<   2008年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ストレイテナー、シングルリリース決定。

年末年始に観たいテレビ番組。
・ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!
・志村&鶴瓶のあぶない交遊録
・さんまのまんま
・探偵!ナイトスクープVSクイズ!紳助くん

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「Lightning」
・種類:国内盤/CDシングル
・発売日:2009年1月14日
・規格品番:TOCT-40237
・レーベル:EMIミュージック・ジャパン
・価格:1,000円(税込)
・収録曲
 1.Lightning
 2.奇跡の街-cover version-
 3.COLD SLEEP-cover version-
・概要
 初回限定特典有り



「Lightining」とは、稲光や稲妻と言う意味、と。
まぁ、ゲームなんかでは、結構お世話になってます的な英語ですね。

賢明なファンの方なら。
もう、この音源のジャケットをご覧になってるかと思いますが。
あや兵衛はジャケットを見た時。
モーゼを連想しましたね。
旧約聖書の「出エジプト記」に登場する人物、モーゼですよ。
彼がイスラエルの民を率いて、エジプトを脱出し、約束の地へ向かう途中。
エジプト軍の追っ手から逃れるために。
モーゼが海に向かって手を上げ、祈りを捧げると。
海面が割れ、道ができたというエピソードがあります。

元々、稲妻と言うと。
ゼウスとかトールとか、神話上の人物を彷彿とさせますからね。

あと。
今回、カップリングに収録されている2曲は、それぞれ下記の音源に収録されてます。
「奇跡の町」
・シングル「TRAVELING GARGOYLE」(2003)の3曲目
・アルバム「LOST WORLD’S ANTHOLOGY」(2004)の6曲目(RADIO FREAK EDITとして)

「COLD SLEEP」
・シングル「Silent film Soundtrack」(2003)の1曲目。

「COLD SLEEP」はベースレスながらも、非常に完成度の高い曲だと思ってますので。
それを更に、カバーするなんて、大胆にも程があるかと。

今回のBGM:アナ「STEP」
深夜に放映される映画も、捨て難い。
[PR]

by p_and_l | 2008-12-29 23:28 | 偏見的リリース情報

WRONG SCALE、ベストアルバムリリース決定。

この間、ウイスキーバーに連れてもらって。
昔、身内と飲んだウイスキーが呑みたかったものの。
名前が思い出せなくて。
バーテンダーさんに、あれこれと説明して用意してもらったのがラフロイグ。
独特の香りが、昔飲んだものと近い感じでしたね。
で、身内に電話して、実際は何だったのかと確認したら。
ドランビューイでした。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「WRONG SCALE」
・種類:国内盤/CDアルバム(2枚組)
・発売日:2009年1月28日
・規格品番:HKP-019
・レーベル:K-PLAN
・価格:2,520円(税込)
・収録曲
 【DISC1】
 1.trace of grief…「triangle to square」2曲目収録
 2.The day rain changes to the rainbow…「Upstairs for the bed」1曲目収録
 3.Trip(re-recording)…「Upstairs for the bed」5曲目収録
 4.Layer(re-recording)…「Night In Gale」2曲目収録
 5.Car Chain…「bed and board」6曲目収録
 6.End of pain(re-recording)…「END OF PAIN」1曲目収録/「Upstairs for the bed」9曲目収録
 7.Self-confidence(re-recording)…「EFFORT FOR SCALE」12曲目収録
 8.PHOTO…「triangle to square」12曲目収録
 9.Wait…「triangle to square」10曲目収録
 10.erasing your memory…「bed and board」11曲目収録
 11.melt down…「bed and board」1曲目収録
 【DISC2】
 1.calling…「bed and board」2曲目収録
 2.Always want to be loved…「triangle to square」9曲目収録
 3.S.S(re-recording)…「Upstairs for the bed」10曲目収録
 4.Things as they are - date 3.12 -…「triangle to square」3曲目収録
 5.ACT…「bed and board」3曲目収録
 6.Fight with yourself(re-recording)…「EFFORT FOR SCALE」11曲目収録
 7.Back to the past(re-recording)…「Upstairs for the bed」2曲目収録
 8.frames laid out…「fate effects the surface」1曲目/「bed and board」5曲目収録
 9.G.F.S…「triangle to square」11曲目収録
 10.Breeze(re-recording)…「EFFORT FOR SCALE」1曲目収録
 11.p.s moved out…「triangle to square」1曲目収録



2009年2月2日に解散することを発表したWRONG SCALE。
このベストアルバムが、WRONG SCALEとしての最後のリリースとなりました。

WRONG SCALEは10年の活動期間に、以下の音源をリリースしてます。
・1st.アルバム「EFFORT FOR SCALE」(2001年8月10日)
・シングル「END OF PAIN」(2002年6月19日)
・2nd.アルバム「Upstairs for the bed」(2003年2月19日)
・HOLSTEINとのスプリットシングル「Night In Gale」(2004年2月11日)
・3rd.アルバム「triangle to square」(2005年07月06日)
・ミニアルバム「fate effects the surface」(2006年04月26日)
・4th.アルバム「bed and board」(2007年10月03日)

こうして見ると。
ちゃんと1年に1回は、音源をリリースされてあると言う。
順調な活動っぷりが窺えますね。

密かに、収録曲の中で。
「The day rain changes to the rainbow」が再レコーディングしないことに、ちょっと驚きました。
まぁ、恐らく、意図か何かがあるんでしょうね。

あや兵衛がWRONG SCALEを知ったのは、時期的にどちらかと言えば、遅い方ですけど。
WRONG SCALEの曲に出会えて良かったのが、正直な気持ちです。
様々なアーティストや曲が存在する中で。
自身にとってお気にの曲に出会えることは、ホント幸運だな、とも思います。

そういや。
今年の地元の野外フェス「F-X」にて。
Vo.&Gt.野田氏がMCの最後に、突如「オモロー」って叫んだんですよね。
本人としては、ただ言いたかっただけと、ノリと勢いに忠実だったんですが。
あや兵衛、その当時「オモロー」の言葉の意味が全く、判らなくて。

その晩、本来なら、博多駅周辺で。
何か美味しいモノでも食べようと、予定してたはずが。
悪天候による泥だらけの格好と疲労感で、夕食は宿泊先のホテルでコンビニ弁当でした。

