<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

GRAPEVINE、8th.アルバムリリース&ツアー決定。

福岡のみで開催されるポルノグラフィティのファンクラブ限定ライブに当選した。
ところが、関東にいる知人が落選してしまうという悲しいお話。
知人とは知り合ってもう数年経つと言うのに。
実は、まだ一度も逢瀬を果たしていない。
去年果たせなかったから、ぜひぜひ今年こそは。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■GRAPEVINE「From a smalltown」
・種類:CDアルバム+DVD【初回盤】/CDアルバム【通常盤】
・発売日:2007年3月7日
・レーベル:ポニーキャニオン
・規格品番:PCCA-02396【初回盤】/PCCA-02397【通常盤】
・価格:3,465円(税込)【初回盤】/3,150円(税込)【通常盤】
・アルバム収録曲
 1.FLY
 2.ランチェロ'58
 3.スレドニ・ヴァシュター
 4.smalltown,superhero
 5.I must be high
 6.ママ
 7.COME ON
 8.インダストリアル
 9.指先
 10.FORGEMASTER
 11.棘に毒
 12.Juxtaposed

・DVD収録曲
 1.FLY(PV)
 2.指先(PV)

■GRAPEVINE 2007
・4月10日(火) 宇都宮HEAVEN'S ROCK
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット一般発売日:3月3日(土)
 問い合わせ:ホットスタッフプロモーション TEL03-5720-9999

・4月13日(金) 高崎club FLEEZ
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット一般発売日:3月3日(土)
 問い合わせ:ホットスタッフプロモーション TEL03-5720-9999

・4月14日(土) 長野CLUB JUNK BOX
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット一般発売日:3月3日(土)
 問い合わせ:FOB長野 TEL026-227-5599

・4月17日(火) 金沢EIGHT HALL
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット一般発売日:3月3日(土)
 問い合わせ:FOB金沢 TEL076-232-2424

・4月18日(水) 京都磔磔
 開場/開演:18:00/18:30
 チケット一般発売日:2月24日(土)
 問い合わせ:サウンドクリエーター TEL06-6357-4400

・4月20日(金) 神戸WYNTERLAND
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット一般発売日:2月24日(土)
 問い合わせ:サウンドクリエーター TEL06-6357-4400

・4月22日(日) 高知X-pt.
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット一般発売日:3月3日(土)
 問い合わせ:デューク高知 TEL088-822-4488

・4月23日(月) 高松DIME
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット一般発売日:3月3日(土) 
 問い合わせ:デューク高松 TEL087-822-2520

・4月25日(水) 岡山IMAGE
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット一般発売日:3月3日(土)
 問い合わせ:キャンディープロモーション岡山 TEL086-221-8151

・4月27日(金) 熊本DRUM Be-9
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット一般発売日:2月25日(日)
 問い合わせ:BEA TEL092-712-4221

・4月28日(土) 宮崎WEATHER KING
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット一般発売日:2月25日(日)
 問い合わせ:GAKUONユニティフェイス TEL0985-20-7111

・5月9日(水) SHIBUYA-AX
 開場/開演:18:00/19:00
 チケット一般発売日:3月31日(土)
 問い合わせ:ホットスタッフプロモーション TEL03-5720-9999

・5月10日(木) SHIBUYA-AX
 開場/開演:18:00/19:00
 チケット一般発売日:3月31日(土)
 問い合わせ:ホットスタッフプロモーション TEL03-5720-9999

・5月13日(日) 横浜BLITZ
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット一般発売日:3月3日(土)
 問い合わせ:ホットスタッフプロモーション TEL03-5720-9999

・5月16日(水) 札幌PENNY LANE24
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット一般発売日:3月31日(土)
 問い合わせ:WESS TEL011-614-9999

・5月19日(土) 新潟LOTS
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット一般発売日:3月24日(土)
 問い合わせ:FOB新潟 TEL025-229-5000

・5月20日(日) Zepp Sendai
 開場/開演:16:30/17:30
 チケット一般発売日:3月24日(土)
 問い合わせ:GIP TEL022-222-9999

・5月24日(木) 福岡DRUM LOGOS
 開場/開演:18:00/19:00
 チケット一般発売日:3月24日(土)
 問い合わせ:BEA TEL092-712-4221

・5月25日(金) 広島クラブクアトロ
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット一般発売日:3月24日(土)
 問い合わせ:キャンディープロモーション TEL082-249-8334

・5月27日(日) なんばHatch
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット一般発売日:3月31日(土)
 問い合わせ:サウンドクリエーター TEL06-6357-4400

・5月28日(月) 名古屋ダイアモンドホール
 開場/開演:18:00/19:00
 チケット一般発売日:3月31日(土)
 問い合わせ:サンデーフォークプロモーション TEL052-320-9100

・6月2日(土) 新木場STUDIO COAST
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット一般発売日:3月31日(土)
 問い合わせ:ホットスタッフプロモーション TEL03-5720-9999

