<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

7/24・BEA presents F-X at 福岡国際センター

時刻は15時を少し過ぎた頃。
a24君から会場に到着したとのメールが来る中。
あや兵衛は、未だ電車の中でした。
電車を降りたら、次はバスに乗り換え。
そのバスが込み合って、開場時間に間に合わないんじゃないか、と非常に不安になってました。
すると、a24君から会場まで走れ、との助言を戴きました。
実は、あや兵衛も密かに考えてました。
でも、結果的にはすんなりとバスに乗れまして。
進むバスの中で道のりを確かめては、走らなくて良かったな、としみじみ思いました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきでございます。

■9mm Parabellum Bullet
・メンバーは菅原卓郎(Vo.&Gt.)、滝善充(Gt.)、中村和彦(Ba.)、かみじょうちひろ(Dr.)。
・滝氏にとっちゃ、ギターは演奏するものであり、かつ振り回すためのものですね。またケガの犠牲者が出ないかとヒヤヒヤしてます。
・中村氏のマイクの高さがやたら低いのは、彼が上体を屈めてシャウトするための素敵な配慮です。
・あと、中村氏のローキックもかっこ良かったと、確かライブを観たはずなのに、何処か格闘技を見たような錯覚に陥るのが不思議です。

■DOES
・メンバーは氏原ワタル(Vo.&Gt.)、赤塚ヤスシ(Ba.)、森田ケーサク(Dr.)。
・氏原氏のMCで自分達が福岡出身であることを言うと、あや兵衛のいたブロックで何故か軽いどよめきが怒りました。
・彼等もオープニングアクトであり、久々に地元に戻ってきたにも関わらず、演奏時間が短いと愚痴混じりに零した氏原氏も、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが観れるから良いけどと、見事な発想の転換を見せ付けてくれました。
・ラストの「明日は来るのか」では観客がジャンプし、一番盛り上がりまして、その時、恐らく肘を後部の女の子にぶつけてしまったんじゃないか、とあや兵衛、軽く懺悔してます。

■ASIAN KUNG-FU GENERATION
・メンバーは後藤正文(Vo.&Gt.)、喜多建介(Gt.)、山田貴洋(Ba.)、伊地知潔(Dr.)。
・ここから急に啖呵を切ったかのように、ブロック内の込み具合が激しくなりました。
・女性を中心としたメンバーへの連呼に対し、後藤氏はうるさい、と冷静に一蹴。
・元々、ここの会場は毎年、冬に大相撲九州場所を行うため、力士の控え室や浴場を見せてもらい、後藤氏は大いに感動したとのこと。
・学生時代、野球をやっていたせいか、後藤氏の投げたピックが後部ブロックまで飛ぶほどの凄い強肩は今でも健在であります。
・アジカンは現在アルバム作成中で、シングルには成りえないけども、夏らしい曲をということで、新曲を1曲披露しました。

■マキシマム ザ ホルモン
・メンバーはマキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)、ダイスケはん(キャーキャーうるさい方)、上ちゃん(4弦)、ナヲ(ドラムと女声と姉)。
・ダイスケはん独特のヘッドシャウトに、観客の殆ども真似をするため、あや兵衛は前列の娘の後頭部が顎にぶつかりそうになるという、危険な目に遭いました。
・マキモン恒例の恋のおまじないは、レクチャー担当のナヲ曰く、観客だけでなく、スタッフもきちんとやらないと、アジカンの後藤氏の眼鏡が壊れる、と。そして、それをきちんとやったらやったで、今度はビークルのヒダカ氏の壊れる、と――正に諸刃の剣。
・じゃあ、ダイスケはんの眼鏡の立場は?とは、上記に対するあや兵衛の心のツッコミ。
・因みに、ナヲはMCでここの会場の名前をド忘れしてしまい、ダイスケはんから有無を言わさぬツッコミを喰らってました。
・このステージが、モッシュが一番激しくて、彼等のステージが終わった後、一気に観客が下がっていっちゃうんですよね。何か、今日のお仕事はこれで終わり、ってな具合に。