ベッドに正座して、日清カップヌ●ドルBIGを食しつつ。
ニュース番組「ブロードキ●スター」で、1週間のニュースを振り返ってたら。
世界のナ●アツが登場して、「オモロー」と挨拶した瞬間。
「これだ!」と思わず、テレビに向かって叫ぶあや兵衛がいました。
1つ賢くなった瞬間でもありましたね。

おかげで。
世界の●ベアツを見るたび、あや兵衛の脳裏に。
WRONG SCALEまでついてきてしまいます。

今回のBGM:ELLEGARDEN「45」
ヘネシーも美味しかったです。
[PR]

by p_and_l | 2008-12-28 23:00 | 偏見的リリース情報

GLORY HILL、ワンマンツアー決定。

「可愛いね」と言っても、相手が素直に受け止めてくれず。
「また、そうやって。人をからかって」とまで言われたので。
「黙れ。このツンデレが」と反論しました。
押して駄目なら、引いてみろ、とありますが。
押して駄目なら、えぐり込め、とはこの例です。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■GLORY HILLワンマンツアー(※ツアータイトル未定)
・2009年5月5日(火・祝)名古屋CLUB QUATTRO
 開場/開演:17:00/18:00
 ローソンチケット:【Lコード 42980】/チケットぴあ:【Pコード 313-470】
 チケット一般発売日:3月14日(土)
 問合せ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

・2009年5月6日(水・祝)名古屋CLUB QUATTRO
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット一般発売日:3月14日(土)
 ローソンチケット:【Lコード 42980】/チケットぴあ:【Pコード 313-470】
 問合せ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

・2009年5月15日(金)仙台CLUB JUNK BOX
 開場/開演:18:30/19:00
 ローソンチケット:【Lコード 21565】/チケットぴあ:【Pコード 313-792】
 チケット一般発売日:3月21日(土)
 問合せ:G.I.P 022-222-9999

・2009年5月17日(日)札幌BESSIE HALL
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット一般発売日:3月28日(土)
 問合せ:スマッシュイースト 011-261-5569

・2009年5月23日(土)福岡DRUM Be-1
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット一般発売日:3月21日(土)
 問合せ:BEA 092-712-4221

・2009年5月24日(日)大阪BIGCAT
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット一般発売日:4月11日(土)
 問合せ:キョードーチケットセンター 06-7732-8888

・2009年6月4日(木)恵比寿リキッドルーム
 開場/開演:18:00/19:00
 ローソンチケット:【Lコード 78617】/チケットぴあ:【Pコード 311-137】
 チケット一般発売日:4月4日(土)
 問合せ:ディスクガレージ 03-5436-9600

・2009年6月5日(金)恵比寿リキッドルーム
 開場/開演:18:00/19:00
 ローソンチケット:【Lコード 78617】/チケットぴあ:【Pコード 311-137】
 チケット一般発売日:4月4日(土)
 問合せ:ディスクガレージ 03-5436-9600

・チケット代:3,000円(税込) ※ドリンク代別



現時点は、まだ不明点が多いので。
随時、公式HPをチェックされることをオススメします。

それにしても。
次のライブの情報開示が、ホント、早いですなぁ。
来年の抱負を決めるより早く。
来年のライブ予定を決める、みたいな。
もう、これはお約束のようになってますが。

そもそも、「GOING NOWHERE TOUR 08-09」ツアーは、絶賛敢行中なんですよね。
残すところ、来年1月の名古屋・大阪・東京の3ヶ所です。
確か、このツアーも、情報開示がえらく早かったような気が。
あや兵衛はこのツアーに行けなかったので。
来年は、ワンマンツアーに、ぜひぜひ足を運ぼうと思います。
また、来年は、パソコンなどでちゃんと、「GLORY」と入力しようと思います。
実は、未だに「L」と「R」が混同することがあるので。
名誉が泣くね、こりゃ。

今回のBGM:mass of the fermenting dregs「skabetty」
GLORYの意味は「賞賛」、「光栄」、「名誉」など。
[PR]

by p_and_l | 2008-12-26 21:32 | 偏見的ライブ情報

HOLIDAYS OF SEVENTEEN、1~3月ライブ情報。

小学校低学年くらいだったかな、こんなフレーズを覚えてました。
「逃げる敵には三段蹴りだ キック キック キックの嵐」
けど、知るきっかけを覚えておらず、この元ネタが全くもって、不明でした。
で、期待と諦め半分で調べたみたら、元ネタが見つかりました。
アニメ「キックの鬼」のOPのフレーズでして。
正確には「逃げる『奴』には 三段蹴り『で』」と「キック キック キックの『鬼だ』」でした。
しかし、このアニメの放映が1970年と、あや兵衛には知識が皆無で。
ますます、きっかけの謎が深まるばかりです。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

・2009年1月18日(日)福岡graf
 「HIGHTOUCH COMMUNICATIONS vol.10」
 w/おかん、学生・主婦・パート、envoy from the silence、FLOATY、KASAKUキモチーズ、SOWLKVE(MC/3村 from nymph)
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット代:1,500円(前売・税込)/2,000円(当日・税込)
 問合せ:graf http://www.graf-graf.com HIGHTOUCH COMMUNICATION http://northfield.nobody.jp/htc

・2009年1月27日(火)熊本DRUM Be-9
 「avengers in sci-fi**ACCESS ALL UNIVERSE TOUR**」
 w/avengers in sci-fi、and more…
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット代:2,000円(前売・税込)/2,500円(当日・税込)
 チケットぴあ:【P-コード 597-420】/ローソンチケット:【Lコード 87677】
 問合せ:BEA 092-712-1224

・2009年1月28日(水)福岡DRUM Be-1
 「avengers in sci-fi**ACCESS ALL UNIVERSE TOUR**」
 w/avengers in sci-fi、and more…
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット代:2,000円(前売・税込)/2,500円(当日・税込)
 チケットぴあ:【P-コード 597-421】/ローソンチケット:【Lコード 88043】
 問合せ:BEA 092-712-1224