・チケット代:前売4,000円(ドリンク代別)
 但し、SHIBUYA-AXのみ前売4,000円


はぁー。
もう、GRAPEVINEは結成10年ですか。
アルバムも8枚目ですか。

あや兵衛は相方から勧められた「風待ち」(2001年)で彼等を知りました。
その時はそこまでピンと来なかったけど。
「BLUE BACK」(2002年)で再燃しました。
曲に隠されたちょっとしたやさくれ感がハマったんだと思います。
でも、Vo.&Gt.田中和将氏は一見ストイックな人間ですが。
口を開けば、非常に気さくな関西の兄(あん)ちゃんだ。

昔、田中氏が音楽雑誌で読者からの恋愛相談にのるコーナーにて。
時折、ぶっとんだボケや彼のエピソードが非常に面白かったですね。

ライブは行くとしたら、福岡じゃなくて、熊本かですなぁ。

今回のBGM:くるり「リバー」
持ってる音楽雑誌で一番古いのはいつのかと調べたら、2001年でした。
[PR]

by p_and_l | 2007-01-24 00:00 | 偏見的リリース情報

HUSKING BEEのトリビュート・アルバム発売決定。

1月は成人式やセンター試験と。
しみじみと懐かしい、と思うことが多いです。
成人式はもちろんのことだけど。
試験会場で中学時代の同級生に再会したりと。
センター試験もちょっとした同窓会気分でしたね。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

・タイトル:「HUSKING BEE」
・種類:CDアルバム
・発売日:2007年3月21日
・レーベル:トイズファクトリー
・規格品番:TFCC-86216
・価格:3,150円(税込)
・参加アーティスト
 ASIAN KUNG-FU GENERATION
 ASPARAGUS
 BACK DROP BOMB
 BEAT CRUSADERS
 BRAHMAN
 FINE LINES
 Ken Yokoyama
 LOW IQ 01
 MARS EURYTHMICS
 MONGOL800
 OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
 toe+土岐麻子
 WATER CLOSET
 YOUR SONG IS GOOD
 クラムボン
 ハナレグミ


え…と。
あや兵衛が初めてハスビーこと、HUSKING BEEを知ったのは。
2002年リリースされた「Day of the sun」がきっかけです。
知るには、比較的遅い時期だと自覚してますが。
ファーストインプレッションが強烈だったせいか。
ハスビーの曲で何が好きかと訊かれたら、これを挙げます。

しかも、アルバムにおいては。
3rd.アルバムの「the steady-state theory」しか、まともに聴いてなくて。
好き≠博識というセオリーが如実に現れております。

おかげで。
ハスビーが昔、PIZZA OF DEATHに所属していたことを、今回初めて知るくらいで。
そうなると。
今回参加するアーティストにKen Yokoyamaがいるのも、大いに納得できます。

BEAT CRUSADERSはアニメ「BECK」繋がりなんでしょうなぁ。
ハスビーのGt.&Vo.平林一哉氏が主人公の歌声を担当しましたしね。
でも、何故、彼のあだ名は「どんどん」なんだ?

そういや。
元ハスビーのメンバーは何しているんだろうと、ちょっと気になって調べたら。
Gt.&Vo.磯部正文氏はCORNER(ソロ)で活躍中。
平林一哉氏とBa.てっきん氏はFINE LINESで活躍中。
Dr.平本レオナ氏はbrownsetで活躍中。

あ、今気づいたけど。
磯部氏とASIAN KUNG-FU GENERATIONのVo&Gt.後藤氏は。
同じ「正文」なんですな。

今回のBGM:9mm Parabellum Bullet「sector」
まだ「Parabellum」のスペルに自信がない。
[PR]

by p_and_l | 2007-01-22 00:00 | 偏見的ライブ情報

STUDIO VANQUISH TOUR開催決定。

よく寝る前に。
今日の出来事を振り返ってみては。
あの時、ああ言うべきじゃなかったのかな?と悩む時がある。
しかし。
朝、起床すると。
あれ、何を言うべきだったかな?とそれはそれで悩む。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■STUDIO VANQUISH TOUR
・出演アーティスト:the band apart、wrong scale、the court、he、avengers in sci-fi、susquatch
・チケット一般発売日:2月10日(土)
・オフィシャルサイト:http://www.studiovanquish.com/

・4月10日(火) Osaka BIG CAT
 チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:248-480
 ローソンチケット 0570-084-005 Lコード:59288
 イープラス http://eplus.jp
 問い合わせ:GREENS 06-6882-1224

・4月11日(水) Nagoya QUATTRO
 チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:248-402
 ローソンチケット 0570-084-004 Lコード:47394
 イープラス http://eplus.jp
 問い合わせ:JAIL HOUSE 052-936-6041

・4月15日(日) Shinagawa STELLAR BALL
 チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:248-492
 ローソンチケット 0570-084-003 Lコード:35890
 イープラス http://eplus.jp
 問い合わせ : DISK GARAGE 03-5436-9600



