<   2009年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ent、1stアルバムリリース決定。

過去に、とあるバンドの音源にレビューを書きましたら。
新聞の記事に、そのことが掲載されたそうで。
その新聞は一部の地域でしか、読めないので。
あや兵衛が目を通すことはできませんが。
誰が言ったか、福岡県民はシャイである。
あや兵衛も例外ではございません。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「Welcome Stranger」
・種類:国内盤/CDアルバム
・発売日:2009年2月18日
・規格品番:PRECO-006
・レーベル:PRECO
・価格:1,890円(税込)
・収録曲
 1.No Tone
 2.Sleeping Ghost
 3.Will
 4.Do Not Adjust Your Set
 5.Girl
 6.Silver Moment
 7.Farewell Dear Stranger



「ent」とは何なのか。
東京在住の男性アーティスト、Atsushi Horieのソロ・プロジェクトだそうです。
賢明なおとまにの方々なら、ここで何らかのフラグが立ったでしょうから。
もうこれ以上、言及するのは控えます。

また、物凄い脱線話ですが。
「ent」は「ENT」と大文字にすれば、耳鼻咽喉科という意味があります。
ear(耳)、nose(鼻)、throat(咽喉)の頭文字からです。

「○○在住」と出すアーティストも稀有かも知れませんが。
でも、「○○在住」にしたトコが、ね。
この際、「××出身」でも良かったのではないか、とね。

あと、最近、しみじみと思うことがありまして。
1人で複数のバンドに所属してたり。
1人で複数のブログを運営してたり。
何とまぁ、多芸多才。
何処かに売ってませんかね、その芸才。

今回のBGM:DOES「バスに乗って」
好きなことをやるエネルギーって、やっぱり特別なんですね。
[PR]

by p_and_l | 2009-01-29 21:50 | 偏見的リリース情報

1/22(木)9mm Parabellum Bullet「VAMPIRE EMPIRE TOUR 08/09」at 福岡DRUM Be-1

今回のライブは、九州で数ヶ所開催されましたが。
地元・福岡は、早くにチケットが完売しました。
去年は会場のキャパが約200人のライブハウスで、ワンマンライブをやって。
今年は対バンライブだけど、今回の会場のキャパは約250人とレベルアップ。
まぁ、実際は250人超の観客が収容されてました。
でも、更に会場のレベルを上げても良かったんじゃないかなぁ、と。
会場付近で、「チケット、定価で買います」と紙を持ってある方を見て、そう思いました。
あや兵衛も、チケットが余っていないかを訊かれたけど。
ダフ屋に訊かれるよか、別の意味で複雑な気持ちになります。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■SPECIAL OTHERS
横浜市出身のジャムロックバンドです。
メンバーはRyota”TOYIN”Miyahara(Dr.&Prec.)、Yuya”SEGUN”Matayoshi(Ba.)、Takeshi”DAYO”Yanagishita(Gt.)、Yuma”REMI”Serizawa(Key.)の4人です。
立ち位置が中心を囲むようにして並び、左からSerizawa氏、Yanagishita氏、Matayoshi氏、Miyahara氏となってます。
アンプはメンバーの背後に置かれ、マイクはMatayoshi氏以外全員に設置されてます。

ステージ最初の方は、黄色と青のスポットライトのみ、と照明が暗めで。
Miyahara氏のキメの細かいドラムロールで始まりました。

今まで9mm Parabellum Bulletと一緒に、九州各地で対バンしてきましたが。
今回、地元・福岡が最後と言うことで。
そのおかげで、只でさえいつもMCはグダグダなのに、ネタがなくなっていくと吐露しました。
Miyahara氏曰く、いつもMCのネタに10-FEETのTAKUMA氏(Vo.&Gt.)の話をするそうで。
理由は、観客のウケが良いから。
あまりにも彼の話ばっかりしているから、TAKUMA氏にナボナを送っとかないと、と漏らした直後。
何かに気づいたように、観客にナボナを知っているのか、と訊いてきました。
知らない方が殆どの様で、観客の反応はいま一つ。

Miyahara氏の説明によると、以下の通り。
ナボナとは、お見舞いとかによく持っていくお菓子。
様々なクリームが挟まれたお菓子。
王貞治氏がCMをやっていたお菓子。
また、ナボナを作っている会社の社長が、実はYanagishita氏の祖父だと説明され、観客から一気に拍手が起こりました。
しかし、即、嘘であることを白状。
Yanagishita氏本人と言うと、少々当惑した様子でして。
何せ、即、ナボナを知らないことを白状。