・2009年2月5日(木)鹿児島FUZZ
 「NEVER LOOKING BACK "Just What You Need"release tour」
 w/NEVER LOOKING BACK、MISSPRAY、and more…
 開場/開演:未定
 チケット代:未定
 問合せ:FUZZ 072-256-7666

・2009年2月7日(土)福岡decadent-deluxe
 「F-248 presents First Live"センスネス"」
 w/BAND A, Incident 9, Ms,夕凪GRACE, undisco
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット代:1,500円(前売・税込)/2,000円(当日・税込)
 問合せ:F-248 http://fhp.jp/F-248/
 チケット予約専用アドレス:f248mail★yahoo.co.jp(★を@に変換)

・2009年2月8日(日)福岡decadent-deluxe
 「NEVER LOOKING BACK "Just What You Need"release tour」
 w/NEVER LOOKING BACK、MISSPRAY、and more…
 開場/開演:未定
 チケット代:未定
 問合せ:decadent-deluxe 092-761-9111

・2009年2月19日(木)下北沢SHELTER
 「Smash up "777 TOUR 2009"」
 w/Smash up、SABOTEN、EGNISH
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット代:2,000円(前売・税込)
 チケット一般発売日2009年1月17日(土)
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード 312-484】/ローソンチケット:0570-084-003【Lコード 78943】/e+
 問合せ:SHELTER 03-3466-7430

・2009年2月24日(火)福岡graf
 「GENERAL HEAD MOUNTAIN pre.氷山パンチFINAL 2DAYS」
 w/GENERAL HEAD MOUNTAIN、CONSTRUCTION NINE、SHANK、HOT DOG
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット代:2,000円(前売・税込)/2,500円(当日・税込)
 ローソンチケット【Lコード 88581】
 問合せ:graf 092-733-1199

・2009年3月19日(木)福岡DRUM SON
 「VERYBODY CLAP YOUR HANDS!!!!」
 w/The Bawdies、The Cigavettes
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット代:2,000円(前売・税込)/2,500円(当日・税込)
 チケット一般発売日:2009年1月24日(土)
 チケットぴあ:【Pコード 311-395】/ローソンチケット:【Lコード 85843】/e+
 問合せ:DRUM SON http://www.live-drum.com

・2009年3月25日(水)長崎DRUM Be-7
 「BIGMAMA "Dowsing For The Future" release tour」
 w/BIGMAMA、and more…
 開場/開演:18:00/18:30
 チケット代:2,500円(前売・税込)
 問合せ:BEA 092-712-4221

・2009年3月26日(木)熊本DRUM Be-9
 「BIGMAMA "Dowsing For The Future" release tour」
 w/BIGMAMA、and more…
 開場/開演:18:00/18:30
 チケット代:2,500円(前売・税込)
 問合せ:BEA 092-712-4221

・2009年3月27日(金)鹿児島SR HALL
 「BIGMAMA "Dowsing For The Future" release tour」
 w/BIGMAMA、and more…
 開場/開演:18:00/18:30
 チケット代:2,500円(前売・税込)
 問合せ:BEA 092-712-4221



いやぁ、これはまた、なんと。
3月まで、様々なバンドと対バンするとは聞いてましたが。
思った以上の数ですね。

上記のライブの中で、あや兵衛は今のトコ、2つのライブに参戦します。
無論、チケットも入手してます。

そのうち、1つがHOLIDAYS OF SEVENTEENのライブで購入しました。
ライブ終了後、会場内にて。
「チケット、良かったら、買いませんか?」と、声をかけられまして。
興味津々に何のライブかと、対バンを一瞥させていただくと。
「ぜひ、下さい」と、即決でした。

その際、「もしチケット紛失されてしまったら、ご連絡下さい」と。
優しきアフターサービスまで戴いて。
過去に、チケット紛失したトラウマがあるため。
大事なチケットを、そう簡単に紛失なんざさせませんよ。

ただ、この記事を書く前に。
ちょっと気になって。
チケットの安否を確認したのは秘密、秘密。

今回のBGM:SARUYAMA「tin tin Park」
よく考えりゃ、逃げる奴に三段蹴りって、下手したらオーバーキルに近いかも。
[PR]

by p_and_l | 2008-12-25 22:19 | 偏見的ライブ情報

12/8(月)ストレイテナー「Hello Miss Weekend Tour」at 福岡DRUM Be-1

この日は生憎の雨模様で。
只でさえ寒いのに、入場整列は不便だなぁと思ってたら。
入場整列の時には、見事に雨が止んで奇跡が起きました。
実はこの日、あや兵衛にとっては、ライブ3連荘の最終日であり。
前日のライブでできた痣の痛みも引いてなくて。
今日は大人しくしていようと、思いました。
ただ。
思うだけなら、誰だってできるものです。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

メンバーはホリエアツシ(Vo.&Gt.)、大山純(Gt.)、日向秀和(Ba.)、ナカヤマシンペイ(Dr.)の4人です。
今回、メンバーが4人になって、初のライブツアーでございます。
そうなると、メンバーの立ち位置はどうなるのか、と密かに興味津々でした。
立ち位置は、ステージのド真ん中に置かれたホリエ氏が使用するキーボードを囲むように、メンバーがいまして。
前列が左から日向氏、キーボード、ホリエ氏で。
後列が左からナカヤマ氏、大山氏になってます。
尚、アンプは日向氏がOrange、大山氏がFenderとMATCHLESS、ホリエ氏がMarshallでした。

ホリエ氏の格好が、白の無地で、長袖の開襟シャツでして。
当初、あや兵衛は両手首に赤色のリストバンドを着けてるのかと思いました。
が、実際はリストバンドではなく、袖の裾でして、しかも、シャツの素材とは若干、違うようで。
それを日向氏から可愛いと揶揄されたホリエ氏、裾を掴んで「止まる!」と言い放ちました。
赤→信号→止まれ、と言うことで。
すると、日向氏、「自分も可愛いよ」と、自身が着てる灰色の無地のパーカーの裾を示しました。
なんと、裾が黒色でした。

ホリエ氏曰く、福岡の観客はシャイ、と。
しかし、観客、皆が思っているより、自分達はシャイだから、と補足した後。
まるで同意を求めるように、ホリエ氏から視線を向けられた日向氏は、驚きつつも苦笑いしかできませんでしたが。
確かに、最初の方はあまり観客から腕が上がらなかったものの。
徐々にヒートアップしてきて、後半戦の最後の方で、観客のダイブが発生しましたしね。