■Ken Yokoyama
・メンバーは本人+Ken Bandであり、Ken BandのメンバーはSerge Verkhovsky(Ba.)、Masatoshi“Gunn”Ishida(Dr.)、Colin Doyle(Gt.)。
・何故かこの時、あんなに込み合っていたブロック内に余裕ができ始めました。
・Doyle氏のTシャツロゴが「デブ專」で、彼の体格に負けていないくらいのインパクトがありました。しかも、「專」が異体字と来たもんだ。
・真ん中のブロックの観客の中には、男性が肩車をして楽しむ姿を見かけ、新手の技を学びました。
・Yokoyama氏は記念すべき第1回目のイベントに出演できて、喜びを露にする中、主催者BEAのお偉いさんをステージに呼び出しては、次のイベントは野外で行うと、観客の前で宣言させました。
・あや兵衛は彼のライブでレッサーパンダのぬいぐるみ(ライブの際には持参されている)を見逃してしまったことに、えらく後悔してますが、ステージの右端にホワイトタイガーのぬいぐるみか置物があったことに、どなたかお気づきになってませんかね。

■BEAT CRUSADERS
・メンバーはヒダカトオル(Vo.&Gt.)、クボタマサヒコ(Ba.)、カトウタロウ(Gt.)、マシータ(Dr.)、ケイタイモ(Key.)。
・7月25日はマシータ氏の誕生日であり、ライブ主催者から貰ったプレゼントがなんと大人の玩具。先端が加藤鷹氏の黄金の指をモチーフにしたもので、あれはディルド型と言うより、カプセル型の代物かもしれませんな。
・ヒダカ氏、それがいたく気に入ったのか、左手に玩具を手にしてギターを演奏する始末で。
・MCではオカマ口調に拍車がかかるカトウ氏は、実はトークセンスを新宿2丁目ゲイバーで学んだそうで。他にも、客の煙草に火を点ける際は、ライターを横にする――これは横にすることで、「貴方に楯突かない」という意思表示になるそうですよ。
・彼等のステージでは何故か、体格の良い、巨大リーゼント+サングラス+学ラン姿の男性が現れまして。しかも、観客側にまで降りてきたから、彼が手にしていたマジックハンドの人差し指部分にあや兵衛も人差し指を出して、E.T.ごっこなんぞやってみました。
・その男の正体は、一体誰なのかは判りませんが、体格的にはダイスケはんとも読み取れなくないような…。

~今回のまとめ~
・今回のブロックは前列からA-1、A-2、A-3、後列がB-1、B-2、B-3となってまして、即ち、A-2の方がど真ん中と、一番美味しいポジションだったわけです。
・しかも、次のステージが始まるまで、各ブロックの後方では、皆座って待機してましたね。
・オープニングアクトは約30分、メインは約1時間の演奏でした。
・やっと、9mmとKen Yokoyamaのライブが観れて、あや兵衛、感無量。今度はワンマンで観たいです。
・会場外に設けられた物販ブースでは、マキシマム ザ ホルモンが一番賑わってたそうで。
・帰り、会場で預けた荷物を袋(500円)から出そうとするも、3回も結んでしまったのがいけなかったのか、解けなくて、しまいにゃ袋を破った矢先、ふと顔を上げたら、例のスタッフさんとご対面。「どうも」と互いに挨拶を交わしました。いつもお仕事、ご苦労様です。
[PR]

by p_and_l | 2007-07-30 22:21 | ライブレポート

ストレイテナー、ライブDVDリリース決定。

皆さん、お元気してますか?
ここ最近のあや兵衛は、ストレス続きで。
胃腸を壊し、口内炎に苦しめられております。
しかも。
制服のスカートのウェストがやけに緩いな、と思ったら。
体重が3日で4kg減となってました。
こら、やべぇ、と危機感を持ちまして。
少しずつ食事を摂りながら、胃薬を服用してます。
太田胃散、良い薬です。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきでございます。

■タイトル:「LINEAR MOTOR CITY」
・種類:国内盤/DVD
・発売日:2007年9月12日
・レーベル:EMIミュージック・ジャパン
・規格品番:TOBF-5536
・価格:3,800円(税込)
・概要
 DVD2枚組
 2007年6月30日、幕張メッセで行われたライブを中心に、他会場でのライブの模様も収録


当初はDVD1枚だったのが2枚組と、楽しみが2倍になりましたよ。
それでも、価格が3,800円だから、お得でないかい?