また、対バンを重ねるうちに。
すっかり仲良くなった9mmと、今回のリハーサルではセッションを行ったそうで。
その興奮からか、9mmが「録ろう!」と発案したのがきっかけで、実行。
それがなんと、音源としてリリースされることになったと、Miyahara氏の口から発表され、観客から一気に拍手が起こりました。
しかし、即、嘘であるこ(略)

2回も嘘をついたことに、最後は苦笑いで謝罪するMiyahara氏でした。

SPECIAL OTHERSの音は繊細すぎるほど繊細で。
様々なリズムが入り組んでるので。
1つの楽器のリズムに聴き入っていたら、他の楽器のリズムもまた良し、また他の楽器のリズ(略)
というふうに、どれも良くて1つに集中することができませんでした。
メンバー全員、演奏中は体でリズムを刻んでいましたよ。
ずっと、インストかと思えば、稀にMiyahara氏とSerizawa氏の唄が入りまして。
そのハーモニーが魅力的です。

Matayoshi氏はウッドベースも使用しましたね。
Serizawa氏のキーボードには、ピアニカも用意されてました。
そして、Serizawa氏の背後にはテーブルがあり、その下にはアンプが置いてありましたが。
気になったのは、そのテーブルの上に置かれていた、白の透明で四角い箱のようなもの。
その箱の中にあるファンが、演奏中ずっと回ってるんですよ。
ついつい、動いているファンに目が行ってしまうため。
これは、何らかの罠ではなかろうかと思いました。


■9mm Parabellum Bullet
横浜市で結成されたロックバンドです。
メンバーは菅原卓郎(Vo.&Gt.)、滝善充(Gt.)、中村和彦(Ba.)、かみじょうちひろ(Dr.)の4人です。
前方の立ち位置は、左から中村氏、菅原氏、滝氏になってます。
マイクはかみじょう氏以外全員、設置されてまして。
滝氏はコーラスを、中村氏はスクリームをそれぞれ担当します。

SPECIAL OTHERSの時から既に、9mmのロゴの入ったフラッグが飾られてまして。
1つの身体に2つの頭を持つ鳥――云わば、共命鳥(ぐみょうちょう)のデザインが施されております。
機材セッティングには、そのフラッグの奥の扉が開いて、機材が搬入されていきました。
また、驚くべきことは。
中村氏のアンプの上には、麦焼酎「二階堂」900mlの瓶が2本。
滝氏のアンプの上には、麦焼酎「いいちこ」900mlの瓶が2本。
スタッフさんが平然と、これらを置いていったことです。

MCの途中、滝氏がアンプの後ろへ姿を消して、何かをやっていると思えば。
なんと、麦焼酎「いいちこ」のラベルのデザインが入った深緑地の前掛けをつけて登場し、観客から大歓声。
滝氏の「いいちこ」好きが昂じて、会社から戴いたそうな。
本人も白タオルを頭に巻くため、立派な酒屋の兄ちゃんの出来上がり。
本職がギタリストか酒屋か判らなくなるほど、非常に似合っておりました。
因みに、前掛けには、「下町のナポレオン」というキャッチフレーズが書かれてあることから。
滝氏は、その部分を誇らしげに披露。
アンコールまでずっと、前掛けを着用しての演奏となりました。

しかし、せっかくのタオルも演奏が始まれば、すぐ取れる。
アンコールでもタオルを付け直すも、すぐ取れる。
どうやら、彼のギタープレイには向かなかったようで。

中村氏が演奏中、菅原氏に近づいたと思えば。
菅原氏のマイクを滝氏の方へ向ける。
しかし、菅原氏、マイクがそっぽ向こうが、平然と観客を見据えたまま唄い続ける。
中村氏はと言うと、そのまま菅原氏のすぐ隣で、彼の様子を見据えた後。
何事もなかったかのように、元の立ち位置へと退散しました。

他にも、お約束のように、中村氏や滝氏がベースやギターを使って、大きくスイングしまして。
上手く体の重心を整えているのは、素晴らしきことですが。
ストラップは慣性の法則に逆らえなかったのか、中村氏の上体から、綺麗にストラップが外れたのには驚きました。
そういや、菅原氏、滝氏、中村氏、ストラップが全員ESPでした。