「これが4人の音です!」と、誇らしげに伝えるホリエ氏。
だいたい3~4曲を、1つの区切りにしてあって。
その一区切り、一区切りで、アッパー感やメロウ感などと、曲の雰囲気を分けてありました。
4人になった分、音の広がりに拍車がかかってましたし。
前奏が脚色されてるケースもありました。

メンバーのうち、日向氏とナカヤマ氏がどちらかと言えば、激しくアクションする方で。
日向氏は相変わらず、何度もステージ前に近づいて、激しいベースプレイを観せてくれますし。
そんな日向氏の近くに、飴を与えてあげたり、邪魔にならないようコードを引っ張ってあげたり、ベースをチェンジしてあげたり、と。
サポートをする1人の男性スタッフさんも相変わらず、待機してます。
そういや、ステージ脇にいた別のスタッフさんは、エアドラムをしてましたなぁ。
また、ナカヤマ氏はと言いますと。
ドラムの上に乗って、スティックを持ったままの拳を高々に掲げますし。
ステージ下に降りてきましたし、観客ブースにダイブもしました。
尚、ナカヤマ氏は短パン姿だったため、左脚から垣間見れたタトゥーには、少し驚きました。
日向氏も、二の腕にタトゥーがありましたが。

一方、大山氏は一度、ステージ前に出てきてくれましたし。
ギターを抱えたまま、キーボードを演奏した姿は、観客にウケが良ろしくて。
観客が大山氏に向かって「ジュンジュン!」と呼んだ際は、「それは、YOUR SONG IS GOODだから」とホリエ氏が即、ツッコミを入れました。
尚、呼ばれた当の本人はひたすら苦笑いのみ。
因みに、ホリエ氏は本編ではそうアクションはなかったものの。
アンコールでは、その場でジャンプしながらギターをプレイする姿を観れました。
そういや、ホリエ氏の使用ギターが主に、白色で、例の赤のギブソンSGは後半になって、やっと登場しました。

アンコールでは、イベンタースタッフさんが「終了です」と観客に呼びかけるも。
ずっと、拍手は止まず、それどころか激しくなる一方で。
だから、メンバーが登場した際には、観客からの歓声が凄かったです。
あと、本編でもそうだったんですが。
メンバーがステージを立ち去る際、何故か日向氏がキーボードで「ねこふんじゃった」のフレーズを弾いてました。


~今回のまとめ~
・このライブに、前日購入したHOLIDAYS OF SEVENTEENのライブTシャツを着て行ったら、「あ、あれあれ!」みたいなことを背後で囁かれるわ、「昨日、ライブに行ったんですか?」と、見知らぬ娘から声をかけられるわ、で何気に動揺しました。
・バンド「YOUR SONG IS GOOD」のボーカル・オルガン担当の名前が、「サイトウ"JxJx"ジュン」であり、通称「ジュンジュン」です。
・次作のアルバムの収録は総て終わっているそうで、次のアルバムを大いに期待してます。
[PR]

by p_and_l | 2008-12-23 21:07 | ライブレポート

12/18(木)三つ巴!! 福岡VS名古屋VS厚木!! at graf

このイベントライブ、7バンドも出演すると言う大規模なモノなんですが。
あや兵衛が諸事情により、後半の3バンドしかステージを観ることができませんでした。
出演してたDolls realize、A PLACE IN THE SUN、BLUE CAFE、SARUYAMA、ホントに申し訳ないです。
ちょうどあや兵衛が向かった時は、SARUYAMAがラスト1曲で。
ライブを観たかったが故に、テンションが下がりました。
すると、ラスト1曲がお気にの曲だったが故に、テンションが急上昇しました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■DEVICE FOR DESTRUCTION
・2004年に前身バンドを結成し、名古屋を中心に活動。
・メンバーはJUNTA-LOW(Vo.)、TSUDA(Gt.)、TAKE(Gt.)、AKIO(Ba.)、HIKARU(Dr.)の5人です。
・前列の立ち位置(左→右)は、AKIO氏、TAKE氏、JUNTA-LOW氏、TSUDA氏となってます。
・AKIO氏のベースが5弦ベースだったことに、瞠目しました。
・少々、曲にメタルの影響があるのか、音に迫力があり、同じフレーズをTSUDA氏とTAKE氏2人でやると、迫力が増大します。
・また、TSUDA氏はエフェクターを駆使し、音の高低で様々な表現を見せてくれます。
・TSUDA氏がMCで言うに、音楽は気持ちが大事だと思っているとのことで、その気持ちは自由な形であっても良いと述べました。
・続けて、JUNTA-LOW氏も自分達のライブを自由なスタイルで楽しんでほしい、と伝えました。
・因みに、JUNTA-LOW氏は風邪のハンデをモノともせず、全身を使って堂々と唄い上げる姿はかっこよかったです。
・公式HP→http://device4destruction.web.fc2.com

■LaughLife
・2004年に前身バンドを結成し、横浜を中心に活動。
・メンバーはPAL(Vo.)、IZ-ME(MC)、JUN-P(Gt.)、HODAKA(Ba.)、KINUKA(Dr.)の5人です。
・前列の立ち位置(左→右)は、HODAKA氏、PAL氏、IZ-ME氏、JUN-P氏となってます。
・但し、PAL氏とIZ-ME氏がステージで暴れ回るため、終始、その立ち位置に留まることはなく。
・MCでは、ずっとKINUKA嬢がBGM代わりにリズムを刻む中、PAL氏とIZ-ME氏による漫才のようなやり取りが行われました。
・また、MCで音楽の楽しみ方は人それぞれだから、と言ってましたが、その楽しみ方を主導してるのは彼等自身かと思われます。
・何と言いますか、LaughLifeのステージはお祭りな感じで、曲も気持ちが前向きになれるような明るめの曲が多かったですね。
・観客の手拍子は止まないわ、PAL氏もステージ下に降りてくるわで、彼と目が合った時は、おぉ!と何か感服してしまいました。
・ギターのフレーズがお気にとなりまして、体でリズムを刻まずにはいられない感じでした。
・公式HP→http://www.laughlife.jp

