープラス

・7月2日(日) 仙台 クラブジャンクボックス
OPEN 17:00/START 18:00
ノースロードミュージック TEL.022-256-1000
料金:前売¥2,500/当日¥3,000
チケット発売日:5月21日(日)ぴあ、ローソン、イープラス
備考:w/ TOTAL FURY

・7月8日(土) 恵比寿 リキッドルーム
OPEN 17:00/START 18:00
クリエイティブマンプロダクション TEL.03-5464-0800
料金:前売¥2,500/当日¥3,000
チケット発売日:5月21日(日)ぴあ、ローソン、イープラス

TOTAL INFO:VINTAGE ROCK TEL.03-5486-1099[平日12:00-17:00]

まだあや兵衛はBEAT CRUSADERSのライブは未経験なので、これを機に、行ってみようかと考えてます。
また、彼等のお面に対して、ぜひ特許を取っておいた方が良いと思うんですが、余計な世話でしょうか?

今回のBGM:RIP SLYME「JOINT」
PCに入れておいたインディーズ時代のベストアルバムのデータがぶっ飛んだ。悲しめ。
[PR]

by p_and_l | 2006-03-05 20:57 | 偏見的ライブ情報

16文並の大キック

今週分のELLEGARDENのラジオで、Vo.細美氏のMSXという言葉を聞いた時、懐かしい!と思わず声を出した。
MSXとは簡単に言えば、昔のパソコンですよ。
10代の方々は間違いなく知らないでしょうなぁ。
その時、細美氏が「高校生の時…」と言うから、そんなに昔だったかと考えました。
確か、あや兵衛が知人宅でそれでゲームして遊んだのが…あぁ、小学生だった…はず。
因みにこの後、感慨深さのあまり、ファミコン攻略サイトを巡ってみました。


この間、あや兵衛が持っている大量のCDやMDを整理してたんですが、結構持ってたこと自体忘れてる音源もありましたね。
そんで、今回は1つ、コレを出してみましょうか。

YKZ「EXPECT THE UNEXPECTED」
f0042928_22272343.jpg発売日: 2003/11/19
レーベル: ソニーレコーズ
規格品番: SICL-70

1.NO FRONTIN'/YKZ×QUARASHI
2.ILLEGULAR/YKZ+餓鬼レンジャー
3.R.O.D(Instrumental)/YKZ
4.THEME OF YKZEE/YKZ
5.NEVER GO BACK/YKZ
6.ILLEGULAR(SHAOLIN MIX)Remixed by HIGH SWITCH(餓鬼レンジャー)
7.NO FRONTIN'(QUARASHI MIX)/Mixed by Slvi Blondai(QUARASHI)

2003年はあや兵衛はちょうどヒップホップにハマり出した頃であり、確か、レコードショップで視聴して気に入ったので買ったのだ。
それが彼等との初めての出会いで、聞いた時はサウンドやビートに驚いたもんだ。

YKZ(ワイ・ケー・ジー)とは1996年に結成され、現在ではvocal・小川達三、bass・田中秀基、guitar・秋満謙章の3人で構成されている。
因みに、元のアーティスト名はヤクザキック。

いやぁ、これを書いてる時点で、あや兵衛も初めて知った(笑)

個人的には「R.O.D(Instrumental)」がお気に入りだ。
あまりインストは好まないタチだが、曲中の激しく主張したスクラッチがインパクトある。
映画の主題歌にもなりそうな雰囲気のこの曲は、実際にアニメのOPになってた。
まさか、アニメのOPとは思わなかったが、よくよく調べたら、原作があや兵衛の読んだことある小説だった。
何で、タイトルを見て、思い出さなかったのやら。

YKZの曲をヒップホップと一括りするのは、少々語弊があるかもしれない。
それだけ彼等の音楽はファンク、ジャズ、パンクをふんだんに取り入れ、ヒップホップとの融合を果たし、新たな形を創り出している。

あぁ、生で曲を聴きたくなったなぁ。


今回のBGM:YKZ「R.O.D(Instrumental)」
そーいや、YKZとキーボード奏者ただすけ氏が関わりがあったことにも驚いた。
[PR]

by p_and_l | 2006-03-03 23:05 | 今日の1枚