菅原氏もシャウト姿を見せ、アンプの上に用意されていたマラカスも使用しました。
ギターを持っているためか、片手で2本のマラカスを持っての演奏です。

菅原氏が着てたのは、バンド「SPECIAL OTHERS」のライブ白Tシャツ。
実は、菅原氏のTシャツはSPECIAL OTHERSのMiyahara氏も着てました。
そのデザインは、SPECIAL OTHERSのメンバーの顔をモチーフにしたイラストとミドルネームが書かれたモノ。
菅原氏曰く、今回でSPECIAL OTHERSとの対バンが最後なので、愛しさとせつなさと心強さと。
しかし、このTシャツを着ていれば、ずっと一緒にいるようで安心するとのこと。

余談ですが。
菅原氏がこうやってMCをする最中、他のメンバーはと言うと。
絶妙なタイミングで、他メンバーの音が一斉に入ってきます。
あからさまにMCにダメ出しをするような音に対して、菅原氏は戸惑いつつも苦笑い。

因みに。
中村氏が着てたのは、バンド「Motor Head」の黒Tシャツ。
滝氏が着てたのは、バンド「ミドリ」のライブ黒Tシャツ。

SPECIAL OTHERSのMCで登場したナボナは、滝氏も知らなかったようで。
菅原氏の説明によると、以下の通り。
岩石のようなスポンジに、クリームが挟んであるお菓子。
王貞治氏がCMをやっていたお菓子。

アンコールを終え、メンバーが一礼して、ステージを立ち去る中。
滝氏がいいちこの瓶を開封し、半分ほど水が入ったペットボトルに投入。
そして、その焼酎水割りをかみじょう氏に渡す。
かみじょう氏、一口飲む→かみじょう氏、親指を立ててグッドのサイン。
続いて、中村氏にも渡す。
中村氏、一気にあおる→中村氏、平然とステージを後に。
最後、滝氏、頭にタオル+前掛け姿で、片手に開封したいいちこ、もう片手にはいいちこ水割りの入ったペットボトルを持って。
満面の笑み付きで、ポーズを観客に決めてくれました。

何と言いますか。
9mmのライブを観てると、音の体現化が凄いことを改めて、思い知らされるようです。
音を生み出すエネルギーと観客の興奮によるエネルギーが、見事な相乗効果となるんです。
観客のダイブが生じるのだって、言わずもがなですよ。


~今回のまとめ~
・ナボナとは、東京・自由が丘の和菓子屋亀屋万年堂が販売・製造している和菓子風の洋菓子で、ブッセの一種。
・CMで、王貞治氏が言う「ナボナはお菓子のホームラン王です」の台詞は有名。
・漫画なんかで、「○○は××のホームラン王」を用いたギャグは結構、見かけます。(例:「鮎は魚のホームラン王だ」)
・いいちことは、大分県宇佐市に本社を置く三和酒造の麦焼酎。
・二階堂とは、大分県速見郡日出町に本社を置く二階堂酒造の麦焼酎。
・両者とも、アルコール度数は20度と25度がある。
・大学時代のあや兵衛は麦焼酎を愛飲していて、どちらかと言えば、いいちこ派でした。
[PR]