■envoy from the silence
・2004年に結成し、福岡を中心に活動。
・メンバーは川添恭梓朗(Gt.&Vox)、宮本敦子(Gt.&Cho.)、古本周平(Ba.&Cho.)、宮下司(Dr.&Cho.)の4人です。
・前列の立ち位置(左→右)は、古本氏、川添氏、宮本嬢になってます。
・これまでも、何度もメンバーチェンジが行われ、あや兵衛もこのメンバーでの音を聴くのはお初でした。
・宮本嬢と宮下氏が裸足で、ドラマーが裸足なのは稀有か、と。
・ベースの音がとても印象的で、稀にギター音かと間違えるくらい主張してました。
・また、比較的、川添氏のギター音が低い中で、少し高めの宮本嬢のギター音が良いアクセントになってました。
・ある曲では、突如、ニット帽を脱いだ1人の女性が、観客ブースからステージに現れまして、envoy from the silenceと共に、コーラスに加わりました。
・あや兵衛の中で、envoyの曲は深いエッジの効いた音の印象があった分、少々、幻想的な印象を受ける曲を聴いた時は斬新でしたね。
・公式HP→http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=SW008


~今回のまとめ~
・grafのステージの高さは、ホント低いです。
・DEVICE FOR DESTRUCTIONのAKIO氏のステージ衣装が、中日ドラゴンズ、31 森野将彦内野手のユニホームで、この時、名古屋魂を観た、と思いましたね。
・envoy from the silenceのステージに登場した女性は、impのsyu-A嬢でした。彼女の声が曲に上手い具合に浸透してて、良かったです。
・いつもライブの際は、帰りの公共機関の中でメモ帳に内容を記すけど、この日に限って、メモ帳を忘れ、レシートの裏に書いたのは初めてでした。
・上記の3バンドとも、質問等に気さくに答えていただいて、本当に嬉しかったです。そして、多謝。
・カウンターバーの近くで、何気にPEAR OF WEST/HOLIDAYS OF SEVENTEENのスプリット7インチリリースのポスターを発見しました。
[PR]

by p_and_l | 2008-12-22 20:58 | ライブレポート

12/14(日)RAT'S×emotive speech 2マンイベント「はじまりのたね」 at 福岡DRUM SON

このイベントライブでは、ペットボトルのキャップ回収が行われました。
所謂、「エコキャップ運動」でございます。
これはペットボトルの再資源化の向上や、世界の子供達にワクチンを配布することで、1人でも多くの命を救うことができます。
微力かもしれないけれど、世界の子供達が少しでも笑顔でいてほしいという気持ちの下。
両バンドはこのイベントを機に活動を始め、イベント告知と共に、観客に回収の協力を呼びかけました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■RAT’S
メンバーは内田豪(Vo.&Gt.)、佐藤祥(Gt.&Cho.)、村井努(Ba.&Cho.)、キム(Dr.)の4人です。
前列のメンバーの立ち位置(左→右)は、村井氏、内田氏、佐藤氏となってます。

ステージ中で、やたらと前に出てきて、ギタープレイを披露してくれた佐藤氏、MCで曰く。
誰しもが夢の種を持っているはず、と。
しかし、時が経つと、現実を前にして、無理だと諦めたりするが、夢は捨ててはいけない、と主張しました。
佐藤氏本人、小学校の卒業文集で、「バンドをやりたい」と書いて。
それで、中学生になり、内田氏と出会って、バンドを始めたそうです。
そう語る傍らで、他のメンバーは何気に茶々を入れるので、時折苦笑いを零してましたが。

続いて、内田氏も、皆の小さな種によって、このライブで皆に笑顔を与えたい、と述べました。

また、ここでセッションが行われました。
emotive speechのK.T氏(Vo.)と一馬氏(Vo.)が登場し、計6人でのステージとなり。
しかも、同じくemotive speechのボーちゃん氏(Gt.&Vo.)がステージの右端から上り、何をするかと思いきや。
脇に置かれていた大砲型のクラッカーを勢いよく放ちまして、金色のテープが会場に舞い散りました。
綺麗だったけど、心臓に悪かったです。

あや兵衛個人的にRAT’Sの曲で、ブレイク(リズムやメロディーが一時的に停止した空白部分)が好きで、そのタイミングが絶妙なこと、絶妙なこと。
内田氏とキム氏がフェイントをかけても、流石、息がぴったり。

どうもRAT’Sは耳で聴くと言うより、心や感情で聴く感じで。
曲に合わせての観客の手拍子も、何処か暖かく感じてしまいますね。

髪が金色に変わったキム氏は観客から、自分の名前を呼ばれて、大いにご満悦で。
本当に嬉しかったようで、何度か観客にリクエストしてました。

公式HP→http://01.xmbs.jp/rats/


■emotive speech
メンバーは一馬(Vo.)、K.T(Vo.)、あすか(Vo.)、ミホンヌ(Vo.)、ボーちゃん(Gt.&Vo.)、Aki(Gt.)、ハヤト(Ba.)、キム(Dr.)、みっちゃん(Key.)の9人です。
が。
今回、実際、ステージに登場したのは、一馬(Vo.)、K.T(Vo.)、ボーちゃん(Gt.&Vo.)、Aki(Gt.)、キム(Dr.)、みっちゃん(Key.)の6人でした。
前列のメンバーの立ち位置(左→右)は、みっちゃん氏、K.T氏、一馬氏、ボーちゃん氏、Aki氏です。

因みに、Dr.のキム氏は前述のRAT’Sのキム氏と同一人物でして。
それを知らなかったあや兵衛は、一瞬、呆気に取られました。

ステージにK.T氏の後ろにベースが置かれてあったんですけど、結局使用されず。
みっちゃん氏のキーボードが、ベースの役割を果たしてました。
尚、最初、一馬氏がギターで、ボーちゃん氏がハンドマイクだったのが、途中ギターとハンドマイクが逆転するなど。
何と言いますか、えらくオールマイティなバンドだな、と思いました。