秋からも、LINEAR MOTOR CITY TOURは続きますよ。
あや兵衛、九州は佐賀に、またライブに行きます。
正直な所、まさかチケット当選するとは思いませんでした。
初の佐賀GEILSがストレイテナーで、非常に嬉しいです。
これは流石に、予期してませんでした。

まだストレイテナーのライブに行ったことのない方も。
またストレイテナーのライブに行ってみたいという方も。
ぜひぜひ、行っていただけたら、と。

因みに。
9月からスタートするツアーのチケットの一般発売日は、8月4日(土)です。
さぁ、奥さん、メモのご用意を。

今回のBGM:8otto「KATANA」
胃薬は必ず、口に水を含んだ状態にして、服用します。
[PR]

by p_and_l | 2007-07-28 22:16 | 偏見的リリース情報

ポルノグラフィティ、7th.アルバムリリース決定。

この間、知人と好きなアイスクリームは何か?と話をしまして。
あや兵衛好物のアイスは、しろくま、ムースバー、ミルクック。
すると、知人が挙げたのはメロンアイス。
それが来たか!と。
別に勝負でもないのに、何処か敗北感を味わいました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきでございます。

■タイトル:「ポルノグラフィティ」
・種類:国内盤/CDアルバム
・発売日:2007年8月29日
・レーベル:SMEレコード
・規格品番:SECL-529【初回生産限定盤】/SECL-531【通常盤】
・価格:3,300円(税込)【初回生産限定盤】/3,059円(税込)【通常盤】
・概要:初回生産限定盤にはDVD付き


というワケで。
ポルノグラフィティのポルノグラフィティです。
あや兵衛自身で書いておきながらも。
何処か失笑してしまいますな、この言い回し。

前作、6th.アルバム「m-CABI」は2006年の11月にリリースされまして。
何とも短いスパンであることに驚いております。
5th.アルバム「THUMPx」から「m-CABI」までが、長かったが故の反動かもしれませんね。

1st.を除いて、今回も下旬辺りにリリースされますね。
夏にリリースすること自体、初の試みですけど。
ポルノグラフィティも、夏フェスをいくつか控えてますので。
そこで早速、新曲が披露されるのではないか、と思います。

7枚目にして、セルフタイトルとなったワケですが。
あや兵衛、昨夜、このことを間違って。
セルフ「アルバム」と言ってしまいました。
自分自身のアルバムって、そのままやん。

今回のBGM:monobright「少年 in the sun」
凄い! メガネが4人!! なんて贅沢!!!
[PR]

by p_and_l | 2007-07-25 22:45 | 偏見的リリース情報

solaris、1st.アルバム先行リリース決定。

Wikipediaでちょいと調べ物をしてたはずが。
気がつけば、そのままどっぷりハマってたこと4時間。
よくあること。
ハマってた内容が、過去の航空機墜落事件の概要。
もう8月がすぐにやってきますね。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきでございます。

■タイトル:「youth of distortion」
・種類:国内盤/CDアルバム
・発売日:2007年8月1日
・レーベル:UNDER FLOWER
・規格品番:FLOWER-084
・価格:1,890円(税込)
・収録曲
 1.ラブミーテンダー
 2.からまわる世界
 3.飛べない翼
 4.風がない
 5.so sad about us
 6.もしも君が永遠なら
 7.夢で逢えたら
・概要
 上記の日程にて、ハイラインレコーズにて先行発売。
 CD-EXTRA「飛べない翼」プロモーションビデオ付き。
 ハイラインオリジナル特典に缶バッジ。



まず。
solaris(ソラリス)とは何ぞや?
…という皆様に簡単なご説明をば。

2004年1月、京都にて結成し、関西を中心に活動してます。
メンバーはハノトモ(Vo.&Gt.)、ケースケ ジンライ(Ba.)、youki(Gt.)、ゆっこ(Dr.)という3男1女の構成になってます。

公式HP→http://slrs.jp/

あや兵衛がsolarisを知るきっかけが、これまた稀有な形でした。
メンバー→バンド→音という具合に。

何分、solarisは関西で活躍してるため。
あや兵衛はライブ未経験です。

が。

ライブ模様がYou Tubeで拝見できるという。
あや兵衛もニコニコ動画のおかげで、ちょっとYou Tubeとは疎遠になってましたが。
里帰りな勢いで堪能してます。

他にも1の付く日に配信されるメルマガがありまして。
毎回、メンバーからのコメントが気に入ってます。

そういった具合に。
動画やメルマガ、もちろん公式HPでは試聴ができます。
そういった意味では。
バンドの見せ方を的確に掴んでるなぁ、とあや兵衛は感心してます。

再度、言いますが。
8月1日リリースとは、あくまでハイラインレコードのみの販売です。
ハイラインレコードなんざ、近くにないんじゃ、ボケ!とお思いの皆さん。
その気持ちは十分にお察しします。
実は。
全国発売もあります。
期日は9月の予定だそうです。
良かった、良かった。

