<   2007年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

4/27 GRAPEVINE Grapevine tour2007「ママとマスター」 at DRUM Be-9

あや兵衛の3つの心の使命は無事、完了しました。
10年前から、訪れているこむらさきで王様ラーメンをいただきました。
昔の好みはあっさりした味だったものの、今はこってり派ですが。
今も、ここの味は捨てがたいです。
BATTLE-STAGEの入口の写メを入口の前、右側、左側と分けて撮ったんですが。
それを3回に分けてメール送信した後。
一度に3つの画像をまとめて送信すればよかったと気づきました。
迷子にはなりませんでした。
ただ不思議と、前回と迷った通りに歩いて、現地に到着するんですよね。
そんな余計なトコまで、記憶は働かなくていいと思います。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

あや兵衛、2回目のDRUM Be-9であり。
2回目のGRAPEVINEのライブです。

ここ熊本では、当日券が販売されてました。
偶然、当日券を購入された方の番号が目に入りまして。
260番台だったから、そうなるとここのキャパって300くらいなんでしょうかね?

ジャズ風のBGMでライブが始まります。
そしたら、女性の黄色い歓声が沸きます、沸きます。
のっけからアッパーな曲が続き、意外と曲間が短いのでさくさくと進みます。

まず、最初のMCは、Vo.&Gt.田中氏のこの挨拶で始まりました。
「初めまして、もっこす野郎ども!」
因みに、初めましてとはその通り、今回、GRAPEVINEは熊本初上陸でございます。
また、肥後もっこすの「もっこす」とは頑固者、または偏屈者という意味を持つ熊本の方言です。
そんでもって、田中氏は野郎と言いましたが。
語弊のないよう言っておきますが、観客の8割は女性でしたよ。
余談ですが、観客の中には中学生くらいの息子さんを連れたお父さんも見かけましたね。

「熊本城築城400年おめでとうございます! GRAPEVINEも10周年を迎えました!」
偶然にも今年、ホントに熊本城築城400年なんです。
市内にもあちこちでPRしてましたよ。
それに、ホントに今年、GRAPEVINEはデビューして10周年なんです。
400年と10年を天秤にかけてるのは、レベルは違いすぎても。
キリの良い番号であることは間違いない、と言うことで。

この台詞の後、観客からの拍手が小さかったがために。
再度、10周年と言葉を繰り返し、田中氏は観客を煽りました。

「10周年記念ということで、今なら音源が特別価格で販売しております!」
新作アルバム「From a smalltown」リリースにあわせて、「退屈の花」から「deracine」までの7枚の旧作アルバムがその対象となってます。
ここまでのMCを田中氏はずっとシャウトしてるんですけど。
彼は神戸市出身であるが故に、関西弁なので。
どうも、こういった商売臭い台詞は似合うなぁ、とあや兵衛は思います。

実は。
上記のMCをアンコールでもまた繰り返したんですけど。
GRAPEVINE10周年のところの拍手はちゃんと大きかったです。

別のMCで。
「初めまして、辛子レンコン野郎ども!」
という、挨拶の別バージョンがありましたが。
これは人じゃないと、あや兵衛は思います。
前日にメンバーはアツアツの辛子レンコンを食したそうで。
一緒に「バモン」も食べたそうです。
ここで、観客誰もが「バモン」という言葉に疑問を持ち、反応の薄さに田中氏は一瞬、動揺します。
「バモン」とは馬刺しのことを指した上で、「馬モン」と表現したのでしょうが。
…そんな言葉は初耳でございます。
すると、馬刺しって高級品だから、皆そんなに食べれないのか、と茶化し、俺ら金あるから、と何気に自慢した後。
小さい声で、そんなことないからね、とちゃんと弁明してました。

あと、GRAPEVINEにはお2人のサポートメンバーがいます。
Ba.金戸覚(さとる)氏とKey.高野勲氏です。
金戸氏はコーラスに参加することもあれば、高野氏もギターを演奏することあります。
よって、サポートメンバー含め、田中氏以外全員のコーラスや。
高野氏のギターが加わった上での、弦の四重奏は迫力がありましたよ。

GRAPEVINEで凄いなぁ、と感心するのは、やはり田中氏の声ですね。
シャウトの際が、彼の声の魅力を十分に発揮するので大好きです。
改めて、GRAPEVINEの曲のリズムや歌詞の凄さを実感し。
よく聴いてた割には、気づかなかった一面に気づくことができました。

あや兵衛の知る限りでは、観客側でモッシュやらダイブはなかったけど。
皆、体でリズムを刻んだり、サビの部分でちゃんと合いの手を送ったり、と。
ちゃんと、息は見事に合っております。
個人的に、Gt.西川氏のソロの時、「アニキー!」の黄色い歓声が面白かったです。

~今回のまとめ~
・帰りの公共機関の関係で、アンコールの途中で帰らないといけなかったことが悔やまれます。(終わったのは9時半過ぎと思います)
・ライブの途中、右のコンタクトが外れてしまい、片方裸眼のまま走るのは非常に怖いです。(右目に乱視があり、平衡感覚が失われます)
・思い返してみりゃ、サポートメンバー含め全員、格好がTシャツじゃなくて、シャツでしたな。(たまに田中氏の乳首が見えてたのが、何とも…)

