<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

次の問いに答えよ。(20点)

下半期になると。
敵が来る。
職員旅行という敵が来る。
まだ日程が未定。
ライブとカブらないことをひたすら祈るのみ。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■the band apart、3rdアルバムリリースツアー決定。
3rd album"alfred and cavity"release live「SMOOTH LIKE BUTTER TOUR」
・10月9日(月・祝) 品川Stellar Ball
・10月13日(金) 岩手Lavieen
・10月15日(日) 秋田Club SWINDLE
・10月16日(月) 弘前Mag-Net
・10月19日(木) 北見オニオンスタジオ
・10月20日(金) 帯広STUDIO REST
・10月22日(日) 札幌PENNY LANE 24
・10月23日(月) 苫小牧 音楽館
・10月26日(木) 郡山Hip Shot Japan
・10月27日(金) 新潟CLUB JUNK BOX
・10月29日(日) 高崎club FLEEZ  
・11月1日(水) 清水JAM JAM JAM
・11月3日(金・祝) 金沢AZ
・11月4日(土) 長野CLUB JUNK BOX
・11月10日(金) 水戸LIGHT HOUSE
・11月12日(日) HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
・11月14日(火) 京都MUSE
・11月15日(水) 神戸STAR CLUB
・11月18日(土) 鹿児島SR HALL
・11月19日(日) 熊本DRUM Be-9
・11月22日(水) 米子BELIER
・11月23日(木・祝) 岡山PEPPER LAND
・11月25日(土) 高知CARAVAN SARY
・11月27日(月) 松山SALON KITTY
・11月28日(火) 高松DIME
・11月30日(木) 広島ナミキジャンクション

オフィシャルサイトで28日(金)13:00まで、チケット先行予約があってますよ。

また、前回と同じツアータイトルですか。
いつまで滑らかでなきゃ、いけんのだ?

…ってあや兵衛のツッコミポイントはそこじゃない!

何故、福岡でライブがない!
前回もなかったのに!

誰か、この超現象を400字詰め作文用紙、200字以上400字以内(句読点を含む)で解答を求む!

今回のBGM:ASIAN KUNG-FU GENERATION「十二進法の夕景」
まぁ、熊本が日曜だし、城を見に行けるし。
[PR]

by p_and_l | 2006-07-24 21:48 | 偏見的ライブ情報

勇敢クラブ。

今回のライブ前の腹ごしらえは、あや兵衛の和食というリクエストで。
焼鳥とビールに決定。
鳥皮とレバーと豚バラが好物です。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■7/15 CLUB SNOOZER at 福岡DRUM Be-1
CLUB SNOOZERとは。
音楽雑誌「SNOOZER」の編集長・タナソウこと田中宗一郎氏がDJとして主催するイベントでございます。

POLYSICSのライブが見たい、というのが当初の目的。
だから。
DJイベントは初体験でして。
おとまに修行の身として、良い勉強になるだろうと、意気込んでおりました。

開演はPM10:00。
初めてという割には、ちゃっかり一番前のど真ん中を占領してみちゃったりするあや兵衛。
ステージに置かれた機材の関係で、田中氏の手元がよく見えなかったのが残念でしたけど。
最中に、田中氏のヘビースモーカーっぷりに驚きました。
気がついたら、あ、煙草。
お、また、煙草。
え、もう、煙草!?
って具合に。
あと、腕を振るフォームが野球のピッチングっぽくてかっこよかったです。

ステージには小さいスクリーンも掲げられてあって。
曲に応じて様々な映像が見れるんですけど。
曲が変わる度に、そのアーティスト名も映し出されます。
それが。
あや兵衛にとっては非常に有難いこと、この上なし。
何せ。
曲の大半が洋楽で。
RED HOT CHILI PEPPERS、Weezer、Franz Ferdinand、The Ordinary Boysなどなど。
今、人気の有名アーティストがずらりと勢揃い。
名前は知ってても、音源は聴いたことないものばかりで(一部、例外有り)。
自分の無知っぷりが如実に現れ、ちょっとした羞恥プレイを味わいました。

でも。
邦楽もありましたよ。
スーパーカーの「I」が流れた時は嬉しかったですね。
生まれて初めてスーパーカーの音源を聴いたのが、「I」が収録されているアルバム「HIGHVISION」でしたから、懐かしくて。
それと。
THE MICHELLE GUN ELEPHANT「ジェニー」の時は凄かったですね。
観客ほぼ全員が大熱唱。

知らない曲が殆どと言えども、良い曲であることは間違いなくて。
自然に身体がリズムを刻んでしまいますし。
サウンドの変化を楽しめて嬉しかったですね。
しかし。
あや兵衛、その日は残業してた上、1週間の疲労が応えてきたせいか。
途中、睡魔と格闘してました。
おかげで、体が揺れるのは睡魔のせいか、曲のせいか、いまいち判らなくなってました。