by p_and_l | 2009-01-26 22:17 | ライブレポート

te'ライブDVDリリース決定。

先ほどまで、先日のライブレポを執筆してましたが。
調査と推敲に、えらく時間がかかり。
2時間経っても、文章が全体の半分しか仕上がらず。
明日に持ち越し。
なんか煮え切らない。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「音楽を汚すものは、悦楽でも、惰性でも、官能でも無い。 現実が要求する打算と、経験から生まれる熟慮、それに反省。 現実を汚す音楽を救えるものは、受取手の無垢という表現」
・種類:国内盤/DVD
・発売日:2009年3月11日
・規格品番:ZNRV-002
・レーベル:残響レコード
・価格:2,500円(税込)
・収録曲
 1.人間は自由なものとして生まれ、至る所で「鎖」に繋がれてゆく。
 2.如何に強大な精神や力といえども知性なくしては「無」に等しい。
 3.いつも好転する未来を望み、しかし時節の変化は「恐」れている。
 4.大胆は無知と卑劣の子であって、他の資格よりはるかに「劣」る。
 5.他に寄せる信頼の大部分は、己の内に抱く自信から「生」まれる。
 6.愛も信仰も同じ様に日々のささやかな勤行でのみ「維持」される。
 7.具眼の士に検閲されることは、最も正しい「価値」の決定である。
 8.詩はただ、病める魂の所有者と孤独者との寂しい「慰」めである。
 9.人は他人の不幸には充分耐えられるだけの強さを「持」っている。
 10.思想とは我々の選ぶものを見せず、我々の好むものを「見」せる。
 11.美しき旋律も、音を語る言を持たずしては心にも「留」めがたし。
 12.何らの苦しみにもあわずして、何人をも幸福とは「呼」ぶなかれ。
 13.欲は全ての言葉を話し、全ての役を演じ、無欲者すら「演」ずる。
 14.夢とは現実という平凡なものに付ける美しさに似た「嘘」の俗称。
 15.言葉を用いて奏でる者は才能に在らず、ただの記憶に「過」ぎぬ。
 16.沈黙中の表情にこそ、言葉選びに勝る本当の雄弁が「存在」する。
 17.意味の在る巡り会いを求めず、出会いに「意味」を見つけて行く。
 18.己が分を知りて及ばざる時は速やかに止むるを「智」と言うべし。
 19.我々は希望に従って約束をし、恐怖にかられて約束を「果」たす。
 20.死闘、勇鋭、死憤、励鈍、倖用、待命、陥陳、勇力、必死、冒刃。
 21.如何に強大な精神や力といえども知性なくしては「無」に等しい。(PV)
 22.夢とは現実という平凡なものに付ける美しさに似た「嘘」の俗称。(PV)
・概要
 2008年10月25日に行われた渋谷クアトロでのワンマンライブの本編・アンコール全20曲のライブ映像、当日のライヴの舞台裏を撮影したオフショット映像を収録。
 2008年3月29日行われた台湾でのライブ&オフショットのダイジェスト映像を収録。



DVDのトータルタイムが2時間超で、価格が2,500円は安いですな。
昨年は初めて、te'のライブに行ったので、このツアーには愛着があります。

それにしても。
このDVDタイトルも長いことで。
興味本位で数えてみたら、句読点含め80文字ありました。
ただ、曲タイトルのように、「」がありませんが。

レコードショップで、このDVDを予約注文する際に。
タイトルを正確に言えたら、凄いモンでしょ。
一字一句の整合性なんて、恐らく誰も気にしてはいないはずです。
そこに、「あ、そこ、違いますよ」と、冷静にツッコめる店員さんがいらっしゃったら。
神と称えたいものです。
そもそも、レコードショップに置いてある予約注文用紙には、どう書いたらいいんでしょう?

余談ですが。
ライブの際のセットリスト用紙って、どんな感じなんでしょうね。
流石に、手書きで全部書くのは大変かなぁ、と。
曲タイトルの「」内の言葉や文字だけで、代用してたら。
まぁ、それはそれで面白いかなぁ、と。

今回のBGM:なし
インフルエンザには気をつけてください。
[PR]

by p_and_l | 2009-01-23 23:32 | 偏見的リリース情報

ポルノグラフィティ、ライブDVDリリース決定。

「もう、馬鹿になったらいいじゃないですか」
知人のこの言葉に、今日は救われた。
突然、不可解な不安を覚えること自体が、馬鹿だったなぁ、と。
そう思えました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■横浜・淡路ロマンスポルノ'08 ~10イヤーズ ギフト~ LIVE IN AWAJISHIMA
・種類:国内盤/DVD
・発売日:2009年1月28日
・規格品番:SEBL-98~99
・レーベル:SMEレコード
・価格:7,000円(税込)
・概要
 アンコールまでの全25曲を完全収録した2枚組
 特典映像には、横浜スタジアム公演2日目(2008/9/7)の“伝説の雷雨ライヴ”映像を収録
 初回仕様に“メタル”スリーブ&デジパック仕様+“10イヤーズ ギフト券”封入