今回のBGM:なし。
熊本城はまた今度、足を運ぼう。
[PR]

by p_and_l | 2007-04-29 23:15 | ライブレポート

BEA presents F-X、福岡公演決定。

明日は熊本へライブに行きます。
以下が、あや兵衛の心の指名です。
・「こむらさき」でラーメンを食べる。
前回、食べ逃したことが悔しかったので。
・BATTLE-STAGEの入口の写メを撮ってくる。
これは、このライブハウスの場所を知らないという知人のために。
・迷子にならない。
実は、前回行った会場にも関わらず、道順がもう曖昧。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■BEA presents F-X
・日時:7月24日(火) 16:30(開場)/18:00(開演)
・場所:福岡国際センター
・料金
 1Fスタンディング・ブロック指定…5,250円(整理番号付)
 2F全席指定…5,250円 ※6才未満入場不可
・一般発売日:6月3日(日)
 ローソンチケット…0570-084-684【Lコード:84929】
 チケットぴあ…0570-02-9907【Pコード:258-217】
・問合せ:BEA…092-712-4221
・出演アーティスト
 ASIAN KUNG-FU GENERATION
 BEAT CRUSADERS
 マキシマム ザ ホルモン
 …and more


エラいよ、BEA!
スゴイよ、BEA!

昔、間違って電話で問い合わせをした際。
「そちら、ベアですか?」と間違って言ったことは、もう素直に非を認めますよ。

福岡はあまりイベントがない、と。
あや兵衛の中の勝手な固定観念を、更に強くさせるところでしたよ。

たーだーね。
世間はこの日は夏休みですよね。
夏休みってのは、学生の話であって。
社会人にゃあ、関係ない話ですよ。
しかもだ。
あや兵衛はこの日の前後は、仕事が多忙なんですよね。
これでは、また職場の先輩に土下座は免れないのか、ワタクシ。
(因みに、前回は2月のストレイテナーライブにて)

今年の夏は、何だかちょっと世知辛そうだ。

今回のBGM:TRICERATOPS「FEVER」
あ、BEAならば、あのイベンターさんにも逢えるのかな?
[PR]

by p_and_l | 2007-04-26 22:01 | 偏見的ライブ情報

locofrank、ライブDVDリリース決定。

遅くなって、本当に申し訳ないですが。
4月13日の21時頃に、メッセージ下さった方。
本当に有難うございます。
肉体的に突っ走るのは、そろそろ苦しい年頃なので。
せめてもの、気持ちだけは突っ走ろうと思います。
ファンというのは、流石にこっ恥ずいであります。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「Digging our way」
・種類:国内盤/DVD
・発売日:2007年5月23日
・レーベル:773 Four RECORDS
・規格品番:KIBM-144
・価格:4,500円(税込)
・概要
 DVD2枚組。
 DISC1…“The First Chapter”TOUR 2006のツアーのドキュメント映像をはじめ、“4WAY TOUR”“Four Season TOUR2006”“U.S.A TOUR”を収録。
 DISC2…“The First Chapter”TOUR 2006 FINALのSHIBUYA-AXを収録。



「Digging」の「dig」には「掘る」という意味があります。
他にも「掘り当てる」や「探究する」ですね。

確か、これはHIPHOP用語だった、かな?
レコードを探すことを「DIGる(でぃぐる)」と言いますよね。
その「DIG」もこの意味からです。

そういや、「DIG」という名前の雑誌もありましたな。

しかし。
俗語として、「注目する」や「好む」という意味もあるようで。
今回のDVDのタイトルからして、こっちの方がしっくり来るかなぁ、なんて思ってます。

それにしても。
locofrankのライブは、ホント凄い気迫を持ってます。
ライブハウスの最前列のど真ん中で堪能したことがあり。
怯むことないモッシュとダイブに、阿鼻叫喚とまでは行きませんが。
まぁ、それにほど近い体験をしましたね。
無意味に、胸中で絶叫してました。

ここまで、この記事を書いてて。
1つ思い出したことありますが。
locofrankのライブに言った際に、一緒に対バンしたRAZORS EDGE。
この音源を購入したにも関わらず。
まだ聴いておりませんでした。
大変いけない。

今回のBGM:hare-brained unity「sputnik」
ギター音がいかにもヘアブレだなぁと、しみじみ感じます。
[PR]

by p_and_l | 2007-04-18 22:50 | 偏見的リリース情報

4/7 ONEPERCENTRES「2nd Full Album The Party To End All Parties Release Tour」at KIETH FLACK

今回の舞台はKEITH FLACK(キース・フラック)という、あや兵衛も初めて訪れるトコです。
何だか実名さんがいそうな名前のライブハウスです。
が。
行ってみたら、初めてじゃなかった。
そう、あれは4年前、初めて向かうライブハウスDRUM SONと間違えて、中に入っちゃったんだ。
あぁ、恥ずかしきおもひでがぽろぽろ。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

KEITH FLACKのある建物は数階ほどあるビルでして。
しかし、外観がビルとは一概には言い難く。
カラオケボックスと間違われても、おかしくないんじゃなかろうか。
何にせよ、どの階に行けばいいのか判らない。
今回、チケットを予約させていただいたHOLIDAYS OF SEVENTEENのメンバーの顔が、いまいち思い出せない。
さぁ、どうしようかとぼんやり考えてたら。
誰かの「太郎ちゃん」と呼ぶ声に、あや兵衛は反応し。
そのまま目を追っていた矢先、視認したのはHOLIDAYS OF SEVENTEENのVo,&Gt.三浦太郎氏。
すばやく彼を捕獲しては、改めてご挨拶を。
あや兵衛、このHNから、また男と間違えられたけど。
よくあることなので、気にしてません。
むしろ、間違えてくれた方が、嬉しかったりします。