2時間のDJのあとは、POLYSICSのライブ。
オレンジのツナギと黒のゴーグル姿の男女4人組の集団のご登場です。

縦横無尽にステージを暴れまわるハヤシ氏は見もので。
ステージで客を煽るは。
ギターを抱え上げるは。
客席にダイブするは。
スタッフの方から手渡されたビール入りカップを一気飲みするは。(半分以上零しちゃってて、勿体無い…)
ビールの泡がついた口元を観客の娘から、タオルで拭いてもらうは。

片や暴れるハヤシ氏とは対照的に、直立不動なカヨ嬢。
動きになんて無駄がない。
流石、She is android!
あや兵衛は彼女の可愛さにひたすら胸を打たれておりました。
特に、ポンポンを持って飛び跳ねる姿が、特に!
しかも、片脚がちゃんと曲げられてんですよ、奥さん!

あのオレンジ色のツナギの袖は着脱可能に驚きまして。
ステージ途中に全員が裾を取り外して、半袖になりましたからね。
便利ですね。

ハヤシ氏のゴーグルが途中外れるも、MCの際、律儀に付け直し、ヤノ氏のゴーグルに至っては、最後の方で取り外しましたね。
まともにヤノ氏の顔見たのは、初めてです。

お次はBACK DROP BOMBのライブ。
あや兵衛、知識なしの初ライブ。
2人のVo.の迫力に加え、負けず劣らずのGt.&Ba.&Dr.の迫力に、倍々プッシュです。
ごっつあんです。

でも楽器のあまりの爆音に、Vo.の声が少々聞き取くて、困ってましたが。
そんなの雰囲気に飲まれりゃ、問題ナッシング。
何せ、サウンドがかっこいいんで。

ここに来て、数々のダイブが発生しまして。
一番前にいたあや兵衛は、必死に頭を下げてました。

あや兵衛、個人的に驚いたのが。
勢いづいたVo.小島氏がアンプを倒し、ドラムが被害に遭っちゃって。
流石、BACK DROP BOMB。
音楽もハードですが、アクションもハードだなぁ、と。
感心しておりました
が。
それは、純粋にトラブルだったようで。
後で、小島氏は頭を下げて謝罪しました。

つまり。
驚いたのは、アンプを倒したことじゃなくて。
倒したこと自体が事故だったことです。

2つのライブが終わった後、またまたDJが始まりましたが。
疲労困憊して、ヘタレのあや兵衛。
ドリンク補充して、物販ブースに行きました。
せっかくだからと、ポリシックスのグッズを買おうとしたら。
ハヤシ氏とフミ嬢自ら、物販販売してまして。
あや兵衛はハヤシ氏の「トイス!」という挨拶が気に入ったことに因んで、トイスタオルを購入。
謙遜しつつ、お2人方にタオルにサインと握手していただきました。
嗚呼、感無量。
f0042928_22174234.jpg

↑左がハヤシ氏で、右がフミ嬢。

暫し、感動の余韻に浸りながら、突っ立ってると。
あや兵衛の前をハヤシ氏が横切る。
あや兵衛のすぐ左隣にあるドアの前でハヤシ氏が止まる。
戻って、あや兵衛のすぐ右隣にあるドアを開けて、中に入っていく。

…間違えて女子トイレに入ろうとしましたね、ハヤシ氏。

AM3:45。
充分に堪能したあや兵衛は、未だ白熱するライブハウスを後にすることにしました。
…もう、ホント眠くて。

~今回のまとめ~
・会場退出後、睡魔に支配されてたくせに、食欲には意外と従順。そんなメニューはハヤシライス。他意はない。
・翌朝、ミスドで朝食を摂ってたら、その場でグッズが貰えました。2組の心優しきお客さんがカードを譲ってくれたおかげです。感謝。
・ファミレスやネットカフェで愛飲するのはホットカプチーノ。ネットカフェって結構、良いね。
[PR]

by p_and_l | 2006-07-23 22:20 | ライブレポート

16連打。

高●名人って、今、何してあるんだ?

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■ASIAN KUNG-FU GENERATION、初のアリーナツアー決定。
ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 酔杯 2006-2007 "The start of a new season"
・2006年11月11日(土)幕張メッセ 展示場ホール9・10・11
 開場:16:00/開演:17:30
 チケット発売日:10月7日(土)
・2006年11月12日(日)幕張メッセ 展示場ホール9・10・11
 開場:15:30/開演:17:00
 チケット発売日:10月7日(土)
・2006年11月19日(日)名古屋レインボーホール
 開場:16:00/開演:17:00
 チケット発売日:10月1日(月)
・2006年11月25日(土)マリンメッセ福岡
 開場:17:00/開演:18:00
 チケット発売日:10月7日(土)
・2006年12月9日(土)横浜アリーナ
 開場:16:00/開演:17:30
 チケット発売日:10月7日(土)
・2006年12月10日(日)横浜アリーナ
 開場:15:30/開演:17:00
 チケット発売日:10月7日(土)
・2006年12月15日(金)北海道立総合体育センター きたえーる
 開場:17:00/開演:18:00
 チケット発売日:10月7日(土)
・2007年1月10日(水)大阪城ホール
 開場:18:00/開演:19:00
 チケット発売日:11月11日(土)
・2007年1月11日(木)大阪城ホール
 開場:18:00/開演:19:00
 チケット発売日:11月11日(土)