ご覧のとおり。
このツアーは東名阪。
東京・名古屋・大阪で東名阪。

何で…。
何で、福岡は来てくれなかったのでしょう。
別に九州来るのに、パスポートなんていらないのに。

the courtとsusquatchに関しては無知でお恥ずかしい限りですが。
それ以外は物凄くお気になんですけどなぁ。
よりどりみどりでこりゃ贅沢ですよ。

今回のBGM:ELLEGARDEN「TV maniacs」
同時に録画していた深夜番組メッセ弾を見る。
[PR]

by p_and_l | 2007-01-20 00:00 | 偏見的ライブ情報

1/18 ala「1st ALBUM 『Jam of the year』 release PARTY TOUR LIVE HOUSE」at LIVE HOUSE CB

今回の会場は初めて行くところなので。
場所をインターネットで調べて、ちゃんとプリントアウトもしました。
が。
市内に着いたら、その地図を見事に忘れたことに気づいて。
ピンチに陥ったら、ここは1つ、あや兵衛さんの十八番。
気合でGO。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■RAT’S
Vo.&Gt.内田豪、Gt.&Cho佐藤祥、Ba&Cho.村井努、Dr.キムによる4ピースバンドです。
メンバーの殆どが大分県は佐伯市の出身だそうで、全員がまだ20代前半と非常に若いです。

受付で貰ったフライヤーを開演前に目を通していると。
RAT’Sのフライヤーに書かれていたメンバー名を見た際、Dr.の名前に違和感を持ち。
何かあるんじゃないかと、密かに期待していたら。
何とまぁ、Dr.キム氏は凄い貫禄と素晴らしい笑顔の持ち主で。
しかも、ドラムの隣には水2リットルのペットボトルが常備。
おまけに、今年、成人を迎えるそうで。(おめでとうございます)

下手に誇張してるわけでもなく、等身大にありのままに唄った曲が印象的でしたね。
キム氏のドラムは結構、激しいけれど。
不思議とポップな感じの曲やら、バラードでも違和感がなく。
むしろ気持ちよくすら感じましたね。

公式HP→ http://01.xmbs.jp/rats/

■Holiday of seventeen
Vo.&Gt.三浦太郎、Gt.&Cho.中原功太、Ba.&Cho.碇YO-PEI、Dr.&Cho.中山MUNE3、Key&Cho.山下蓬による2004年に福岡市は城南区で結成されたバンドでございます。

Vo.&Gt.三浦氏はメガネを着用していて。
自称メガネフェチのあや兵衛は彼がライブ中、2回ほどメガネを外したにも関わらず。
いつ外したのか、その瞬間を見事に見逃したことが悔やまれます。

MCをするKey&Cho.山下氏は満面の笑みで異常なほどテンションが高く。
自身もそれを自虐ネタに使ってましたが。

ギターの調子が悪いのか、必死で調整する三浦氏の隣で、淡々とMCをするのはGt.&Cho.中原氏。
表情もろくに変えることなく、ウィスパーボイスでさらりと下ネタをかますところが、あや兵衛のツボに入りました。

こんな個性あるメンバーが紡ぎだす音が、何とも複雑で。
一瞬、不協和音に近いのではないかと疑いながらも、独特のセンスから面白く感じました。
このライブ以降、暫くライブがないのが非常に残念です。

公式HP→ http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=HOLIDAYSOF17

■UNCHAIN
Vo.&Gt.谷川正憲、Ba.&Vo.谷浩彰、Dr.吉田昇吾、Gt.&Cho佐藤将文、1996年に京都で結成され、大阪を中心に活動してます。
あや兵衛、名前だけは知ってました。
今回のalaのライブで九州を一緒に回ってます。

Vo.&Gt.谷川氏、Ba.&Vo.谷氏、Gt.&Cho佐藤氏、3人のストラップが短めなのが気になりました。
まぁ、それは、おいといて。
谷川氏を中心に彼等の声が素晴らしいです。
それに加え、様々な音楽の要素を取り入れているせいか、えらく馴染みやすかったです。
てっきり、曲はパンク一直線だと、あや兵衛は偏見紛いの勘違いしてましたからねぇ。

MCにて現れる関西弁を聞くと、彼等が関西出身だなぁ、と変なところで実感が湧きました。


公式HP→ http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=mosh2001(モバイル用)/ http://twothumbsup.jp/unchain/(PC用)

■鰯
Vo.araki、Vo.&Gt.nawo、Ba.&Cho.tetsurow、Dr.tettoと、2005年に結成されてます。
魚へんに弱いと書いて「鰯(いわし)」。
焼いて食べりゃ、非常に美味し。
でも、ここの鰯は焼いて食べられないが。
だからと言って、弱くもないです。

Araki氏はボーカル1本で、その彼の声が最強の武器ですね。
ステージでこれでもかと言わんばかりの直球な姿勢は、非常にかっこよかったです。
エッジの効いた楽曲にも凄かったです。
あや兵衛は初手からその威圧感に圧倒されて、口半開きで微塵も動けずに。
起き抜けに朝食にステーキが出されるような衝撃と、似て非なるものがあるのでしょうかね(違いますね、はい)