2008年9月14日に、淡路島・国営明石海峡公園「芝生広場」で開催された野外ライブを収録したDVDということで。
セットリストを調べてみたら、以下の通りです。

1.ライオン
2.痛い立ち位置
3.ヒトリノ夜
4.ポストマン
5.ベアーズ
6.グラヴィディ
7.We Love Us
8.愛が呼ぶほうへ
9.幸せについて本気出して考えてみた
10.農夫と赤いスカーフ
11.アゲハ蝶
12.カルマの坂
13.ヴォイス
14.Report 21
15.ミュージック・アワー
16.Heart Beat
17.リンク
18.メリッサ
19.稲妻サンダー99
20.ハネウマライダー
21.ギフト

【アンコール】
1.Love,too Death,too
2.アポロ
3.Please say yes,yes,yes
4.ダイアリー 08/06/09

さて、話変わって。
過去に、ある知人から、ライブに連れてってほしいと言われたことがありました。
稀に、ライブで痣を作るあや兵衛を見て。
何故そうなるのか、理解できないようで。

因みに。
その知人、音楽のことはあまり詳しくなく、ライブも未体験。
なので、あや兵衛がお気にのアーティストを挙げても。
知らない、と大概、首を横に振られます。
そもそも。
ライブ初体験者にいきなり、ダイブ&モッシュの繰り出されるライブに連れていくのは、何処か良心が咎めます。
獅子の子落としとは言いますが。
それが吉と出るか、凶と出るか。
そんな博打、恐ろしすぎます。

このポルノグラフィティは、知人も知ってて。
曲もお気にのようだし、会場もホールだから大丈夫だろう、と。
ライブに誘ってみたら。
都合が悪かったというオチ。

それでも、ライブハウスの方がいいと言う知人に対し。
何をそんなに期待しているのかが、あや兵衛には何とも不思議で。
まずは、様々なバンドの曲を聴かせて。
いろいろと調べさせて教えると言う、調教というカタチから始めてみました。

今回のBGM:Paraele Stripes「Cell」
馬鹿でもいい、たくましく育ちたい。
[PR]

by p_and_l | 2009-01-20 22:04 | 偏見的リリース情報

1/15(木)hare-brained unity TOUR 08-09 [DISCO OR ALIVE]at 福岡SPIRAL FACTORY

会場で気づいたんですが。
今回のライブチケットになんと、「A.T.FIELD」の文字がありました。
まさか、と受付の男性スタッフさんに訊いたところ。
前回、あや兵衛が把握できなかった、あの3月23日に行われるイベントの主催「ATF」であることが判りました。
あの時、某ロボットアニメの「心の壁」とかホザいてましたが。
まさか、読み方がその通りだとは、つゆにも思わず。
会場受付にいらっしゃった男性スタッフさん、親切に解説して下さって、感謝です。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■FLOATY
2002年に、福岡で結成。
メンバーは井上大地(Vo.&Gt.)、手島三博(Ba.)、青木亮太(Dr.&Cho.)の3人です。
ステージ前方の立ち位置(左→右)は、手島氏、井上氏となります。
バンド名は「フローティー」と発音します。

今年2回目のライブとなるFLOATYは、1回目は東京で行われ、車で福岡に戻ってきたのこと。
しかも、この時期、やたら寒さが厳しかったおかげで。
唯一の喫煙者である青木氏は、車内禁煙のために、パーキングエリアに着くたびに。
寒い思いをしながら、外で煙草を吸ってたそうで。

まず、驚いたと言ったら。
3人で奏でるには、凄すぎるほどの音の広がり。
何て贅沢、とも思いました。
間奏でもそれは如何なく発揮され、その後に続く曲のサビに大きな迫力を残しました。

ステージ前半ではどちらかと言えば、メロディックで、後半がアッパーな感じで。
曲の随所、随所にメッセージが込められてありましたね。

言葉足らずの井上氏のMCに、手島氏や青木氏がツッコむように補足するのが何とも。
しかし、最後の1曲を演奏する前に。
「想いを伝えることはとても難しいけれど、想いを伝える勇気は忘れないでいてほしい」
と、井上氏の口から告げられ。
あや兵衛は、あぁ、最後はバラード系でシメるのかなぁ、と思ったら。
曲の雰囲気は全く、違ってて。
でも、テンションは大いに上がりました。