あと、最後に。
Dr.のゆっこ嬢が可愛いです。
それがもう、犯罪的に。

今回のBGM:チャットモンチー「さよならGood bye」
そういや、福岡は梅雨明け宣言は出たのかな?
[PR]

by p_and_l | 2007-07-21 23:43 | 偏見的リリース情報

My Wonder World、ライブ情報。

知人が大阪に出張に行ってて。
メールで、お土産は何が良いかと尋ねてくるので。
とりあえず。
たこ焼きキャンディ、と答えました。
話で聞いたことあるだけなので。
現物そのものを見たことがないですが。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■「In The Galaxy vol.15」
・日時:7月19日(木) 開場/開演:18:00/18:30
・場所:DRUM Be-1
・チケット代:2,000円(前売)/2,500円(当日) ※ドリンク代(500円)別
・出演アーティスト:OCTOPUS/NICKNAME EDEN(ex.L.A.P)/ポラリスカブ/My Wonder World


明日です。
お近くの方は、ぜひどうぞ。
明日です。
興味のある方は、ぜひどうぞ。

他にも。
My Wonder Worldは8月5日(日)に同じくDRUM Be-1で。
8月18日(土)はDRUM LOGOSで。
8月25日(土)はDRUM Be-7で『Sky Jamboree'07前夜祭「Smile Away」』。
と、それぞれライブが決定しております。
詳細は公式HPをどうぞ。

明日は、ホントは休みを貰う予定だったけど。
突如、別の仕事が入って、見事な休み返上です。
悔しい。

情報を提供してくださった、Vo.&Gt.拓朗君。
どうも有難うございます。

それにしても。
iらんどサーバーが復旧したようで、安心しました。
あや兵衛も、初期の頃に利用したことはありますが。
今まで、こんな大規模なメンテナンスに陥ることはなかったからですね。
驚きましたよ、ホント。
でも、Yahoo!トピックスには、ちっとも話題には上がってなかった。

今回のBGM:ポルノグラフィティ「元素L」
下半期の予定が思った以上にハードになりそうだ。
[PR]

by p_and_l | 2007-07-18 22:45 | 偏見的ライブ情報

7/13 乱撃ネットワーク0702 at DRUM Be-1

このライブも開演時間までに来場するのが難しく。
RANDOM SHOTのステージはラストと判りきってるから良いものの。
Holidays of Seventeenのステージを見逃すマネは回避したい。
だからちゃんと、出演予定時刻を確認しておりました。
会場に着くや否や、受付にいらっしゃったRANDOM SHOTのメンバーから。
Holidaysの出番を教えてくれるというご好意に感謝しつつ。
こっ恥ずくもなりました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■ハツトリズムクラックバンド
※お詫び
あや兵衛の遅刻により、ステージを見てませんので。
割愛させていただきます。
申し訳ございません。

■Gyroquarter
実際のところ、2曲しか聴いてないんですよね。
でも、会場に入るや否や、あの音の迫力は凄かったです。
ちょっと、ビビリ入りました。
それでも、楽器それぞれの音が負けてなくて。
最後の一音まで全力投球する姿に好感が持てました。

あや兵衛的にはラスト2曲目のベース音が好みです。

公式HP→http://ip.tosp.co.jp//i.asp?i=blackpepper
(※注 2007年7月16日現在、iらんどサーバーがメンテナンス中でHPに行けないため、メンバー名が未表記です。ご了承下さい)

■染谷俊
名前は知ってましたが。
チラシか何かで、彼の名前に「-」のような横棒があったがために。
「染谷俊一」と、今まで間違って認識してました。
すみません。

染谷氏は東京都出身のシンガーソングライターです。
1993年にデビューしましたが、2000年に活動がインディーズの場へと移っています。
尚、今回、「染谷俊 引き語りツアー【PIANO MONKEY】 ~JAPANローラー大作戦~」で、この福岡を皮切りに、8月まで全国ツアーを行ってます。

よく通った声が印象的で。
でも、その声は身体全体から出しているような迫力がありました。
キーボードを弾く手の力強い動きがあや兵衛は好きで、よく注目してました。
たまに、勢い余ってか、染谷氏が中腰になることもしばしば。
曲を披露するたびに一礼や合掌する律儀さも好感が持てました。

しかし、そんな彼のMCで、ちょっとギャップを垣間見ました。
ツアーで数度、福岡には訪れてるようで。
夜、呑みすぎたあまり、上下から出した(←この表現でご勘弁下さい。実際はもうちょっとストレートな表現でした)挙句。
階段から落ちて負傷した彼を、見知らぬ男性がホテルへ運んでくれたというエピソードを披露してくれました。
爽やかな笑顔でこれを語るもんだから、卑怯と言ったら卑怯ですね。