■The Tompson
MCでも仰ってたんですけど。
実は、今回が初ライブだそうで。
そのせいか、公式HPが見つからず、メンバー名を掲載できないのが残念です。

メンバーはVo.&Gt.とBa.とDr.の3人です。
前列のVo.&Gt.とBa,の方は椅子に着席での演奏で。
Vo.&Gt.の方はアコギを使用されてました。
しかも、高音の歌声が上手かったです。
MCで途中、声が裏返ってしまったのは、ご愛嬌と言えましょう。
でも、Ba.の方のコーラスがよく聴こえなかったのが残念です。

あと、その方の髪型がアフロちっくと特徴的だったのが、あや兵衛にとって、幸運でした。
アンケートを貰って、書いたは良いが。
薄暗い照明の下では初めて見るメンバーの顔が、はっきりと認識できなかったもんですから。
髪型ってのは大事だ、と改めて思い知らされました。

■8beat Sea
しまった、これまた公式HPが見つからないぞ。
これまた残念。

Vo.&Gt.とBa.とDr.とこちらも3人です。
Vo.&Gt.の方がMCで、「メンバーからMCで喋るな、と言われている」に対し。
貴方はもうその台詞を言う時点で、ある程度は喋ってるワケですよ?
そこはご存知でいらっしゃっるのかいな?

曲のイントロでなら、よく経験はあるんですけど。
アウトロでえらく惹かれてしまうのは初めてですね。
一瞬、インストバンドじゃなかったっけ?
と、あつかましい勘違いをしてしまうほどでしたよ。
エフェクターを多用した音はリズムも良く。
メロディーラインの複雑さに圧倒されました。

■Autamnleaf
えええ、何でこれまでも公式HPが見つからない。
残念に残念。
和訳して、秋葉(意味はなし)

Gt.2人とBa.とDr.で足して4人です。
肝心のVo.はメガネのBa.の方が担当されます。
でもこれまた声が小さくて、なかなか聞き取れない。
悔しい。
何やら、MCを聞く限り、諸事情により、ことごとくHOLIDAYS OF SEVENTEENからのイベントの誘いを断ってたそうで。
でもこれからは、精力的に活動を展開させるようですよ。

とある他のバンドのメンバーも仰ってた通り。
Dr,の方がイケメンでして。
しかも、えらく和やかな良い笑顔で叩くドラムが、半端じゃなくキレがあります。

話がちょっと前後しますが。
あや兵衛的には和やかなDr.からのライブ告知に対し。
何気にマイペースにツッコミを入れているVo.&Ba.の掛け合いは面白かったですよ。

■Paraele Stripes
良かったぁ、公式HPあった!
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=paraelestripes
Paraele Stripesと書いて、「パラエル・ストライプス」と発音します。
一瞬、「Parallel(パラレル)」の誤記表示じゃないのか思うたら。
ホントにこれで正しいです。
メンバーはVox,Bass&Programing MARS、Guitar&Vox松下敦成の2人です。

彼等の曲は一言で言えば、エレクトロニクス。
MARS氏もMCで仰ってました「パソコンと椅子があればOK」と。
サンプラーやエフェクター、パソコンといった機械に。
ギターやベースの楽器を加えた音は、形に捕らわれてなくて非常に面白いです。
設置されてある本来のスピーカー以外からも、様々な音が聴こえてくるため。
その音の出所と言いますか、正体を知るのに必死でした。

この日、実は風邪気味だというMARS氏は、吐血しそうだ、と過剰表現してましたが。
あまりMCは得意ではない松下氏に、MCを振っちゃったものだから。
後で、別の意味で血を吐くことになる、と付け加えられました。
何事も程々に。

ステージ後に、MARS氏が1人の外国人男性と英語で喋ってるところを偶然、目撃し。
えらくその流暢な英語に、大いに感心しました。

■ONEPERCENTRES
初めてHPを見た時は改装中で、がっかりでしたが。
今はもう(多分)大丈夫です。
http://www.onepercentres.com/

あや兵衛も稀にスペルが怪しいONEPERCENTRESと書いて「ワンパーセントルズ」と発音します。
メンバーはVo.&Gt.Seino、Gt. osm、Ba.yumi、Dr.dendenという4人のO型集団です。
因みに、Ba.とDr.の方は女性です。
その可愛らしさに、普通に観客と勘違いしました。
この場を借りて、マリアナ海溝より深く謝罪します。

昔から音源聴いてるものとしては、こう、何と言いますか。
穏やかな印象があるんですよ。
これ、見事に間違ってましたね。

セットリストが殆どアッパーな曲で。
ギアが一気にトップに入ったような感じでした。

4人じゃ少々狭いと思われるステージで、メンバー全員、見事なアクションを見せてくれました。
キメのポージングが全員、ちゃんと図ったかのように綺麗ですよ。
Seino氏なんか、急にステージから観客に飛び出すものだから。
前列にいたあや兵衛は驚いて、「うわぁ!?」と漏らし、体が引いてしまいました。
これ、素です。