次のヘアブレのために、会場を温めておきたいと言ってましたが。
身も心も充分に温まりました。

公式HP→http://www.fcv.ne.jp/~floaty/


■hare-brained unity
1999年に、東京で結成。
メンバーは布谷吉崇(Vo.&Gt.)、吉田大佑(Gt.)、和田大樹(Ba.)、大坪徹志(Dr.)の4人です。
ステージ前方の立ち位置(左→右)は、吉田氏、布谷氏、和田氏となってます。
バンド名は「ヘアブレインド・ユニティ」と発音します。

会場に入って、すぐ眼前に。
4名用テーブルに座って、スタッフ等と談笑する吉田氏と和田氏に、一瞬、瞠目しました。
まさか、そんなトコにあるとは思わず、その様子があまりにも違和感がなさすぎです。

会場の天井には2つのミラーボールがあるのが、GJ。
ヘアブレと言えば、ミラーボールなので、見ると何か安心します。
しかも、会場後方に設けられた物販ブースにて、そこに置かれていたミラーボールのオブジェ。
ステージでは、和田氏のアンプの上にありました。
だから、ミラーボールがいつもより余計に回っております。

実は、会場の観客ブースの最前には、白テープが貼られてまして。
所謂、観客はここから先には出てくるな!と言うことを指してるのは、間違いないでしょうが。
でも、あからさまに今回だけに付けられてたモノだろう、そのテープに対し。
ライブの後半でのMCで、和田氏はそれを指摘しつつ、それを越えるくらい盛り上げてやると、挑発してきました。
でも、福岡の観客は行儀が良いことを把握してましたね。

大坪氏は曲によっては、ヘッドホンを装着してプレイします。
彼の手の動きを見ると、改めて彼等の曲が四つ打ちであることを実感させられます。

吉田氏にはマイクがないものの。
本人の前と左右をエフェクターで固められてるにも関わらず。
エフェクターを越えて、ステージ前に出てきてくれます。

和田氏の付近には、エフェクターはもちろんのこと。
テーブルが2つも用意され、マッキントッシュや様々機材が置かれてました。
元々の激しいアクションに加え、回りながらベースをプレイするものだから。
ベーススタンドにぶつかるわ、アンプとベースを繋ぐコードが絡まるわで、大忙し。
あと、彼のベースに「俺様」と書かれたステッカーが貼ってありましたね。

次の曲に移る際、布谷氏の機材トラブルのせいか、微妙な間が空いてしまい。
本来、MCを行うトコではないけど、間を繋ぐために和田氏が口を開きました。
今回、福岡で宿泊したホテルについて、スタッフ等にも相当ボヤいてるとのこと。
吉田氏と相部屋になり、ドアから奥にあるベッドを和田氏が先に占領し、必然と吉田氏はドアから手前のベッドに。
ところが、奥のベッドへ行く際、手前のベッドを横切ろうにも、そのスペースがあまりにも狭かったそうで。
なので、朝、シャワーを浴びようとするも、そのスペースが吉田氏の布団で埋もれてしまって。
それでも、何とか通って、シャワーを浴び終えるも、スペースには再び、吉田氏の布団。
吉田氏の寝相と言い、部屋の狭さと言い、相当、憤慨したようで。
また、テレビをつけようにも、テレビはちょうど吉田氏のベッドの前にあるせいで。
吉田氏の落ちた布団で、リモコンが反応しないという追い討ちも来て。
最終的に、仕方なく外へくり出すことになりました、と。

和田氏曰く、2マンライブだけど、曲数は多い。
確かに、ステージ自体の内容は非常にボリュームがありました。
会場の照明とスモークの演出も良かったです。
彼等のステージ開始直前、暗闇の中、ステージの中央奥から無数の光の筋が放たれて、綺麗でしたね。
また、楽器の音と打ち込みの音とが複雑に絡み合って、非常に奥深かったです。
しかも、殆どコーラスがなくて、布谷氏の声だけで唄を務めますから、凄いですね。
また、ステージ最後の方では、和田氏がベースを置いたと思いきや。
テーブルに置かれた機材を、器用に駆使します。
イベントでDJもこなす和田氏の別の顔を、垣間見たと思いましたね。
体を揺らさずにはいられず、手拍子をせずにはいられず。
観客ともに、楽しい雰囲気を生み出していったと思います。