公式HP→http://www.someyashun.net/


■Holidays of Seventeen
あや兵衛がDRUM Be-1でライブを拝見するのは初めてでしたが。
DRUM Be-1でライブすること自体、久し振りだと仰ってました。

メンバーは三浦太郎(Vo.&Gt.)、中原功太(Gt.&Cho.)、碇YO-PEI(Ba.&Cho.)、中山MUSE3(Dr.&Cho.)、山下蓬(Key.&Cho.)の5人です。

今年で、もう4回もステージを見てるんですが。
これまた、今までと違う印象を受けましたね。
音の広がりというものがどれほど凄いのか、ってのを身を持って感じました。

あや兵衛が観たライブの中で、一番ステージが広く。
そのおかげで、メンバー1人あたりの密度が低くなるものの。
視野が広くならざるをえなくて、メンバーそれぞれの動きを認識するのが大変でした。
Key.山下氏の跳躍(正確にはキーボードに両手をついてジャンプする際、脚を横に向けるという見事な軽業)に感心していたら。
Vo.三浦氏の1回目のメガネ落としを、いつの間にか見逃してしまいました。

今回のGt.&Cho.中原氏のMCは台風と肉まんの豚肉について。
前者は当時、九州に上陸しそうだった台風4号のことで。
後者は某国(あんまり、露骨には言えそうにない)の肉まんに使用されている豚肉がダンボールだったという事件です。
中原氏はいつもの淡々とした口調で、100%の豚肉の気持ちを込めて次の曲をやる、と言ったら。
ある女性観客から「えー、嫌ー」とブーイングが飛び。
隣で聞いている三浦氏は失笑を漏らし。
しまいにゃ、オチがつかずに、半ば強引に三浦氏が話題を変えて、シメてくれました。

公式HP→http://www.geocities.jp/holidaysofseventeen/(PC) http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=HOLIDAYSOF17(mobile)


■RANDOM SHOT
実は、あや兵衛、未だに「RANDOM」のスペルが怪しいです。
「RUNDOM」や「RUMDAM」と誤記するケース高し。
ライブに来れるか否かの報告が遅くなったにも関わらず、温かく対応して下さって有難うございます。

メンバーはVo.&Gt.ケンロー、Ba.&Cho.いけちん、Dr.&Cho.ニッキーの3人です。

今回はあや兵衛、2度目のライブ参戦ということで。
前回とは違って、余裕を持って聴くことができました。
前回聴いた覚えのある曲であっても、ある曲のギターフレーズがかっこいいと、気づかされたりと。
いろいろとRANDOM SHOTの音を再発掘したような感じです。

日本語を中心とした歌詞ですけど。
ある曲じゃ、歌詞が英語になったから驚きましたね。
あと、間奏に聞き入ることが多かったです。
自然と、あや兵衛の足や手がリズムを刻んでしまってました。

ケンロー氏の右腕が空に弧を描くのが見えた時。
ピックを投げた、と認識しましたが。
照明の眩しさでピックの飛んだ方向が判らず。
まごついているうちに、別の女性がさっさとピックを拾っちゃいました。

最後に、音源「Dawn is breaking」を購入した際のエピソードを少々。
このジャケットの秘密をメンバーから直接、教わりました。
ジャケットに写ってるバイクはメンバーのもの。
――へぇ、バイクがご趣味と来ましたか。
そして、バイクに乗ってる男性もメンバー。
――ほぉ、これまた、様になってますね。
しかも、ジャケットを撮った場所がメンバーの家の前。
――いや、それは、判らん。

公式HP→http://randomshot.net/


~今回のまとめ~
・普段はコンタクト愛用のBa.碇氏がものもらいのためにメガネを着用してました。あや兵衛としては物凄く嬉しかったです。よく似合ってますよ。
・でもね、いきなりTシャツ捲って、剥き出しの上半身を晒すのには、流石のあや兵衛も狼狽しました。心臓に悪いので、控えた方が宜しいかと。あと、余計な対抗意識を燃やした三浦氏もね。
・ケンロー氏とは最後の最後で挨拶できたから良かったが、他に挨拶できなかった人もいたから、ちょっと残念でしたね。
・ライブでのBGMにストレイテナー「リニア」が使われたことにあや兵衛は胸中、大爆笑でした。やってくれましたね、ケンロー氏。
・このライブでは、相当あや兵衛は浮かれてたと思います。その証拠にドリンクチケットをドリンクと交換しないまま持ち帰ってしまったことに気づいたのが、翌日ですからね。すみません。