■HOLIDAYS OF SEVENTEEN
サーバーが魔法のiらんどのサイトで。
ここまでデザインの趣向を凝らしてあるのも、なかなか凄いと思います。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=HOLIDAYSOF17
メンバーはVo.&Gt.三浦太郎、Gt.&Cho.中原功太、Ba.&Cho,碇YO-PEI、Dr.&Cho,中山MUNE3、Key.&Cho.山下蓬の5人組です。

あや兵衛は、これで2回目の逢瀬となるわけですが。
初めてライブ参戦した圧倒ぶりを彷彿とさせましたね。
さて、そこで謎のままに終わった三浦氏のメガネ。
ステージ上の彼から、いつメガネがなくなるのか、今回、見事判明しました。
一瞬、こちらの方に黒い物体が飛んできた、と思ったら。
それがメガネだったんですよ。
彼、投げてるんですよ。
しかも、同じくメガネをかけているONEPERCENTRESのSeino氏が、そのメガネを拾ってあげるという、見事なキャッチ&リリースでした。

あと、中原氏のMCは良い意味で卑怯ですね。
あの声で淡々とボケて、芸達者と来れば、もう漢(おとこ)ですね。


~今回のまとめ~
・今回、特別に販売されたHOLIDAYS OF SEVENTEENとONEPERCENTRESのコラボTシャツが人気を博し、おかげで第1希望だった黄色が売り切れてたので、オレンジ色を購入しました。
・本来、ONEPERCENTRESの音源を購入したら貰えるアンケートを、既にもう音源を持っていたという理由で、タダで貰ってしまいました。お手数かけました、osmさん。
・あや兵衛もいろいろなライブハウスに足を運んでるが、今までの中で一番狭かったと思いますよ。そして、カウンターがやけに長いなぁ、と思ったら、それは鏡による錯覚でした。
・DJ KEVIN氏も終始、素晴らしいナンバーをどうも有難うございます。フランツ・フェルディナンドは嬉しかった。
[PR]

by p_and_l | 2007-04-13 22:47 | ライブレポート

9mm Parabellum Bullet、期間限定CDリリース&ツアー決定。

この間、食事に行ったら。
ウェイターさんが給仕中、トレーに載せたグラスワインをひっくり返してしまい。
中身の白ワインをあや兵衛のスカートにぶちまける。
お店の人や周りの人が狼狽する中。
もう、これはドッキリか!?ってな具合に。
あや兵衛、ツボにハマり、ひたすら笑いを堪えてました。
だから、すんません。
肩が震えて、涙目だったのは笑いのせいです。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:『The World e.p.』
・種類:国内盤/CD
・発売日:2007年5月16日
・レーベル:キャピトル
・規格品番:TOCT-26246
・価格:1,500円(税込)
・収録曲
 1.The World
 2.Heat-Island
 3.(teenage)Disaster
 4.Mr.Suicide
 5.marvelous
 6.Talking Machine
 7.sector
・概要
 1曲目と2曲目は新曲で、3曲目以降の5曲はライブの勢いをそのまま凝縮した再録曲です。
 期間限定出荷盤により、2007年8月31日までとなってます。


■The World tour
・5月30日(水) 千葉 LOOK
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 チケット一般発売日:4月28日(土)

・5月31日(木) 茨城 Club SONIC mito
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 チケット一般発売日:4月28日(土)

・6月1日(金) 群馬 Club FLEEZ
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 チケット一般発売日:4月28日(土)

・6月3日(日) 栃木 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
 開場/開演(予定):18:00/18:30
 チケット一般発売日:4月28日(土)

・6月5日(火) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 問合せ:G.I.P 022-222-9999
 チケット一般発売日:4月28日(土)

・6月6日(水) 仙台 CLUB JUNK BOX
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 問合せ:G.I.P 022-222-9999
 チケット一般発売日:4月28日(土)

・6月9日(土) 札幌 COLONY
 開場/開演(予定):18:00/18:30
 問合せ:WESS 011.614.9999
 チケット一般発売日:5月12日(土)

・6月12日(火) 新潟 CLUB JUNK BOX mini
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 問合せ:キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100
 チケット一般発売日:5月12日(土)

・6月13日(水) 長野 LIVE HOUSE J
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 問合せ:キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100
 チケット一般発売日:5月12日(土)

・6月16日(土) 新宿 LOFT
 開場/開演(予定):17:30/18:30
 問合せ:Disk Garage 03-5436-9600
 チケット一般発売日:5月12日(土)

・6月19日(火) 京都 MOJO
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 問合せ:夢番地大阪 06-6341-3525
 チケット一般発売日:5月12日(土)

・6月20日(水) 大阪 club DROP
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 問合せ:夢番地大阪 06-6341-3525
 チケット一般発売日:5月12日(土)

・6月22日(金) 福岡 VIVRE HALL
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 問合せ:BEA 092-712-4221
 チケット一般発売日:5月12日(土)

・6月23日(土) 大分 T.O.P.S
 開場/開演(予定):18:00/18:30
 問合せ:T.O.P.S. 097-533-0467
 チケット一般発売日:5月12日(土)