なんて直情的なんだろう、とステージ後、しみじみと思ったけど。
それは、見事に彼等メンバーの姿にも現れてましたね。
書いたアンケートを渡しに行ったら、えらく深々とお辞儀されてお礼を言われるもんだから。
もう、あや兵衛も反射的にどういたしまして、とお辞儀してしまいましたよ。

公式HP→ http://6hp.jp/?id=iwashi

■ala
Vo.Yu-ki Arai、Vo.Seiji Sato、alto-saxphone&synthesizer Kana Koguchi、tenor-saxophone Takahiro Kurama、Gt.Kentarou Miura、Ba.Tsukasa Sato、Dr.Teppei Seino、と2003年に東京で結成されてます。
何とも大所帯で、3on3にもれなく審判がついてくる人数ですよ、奥さん。
あや兵衛個人的には紅一点のKana嬢が可愛くて仕方ない。

狭いステージにこのメンバー数と様々な機材が置かれてるから、密度が高いにも関わらず。
Vo.Yu-ki氏とSeiji氏は関係なしに暴れまわります。
ステージの後ろに行くは、観客側に飛び出すは、スピーカーによじ登るは。
ただでさえ、ノリが非常に良くて腕を振らざるを得ない状況なのに。
彼等の動きに目を奪われていたら、腕を振るタイミングも見事に間違ってしまうワケですよ。
でも、この際、もう気にするものか。

以前から行きたかったライブの1つだったから。
行けたことが非常に嬉しくて、感無量です。
やっぱ、alaはライブで醍醐味を堪能すべきですね。

公式HP→ http://www.alajapan.com/

~今回のまとめ~
・会場のLIVE HOUSE CBの床下(?)はもうアスファルトそのもので、まるでここは倉庫かと窺わせました。
・alaは今回の物販で新作グッズを全部買ってくれたら、宣伝ポスターをつけると仰ってましたが、いつからalaはジャ●ネットたかたになったんだろう、と心の中でツッコミました。
・ライブ後、やたらハイテンションになり、駅まで一気に駆け抜けるも、横断歩道で片方のローファーが脱げてしまい、一気に素に戻りました。

今回のBGM:ELLEGARDEN「45」
ライブに行くと、笑顔になれるね。
[PR]

by p_and_l | 2007-01-18 00:00 | ライブレポート

the band apart「alfred and cavity」

夕食のカレーライスに。
スプーン大さじ1杯のハバネロをかけて食べようとしたら。
アンタ、馬鹿じゃないの!?と。
真顔で母から人権侵害を受ける。
ひどいや。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

f0042928_19384483.jpg・種類:CDアルバム
・発売日:2006年10月4日
・レーベル:asian gothic
・規格品番:ASG-007
・価格:2,835円(税込)
・収録曲
 1.72
 2.Still awake
 3.SOMETIMES
 4.the same old song
 5.headlight is destroyed
 6.Circles and Lines
 7.led
 8.Stanley
 9.stereo
 10.beautiful vanity
 11.Can't remember
 12.KATANA

料理とはアイデアだな、とつくづく思います。
呑みに行ったとあるお店は、創作料理を主としていて。
和・洋・中ミックスと、メニューが見事に国際交流してました。

そんな中で。
茶そばを使ったサラダが出てきた時。
何故、茶そばなのに野菜がついてるのか。
何故、茶そばなのにドレッシングがかかっているのか。
確かに茶そばの緑で彩りが綺麗だけど。
茶そばはシンプルに麺つゆで食べた方が、断然美味しいのに、と思いながら、口に運びました。

ら。

それは茶そばじゃなくて、実は細い茶うどんだと判って、衝撃を受けました。
しかも。
これはこれで美味しいから非常に悔しい。
悔しいけど、非常に美味しい。

まぁ、素材をちゃんと判った上で、こういった料理ができたんでしょうね。
野菜と麺とそれぞれ、一見シンプルな素材は組み合わせれば。
ものの見事に大変身を遂げるワケですな。

要は何が言いたいか、と。

今回のこのthe band apartの3作目のアルバムは。
これでもか!これでもか!と音を複雑に複雑さを重ね、1つの素晴らしい作品に仕上がってるんですよ。
初めてこのアルバムを聴いた時、あまりにもコアな音に驚きました。
そのせいか、最初は受け入れがたいものがあったけど。
適当ながらも繰り返し聴いていくうちに、1つのフレーズがやたら印象に残ってしまった時。
既に、あや兵衛自身もその音の魔力にどっぷりと浸かっていたんですね。

今までの作品の中で、the band apartをまだ知らない人に、一番勧めにくいアルバムだと思ってます。
まるで、こんなせっかくの美味しいモノは1人で食べなきゃ、みたいに。
自分だけで自分なりにちょっと堪能してみたいようなかんじですかな。

けど。
ここでこんなこと書いちゃ、世話ないですな。

あや兵衛は「Can't remember」がお気にです。
この曲を聴くと、幼少の頃を思い巡らせては、ちょっと感傷的になってみたり。
仕事の帰り、偶然見えた綺麗な夕焼けを前に、これがBGMとなれば、これまた更に。