セッションはここでもありまして。
ここでようやく、あすか嬢が登場し、RAT’Sからアコースティックギターを持った内田氏も登場と、8人の大所帯となりました。

曲調はパンクかなぁ、と憶測してましたが。
実際はジャズテイストも加味されてて、あすか嬢がボーカルに加われば、それが顕著になります。
結婚式の餞(はなむけ)の曲や、母親に対する曲など。
他者に対する想いを非常に大切にしてるんだなぁ、と思いました。

でも、メンバーは非常にアグレッシブで、ジャンプはするは、ステージ下に降りてくるわで。
観客と共に、ジャンプやコール&レスポンスも非常に楽しかったです。

アンコールでは、メンバー紹介が行われて。
RAT’Sの内田氏と佐藤氏もハンドマイクで登場し、総勢9名と人口密度が更に上回りました。
佐藤氏の場合、流石はギタリストと言うべきか。
Aki氏と対峙して、彼、エアギターやってましたからね。

・公式HP→http://57.xmbs.jp/emt/


~今回のまとめ~
・会場内には彼等のイベントポスターが貼られてあって、そのデザインが非常にかっこよかったです。
・RAT’Sは今後、東京進出するということで、今後の活躍を非常に楽しみにしてます。
・メンバーのご身内の方もいらっしゃったようで、1人のご老父が若い女の子達と楽しくお話されてる様子は、ほっこりしました。
・皆さんもこれを機に、エコキャップ運動は如何でしょうか? 因みに、あや兵衛の職場では行われてます。
・おまけ↓

[PR]

by p_and_l | 2008-12-21 15:10 | ライブレポート

NUBO、2009年1月・2月ライブ情報。

人がせっかく、久々に仕事の休みを3日間連続を入れようと思ったら。
その日は、天気が雪ですか?
何でやねん。
だからと言って、何も予定は入ってないのですが。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■2009年1月21日(水)横浜F.A.D
 「FAT PROP TOUR 2009 ~TIME SURE DOES FLY~」
 w/FAT PROP/Boobie Trap/RIDDLE/ATORI/FAT HERO
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット代:1,800円(前売・税込)/2,300円(当日・税込) ※ドリンク代別
 問合せ:横浜F.A.D 045-663-3842

■2009年1月23日(金)心斎橋CLUB DROP
 「Tuff Mission -vol'03-」
 開場/開演:未定/未定
 w/MARSAS SOUND MACHINE/OVER LIMIT/five stones/Dr,OP and GUEST!!!
 チケット代:2,000円(前売・税込)/2,500円(当日・税込) ※ドリンク代別
 問合せ:心斎橋CLUB DROP 06-6213-9101

■2009年1月25日(日)下北沢SHELTER
 「URCHIN FARM presents"LIVESRAVE"vol.2」
 w/URCHIN FARM/Fee ...and more!!
 開場/開演:18:30/19:00
 チケットぴあ:【Pコード:311-314】/ローソンチケット【Lコード:71789】/SHELTER店頭
 チケット代:2,000円(前売・税込)/2,300円(当日・税込) ※ドリンク代別
 問合せ:下北沢SHELTER 03-3466-7430

■2009年1月26日(月)名古屋APOLLO THEATER
 「FAT PROP TOUR 2009 ~TIME SURE DOES FLY~」
 w/FAT PROP/asphalt frustration/Fee
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット代:2,000円(前売・税込)/未定(当日・税込) ※ドリンク代別
 問合せ:SMCプラザ 052-265-2666/APOLLO THEATER http://www.diamond-hall.com/apollotheater/

■2009年2月14日(土)天神VIVREHALL
 「サマーソルトキック Vol.162」
 w/ニューロティカ/GELUGUGU/the whisper/envoy from the silence
 開場/開演:17:00/17:30
 チケットぴあ:【Pコード:597-423】
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク別
 チケット一般発売日:12月21日(日)
 問合せ:天神VIVRE HALL 092-714-2121/ROCKBERY http://www.rockbery.com/
 *予約者先行入場の為、16:00より予約の引き換えを行います。
 *250名限定イベントですので御購入は早めにお願いします。
 
■2009年2月15日(日)久留米GEILS
 「サマーソルトキック Vol.163」
 w/ニューロティカ/GELUGUGU/MARSAS SOUND MACHINE/the whisper
 開場/開演:16:00/16:30
 ローソンチケット:【Lコード:87633】
 チケット代:2、500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:12月21日(日)
 問合せ:久留米GEILS 0942-35-0801/ROCKBERY http://www.rockbery.com/
 *予約者先行入場の為、15:00より予約の引き換えを行います。
 *250名限定イベントですので御購入は早めにお願いします。

■2009年2月16日(月)岡山CRAZY MAMA 2nd room
 詳細未定
 問合せ:岡山CRAZY MAMA 2nd room 086-225-9014

■2009年2月19日(木)広島Cave-Be
 w/MUSHA×KUSHA/Rinn ...and more!!
 問合せ:広島Cave-Be 082-511-1109

■2009年2月20日(金)神戸KINGSCROSS
 w/MUSHA×KUSHA ...and more!!
 問合せ:神戸KINGSCROSS 078-251-7015

■2009年2月21日(土)堺東GOITH
 w/MUSHA×KUSHA ...and more!!
 問合せ:堺東GOITH 072-229-1313

■2009年2月22日(日)心斎橋CLUB DROP
 w/MUSHA×KUSHA ...and more!!
 問合せ:心斎橋CLUB DROP 06-6213-9101

■2009年2月24日(火)京橋ism
 「サマーソルトキック Vol.168」
 w/MUSHA×KUSHA/SKUNK SHOT BOOSTER/HIDETA/一刀両断/みかんBOX
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット代:2,000円(前売・税込)/2,500円(当日・税込) ※ドリンク別
 問合せ:京橋ism 06-4800-0609

■2009年2月25日(水)京都MOJO
 w/MUSHA×KUSHA/HIDETA ...and more!!
 問合せ:京都MOJO 075-254-7707

■2009年2月27日(金)金沢vanvanV4
 w/MUSHA×KUSHA/HIDETA ...and more!!
 問合せ:金沢vanvanV4 076-223-7565

■2009年2月28日(土)滋賀B-FLAT
 w/MUSHA×KUSHA ...and more!!
 問合せ:滋賀B-FLAT 077-510-6330



NUBOはついこの間、12月12日(金)の代官山UNITにて。
ツアーファイナルを行ったのが、記憶に新しいと言うのに。
何なんですか、来年早々、このライブの数は。