・6月25日(月) 松山 SALON KITTY
 開場/開演(予定):18:00/18:30
 問合せ:SALON KITTY 089-945-0020
 チケット一般発売日:5月26日(土)

・6月26日(火) 高知 X-pt.
 開場/開演(予定):18:00/18:30
 問合せ:X-pt 088-885-2626
 チケット一般発売日:5月26日(土)

・6月27日(水) 広島 CAVE BE
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 問合せ:CAVE BE 082-511-1109
 チケット一般発売日:5月26日(土)

・6月29日(金) 神戸 VARIT.
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 問合せ:夢番地大阪 06-6341-3525
 チケット一般発売日:5月26日(土)

・7月5日(木) 名古屋 APOLLO THEATER
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 問合せ:SUNDAY FOLK PROMOTION名古屋 052-320-9100
 チケット一般発売日:5月26日(土)

・7月6日(金) 浜松 FORCE
 開場/開演(予定):18:30/19:00
 問合せ:SUNDAY FOLK PROMOTION静岡 054-284-9999

~『The World tour』チケット先行販売~
・ライブ対象期間
 5月30日(千葉)~7月6日(浜松)
・申込み方法について
 ディスクガレージオンラインチケットシステム『GET TICKET』(http://www.diskgarage.com/info/9mm/)を利用。
 PCまたは携帯電話からのみの申込。
 事前にGET TICKETへの会員登録(無料)が必要。
 1人、各公演につき4枚まで申込可能。

・抽選エントリー期間
 4月7日(土)12:00~4月12日(木)15:00

・当落発表予定日
 4月13日(金)にメールでの案内

・受付に関する問合せ
 DISK GARAGE 03-5436-9600(平日12:00-19:00)



過去に衝動的に「Phantomime」を購入して以来。
この情報にも衝動に駆られ。
しかし、その衝動は無残にも霧散するという…。

何せ。
地元の福岡での日程は参戦が厳しいです。
やっと、九州にも来てくれると言うのに。

今日ライブに行くので。
いまから用意するとします。

今回のBGM:なし。
PCで、リアルタイムでラジオ聴こうと思ったら、サーバービジーたぁ、どういうこった!?
[PR]

by p_and_l | 2007-04-08 14:34 | 偏見的リリース情報

3/19 ポルノグラフィティ プレライヴ at Zepp Fukuoka【後編】

ポルノグラフィティの曲を全部、熟知しているかと訊かれたら。
それはNO。
それはポルノ以外にも言えることです。
だから、このライブでも1曲だけ判らなかったんですよね。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

開演の前には、さまざまなSEが流れてくるのはお約束でして。
まぁ、選曲もメンバーの趣向が十分に加味されてると思うんですけど。
あや兵衛が驚いたのは、SEにweezerの「This is Such A Pity」が使われたことですね。
後にも先にも、SEの曲で判ったのはこれだけですが。
この曲が途中、フェードアウトしていくと思ったら、ステージの火蓋が切られました。

今回行われたのは「プレ」ライブですから。
言わば、本編のライブのプロトタイプみたいなもんで。
ここでまず試してみて、本編に向けていろいろと試行錯誤していこうという目的なんです。

じゃあ、本編と違った点を挙げますかね。

・今回のツアーからサポートメンバーに加わったラムジーこと坂井秀彰氏、本人直々による「ラムジー」命名の由来を披露。
パーカッション担当として加入したラムジーこと坂井秀彰氏。
Vo.昭仁氏曰く、自分より年上なのに、非常に礼儀正しい方だということ。
確かに、物腰は優しそうだ。
「ラムジー」とは昔の外国のアニメのキャラクターだそうな。
ラムジー氏曰く、このアニメを知ってる方は、30代後半以上とのことですが。
そんな本人は現在、37歳。
20代後半のあや兵衛、全くもってラムジーに関する知識、微塵もなし。
なので、あや兵衛が調べたトコによるとこれ↓
ラムジィ(Lambsy) 1969~1970年放映。ハンナ・バーベラプロ製作。
しかも、主題歌まで見つけてしまいました。

ラムジィ ラムジィ かわいこちゃん
ラムジィ ラムジィ おちゃめちゃん
ラムジィ ラムジィ もてもてちゃん
ラムジィ ラムジィ 遊ぼうよ
変身狼 パッと出て
だますつもりが だまされる
ずっこけ狼 こわいから
道草しないで 帰ろうよ


この曲をラムジー氏はカラオケで唄ったがために、皆からラムジーと呼ばれるきっかけを与えてしまい。
このラムジーの意味を知らない人には、ラムジーの説明をしなきゃいけないリピートに陥り。
次第に皆からラムジーと呼ばれては、認めざるを得ないという。
要するに、不本意から始まった名前なんですな。
因みに、昔はその本名から同音のタレント堺正章氏に因んで、「マチャアキ」と呼ばれてたそうです。

・踊りのお兄さんとお姉さんが登場。
ライブ前から、公式HPでライブ会場で「m-flood」という曲を観客全員で踊るという企画が施されました。
それで、公式HPやら会報誌で、踊りの振り付けが公開されてました。
が。
結局、これっぽっちも予習しなかったあや兵衛。
すると、ステージにはポルノの今回のライブTシャツを着た男女1組が登場して。
改めて、踊りの指導をして下さったのです。
途中、男性が踊りを間違えると、Vo.昭仁氏が「あの人のは見なくていいですから」とすかさずツッコミを入れました。
踊ってみたら、なかなか楽しいモンですよ。
前にいた娘なんか、完璧でしたからね、凄い。