あと。
今回のアルバムにはちゃんと、訳詞があるので有難いです。

今回のBGM:the band apart「Can't remember」
このPVを見れば、これまた更に、更に。
[PR]

by p_and_l | 2007-01-15 00:00 | 今日の1枚

SOUND SHOOTER写真展&SOUND SHOOTER vol.2、開催決定。

ストレイテナーのライブツアー「LINEAR MOTOR CITY TOUR」にて。
岡山が会場変更だそうです。
6月8日 岡山CRAZYMAMA KINGDOM(岡山県岡山市中央町6-22中央町ヒルズ4F)
・開場/開演:18:30/19:30
・チケット代:3,500円(税込・ドリンク代別)
・チケット一般発売日:3月25日(日)
・問い合わせ:夢番地岡山 086-231-3531

「クレイジー・ママ・キングダム」って。
こりゃまた、凄い名前だ。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■SOUND SHOOTER vol.2
・日時:3月9日(金)
・会場:渋谷AX
・出演アーティスト:avengers in sci-fi、NO-HITTER、ミドリカワ書房、ザ プレデターズ

■SOUND SHOOTER 写真展
・日時:3月12日(月)~18日(日)
・会場:渋谷コンシールギャラリー



今年も引き続きやりますか。
写真家・橋本塁氏が主催するSOUND SHOOTER。
ヒット、ヒット、ヒットの嵐と来ましたか(意味はなし)
地方人のあや兵衛には、行ける可能性はほぼ皆無でして。
あーでも、仕事で東京出張とかないかなぁ、と考えたり。
公私混同ですね、すみません。

今回のBGM:なし。
また、新作の写真集出してほしいなぁ。
[PR]

by p_and_l | 2007-01-14 00:00 | 偏見的ライブ情報

hare-brained unity、ライブツアー情報。

年が明けてからというもの。
息つく暇がないほど仕事が多忙だ、と別部署の方にぽろりと愚痴を零したら。
「これ食べて、頑張れ」と頂いたのが、都こんぶ。
そのお心遣いが非常に嬉しく、その優しさをじっくり噛み締めて食しました。
初めて食べたんですけど。
美味しいですね、これ。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■- TOUR2007 [ COOL&DISCO VII ] -
・2月17日(土) 千葉LOOK
 with:No Regret Life
 開場:18:30/開演:18:30
 チケット代:前売1,800円/当日2,300円(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:1月7日(日) ローソンチケット(L:38970)/LOOK店頭
 問い合わせ:LOOK 043-225-8828

・2月18日(日) 新潟CLUB JUNK BOX
 [ trench town rock! ]
 with/No Regret Life/他
 開場:17:30/開演:18:00
 チケット代:前売2,000円/当日未定(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:1月13日(土) チケットぴあ(P:249-528)/ローソンチケット(L:35625)/JUNK BOX店頭
 問い合わせ:FOB新潟 025-229-5000

・2月22日(木) 宮崎SR-BOX
 with/ART-LINE/STANDING BACK/他
 開場:18:00/開演:18:30
 チケット代:前売1,500円/当日2,000円(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:1月13日(土) チケットぴあ(P:597-490)/ローソンチケット(L:82963)/SR BOX店頭
 問い合わせ:SR-BOX 0985-83-3181

・2月23日(金) 鹿児島SR HALL
 with/The Silly Lover/他
 開場:18:00/開演:18:30
 チケット代:前売2,000円/当日未定(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:未定 チケットぴあ(P:未定)/ローソンチケット(L:未定)/SR HALL店頭
 問い合わせ:SR Factory 099-227-0337

・2月25日(日) 長崎DRUM Be-7<ワンマンライブ>
 開場:18:00/開演:18:30
 チケット代:前売2,300円/当日未定(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:1月13日(土) チケットぴあ(P:246-916)/ローソンチケット(L:82150)/DRUM Be-7店頭
 問い合わせ:スマイルインフォメーション 095-826-1333/TSUKUSU 092-771-9009

・2月28日(木) 神奈川・F.A.D YOKOHAMA
 with/the court/discord/オトナモード
 開場:18:00/開演:18:30
 チケット代:前売2,000円/当日2,500円(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:1月28日(土) チケットぴあ(P:未定)/ローソンチケット(L:未定)/F.A.D YOKOHAMA店頭
 問い合わせ:F.A.D YOKOHAMA 045-663-3842

・3月3日(土) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
 with/FLAMING ECHO/ワイルドマイルド/他
 開場:18:00/開演:18:30
 チケット代:前売1,800円/当日未定(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:2月3日(土) チケットぴあ(P:未定)/ローソンチケット(L:未定)/LIGHT HOUSE店頭
 問い合わせ:LIGHT HOUSE 029-224-7622

・3月6日(火) 大分T.O.P.S
 with/Natural Punch Drunker/BOO BEE BENZ
 開場:18:00/開演:18:30
 チケット代:前売2,000円/当日2,500円(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:1月13日(土) チケットぴあ(P:900-107)/ローソンチケット(L:82791)/T.O.P.S店頭
 問い合わせ:T.O.P.S S097-533-0467