つい、こないだ。
NANO-MUGEN FES.が大盛況のうちに終幕しましたが。
また新たな幕が開かれましたね。

去年、チケットが取れなくて、この酔杯に参戦できませんでした。
できたら。
ライブハウスの方が良かったなぁ。
なんて、我儘なことを思っちゃいます。

Vo.&Gt.後藤氏の日記を読んで。
彼は彼なりにこのツアーへのビジョンを明確にしていってるんだなぁ。
と、納得しまして。
ツアータイトルにある「start」の言葉に何かしら、意味深に思えてきます。

今度の酔杯。
ちょっと贅沢なツアーかも知れませんね。


■BEAT CRUSADERS、ニューシングルリリース。
・シングル:「TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT」
・発売日:2006年9月6日(水)
・品番:DFCL-1314
・価格:1,223円(税込)

大人気アニメ「BLEACH」のOPテーマで、初回限定盤は通常盤より2曲増しの4曲収録となってます。
お得だね。

ビークルがメジャーになってからと言うもの、その活躍ぶりは本当に目を瞠るものがあります。
ファンとして、面白く楽しいですが。
実際にやってるメンバー自身が、一番そうなのかも知れませんね。

「BLEACH」は昔、最初の方をリアルタイムで読んだくらいだったから、一度全部読み直したいなぁ。


■GREAT ADVENTURE、ニューシングルリリース。
・シングル:「WHERE'S THE SOUL?」
・発売日:2006年8月9日(水)
・品番:TOCT-40026
・価格:790円(税込)

密かに。
もの凄く嬉しかったりします。

あ、またこれもリリース日が8月9日。
この日のオリコンチャートは一体どうなることやら。
…って、そこまでチャートを意識はしてませんがね。

■the band apart、サード・フルアルバムリリース。
・アルバム:「alfred and cavity」
・発売日:2006年10月4日(水)
・品番:ASG-007
・価格:2,835円(税込)

もう、こうなると。
アルバムタイトルの「○and□」はお約束なんですね。
でも。
相変わらず、意味は不可解だけど。

今回のBGM:椿屋四重奏「螺旋階段」
相方が突然、Vo.&Gt.中田氏の年齢を訊いてきたが、一体何があったのやら。
[PR]

by p_and_l | 2006-07-21 23:13 | 偏見的ライブ情報

変態のすゝめ。

去年の夏フェスで購入したthe band apartのTシャツ。
前に洗濯して以来、行方不明になっていました。
非常にお気に入りなのに。
それが、今日、兄者のクローゼットの中で無事、発見されました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■LITE「filmlets」
f0042928_2026125.jpg・種類:国内盤/CDアルバム
・発売日:2006年5月10日
・レーベル:NMNL RECORDS/NMNLレコーズ
・価格:2,300円(税込)
・規格品番:TOWER-1010

1.I walk
2.contemporary disease
3.human gift
4.Re
5.dead leaf
6.on a gloomy evening
7.parallel
8.spiral gate
9....still, it is quiet around here
10.recollection

LITEは雑誌等で目にしていて、一早く名前だけは知ってました。
音源を初めて耳にしたのは、言わずもがな、ストレイテナーの某ラジオ。

中山美六堂がジャケットデザインを手掛け。
ジャケットにタコがいることから、某ラジオにおいても、このアルバムのことを「タコアルバム」と称してましたが。
これほど、アピールしたにも関わらず。
世の中には、何処にタコがいるのか判らなかった人もいます。

はい、それがあや兵衛です。

Gt.武田信幸、Gt.楠本構造、Ba.井澤惇、Dr.山本晃紀の4人によるインストゥルメンタルロックバンドです。

このアルバムがリリースされたばかりの頃。
某ラジオじゃ、相当、変態と揶揄されてたのに。
雑誌等でも変態扱いは凄いもので。
それはもう、お前等はMかい!?とツッコミたくなるくらいに。

今まで、インストと言えば、あや兵衛の中でスカバンドを連想しており。
ギターインストは生まれて初めて触れるものでした。

最初聴いた時は、繊細でストイックな印象を受けました。
でも、ギターリフやベースラインの大胆さにも否定できず。
非常に二面性のあるサウンドだと思いました。

ロックバンドと言えども、ジャンルに捕われず、ひたすら音に追求する姿を具現化し。
アルバムタイトルが短編映画という意味の通り、様々な世界観を繰り広げていく。
それがこのアルバム。
「filmlets」でしょうな。