公式HP→http://www.harebrainedunity.com


~今回のまとめ~
・大名方面は滅多に行かないせいで、多少迷いましたが、ローソン大名店を見つければ一安心です。会場が7階だから、高いビルのはずだ、と上を向いて歩こうの精神で、会場を探し当てました。
・会場で、バンド「075D」のtomomi女史とYKK女史に遭遇しました。当初、tomomi女史とは、お手洗で擦れ違った際、横顔に何処かで見たと、あや兵衛がずっと気になってました。
・同じく、バンド「Develop One’s Potential」のAnchi氏も見かけましたが、挨拶しそびれて残念。
・会場にはロッカーが、ソフトドリンクにグレープフルーツジュースがありました。
・ヘアブレの機材チェック中、ずっと流れていたSEが消え、もうステージが始まるかと思いきや、「(スタッフ名)さーん、SE止まりましたよー」と、カーテン奥からメンバーの声が。因みに、カーテン開閉はスタッフさんによる手動でした。
・会場はバー&ダイニングも兼ねてるだけあって、4人用のテーブルが3つ、2人用のテーブルが3つほどと結構な広さがあり、その奥にライブステージがあるという仕組みです。今度はライブ以外の目的で足を運んでみたいですね。
[PR]

by p_and_l | 2009-01-18 21:38 | ライブレポート

TOTALFAT・Northern19・TNX、対バンツアー決定。

ペパーミントのハーブティーを戴いたので。
市販の紅茶に、それを少々加える。
後味にミント独特のさっぱり感があって、大変美味。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■CATCH ALL RECORDS presents『CATCH ALL TOURS 2009』
・2009年3月13日(金)新宿ACB
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/Mr.JiNGLES/and more...
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月1日(日)
 チケットぴあ【Pコード:314-597】
 問合せ:ACBホール 03-3205-0901

・2009年3月14日(土)横浜FAD
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/TOO CLOSE TO SEE/LAST ALLIANCE/Boobie Trap
 開場/開演:16:30/17:30
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月1日(日)
 ローソンチケット【Lコード:72374】
 問合せ:FAD 045-663-3842

・2009年3月15日(日)豊橋LAHAINA
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/EMOTIONAL THIRTEEN
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月1日(日)
 チケットぴあ【Pコード:313-599】
 問合せ:LAHAINA 0532-33-3766

・2009年3月20日(金・祝)神戸KINGS CROSS
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/stack44/SMASH RAID/UNDER LIFE/POINT-UP
 開場/開演:17:00/17:30
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月1日(日)
 問合せ:KINGS CROSS 078-251-7015

・2009年3月21日(土)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/Boocuss/and more...
 開場/開演:16:30/17:00
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月1日(日)
 問合せ:CRAZYMAMA 2nd Room 086-225-9014

・2009年3月22日(日)松山SALON KITTY
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/SMASH RAID/and more...
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月1日(日)
 問合せ:SALON KITTY 089-945-0020

・2009年3月24日(火)鹿児島SR HALL
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/GENERAL HEAD MOUNTAIN/FAT PROP
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月1日(日)
 問合せ:SR HALL 099-227-0337

・2009年3月26日(木)福岡CB
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/GENERAL HEAD MOUNTAIN
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月1日(日) 
 ローソンチケット【Lコード:88640】
 問合せ:CB 092-732-7575

・2009年3月28日(土)京都MUSE
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/RUNNERS-Hi/LABRET/EGG BRAIN
 開場/開演:16:30/17:30
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月1日(日)  
 問合せ:MUSE 075-223-0389

・2009年3月29日(日)金沢vanvanV4
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/RUNNERS-Hi/and more...
 開場/開演:17:00/17:30
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月1日(日)
 問合せ:vanvanV4 076-223-7565

・2009年3月31日(火)新潟CLUB JUNKBOX
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/stack44/and more...
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月1日(日)
 ローソンチケット【Lコード:73051】
 問合せ:CLUB JUNKBOX 025-229-1494

・2009年4月2日(木)盛岡CLUB CHANGE WAVE
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/LOCAL SOUND STYLE/stack44/and more...
 開場/開演:17:00/17:30
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月22日(日) 
 問合せ:CLUB CHANGE WAVE 019-613-6618

・2009年4月3日(金)青森QUARTER
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/LOCAL SOUND STYLE/POP DISASTER
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月22日(日)
 問合せ:QUARTER 017-777-3337

・2009年4月5日(日)札幌BESSIE HALL
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/SERVICE ACE/and more...
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月22日(日)
 問合せ:BESSIE HALL 011-221-6076 - プレイガイド -