・3月7日(水) 広島NAMIKI JUNCTION
 with/SIDE AQCEL/他
 開場:18:30/開演:19:00
 チケット代:前売2,000円/当日2,500円(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:1月27日(土) チケットぴあ(P:249-409)/ローソンチケット(L:)/イープラス/デオデオ本店PG/ヤマハ広島店
 問い合わせ:夢番地(広島) 082-249-3571

・3月8日(木) 愛媛・松山SALON KITTY
 with/未定
 開場:未定/開演:未定
 チケット代:前売未定/当日未定(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:未定 ローソンチケット(L:未定)/DUKE TICKET/SALON KITTY店頭
 問い合わせ:SALON KITTY 089-945-0020

・3月14日(水) 岩手・盛岡CHANGE WAVE
 [ FAT BURNER SLIM 009~Ver KURONUMA~ ]
 with/NICO Touches the Walls/磯貝サイモン
 開場:18:00/開演:18:30
 チケット代:前売2,000円/当日2,500円(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:1月27日(土) チケットぴあ(P:250-185)/ローソンチケット(L:未定)/CHANGE WAVE店頭
 問い合わせ:GIP 022-222-9999

・3月15日(木) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
 [ FAT BURNER SLIM 009~Ver Notchi~ ]
 wtih/NICO Touches the Walls/磯貝サイモン
 開場:18:00/開演:18:30
 チケット代:前売2,000円/当日2,500円(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:1月27日(土) チケットぴあ(P:250-187)/ローソンチケット(L:未定)/JUNK BOX店頭
 問い合わせ:GIP 022-222-9999

・3月20日(火) 愛知・名古屋新栄CLUB ROCK'N'ROLL
 with/ザ・ガールハント
 開場:未定/開演:未定
 チケット代:前売未定/当日未定(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:未定
 問い合わせ:CLUB ROCK'N'ROLL 052-262-5150

・3月21日(水・祝) 大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE<ワンマンライブ>
 開場:18:00/開演:18:30
 チケット代:前売2,300円/当日未定(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:2月17日(土) チケットぴあ(P:248-919)/ローソンチケット(L:未定)
 問い合わせ:GREENS 06-6882-1224

 <オフィシャルサイト先行予約>
  ・受付期間:1月11日(木)~1月31日(水) ※規定枚数になり次第終了
  ・受付について:Greensオフィシャルサイトによる申込→http://www.greens-corp.co.jp/ ※初めてご利用になる方はG-memsへの会員登録(無料)が必要。

・3月22日(木) 岡山PEPPER LAND
 with/maegashira/他
 開場:18:30/開演:19:00
 チケット代:前売2,000円/当日2,500円(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:1月27日(土) チケットぴあ(P:249-410)/ローソンチケット(L:未定)/イープラス/PEPPER LAND店頭
 問い合わせ:夢番地(岡山) 086-231-3531

・3月24日(土) 福岡DRUM SON
 with/未定
 開場:未定/開演:未定
 チケット代:前売未定/当日未定(ドリンク代別)
 チケット一般発売日:未定
 問い合わせ:DRUM SON 092-737-5777

・3月28日(水) 東京・渋谷CLUB QUATTRO<ワンマンライブ>
 開場:18:30/開演:19:30
 チケット代:前売2,500円(ドリンク代込)
 チケット一般発売日:2月24日(土) チケットぴあ(P:未定)/ローソンチケット(L:未定)
 問い合わせ:DISK GARAGE 03-5436-9600

 <オフィシャルサイト先行予約>
  ・受付期間:1月17日(水)~1月31日(水) ※規定枚数になり次第終了
  ・受付について:ディスクガレージオンラインチケットサイト『GET TICKET』による申込→http://www.getticket.jp/get?u=7512(PC・携帯共通) ※初めてご利用になる方はGET TICKETへの会員登録(無料)が必要。



注意していただきたいのは。
上記の情報は1月13日現在のもので。
ご覧のとおり、未定のものが非常に多いです。
なので。
随時、公式HPをチェックされることを強くお勧めします。
公式HP→http://www.harebrainedunity.com/

ヘアブレはホント、精力的にライブを繰り広げてますね。
確か、メジャーデビューしたはずなのに、そのハングリー精神はどういうことか、と。
ひたすら感心してます。
この調子だと、行ったことのない都道府県は少ないでしょうな。

それにしてもだ。
ライブツアーの情報を知るたびに。
あや兵衛は何回、絶叫して、頭を抱えなければならぬのか。
ヘアブレの福岡でのライブは3月。
3月は福岡でのライブがあまりにも多すぎて。
残念ながら、ヘアブレも辞退ですなぁ。
悔しいなぁ。