今回のBGM:LITE「on a gloomy evening」
今朝の通勤中、BGMにこのアルバムを選んだら、偶然、前にLITEACEが走っていて、It's miracle!
[PR]

by p_and_l | 2006-07-18 21:28 | 今日の1枚

九州サンド。

前回の体調不良に引き続き。
これとは別に風邪を併発させたようで。
風邪薬を服用して、ライブへ向かいました。
そして、今回、同行する相方と共に、鉄板焼きとビールで腹を満たして、いざ出陣です。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■7/9 COOL! or CRAZY!? supported by McDonald's Kyushu Real-eyes at 天神VIVRE HALL

ビブレホールとは何処ぞや?
というように、今回、初めて行く場所でして。
西鉄福岡駅の渡辺通りを挟んだ前、天神ビブレビル8階にございます。
もっと言うなら、8階のHMVの一角と言うべきでしょうかね。
因みにキャパは250人。
あや兵衛は入口で思わず、少なっ!と漏らしてしまいました。

中に入ったら、ほぼ全員の観客が座って待機する姿に目を疑いました。
こんな光景、生まれて初めてです。
朱に交われば、赤くなるというように。
座ってしまえば、違和感など何てことありません。
むしろ、立ちっぱなしより良いですな。

1st.STAGE The Fuzz Picks
何せ、今回、初めて知ったバンドでして。
ライブ直前まで、「ザ・『ヒューズ』ピックス」とホザいておりました(大謝罪)。
正しくは「ザ・ファズピックス」と発音します。
Vo.&Gt.チダトモコ、Gt.白澤修、Ba.白川義記、Dr.&Cho.フカミタケシによる北九州市発の4ピースバンドです。

ライブタイトルの「Cool! or Crazy!?」において。
「Cool!」はhare-brained unityが担当。
「Crazy!?」はANAが担当。
じゃあ、The Fuzz Picksは何の担当か?
それは「or」
…ということをMCでチダ嬢は仰ってましたが。

いやいや、そんなことありまへんがな。

チダ嬢の衣装が一見、朝日を醸し出させるようなデザインのワンピースを着ておりましたが。
本人曰く、毛布のような生地でできてるため、暑い、と。
確かに、そのレトロちっくなデザインは一体、何処で入手したのか不思議ですが。
相方の予想、しまむら。
あや兵衛の予想、ドン・キホーテ。

言っておきますが、悪意は微塵もないです。

あと、あや兵衛的にチダ嬢が使用したギターの形にえらく興味をそそられました。
まるで、チューリップのような形なんですけど。

曲を聴いていて、チダ嬢の声が心地良くて。
勝手ながら、ポップなイメージが非常に強かったですが、ベース音が際立って面白かったです。
最後の曲のフレーズが印象的で一番好きでしたね。
初めて聴いたにも関わらず、そこまで肩の力を入れなくても、自然に聴き取れる、それがあや兵衛にとっての初のThe Fuzz Picksでした。

それにしても。
Ba.の白川氏は白の長袖シャツ姿で、暑くなかったでしょうか?


2nd.STAGE hare-brained unity
ようやく生の音が聴けて、感無量でしたね。
初めてヘアブレの音源を聞いた当時の衝撃が、この初めてのライブで甦ったような感じです。

Gt.吉田氏による、はにかみながらの物販宣伝。
Tシャツ、CDなどなど。
一通り、宣伝が終わったかと思いきや、Ba.和田氏が言葉を続けます。
吉田氏が着用しているメガネ、1,000円。
吉田氏が着用しているネックレス、500円。


無論、非売品。
でも、ヨシダメガネと言うと、実際に何処かのメーカーであったような気がしたので、あや兵衛としては苦笑いしかできませんでしたが。

何故か、ヘアブレは、ライブ当日の2日前から、福岡入りをし。
その前日はカラオケに行き、湘南乃風「純恋歌」を唄ったそうで。
全然、俺等は純じゃないけどと、自虐的ツッコミは和田氏によるものです。

やっぱ、ギターが2人いると。
音源を聴いていて、誰がどのパートを演奏しているのか、気になるんですよ。
そうなると、Vo.&Gt.布谷氏を見たり、Gt.吉田氏を見たりと忙しないですが。
でも、布谷氏が想像以上に、身長が高くて驚きました。

音源とライブじゃ、曲の印象が全然違うというケースがあるとは思いますのが。
今、こうして思い出してみても、そこまで音源とライブでの音の違いに意識してなかったですね。
不思議と。
良い演奏であることに越したことはないですよ。

Ba.和田氏がMC中に高らかに言った、カステラ魂。
しかと拝見させていただきました。


3rd.STAGE ANA
「ANA」と書いて、「アナ」と呼ぶ。
何処かの某航空機会社と間違えらるのは、もうお約束かもしれませんが。
Vo.,Gt.&SAMPLER大久保潤也、Gt.&Cho.大内篤、Dr.野間博光による福岡発の3ピースバンドです。