けしからん、もっとやれ。

2月に地元・福岡に来るのは、前回のライブにて把握済みでして。
嬉しきこと限りなし。
対バンにもthe whisperやenvoy from the silenceもいるしなぁ。
でも、まさか。
イベント「サマーソルトキック」で参加するとは思わなんざ。

あや兵衛、過去にこのイベントに参戦したことあります。
それで、MARSAS SOUND MACHINEのライブ観て、レポを書いちゃったがために。
例の熱愛報道や、結婚報道の際に。
どれだけ、検索からここのブログにやって来られたことか。

昔、TV番組「笑う犬の冒険-SILLY GO LUCKY!-」がありましたね。
内村光良氏扮するミル姉さんのコント「Milky Video Channel」にて。
映画雑誌連載のオファーが殺到し、当時、多くのレギュラーを抱えていたことを理由に。
「嬉しいけど、これだけで手一杯だから、勘弁して…」と、呟いたんですよね。
どれだけ、その時の彼女(?)の発言が、頭に響いたことか。

今回のBGM:MONGOL800「小さな恋のうた」
とりあえず、ライブレポ消化と大掃除かな。
[PR]

by p_and_l | 2008-12-19 21:53 | 偏見的ライブ情報

12/7(日)GOOD 4 NOTHING「Swallowing Aliens TOUR 2008-2009」at at 福岡DRUM Be-1

このライブの出演バンドが、あや兵衛にとっては文句のつけようもなく、素晴らしくて。
でも、WRONG SCALEのライブを観るのが、あや兵衛にとっては最後なので、切なくて。
だから、知人に今日のライブの目標は泣かない、と豪語してました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■HOLIDAYS OF SEVENTEEN
メンバーは三浦太郎(Vo.&Gt.)、中原功太(Gt.&Cho.)、碇YO-PEI(Ba.&Cho.)、中島元良(Dr.&Cho.)、山下蓬(Key.&Cho.)の5人です。
前列の立ち位置(左→右)が、碇氏、蓬氏、三浦氏、中原氏となってます。

MCにて、Vo.三浦氏のマイクスタンドの調子が悪いようで。
マイク調整の間、MCを依頼されたGt.中原氏、開口一番、曰く。
「人間、誰でも調子が悪い時がある。彼(=三浦氏)の場合、今がそれ」
すると、意外にもあっさりと、スタンドが元に戻ったようで。
三浦氏が、続きを語ろうとする中原氏に割り込む形で、喋ってしまって。
察知した三浦氏がすぐさま謝るも、あからさまに機嫌を損ねた中原氏。
彼の口から発せれた、さりげない呟きは、充分に毒を孕んでました。
あや兵衛はこの、彼のさりげない呟きがお気にです。

また。
今月に7インチレコードをリリースしたということで。
中原氏が、観客にレコードプレーヤーを持っている人がいるか訊くや否や。
「2人! 惜しい! ストラップ貰い損ねた!」と、某昼の長寿番組内のアンケート企画をネタに、ボケました。
観客から笑いが起きる中、本当のトコはどうなのか、と。
実際に、観客に挙手させてみたら。
挙手したのは、なんと2人。
会場に奇跡が起き、観客から大拍手が沸き起こりました。

「最後の1曲です」と、三浦氏が言うと。
「えー!?」と残念がる観客に対し、「皆、アルタ系?」と、中原氏、即ツッコミ。
某昼の長寿番組ネタが最後の最後まで、ひっぱられました。

実は、HOLIDAYSのTシャツを着た男性が1人、ステージ脇にずっと立ってあって。
それがLOCAL SOUND STYLEのVo.荒関氏だと認知するのに、そう時間は要しませんでした。

公式HP→http://www.ho17.com


■WRONG SCALE
メンバーは野田剛史(Ba.&Vo.)、菊川正一(Gt.&Vo.)、大西俊也(Gt.&Vo.)、楠誠一(Dr.&Cho.)の4人です。
前列の立ち位置(左→右)が、大西氏、野田氏、菊川氏となってます。

2009年2月2日のライブを持って解散する彼等は、今回が福岡でライブをするのが最後になりました。

野田氏曰く、過去に、ツアーで福岡へ何度も足を運んでいたとのことで。
自主的な企画だったために、ライブの規模的には、そう大きいモノではなかったんですが。
今年は、5月に行われた地元の野外フェス「F-X」に出演できて、嬉しかったと素直に感想を述べました。
そこで、彼等が出演したF-Xの1日目に来場していたかを、観客に挙手させてみると。
結構な数を前に、「ホント観てた? 後ろでメシ食ってたんじゃないの?」と。
あからさまに訝しげな口調で、皮肉なコメントを放つ野田氏。
あや兵衛はこの、彼の皮肉な一面がお気(略)。

実は、その1日目は悪天候の中で行われたため。
バックステージのバーベキューが、焚き火代わりになってたそうで。
なのに、2日目が見事に快晴だったため。
「○○さんのせいだ。彼は雨男だから」と、こりゃまた、野田氏が無謀なコメント言い放ったと思えば。
「っていう」と、最後は見事に、茶目っ気ぶりでシメてくれました。

彼等は今までライブで、他のバンドとセッションすることが多く。
しかし、それは東京のみでだったため、それ以外で行うのは福岡が最初で最後とのことで。
そこでステージに現れたのが、GOOD 4 NOTHINGのVo.&Gt.TANNY氏。
計5人でのセッションは、野田氏の口から、TANNY氏が相当、テンパってたことを暴露しました。

で、そのTANNY氏。
自分の出番が終わった後も、何気にステージ脇で、ギター片手に座って、ライブの様子を眺めてありました。

最後は謝辞を述べた後、4人全員、深く一礼をしてステージを後にしていきます。
そんな彼等の後ろ姿に、観客から多大な拍手が送られました。

公式HP→http://www.wrongscale.net


■GOOD 4 NOTHING
メンバーはTANNY(Vo.&Gt.)、U-tan(Vo.&Gt.)、MAKKIN(Ba.&Cho.)、KAWAJIN(Dr.)の4人です。
前列の立ち位置(左→右)が、MAKKIN氏、TANNY氏、U-tan氏となってます。