・「サウダージ」の演奏が途中で、やり直しに。
ポルノグラフィティの有名な曲の1つ「サウダージ」。
曲を聴くからに、ラテンの印象が強いと思われますが。
今回のは、さらに曲がラテンに磨きがかかっていて。
あや兵衛もうまくリズムが取れず、手拍子ができなかったんですよ。
すると、Aメロあたりで昭仁氏から待ったがかかります。
昭仁氏曰く「やっぱ、普通のに変えよう」と。
なので、サポートメンバーでキーボード担当のただすけ氏が演奏していたフルートをやめて、キーボードに変更するなど、楽器もチェンジされました。

今回のまとめ
・プレライブではライブグッズの「L-NAVIセット」は販売されてませんでした。
・ライブ終盤で倒れた方がいらっしゃいました。 話によると、40代半ばの女性だったんですけど、くれぐれもライブハウス内での体調管理は気をつけて下さい。 昭仁氏も言ったが、笑いこっちゃないですよ、ホント。

今回のBGM:ACIDMAN「スロウレイン」
携帯電話に音楽データの転送作業を開始し、1人DJごっこを展開する。
[PR]

by p_and_l | 2007-04-08 12:40 | ライブレポート

DOPING PANDA、ミニアルバムリリース決定。

あの満開だった桜がもう散り始め、葉が見えてます。
…また、馬肉食べにいきたいなぁ。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「High Brid」
・種類:国内盤/CDミニアルバム
・発売日:2007年6月6日
・レーベル:gr8! records
・規格品番:SRCL-6554【初回限定盤】/SRCL-6556【通常盤】
・価格:1,995円(税込)【初回限定盤】/1,680円(税込)【通常盤】
・概要:初回生産限定盤・the movieシリーズの第3話を収めたDVD付き。



ぺんてる製・水性ゲルインキボールペンなら、「Hybrid」。
まぁ、これはどうでもいいや。

DOPING PANDA"High"シリーズ3部作の最終章がリリースということで。
今更ながら。
3部作になってることを今、知りました。

参考までに。
「High Fidelity(2005年4月13日)」…<音響機器が>ハイファイの、高忠実度の
「High Pressure(2005年8月31日)」…高圧の、高気圧の
「High Brid(2007年6月6日)」

あや兵衛、ここで行き詰る。
「High Brid」の意味が判らない。
こうなると、あや兵衛の負けず嫌いに火がつく。

で、判ったことは。
鳥の意味を表す英単語「bird」はもともとは「brid」で、音位転換(語の内部で子音が入れかわる現象)によって変わったものということです。
これが、今回のタイトルと関係あるのかは、正直、もうどうでも良くなっており。
まさか、ここまで手こずるとは思ってませんでした。
やっぱ、「hybrid(交配種、混成物、混成語)」をもじったモノなのかなぁ?

今回のBGM:なし。
まだちょっと鼻声です。
[PR]

by p_and_l | 2007-04-06 22:27 | 偏見的リリース情報

BEAT CRUSADERS、アルバムリリース決定。

皆、必死だった。
あと数分と、限られた時間の中で、くじけそうになりながらも。
それぞれの目的のために、仕事を片付けようとしていた。
ある者は友人との待ち合わせのために。
ある者は期日前投票のために。
ある者は細木●子の番組のために。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「EPopMAKING ~Popとの遭遇~」
・種類:国内盤/CDアルバム
・発売日:2007年5月30日
・レーベル:DefSTAR RECORDS
・規格品番:DFCL-1371【初回限定盤】/DFCL-1373【通常盤】
・価格:3,330円(税込)【初回限定盤】/2,730円(税込)【通常盤】
・概要:1.初回生産限定盤はDVD付き。 2.ボーナストラック3曲入り。 3.2007年4月18日発売シングル「GHOST」(初回生産限定盤)とのW購入者特典応募券付スペシャルステッカー封入。



流石は、今回のアルバムタイトルにも「POP」の言葉が登場してますね。
何かの記事で、ビークルの言う「POP」はポップアートのようなPOPだと、読んだ記憶がありますが。
因みに、ポップアートとは、漫画・ポスターなどマスメディアに登場する図像を素材に取り入れた前衛美術だそうです。

そういや、昔、美術の教科書に載ってたなぁ。
アメリカの画家、アンディ・ウォーホルのマリリン・モンローの絵なんかが、見事にポップアートですよ。
ただ、初めてその絵を初めて見た時。
バリバリの原色に、ただただ圧倒された記憶があります。

アメリカのイラストやアニメって、原色を多用してるおかげで。
幼少の頃、どうも、アメリカ製キャラクターがあまり好きになれませんでした。
マクド●ルドのドナ●ドでさえ、夢に出てきてはうなされた記憶があります。
ド●ルドは赤と黄色だから、まぁ、遠くからでも目立って、便利でしょうね。