このライブが初めて…というわけじゃありませんでした。
雑誌ROCKIN’ON JAPANで記事は読みましたし。
タワレコでアルバムをちょっと視聴もしました。

サンプラーを使用するだけあって、狭いステージに様々な機材が並べられる中。
違和感があるのは、ステージの真ん中に置かれた小さな木製の台。
これは一体、どういう意味が?と不思議に思っていたら。
まさか。
空襲警報のようなサイレンでライブが始まると思いませんでした。
まさか。
大内氏が長袖パーカー姿(キャップを着用した上で、フードも着用)で拡声器持って、登場するとは思いませんでした。
まさか。
その木製の台に乗って、拡声器を構えて観客に向けるとは思いませんでした。
まさか。
その際、バランスが悪かったせいか、大内氏が台から落ちるハプニングまで起こるとは思いませんでした。

このライブはMcDonald's Kyushu Real-eyesがサポートしてるだけあって。
何と、ANAはラジオにてマクドナルドのCMに出演することが決まったそうで。
マクドナルドから届いたCMの企画書に目を通した際、その中で「貴方がI'm lovin' itと思う時はどんな時か?」という質問に。
そんなのないよ、とあっさり、ばっさり言い切る大久保氏。

しかし。
今回のライブで野間氏はオレンジ色のラグランTシャツを着用していて。
偶然見たTVで大塚愛が同じTシャツを着ているのを見た時。
野間氏は大塚愛が好きなんだなぁ、と大久保氏は思ったそうで。
即ち、I'm lovin' it。

あと。
彼等のパフォーマンスも半端じゃなかったです。
例の台に乗った大内氏の右手に持ちたるは、何とmakita製電動ドリル
左手でギターのコードを押さえたまま、ドリルを使ってギターを演奏する前衛的ギタープレイを披露してくれました。

ANAのサウンドは懐かしい印象を覚えて。
何と言うか、バブル全盛期時代のポップミュージックを彷彿とするような感じで。
大久保氏の声が若干、高めで、少々馴染めなかったのですが。
聴いていくうちに、その違和感はなくなってしまいました。
声だけを意識して聴くのではなく、ありとあらゆる音全体で楽しむものだなぁ、と思いました。


このライブで、ちょっとした良き思い出もできました。
ヘアブレのVo.&Gt.布谷氏が使用したのは、ギブソンのSGで。
初めてそのギターと対面した感動を相方に伝えようとしたら、隣にいるはずの相方がいない。
何処に行ったのかと、後ろを見たら、複数の女性に囲まれておりました。
何事だ?と思ったら。
相方は何故か今回、この間のストレイテナーのライブで購入したツアーTシャツを着ていて(同じ長崎出身だから、とは本人談)。
そのおかげで、会場にいるテナーファンを釣り上げてしまっていました。
突然のことに、少々動揺している相方の姿が面白かったので、助け舟も出さず、そのまま暫く、あや兵衛、遠巻きのフリなんかしてみました。
群がる女性の中の1人、わざわざ長崎から来た女性といろいろとお話しする機会を得まして。
流石、長崎出身のせいか、ヘアブレのライブによく参戦してあって。
このライブはヘアブレが目的ですか?と訊かれ、大きく頷いた後、貴女もですか?と返したら、実はANAなんです。と笑顔で、大どんでん返しを見せてくれました。
その可愛らしい笑顔がツボに入ったあや兵衛は、彼女に一番前の場所を譲りました。
その女性は非常に気さくな方で、ANA初体験のあや兵衛に、ANAのライブの概略を教えて下さいました。
感謝です。

今回のライブは機材セットまで、それぞれバンドのメンバーが全員、やっていて。
グッズ販売にもメンバー自ら販売してました。
残念ながら、時間の都合上、アンコールは行われず、ライブが終わると、すぐさま退場を余儀なくされました。
ライブ終わって、ゆっくりアンケートを記入して、グッズを見ようと思ってたのが、総て駄目になり。
ビブレビルを出る際は、本来ならば従業員など関係者が利用する裏通路を通り、エレベーターを使うなど、ちょっとした裏側が見れて、得した気分で。
恐らく、今日ライブがあってたなんて知らない、ビルの従業員の方々は、我々を不思議な目で見てたと思います。

今回のまとめ。
ライブ前に、鉄板焼きを食べたにも関わらず。
空腹を訴えた相方がマクドナルドに行こうと提案。
そこまで空腹じゃなかったあや兵衛は、ポテトだけ購入しましたが。
食べれば、意外と食が進むもんだと、黙々と口に運びつつ、半分ほど食べた頃に、あることに気がつきました。
あぁ、だから、マックか。
こんなところで、ライブの余波が来るとは。

今回のBGM:Weezer「Hold Me」
ANAにはぜひ、マックのCMの次はmakitaのCMを。
[PR]

by p_and_l | 2006-07-16 22:54 | ライブレポート

福岡にあるのは、イムズ。

今、あや兵衛はネットカフェにいます。
ホットカプチーノが疲弊した身体に優しいです。

全国のおとまにの皆さん、もーにん♪
あや兵衛こと綾部かづきです。

■DOPING PANDA、今年2回目の全国ツアーが決定。
〈DOPING PANDA TOUR06 [DOPANISM]〉
・10月29日(日) 東京・日比谷野外大音楽堂
・11月23日(木) 北海道・サッポロファクトリーホール
・11月25日(土) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
・12月8日(金) 名古屋CLUB QUATTRO
・12月10日(日) 福岡DRUM Be-1
・12月11日(月) 大阪・心斎橋BIGCAT