今回のBGM:ANA「FLASH」
ジャケット裏の写真の撮影場所は百地浜でしょうか。
[PR]

by p_and_l | 2007-07-16 22:00 | ライブレポート

6/30 MONSTER DINGO at 久留米WEST POINT

この日は土曜だけど、あや兵衛は仕事でした。
仕事終わってから、会場に向かうので。
無論、遅れての参戦です。
しかも。
この日は私用が重なっており。
何が何でも、せめて、絶対。
目的のバンドは見るぞ、と意気込んでました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

と。
いうワケでして。
今回のライブは、様々なバンドが出演されてたにも関わらず。
MONSTER DINGOしか観ておりません。
相済みません。
あや兵衛本人は満足してるんですけどね。

MONSTER DINGOとは久保田将郁(Vo.&Gt.)、森秀信(Ba.)、中嶋嘉孝(Dr.)、井本将登(Tb.)、城戸康裕(T-sax)と、久留米市を中心に活動するバンドです。

あや兵衛が会場に到着すると。
次のステージはちょうどMONSTER DINGOの番でした。
メンバーは5人ですからね。
毎回、ステージ1人あたりの密度が高いと言ったら、高いですよね。

Vo.クボタ君はMCでこんなことを仰ってました。
アツいですね、と。
因みに、この「アツい」とは「暑い」を表します。
クボタ君の自宅にはクーラーがなくて。(貧乏だから、と愚痴を零してましたが)
クボタ君の職場にはクーラーが効いてなくて。(彼は労働者の顔もあります)
クボタ君の車にはクーラーが壊れていて。(日中に乗りたくはないですね)
ってな具合に、灼熱地獄の三つ巴なわけでございます。

正直なところ。
車はむしろ、同情したいトコなんですけど。
自宅と職場に関しては羨ましいなぁ、と思いましたよ、あや兵衛は。
何せ、あや兵衛、冷え性でして。
職場は冷房効きすぎて、そのせいか脚のむくみがちょっと気になるお年頃でして。
自宅でも扇風機で十分なくらいです。

クボタ君が突然、MCを城戸君に振るも。
彼は予想外のことに相当、驚いてたようで。
素の部分が垣間見れたという、貴重な経験をしました。
また。
このライブの後には、本格的にレコーディングを行うそうで。
早くも、新曲も披露してくれました。

クボタ君の、楽しんで下さいとのメッセージには説得力ありますね。
メンバー5人のそれぞれの動きが、見ててかっこいいですよ。
この5人のメンツでの活動は日が浅いですが。
次はどんな曲を見せてくれるのか、大いに期待してます。
f0042928_15405061.jpgf0042928_1541137.jpg
~今回のまとめ~
・1人の男性観客が一眼レフ持って、彼らを撮影してたんですよね。その姿見てると、携帯電話で撮ってるあや兵衛自身がちょっと気恥ずかしくなりました。しかも、あや兵衛、未だに撮影のコツが掴めてない致命傷っぷりです。
・あや兵衛の見間違いじゃなければ、FAT92氏、会場にいらっしゃいませんでした?
[PR]

by p_and_l | 2007-07-12 15:44 | ライブレポート

7/9 EDDYROCK、RAT'S、My Wonder World at DRUM Be-1

f0042928_215044.jpg
ライブ当日。
開演前に会場に到着するのが、難しそうなので。
遅れた場合、どうやってチケットを貰ったら良いのか。
それを事前にメールで打ち合わせをしてました。
でも、まさか。
こんなことするとは夢にも思わなんだ。
こんなこと→

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■My Wonder World
通称「マイワン」です。
仮に「MWW」と略しようものなら。
何処かのプロレス団体みたいですな。

メンバーは福田拓朗(Vo.&Gt.)、川崎嘉久(Ba.&Cho.)、松原弘幸(Dr.)と、福岡を中心に活動する3ピースバンドでございます。

印象としましては。
最初の曲がちょっとストイックな印象を受けたので。
あや兵衛自身が構えてしまったんですよね。
でも。
次の曲からは雰囲気が穏やかな運びで。
その雰囲気はMCにも続いていくという。
何とも、魅力的なバンドではありました。

物怖じしてないと言いますか。
MCでは彼等の曲に対する思いやメッセージを、切々と伝えるんですよ。
突然ネガティブな衝動に駆られる時もあるだろうが、それを反動にポジティブなものへと変換していきたい、と。
やっぱ、こういう姿は確固たるビジョンがある故でしょうね。