今回のBGM:なし。
今月は選挙が多いこって。
[PR]

by p_and_l | 2007-04-06 21:01 | 偏見的リリース情報

3/19 ポルノグラフィティ プレライヴ at Zepp Fukuoka【前編】

今回のライブの趣旨を説明しましょうかね。
今までポルノグラフィティは、通常のツアーと別個にSPECIAL LIVE HOUSE公演というものを行ってました。
その名前の通り、全国で1ケ所のみ、何処かのライブハウスでライブが行われるというわけです。
しかし、今回からはプレライブという新たな形が執られました。
しかも、参加者はファンクラブ会員のみという限定ライブでございます。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

あ、先に行っておきますが。
プレライブの内容と、本編のライブの内容はほぼ同じでした。
なので。
ライブ自体の内容は次のライブレポでご覧下さい。
ここはライブハウス独特の空気をお届けできたらと思います。

さて、前述の通り、観覧者はファンクラブ会員のみなので。
運営側も厳重なチェックが施されてます。
何せ。
今回のライブはただチケットとドリンク代を持参するだけでは終わりません。
本人確認のために、写真付き身分証明書が必要なんです。
あや兵衛は運転免許証で代用。

そして、このプレライブは福岡のみでしか行われなかったがために。
日本津々浦々、全国のファンクラブ会員さんが集まっておられました。
やはり、8割が女性を占めてましたが。
中にはお友達やカップルや親子連れまで。
年齢層も非常に幅が広いですよ。
たまたま会場内であや兵衛の近くにいらっしゃった40代の奥様とお話したんですけど。
奥様と上の娘さんは当選したけども、下の娘さんは落選してしまったそうで。
あぁ、なんて人情紙風船。
あや兵衛はその下の娘さんが非行に走らないことを祈ります。

そして。
何故、福岡のZepp Fukuokaでポルノのライブがあるたびに。
こうもトラブルが起きるのか。
過去にメンバーが乗った飛行機が、トラブルにより福岡到着が遅れたことがあります。
因みに今回は機材トラブルだそうです。
3月と言えども、外で待機するのは寒いわ。

あや兵衛にとっちゃ、もう慣れに慣れたライブハウス。
が。
今回のライブで驚いたのが、意外とライブハウスのノウハウをよく判ってらっしゃらない方がいたということ。
まず、ドリンク代。
ドリンク代は会場入口でチケットを渡すとともに、ドリンクチケットやメダル(Zepp Fukuokaはこれ)と交換するのだが。
スタッフの方からの「入場の際、ドリンク代の用意もお願いします」との台詞に、あや兵衛の隣で並んでたお嬢さんが驚いて「え?」と声を出す。
「どうかされました?」と窺ったら、そのお嬢さん、別の所で待機している妹さんが2人分のドリンク代を持っているようで。
どうやら、ライブ終わってから現ナマでドリンク購入だと勘違いされてあったことが判明。

他にも。
ライブハウスなのに、何故、荷物を会場内に持ってちゃうんですかね?
今回のライブグッズでナイロン製のバッグが販売されてまして。
これ、便利だと思うんですよ。
他に購入したTシャツやらタオルなど他の荷物をまとめて入れることができますからね。
ただね。
それを会場内に持ってこられると、不便なんですよ。
ものすごく。

会場内であや兵衛の前にいたお嬢さん等は、ものの見事に持ち込んで、自分の足元後部に置いてくれちゃって。
そうモッシュは激しくはないけど、観客の波は動くときは動くので、荷物を踏まないよう気を配らなきゃいけないのが、結構大変でした。

あと、ライブが始まったのは19時過ぎで、終わったのが22時過ぎ。
てっきり21時頃に終わると思ってたあや兵衛も素で驚きました。
あや兵衛は地元だから良いものの。
九州圏内からは日帰りで来てらっしゃる方もいらっしゃって。
22時過ぎると、会場からのバスの数は少なくて。
しかも雨まで降ってきちゃったもんだから。
見事なタクシー争奪戦が繰り広げられました。

そこで、あや兵衛ちょっとしたドラマを体験したんですけど。
無難に帰りはバスを選択したあや兵衛の前に、20代前半のお嬢さんと30代半ばのお姉さんが並んでます。
しかし、何やら切羽詰ってるご様子です。
話に耳を傾けるに、どうやらお嬢さんの方が帰りの最終の高速バスに間に合うか否か、厳しい状況のようです。
そこで、あや兵衛、すかさず声をかけた。
3人でタクシー乗りませんか、と。
しかし、肝心のタクシーが捕まらない。
そこでお姉さんがすかさずタクシー会社に電話して、タクシーを呼び寄せて。
あや兵衛は高速バス乗り場に電話して、高速バスの空席状況や乗り場変更などの交渉するようお嬢さんに指示。
結果。
無事、お嬢さんは最終バスに乗れました。
めでたし、めでたし。
残るお姉さんに改めてお礼をして、あや兵衛も駅へとダッシュしました。
実はあや兵衛も時間がピンチでした。
でも、初対面にも関わらず、ここまで一致団結できると気持ちがいいものです。

あと。
前回の同じZepp Fukuokaで行われたELLEGARDENのライブレポで。
気になると言いますか、一目置いているスタッフの男性がいることをお話しましたが。
なんと、ここでもその方をお目にかけてしまいました。
いやぁ、びっくり。
帰宅してすぐさま、エルレのチケットとポルノのチケットを見比べてみたんですけど。
あぁ、なるほど。
あの方はB●Aの関係者なんですね。