今度は6ヶ所ですか。
あぁ、残念。
次のツアーでは、ぜひ大分で参戦したかったのですが。

ここ1週間で、10~12月のライブの予定があっさり決まっちゃって。
この前、知人に。
上半期に以前から行きたかったライブを、殆ど網羅しちゃったから、下半期はもうあんまり、ライブ行かないかも。
なんて、言っちゃいましたが。
すまぬ。
前言撤回させて下さい。
これを書いてる時点で、POLYSICSにも行きたいと煩悩全開です。

ところで。
おとまにの皆様方は、ライブに行く際、日程と金銭。
どちらを優先させますか?
あや兵衛が学生だったら、多分、金銭の方を優先させると思うが。
今じゃ、日程を優先させますね。

今回のBGM:ELLEGARDEN ラジオ「RIOT ON THE RADIO」
あ、順番が来たようなので、シャワー浴びに行ってきます。
[PR]

by p_and_l | 2006-07-16 07:55 | 偏見的ライブ情報

ピザのパイナップルはOK派。

覚えてますか?
1本勝負です。
2006年10月6日(金) 椿屋四重奏 tour06<sexual beat explosion>福岡DRUM Be-1 先行販売
あや兵衛(○)VS 椿屋四重奏(●)

何と。
チケの番号が1桁!

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■PIZZA OF DEATH RECORDS、初のレーベル・コンピレーション盤『The Very Best Of PIZZA OF DEATH RECORDS』・レーベル・サンプラー盤『Have A Slice Of Death』同時リリース。
アルバム:The Very Best of PIZZA OF DEATH
発売日:2006年9月6日(水)
品番:PZCA-30
価格:2,300円(税込)

アルバムの参加バンドは、以下の通りです。
ASPARAGUS/BBQ CHICKENS/COMEBACK MY DAUGHTERS/F.I.B/GARLIC BOYS/the 原爆オナニーズ/HAWAIIAN 6/Ken Yokoyama/MOGA THE ¥5/NAHT/RAZORS EDGE/SLIME BALL/UPPER/WATER CLOSET/YOUR SONG IS GOOD

アルバム:Have A Slice Of Death
発売日:2006年9月6日(水)
品番:PZCA-31
価格:980円(税込)

こちらはPIZZA OF DEATHレーベルから発売された音源を集めた一枚となってます。
しかも、格安。

今回のBGM:POTSHOT「9 TO 5」
意外と知らなかった、ピザレーベルバンド。
[PR]

by p_and_l | 2006-07-13 20:41 | 偏見的リリース情報

I wanna be a ROCK STAR。

あるひ あいかた が いいました。
ドーピングパンダ の ライブ に いくときは。
けいたいでんわ を もっていくように。
タオル を かうように と。
どうして? と あやべえ は ききました。
あいかた が さきに いった おおいた での ライブでは。
きねん さつえいかい が あったそうで。
また ライブちゅう ロックスター が ひとりの おきゃくさん に タオル を だすよう いったら。
その おきゃくさん は なんと マキシマム ザ ホルモン の タオル を だしました。
さすが の ロックスター も がくぜん と したようで。
べつ の おきゃくさん に タオル を だすよう いったら。
なんの へんてつ も ない おんせん で もらえる ような まっさら の タオル を だしました。
さすが の ロックスター も (いかりゃく)
というわけで ロックスター の がくぜん と する すがた も みてみたい けれど。
はじめて ライブ に いく あやべえ は すなおに いうこと を きくこと に しました。
そして ぜんじつ たいちょう を くずして ねこんだので えいようドリンク を のんで どらむ びーわん へと たびだちました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■DOPING PANDA TOUR06 [DANDYISM] ~ALL-ONE-MAN-SHOW!!~ at 福岡 DRUM Be-1

Doping PandaとはYutaka Furukawa(Vocal.,Guitar&programming)、Taro Houjou(Bass,Chorus)、Hayato(Drums, Percussion and Chorus)の3ピースバンドです。
通称「ドーパン」。
因みに、メンバーそれぞれには第二の名…というより、一部、そっちの方がメインになってるんじゃないかと思うくらいの名前がありまして。

・Hayato a.k.a HANDSOME GUY
これは前者「Hayato」の方がポピュラーです。
しかし、「HANDSOME GUY」の名には負けておりません。
やや彫り深いの顔立ちは野性的な印象を受けました。