今回のBGM:ザ50回転ズ「たばこの唄」
都こんぶの後の緑茶がこれまた美味し。
[PR]

by p_and_l | 2007-01-13 00:00 | 偏見的ライブ情報

1/12 スウェードジラフ at DRUM Be-1

会合の接待は非常に緊張して、気疲れするが。
会合が終わった後の残りの食事をいただくほど、嬉しいものはない。
それがお偉いさんが出席するともなれば、味も絶品だ。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

正直なところ。
まさか、2007年のライブ参戦のスタートを、ジラフで飾るとは思ってませんでした。
最後にジラフのライブに行ったのは、去年の7月と約半年振りだったんですね。
あぁ、半年振りですかぁ。

■Buffrikan
アーティスト名は「バフリカン」と発音します。
Vo.156、Gt.ゲラ=ハ、Ba.姫野真吾、Dr.綾戸大樹、Gt.muttyの2004年に福岡で結成された5人組のバンドです。
Vo.がマイク1本と、Gt.が2人いるというあや兵衛の中では、珍しい構成だと思いました。
立ち位置も向かって、Gt.Ba.Vo.Gt.の順ですからね。
因みに、Gt.mutty氏はLOTというバンドに所属しているとのことです。

一番印象に残ったのは、Vo.156氏の声ですね。
彼等の曲はコーラスなしと彼の声1本と直球とは直球で。
Gt.からのエフェクターによる様々な爆音を背景に。
その音と互角に張り合える良い声をしてます。
素晴らしい咽喉をお持ちなんですなぁ。

Buffrikanは去年、関東でのツアーを経験したそうで。
今年も一体、どんな活躍ぶりを見せるか。
なかなか興味深いところです。

公式HP→ http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=buffrikan

■スワンソン
英字表記にすると「swansonn」となるんですな。
Vo.&Gt.高木史朗、Ba.大村俊彦、Dr.本房孝浩による3ピースバンドです。

登場のSEから、あ、これはちょっと独特の雰囲気だ、と。
あや兵衛のレーダーが反応しまして。
ストイックでありつつも直情的な音はかっこよかったですね。
歌詞は日本語ですけど、ところどころ

Vo.&Gt.高木氏のパフォーマンスには驚きまして。
長身である彼が長い脚でキックを繰り出したり、突如、背中を向けてひざまずいたり。
そんな彼もライブ終了後、アンケートを配布する際。
非常に物腰の優しい一面を垣間見れまして。
ステージ上のギャップにも驚かされました。

公式HP→ http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=swansonn

■the strange drama
アーティスト名は知っていたことを、どうして当日に気づかないのか。
Vo.&Gt.白濱賢吾、Gt.宇塚博之、Ba.滝口瞬、Dr.堀田明成による千葉を拠点に活躍するバンドです。

曲を聴くのは初めてで。
リズムが非常に良くて、すぐ口ずさみたい気分になれますね。
曲の雰囲気が何とまぁ、柔らかい。
曲の初めの方から観客全員で手拍子をしたりと、客を魅了させる力は凄いもんです。
普段、早いリズムでの手拍子に慣れているあや兵衛は、どうも拍手のタイミングが合わず、苦笑いものでしたが。

マイクを通してもVo.&Gt.白濱氏は良い声なのに。
マイクなしで唄えば、その声は当社比UPするってもんですよ。
そんな、彼は佐賀県出身とのことで。
九州を第2の故郷と仰ってました。

公式HP→ http://www.strangedrama.com/

■スウェードジラフ
Gt.&Vo.平田晃大、Gt.大木遊、Ba.高木由太、Dr.倉光翔太によるバンドです。
去年Ba.メンバーが変わって、新メンバーでの演奏を早く聴きたいと思ってて。
思ってたら、半年も経ってましたね。
その間、精力的にライブ活動繰り広げてたのにねぇ。

久しぶりのせいなのか、何なのか。
でも、それを抜きにしても。
彼等の演奏に対し、凄いとしか言いようがなくて。
Ba.高木氏のコーラスはGt.&Vo.平田氏と見事な相乗効果です。

ラストの曲の最中、突然、平田氏のギターの弦が切れるというトラブルが発生。
さぁ、平田氏はどうするか。
答え。
後ろを向いて、なおかつピックを捨てて指で引く。
何とまぁ、漢(おとこ)っぷりを見せてくれました。

今年の3月には待望の音源がリリースされるとのことです。
ジラフだけに今までジラしてくれて有難う。

公式HP→ http://suedegiraffe.web.fc2.com/

今回のライブは会場にテーブルと椅子が並べられてるという。
今まで体験したことないことを2007年の1発目からやってのけました。
これはこれで非常に良いね。

いつも頂いたアンケートはしっかりと書かせてもらってますが。
今回のライブは、次のステージとの待ち時間が比較的短くて。
最後の項目を書き終える頃に、もう次に移る感じですけど。
これはこれで非常に良いね。

まぁ、思った以上に早くライブが終わったおかげで。
ゆっくりとジラフのメンバーとお話しさせてもらって嬉しい限りです。
それにしても。
ジラフメンバーそれぞれの個性が、非常に掴みやすいと言ったら、ありゃしない。