さ。
て。

いい加減に肝心の内容を書こうと思ったら。
あや兵衛の思い出日記だけで、結構、文字数を稼いでしまったので。
続きは、初の後編と参りましょうかね。

すみません。
無計画で、勢いだけで。

今回のBGM:水曜どうでしょう 原付西日本制覇第5夜
我ながら、なんてぐだぐだ。
[PR]

by p_and_l | 2007-04-03 22:01 | ライブレポート

BEAT CRUSADERS、ライブツアー決定。

今日から、新年度スタートの方々が多いかと思います。
そんな、あや兵衛の職場での新年度最初の仕事は、部屋の模様替え。
いきなり力仕事から入ったおかげで、午後の仕事の能率が落ちましたよ。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■BEAT CRUSADERS tour "EPop MAKING SENSE 2007"
・5月31日(木) 静岡県・SUNASH
 開場/開演:18:30/19:00
 問い合わせ:ジェイルハウス052-936-6041 チケットぴあ(Pコード:256-533) ローソンチケット(Lコード48614) e+(http://eplus.jp)

・6月2日(土) 奈良県・NEVERLAND
 開場/開演:18:30/19:00
・6月3日(日) 滋賀県U★STONE
 開場/開演:18:00/19:00
 問い合わせ:サウンドクリエーター06-6357-4400

・6月6日(水) 山梨県・甲府KAZOO HALL
 開場/開演:18:30/19:00料金(税込)
 問い合わせ:甲府KAZOO HALL055-243-7069(一般発売はKAZOO HALL店頭のみ)

・6月7日(木) 岐阜県・CLUB ROOTS
 開場/開演:18:00/19:00
 問い合わせ:ジェイルハウス052-936-6041 チケットぴあ(Pコード:256-533) ローソンチケット(Lコード48616) e+(http://eplus.jp)

・6月9日(土) 石川県・金沢EIGHT HALL
・6月10日(日) 富山県・club MAIRO
 開場/開演:18:00/19:00
 問い合わせ:FOB金沢076-232-2424

・6月14日(木) 広島県・CLUB QUATTRO
 開場/開演:18:30/19:00
 問い合わせ:夢番地(広島)082-249-3571

・6月16日(土) 宮崎県・WEATHER KING
・6月17日(日) 熊本県・BATTLE STAGE
・6月19日(火) 佐賀県・GEILS
 開場/開演:18:00/19:00
 問い合わせ:BEA092-712-4221 チケットぴあ(Pコード:256-224) ローソンチケット(Lコード84435)

・6月21日(木) 山口県・周南TIKI-TA
 開場/開演:18:30/19:00
 問い合わせ:夢番地(広島)082-249-3571

・6月23日(土) 香川県・オリーブホール
 開場/開演:18:00/19:00
・6月24日(日) 徳島県・JITTER BUG
 開場/開演:18:30/19:00
 問い合わせ:DUKE高松087-822-2520

・7月1日(日) 京都府・磔磔
 開場/開演:18:00/19:00
 問い合わせ:サウンドクリエーター06-6357-4400

・7月5日(木) 兵庫県・神戸VARIT.
 開場/開演:18:00/19:00
 問い合わせ:サウンドクリエーター06-6357-4400

・7月7日(土) 島根県・松江eurus
・7月8日(日) 鳥取県・米子BELIER
 開場/開演:18:30/19:00
 問い合わせ:夢番地(岡山):086-231-3531

・7月11日(水) 北海道・旭川CASINO DRIVE
・7月12日(木) 北海道・北見オニオンホール
・7月14日(土) 北海道・帯広MEGA STONE
・7月15日(日) 北海道・苫小牧 音楽館
 開場/開演:18:00/19:00
 問い合わせ:SMASH EAST011-261-5569

・7月18日(水) 青森県・青森QUARTER
 開場/開演:18:00/19:00
 問い合わせ:ノースロードミュージック秋田018-831-7100

・7月19日(木) 福島県・郡山Hip Shot Japan
 開場/開演:18:00/19:00
 問い合わせ:ノースロードミュージック仙台022-256-1000

・7月26日(木) 群馬県・高崎club FLEEZ
 開場/開演:18:30/19:00
 問い合わせ:高崎club FLEEZ027-345-7571(一般発売FLLEZ店頭販売のみ、14:00~)

・チケット一般発売日:5月19日(土)10:00~
・チケット代:2,500円(前売・ドリンク代別) 但し、広島のみ3,000(前売・ドリンク代込)
・オフィシャルHP先行予約:4月9日(月)12:00~



今年、やっとビークルのライブに行ける!
…と、思ったら。
この公演リストを見た時。
いささか違和感を覚えました。

まず、あや兵衛の地元、福岡がない。
となると、よくよく見たら、東京や大阪もないですね。

最初、あや兵衛がこの情報を見たのは、モバイルからで。
モバイルで見ると、県名が記載されてなかったがために。
6月19日が佐賀のGEILSか、福岡は久留米のGEILSなのか判らず、混乱しました。
でもまぁ、これで、佐賀GEILSに行くチャンスを掴めるかな?

他にも北海道では4公演もあるという、凄い内容ですよ。
えらく偏ってる気はしますけど。
もしかしたら、まだまだ公演が追加されるのかも知れませんね。

今回のBGM:なし。
今日はもう寝ます。
[PR]

by p_and_l | 2007-04-02 22:18 | 偏見的ライブ情報