彼のバスドラムには「Hayato」のロゴの入ったデザインが施されています。
このデザインはツアーグッズの「Hayato Tシャツ」と同じデザインです。

タロティーとのセッションプレイが、かっこ良かったです。
またプレイの途中に、不意を突かれるように、スティックを小手先で弄ぶ姿は、流石、様になります。


・Taro Houjou a.k.a BASEBALL PLAYER
ライブ中に「BASEBALL PLAYER」と呼ばれたかと言えば、断じて、それはないです。
メンバーからも観客からも「タロティー」の愛称で親しまれております。

実は、彼が物販宣伝係で、各地のライブで行ってる割には、若干控え目な宣伝です。
何せ、4種類のTシャツのうち、メンバーが着用していなかった1種類の説明があまりにも疎かでした。

スターからのフリで、福岡の良いところを3つ挙げてもらうことになりまして。
タロティーは答えました。
1つ、ラーメン。
2つ、明太子。
3つ、ダイエーホークス。

…惜しいっ!

この福岡のライブを終えたら、残すはZepp Tokyoのみとなる、ドーパンライブ。
スターはある企画を、福岡で試してみたいと提案しました。
「かっこいいタロティ」と「ちょっとかっこ悪いタロティ」。
どちらが見たいかを、拍手で答えてほしい、と。
結果、歴然。
スターもあまりの判りやすさに、失笑してました。
…というわけで。
実は9月で三十路に入るタロティーに対し、「タロティー・もうすぐ・30歳」のスターの声に合わせ、観客全員で温かい同じ台詞のコールと手拍子を送ります。
スターはこれをZepp Tokyoでもやると言いましたが、ここまで愛される三十路も非常に珍しきことではないかと思われます。


・Yutaka Furukawa a.k.a ROCK STAR
後者、「ROCK STAR」の方が間違いなく、メイン。
「STAR」と略して呼んでも可。
メンバー間でも、観客からも、1人称も、これです。
それなのに、まさか観客から「Yutakaさん!」と発せられるとは思いませんでしたが。

彼のスタンドにはマイクが2つあり、1つがプレイ用、もう1つがMC用となってます。
何故、MC用なのかと言うと、スターがMCでその場に留まるということが、全くもってありません。

スターは客席の声に過敏に反応してくれます。
とある女性が、愛用の眼鏡は何処製か、尋ねると、代官山と答えました。
スター曰く、代官山は、福岡で言うところの親不孝通りの裏側の辺りにある地域ということで。
スターが福岡の地理をよく理解していないことには、目をつぶっておきましょう。

饒舌なスターでもMCで、稀に噛んでしまうこともあります。
子供のように、非を認めず、こじつける姿にも温かい目で見守ってあげましょう。


福岡での目玉は、やはりアンコールでしたね。
観客からのコールが「まだまだまだ」「頑張るよ!」。
2人くらいの男性が前者の言葉で声を張り上げ、全員で後者を言うチームプレイなんですけど。
ホント、メンバー撤退してすぐに始まって、何事かと、これはお約束なのかと、動揺しました。
もうメンバー再登場まで、止まぬことなく、そのコールは続いて。
しかし、動揺したのはあや兵衛だけでなく、スター自身もで。
そのコールは何なんだ!?と。
そして、スターは観客側を見て一言。
お前達、いつも来てるだろ?
示した先は、男性2人組。
実はこの男性2人組は初期の頃から、ずっとライブに参戦してるようで。
福岡は勿論、大分など九州のあちこちで参戦し、北海道でも参加したことある強者です。
そんなんだから、スターも顔を覚えているくらいで。(タロティーも気づいてありました)

そんな2人をステージ上に呼び出しました。
スター曰く、毎回、2人の奇妙な踊りが気になって仕方ない、と。
何処からそんな踊りを覚えたのかと訊くと、スターからと、さらりと答える男性に、オレはそんな踊りしてないと即行否定。
何せ、2人の踊りは、例えて言うならば、頭から爪先までフル起動した阿波踊りのようで。
因みに、スターは足を開いて、閉じるのステップ。
おかしいだろ!と、スターは完全否定。

名前と年齢も紹介され、1人の男性が県内のK市出身の24歳。
そして、もう1人の男性が市内の31歳。
スター、驚く。
観客も、驚く。
まぁ…確かに、蛍光ピンクのTシャツに短パン姿と言えども、実際年齢より若く見えましたし。
2人はどういう知り合いなのかと尋ねると、31歳の男性が。
PENPALSのライブで(24歳の男性を)ナンパして…。
スター、止める。
スター、謝る。
これから先は危険、と。
訊いてはいけないことを訊いてしまった、と。

まぁ、確かに。
…もっと他に表現があるだろうにねぇ。

そんなこんなで、アンコールの曲へと繰り広げられるわけですが。
まさか、こんなダラダラなアンコールになるとは。
まさか、こんな予想外な展開のアンコールになるとは。
スターは最後まで何処か動揺を隠せなかったけど、2人の踊りは見るな、主役は俺たちだ、と主張しておりました。