~今回のまとめ~
・the strange dramaの音源を購入したら、宣伝ポスターを戴く。こんなの貰うの初めて。
・ジラフのBa.高木氏の今回の衣装が他のメンバーから、パジャマみたいだと揶揄される。ごめん、あや兵衛もそう思った。
・アンケートを書いてる際は、大概興奮してるもんだから、勢いのままに書いてしまう。そのせいでメールアドレスとかちゃんと正しく書けてるか、毎回不安。

今回のBGM:スワンソン「チキンレース」
スワンソンの音源「フラッシュバック」のジャケイラスト、良いなぁ。
[PR]

by p_and_l | 2007-01-12 00:00 | ライブレポート

ACIDMAN、DVDリリース決定。

台所にはラジオを常備していて。
調理中によく聴くんですけど。
たまたま、その時聴いたこのCM。
チロー●アーン♪
――これか!、と。
奇遇にも、ストレイテナーのホリエ氏の日記タイトルの元ネタが判ってしまいました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「scene of “green chord”」
・種類:国内盤/DVD
・発売日:2007年3月7日
・レーベル:東芝EMI
・規格品番:TOBF-5518
・価格:3,200円(税込)

・アルバム『green chord』から「Returning」とアルバム未収録曲(シングル「スロウレイン」カップリング)「Walking Dada」映像作品を収録。(ディレクターは西郡勲氏)
・2006年度の活動の全てを記録してまとめたオフショット映像も収録。



賢明なファンの方なら、ACIDMANがアルバムをリリースしたら。
DVDもリリースされるだなんて、百も承知でございませうよ。
正におんぶにだっこ。

緑色は目を休ませる色だそうで。
こちらも目を休ませるだけでなく。
心も休まるのではないか、と。
良かったら、ご家庭に1つ。

今回のBGM:ザ50回転ズ「マブイあの娘」
この場合の「マブイ」は沖縄の言葉で「魂」という意味を指してるワケではなく。
[PR]

by p_and_l | 2007-01-10 00:00 | 偏見的リリース情報

Allister「ギルティ・プレジャーズ 」

今日、感動した言葉。
「不安が原動力」

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

f0042928_2193050.jpg・種類:国内盤/CDアルバム
・発売日:2006年11月29日
・レーベル:IN-n-OUT RECORDS
・品番:IQCD-1010
・価格:1,890円(税込)
・収録曲
 1.Intro
 2.Cherry
 3.To Be With You
 4.Tsunami
 5.I Saw Her Standing There
 6.Sakura
 7.Heaven is a Place on Earth
 8.Shimanchu Nu Takara

2~8曲目の原曲は以下のとおりです。
2.スピッツ「チェリー」(1996年)
3.Mr. Big「To Be With You」(1991年)
4.サザンオールスターズ「TSUNAMI」(2000年)
5.Beatles「I Saw Her Standing There」(1963年)
6.森山直太朗「さくら」(2003年) ※今回のアルバムにはスコット英訳による英語バージョンで収録されています。
7.Belinda Carlisle「Heaven is a Place on Earth」(1990年)
8.Begin「島人ぬ宝」(2002年)

正直なところ。
上記の原曲の中で邦楽曲しか判らなかったけど。
聴いてみれば、意外にも知っていたので、あや兵衛自身驚きました。
但し、Beatlesの曲を除いて。

福岡でのELLEGARDENの対バンツアーにおいて。
Allisterは「Cherry」を披露してくれましたが。
「チェリー」の曲がこんなに素晴らしい曲だったのか、と改めて感心しました。

けど。
それは「チェリー」の曲自体が素晴らしいのか。
Ba.&Vo.スコットがこの曲を唄ってこそ素晴らしいのか。
ちょっと、混乱してしまったけど。
あや兵衛にとっては、洋楽アーティストが邦楽を日本語でカバーするのは斬新だったわけで。
しかも、それを生で聴いてしまったから、尚更ですよ。

かつて、知人は言いました。
良い曲は誰が唄っても良い曲なんだ、と。
当時のあや兵衛はそれには少々難色を覚えましたが。
今、その意味が判ってきたような気がします。

でも「Tsunami」は原曲とまたえらい違うイメージを受けましたがね。

あや兵衛的に残念だったのが。
「Sakura」はスコットが英訳による歌詞で唄ってるのに、アルバムにはその歌詞が掲載されてなくて。
日本語が上手な彼が一体、どういうふうに翻訳したのか、そのセンスを垣間見てみたかったです。

あと、アルバムのTHANKSにはELLEGARDENのメンバー名。
Special thanksには「Ellegarden」と記載されてるのにお気づきでしょうか。

…ただね。
Gt.生形氏の名前の隣に「Japanese Thunder」と書かれてるんですよ。

これは何事か、と。
考えられるとしたら、あだ名でしょうかねぇ。
Dr.マイクも「フェイスマン」というあだ名がついたそうですしね。

今回のBGM:Allister「Cherry」
スコットの「愛してる」という響きだけで、あや兵衛さんは十分満足。
[PR]

by p_and_l | 2007-01-08 00:00 | 今日の1枚