コーラスはBa.川崎氏だけですけど。
何気にDr.松原氏も口ずさんでましたね。
しかも、彼はわざわざ起立して、ライブ告知やってくれましたよ。

ステージの最後は3人とも深々と一礼して、去っていくんですよね。
そういう律儀なトコ、あや兵衛は好きです。

公式HP→http://www.geocities.jp/my1_w/

■EDDYROCK
仙台といえば。
あや兵衛は真っ先に伊達政宗を思い出しますね。
青葉城にぜひ行ってみたいです。

EDDYROCKは仙台を中心に活動するバンドです。
メンバーはタニグチ(Vo.&Gt.)、イノウエ(Gt.)、オイカワ(Ba.)、カズエ(Dr.)の4人です。

EDDYROCKは去年5月12日に1st.アルバム「EDDYROCK」リリースしてます。
そんでもって。
今月からツアーで、全国を駆け巡ってます。

カズエ嬢以外のメンバーは、九州に来るのが初めてだそうで。
タニグチ氏はMCでこんなことを仰ってました。

ここ福岡でのライブの前日は、長崎のDRUM Be-7でライブをしたそうで。
Be-7の近くに川が流れていて。
とある橋が水面に映し出された様子を目にし。
思わず、彼は「メガネみたいな橋だ」と感動したことを、MCで言ったそうです。
が。
実は、その橋、あの有名な「眼鏡橋」のことだったんですよね。
ライブハウスのスタッフから真実を教えてもらった時は、恥ずかしかったそうで。
まぁ、それはご愛嬌でしょう。

そして。
福岡の有名なものを挙げる際に何気に。
「ダイエー」ホークスと言っちゃいました。
やっぱ、それもご愛嬌でしょう。

配布していたアンケートを受け取る際に。
タニグチ氏にちょっと質問してみたんですよ。
曲に4つ打ちのリズムを使ってないか?と。
半信半疑のあや兵衛だったけど、見事正解しました。

嬉しかったですね。
初めて曲を聴いて、ちゃんとリズムが掴めるというのは。
それだけ、フレーズやリズムが面白かったんです。
疾走感があるせいか、非常に聴いてて気持ち良かったですよ。
真っ直ぐなタニグチ氏の声も、迫力あって負けてませんでした。

公式HP→http://homepage2.nifty.com/eddyrock/

■RAT'S
最初に出会ったのが、今年の1月でしたね。
それ以来、いつも丁寧で几帳面な内容のライブ告知メールをいただいてました。
ようやく次のライブに行けたのが、半年振りになっちゃいました。

福岡を中心に活動する内田豪(Vo.&Gt.)、佐藤祥(Gt.)、村井努(Ba.)、キム(Dr.)の4人です。

キム氏以外が大分県出身であって。
内田氏のMCでも、よく地元のことを話題に出します。
それも一躍かってるのでしょうかね。
彼等の曲はホント、情景的だなぁ、と思います。
何気ない、有り触れたワンシーンに、深い思いを重ねてる感じで。
それと内田氏の優しい歌声が、見事に噛みあってるから素晴らしいですよ。

あや兵衛個人的に、キム氏のドラムがお気にです。
音に存在感がありますね。
でも、ヘタに前に出しすぎていない感じが良いです。
あと、屈託のない笑顔の持ち主の彼ですが。
MCになると、緊張して照れ笑いしちゃうんですよね。
あや兵衛的にはそこが(良い意味で)卑怯だ、と思わなくもないですが。

ラストの「今を生きてる幸せ」という曲は、あや兵衛一番のお気にです。
不覚にも涙出そうになりました。

それにしても。
内田氏と村井氏のみネクタイを着用してたのが不思議でしたねぇ。
偶然?

公式HP→http://01.xmbs.jp/rats/

~今回のまとめ~
・My Wonder Worldの福田氏から声をかけていただいたことに驚きました。先に提出してたアンケートに何か失礼なことを書いてたか、と1人テンパっていたんですけど、実は。
・今回の出演バンドのメンバー皆さは、ホント礼儀正しい方ばかりで驚きました。それぞれアンケートを渡すと、これでもか、ってくらいに頭を下げるので、むしろ、こんな人間にそこまでしていただいてすみません。
・ソフトドリンクを注文したら、グラスで出てきたことに驚きました。ライブハウスのドリンクは紙コップという固定観念が、一気に崩壊した一瞬でもありました。
・よくよく財布の中身を確認したら、資金調達不足だったことに驚きました。だから泣く泣くEDDYROCKの音源購入は断念したので、タワレコで購入します、必ず。