ドーパンのライブはアッパー→メロウ→アッパーな曲の流れでした。
ドーパンの曲は一般的にアッパーな曲のイメージが多いかと思われますが、メロウな曲も聴き応えありますよ。
全員で手拍子を要請されたりと、何かと忙しいライブですが。
ライブというより、1つのエンターテイナーを見てるような気分にも陥りましたね。
それだけ、楽しいんです。
実際、ライブも笑いが絶えません。

残念ながら、今回のDrum Be-1、完売じゃなかったけれど、次のライブ、12月こそは完売になってほしいですね。
スターも高らかに宣言しておりました。


■今回のまとめ
あいかた に ドーパン の ライブ の ほうこく を しました。
ざんねん ながら ライブ ちゅう に タオル を つかうこと は ありませんでした。
きたい していた きねん さつえいかい も ありませんでした。
それ を きいた あいかた は いいました。
ふくおか で ぜったい さつえいかい する って ロックスター は いったのに と。
それ を きいた あやべえ は いいました。
そういう だいじ な こと は さきに おしえんかい! と。


今回のBGM:Doping Panda「YA YA」
スターにしろ、タロティーにしろ、ライブ中、楽器を変えないのには驚いた。
[PR]

by p_and_l | 2006-07-10 20:40 | ライブレポート

Transformer。

普段なら、自室にてパソコンを使用するところを。
理由有って。
台所のテーブルでパソコンを使用してます。
何故、そこまでする必要があるのかと、ツッコまれたら、それまでですけど。
でも。
そう、今の気分は。
旦那が週末の呑み会で帰りが遅くなるのをイイことに。
次のブランド限定品を狙うべく、株投資に気合を投入する若奥さん。
……。
2秒で終了。 

全国のおとまにの皆さん、안녕하세요。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■ACIDMAN、ニューシングル詳細決定。
・シングル:スロウレイン
・発売日:2006年9月6日(水)
・収録曲:1.スロウレイン 2.アイソトープ(second line) 3.Walking Dada(inst.)
・品番:TOCT-40033
・価格:1,000円(税込)

■ACIDMAN、須藤元気のデビューシングルを初プロデュース。
・シングル:Love&Everything
・発売日:2006年9月6日(水)
・品番:TOCT-40015
・価格:1,000円(税込)

正直な話ですね。
須藤元気(Genki Sudo)氏とは何者かと?

調べてみましたら。
格闘家。

でも。
バラエティやドラマや映画に出演されてたり。
モデルもこなし。
芸能活動も盛んで。

何とも、オールマイティな方なのですな。

過去に。
須藤氏の初エッセイにVo.&Gt.の大木氏がコメントを書いたということを。
聞いたことありますが。

流石、ACIDMAN。
見事な化学変化。

今回のBGM:POLYSICS「Baby BIAS」
福岡には星がないと、智恵子は泣く。
[PR]

by p_and_l | 2006-07-07 22:01 | 偏見的リリース情報

烈火の如く。

雨なんて嫌いだ。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■ELLEGARDEN、ニューシングル・ニューDVD詳細決定。
シングル:Salamander
発売日:2006年8月9日(水)
収録曲:1. Salamander 2. Lately 3. Alternative Plans
品番:ZEDY-1010
価格:1,260円(税込)

DVD:Doggy Bags
発売日:2006年8月9日(水)
収録内容:DISC1・ELLEGARDENドキュメント 2005-2006 DISC2・SPACE SONIC TOUR FINAL@ZEPP TOKYO 2006.03.03
品番:ZEDY-3005~6
価格:4,200円(税込)

シングルタイトルは「Salamander」と書いて、サラマンダーと発音します。
火の中に棲むことができると信じられた伝説上の動物で有名かと思います。
でもね、サラマンダーって、竜じゃないのよ、火とかげなのよ。
また、山椒魚の意味でもありますが。
何故、このタイトルが付けられたのか気になるので、早く音源を聴いてみたいものです。

DVDに至っては、このタイトルを見た時、何処かで見たことある単語だと思いきや、ペットフードはド●ーマン♪のCMを思い出しました。
「Doggy Bags」とは、お持ち帰り用の袋という意味でして。
アメリカのレストランでは、多すぎて食べきれなかった料理を家に持って帰ることができます。
また、語源は家に残り物を持ち帰って、犬(doggy)にあげることから来たそうです。

■ストレイテナー、ツアーDVD発売決定。
発売日:2006年9月27日(水)
品番:TOBF-5490
価格:2,980円(税込)

今、絶賛公演中の「Hello Dear Deadman Tour」の様子や初収録となる各地のオフショットを盛り込んだDVDです。

ツアー終わって、フェスが終わって、ちょっと一段落。
…も束の間、それまでの余韻を一気に再加熱させてくれるでしょうな。

それにしても、ライブDVDの供給がここ数年で、えらく高くなりましたなぁ。

今回のBGM:なし。
自分の低血圧振りも嫌いだ。
[PR]

by p_and_l | 2006-07-06 10:53 | 偏見的リリース情報