前列の3人はホントにステージの前に、よく来てくれるもので。
自分のポジション以外にも積極的に、前に出てきてくれますからね。
おかげで、終始、ダイブが発生して、凄かったです。

良い仲間と一緒にいるのが嬉しい、と。
ここにいる観客に対しては、顔も名前も判らないけど、「はい、ここで、終わり」にはしたくない、と。
顎から滴れ落ちる汗を拭うことなく、そう言って、最後に満面の笑みを漏らすTANNY氏の姿が印象的でした。

その反面。
乳首が透けた、立っただの、他にもそういう卑猥的なジェスチャーやアクションは、もう許容範囲なんでしょうね。
あや兵衛はこの、彼のオープンなトコがお(略)。

実は、アンコールでもWRONG SCALEからメンバーの1人が登場し、セッションが行われました。
TANNY氏曰く、自分だけしんどい思いするのはズルい、とのことで。
その1人とは、Gt.&Vo.大西氏。
ただ、彼の格好がバンダナ+Tシャツ+短パン+ハイソックスと、何故かU-tan氏の格好とそっくり。

この時のTANNY氏はマイクスタンドを観客ブースの前に置いたおかげで、ハンドマイクで思う存分、ステージを暴れてました。
因みに、このスタンドはステージ脇でずっと控えてた女性スタッフさんが、すぐにステージ脇へと移動させまして。
2回目のアンコールで登場した際、それを知らないTANNY氏が、マイクスタンドがないおかげで、口パクでやり過ごそうとしてましたが。

その2回目のアンコールでは、TANNY氏は白のVネックシャツを脱ぎ、タトゥーの入った上半身を晒した格好でしたが。
最後、帽子を脱ぎ、観客ブースに見事な背面跳びで、ダイブを決めました。

そういや。
この会場では、どのバンドも皆、ステージの中央のやや右側の黒幕を掻き分けて、登場したんですよ。
GOOD 4 NOTHINGのステージ中、WRONG SCALEのDr.楠氏が幕から頭だけ出して、見据えると言う。
言わば、生首状態になっていたので驚きました。
彼の髪が金色だった分、目立つこと、目立つこと。

公式HP→http://www.kickrockmusic.com/g4n/


~今回のまとめ~
・WRONG SCALEの野田氏が言った「○○さん」とは、F-X1日目のステージのトリを飾った方を指します。
・ダイブされる際には、ホント、ケガには気をつけて下さい。
・で、あや兵衛が泣いたのか、と言うと。試合に勝って、勝負に負けました。会場では泣かなかったけど、帰宅してから時間差で、まぁ、その、こう…。
[PR]

by p_and_l | 2008-12-17 21:58 | ライブレポート

BEAT CRUSADERS、ワンマンツアー決定。

突然、知人があや兵衛家にデスクトップのパソコンを持ってきた。
知人曰く、貰ったけど、誰も使わないとのこと。
しかも、自由に使って良いと言われる。
じゃあ、解体して、部品等を中古屋に売って良いかと訊いたら。
即、拒否された。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■BEAT CRUSADERS tour「Oh my ZEPP」
・2009年2月21日(土)ZEPP SAPPORO
 開場/開演:17:00/8:00
 チケットぴあ:0570-02-9992(Pコード不要/発売日初日のみ)/0570-02-9999【Pコード:312-773】(発売日以降)
 ローソンチケット:0570-084-612(Lコード不要/発売日初日のみ)/0570-084-001【Lコード:16557】(発売日以降)
 問合せ:SMASH EAST 011-261-5569

・2009年3月14日(土)ZEPP NAGOYA
 開場/開演:18:00/19:00
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 ローソンチケット:0570-084-004【L コード:42885】
 問合せ:JAIL HOUSE 052-936-6041

・2009年3月21日(土)ZEPP FUKUOKA
 開場/開演:18:00/19:00
 チケットぴあ:0570-02-9903【Pコード:312-699】
 ローソンチケット:0570-084-684【Lコード:88365】
 問合せ:BEA 092-712-4221

・2009年3月28日(土)ZEPP TOKYO
 開場/開演:18:00/19:00
 チケットぴあ:0570-02-9907【Pコード:312-869】
 ローソンチケット:0570-084-636【Lコード:79638】
 問合せ:ハイウェーブ 03-5433-4326

2009年4月4日(土)ZEPP SENDAI
 開場/開演:17:00/18:00
 チケットぴあ:未定 
 ローソンチケット:【Lコード:21479】
 問合せ:ノースロードミュージック仙台 022-256-1000

・2009年4月11日(土)ZEPP OSAKA
 開場/開演:18:00/19:00
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:312-977】
 ローソンチケット:0570-084-005【L コード:56532】
 問合せ:サウンドクリエーター 06-6357-4400/清水温泉 06-6357-3666

・チケット代:3,000円(税込・前売) ※ドリンク代別
・一般発売日:2009年2月1日(日)



あぁ、やっとこさ、福岡にもライブが、と。
温かい生姜湯を飲みながら、体も心も大変ほっこり。
実は少々、風邪気味です。

しかし。
現時点では、まだ不明点があるので。
公式HPを随時チェックすることをオススメします。

ついにまぁ、ワンマンですね。
それで、ZEPPですか。

今まで、地元・福岡において。
会場は、いつもBEAT STATIONという、キャパにして約365人なトコでしたが。
他にも、DRUM系列のライブハウスが3ヶ所あるのに。
それを飛び越えて、ZEPPですからね。
何とまぁ、凄い飛躍で、驚いてます。

でも、彼等の活躍振りを考えたら。
何も違和感は抱きませんが。

そういや、総て開催日が土曜日で。
しかも、地元・福岡は前日が祝日ともあって、3連休の真ん中なんですよね。
あや兵衛の場合、この例外にあたりますけど。
まぁ、ちょうどこの頃は、学生さんは春休みでしょうから。
学生さんの需要は高いと、お見受けいたします。

今回のBGM:BEAT CRUSADERS「SUMMEREND」
UHA味覚糖の龍角散ののど飴が最近、お気にです。
[PR]

by p_and_l | 2008-12-16 21:37 | 偏見的ライブ情報