今回のBGM:RAT'S「今を生きてる幸せ」
チケット代はちゃんとライブ終了後に支払いましたよ。
[PR]

by p_and_l | 2007-07-10 23:10 | ライブレポート

ACIDMAN、ライブDVDリリース決定。

梅雨に入って、暫くは経ちますが。
梅雨に入ってからの、この天気の極端さは何なんですか?
梅雨なのに、晴れ間は続くと思えば。
梅雨だから、雨降ると、どしゃ降りになるわで。
出し惜しみはいりません。
小出しでお願いします。
恥ずかしがらなくていいから。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■『ACIDMAN LIVE TOUR"green chord"in日本武道館』
・種類:国内盤/DVD
・発売日:2007年9月5日
・レーベル:EMIミュージック・ジャパン
・規格品番:TOBF-5534-5
・価格:5,000円(税込)
・概要
 2007年5月12日、日本武道館での初ワンマンライヴの模様を完全収録した内容と、「ACIDMAN LIVE TOUR "green chord"」全12公演でのステージ内外での様子を追ったドキュメント的映像を収録した2枚組DVD。



正直なところ。
もう、ここ最近。
アルバムやらDVDやら、リリース続きで。
あや兵衛も把握が追いつかなくなってます。

こないだ、とある音源のリリース日を見事に間違えてて。
他者を混乱させてしまいました。
すみません。

さて。
ACIDMANのライブDVDがリリースですか。
前作の「and world tour Final 20060409」に引き続き、2作目ですね。

恥ずかしながら。
あや兵衛、ホントにちょこっと、そのDVDに映ってます。
自分の目でも確認しました。

で。
「green chord」ツアーでもですね。
実は、あや兵衛、やっちゃいました。

ライブ終了後に会場入口付近にて。
ビデオカメラを持ったスタッフさんがいらっしゃいました。
その時のあや兵衛は、ライブ終了後ともあって。
無駄にテンションが上がってまして。
無駄にテンションが上がってた故に。

そのスタッフさんのカメラの前で、コメント残しました。
これで2回目。
今回は1人で。

今、思えばですね。
着用してたTシャツが「and world」ツアーの時のじゃなくて。
ちゃんと「green chord」ツアーTシャツにしときゃ良かったなぁ、と。
ちょっと配慮が足りなかったですね。

今回のBGM:なし。
何と言うか、正確には久々のYou Tubeでお笑いの動画ばっか見てます。
[PR]

by p_and_l | 2007-07-04 22:50 | 偏見的リリース情報

the band apart、シングルリリース決定。

あや兵衛が愛用する携帯電話で凄いなぁ、と思うところは。
ACIDMANが一発変換できるところ。
でも、ストレイテナーは一発変換できない。
しかも、ELLEGARDENは何故か「エルレガーデン」と中途半端な変換に。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■「fadeouts(for JUSTICE)」
・種類:国内盤/CDシングル
・発売日:2007年9月5日
・レーベル:asian gothic
・規格品番:ASG-009
・価格:1,050円(税込)
・収録曲
 1.shine on me
 2.Moonlight Stepper
・概要:初回生産限定盤



the band apartは先に、秋にツアーを行うことが発表されてます。
ツアー行うなら、何かしら音源がリリースされるかなぁ、と密かに期待してました。
期待に終わらずに済んだと、あや兵衛、喜んでます。

それにしても。
この曲のタイトル、意味が判るようで、判らない感じで。
【fadeouts】なんか、名詞なら意味は、音で言うところの次第に音が小さくなっていくことですし。
動詞なら次第に消える、闇に消えるという意味です。
あや兵衛が思いつくfadeoutと言えば。
昔のアニメなんかで、周囲からそのキャラクターへと、無地のバックが向かってくる終わり方ですかね。

あと。
タイトルの【JUSTICE】と、収録曲のタイトルから「太陽」と「月」を連想しまして。
タロットカードが思い浮かびました。

他にも、何かの映画からヒントになってるのか、とも疑いましたが。
如何せん、あや兵衛は映画の知識が皆無に等しいので。
ここは疑念だけで終わらせておきましょう。

こんな感じで。
次の音源が楽しみです。
無論、ライブも楽しみです。

今回のBGM:なし。
あ、BEAT CRUSADERSも一発変換がカタカナだ。
[PR]

by p_and_l | 2007-07-03 22:42 | 偏見的リリース情報