・2009年4月7日(火)仙台CLUB JUNKBOX
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/RUNNERS-Hi/EGNISH
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月22日(日)
 問合せ:CLUB JUNKBOX 022-716-5155

・2009年4月9日(木)千葉LOOK
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/SHENKY GUNS
 開場/開演:17:30/18:00
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月22日(日)
 問合せ:LOOK 043-225-8828

・2009年4月11日(土)宇都宮HEAVEN'S ROCK
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/and more...
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月22日(日)
 ローソンチケット【Lコード:73322】
 問合せ:HEAVEN'S ROCK 028-639-0111

・2009年4月12日(日)水戸LIGHT HOUSE
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/HeyMike!(US)/and more...
 開場/開演:17:00/18:00
 チケット代:2,500円(前売・税込)/3,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月22日(日)
 問合せ:LIGHT HOUSE 029-224-7622

・2009年4月15日(水)名古屋CLUB QUATTRO
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/HeyMike!(US)/kidd/coldrain
 開場/開演:16:30/17:30
 チケット代:3,000円(前売・税込)/3,500円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月22日(日)
 問合せ:CLUB QUATTRO 052-264-8211

・2009年4月17日(金) 大阪CLUB DROP
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/HeyMike!(US)/CONSTRACTION NINE/EGG BRAIN
 開場/開演:16:30/17:30
 チケット代:3,000円(前売・税込)/3,500円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月22日(日)
 問合せ:CLUB DROP 06-6213-9101

・2009年4月19日(日)渋谷DUO
 対バン:TOTALFAT/Northern19/TNX/RUNNERS-Hi/stack44/HeyMike!(US)
 開場/開演:16:30/17:30
 チケット代:3,000円(前売・税込)/3,500円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:2月22日(日)
 問合せ:クリエイティブマン 03-3462-6969



現時点では、まだまだ詳細未定が多いため。
随時、公式HPをチェックされることをオススメします。

CATCH ALL RECORDに所属する、TOTALFAT、Northern19、TNX。
この3つのバンドがヘッドライナーとして、全国21公演も行うそうで。
どおりで、記事の編集が大変だった、と。
しかも、各公演にゲストバンド有りと大変、豪華ですね。

この「CATCH ALL TOURS」は2007年の春にも行われたそうで。
3月16日から31日にかけて。
八王子RIPS、北浦和KYARA、横須賀PUMPKIN、松阪M'AXA、アメ村新神楽、京都MOJO、名古屋ZION、沼津WAVE、新宿ACB。
以上、会場は9ヶ所ですね。

どおりで、こんなツアー初耳だった、と。
前回、九州では開催されてないんですね。

昨年、Northern19のライブを観損ねたため。
まだ観てない分、この機会は活かしたいものです。

あと。
盛岡・青森の対バンに。
LOCAL SOUND STYLEがいるのが、ちょっと羨ましかったり。

今回のBGM:hare-brained unity「サヨナラトーン」
パソコン扱う時は、飲み物がないと何か物足りない。
[PR]

by p_and_l | 2009-01-14 22:57 | 偏見的ライブ情報

the band apart、DVDリリース決定。

昔は福岡でも、雪が降れば、結構積もって。
雪だるまやかまくらを作った記憶があるんですけどね。
最近では、雪が降るたび。
レミオロメン「粉雪」が脳内リピートされて。
それと同時に。
粉雪注意報も発令されております。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「shits」
・種類:国内盤/DVD+CD
・発売日:2009年2月25日
・規格品番:ASG-015
・レーベル:asian gothic
・価格:2,980円(税込)
・収録曲
 【DVD】
 1.higher(「RECOGNIZE ep」/「quake and brook」)
 2.coral reef(「quake and brook」)
 3.from resonansce(「quake and brook」)
 4.led(「alfred and cavity」)
 5.still awake(「alfred and cavity」)
 6.can’t remember(「alfred and cavity」)
 7.moonlight stepper(「fadeouts(for JUSTICE)」/「adze of penguin」)
 8.I love you Wasterd Junks & Greens(「adze of penguin」)
 9.Waiting(「adze of penguin」)
 10.beautiful vanity(「alfred and cavity」)

 【CD】
 1.moonlight stepper(「fadeouts(for JUSTICE)」/2007)
 2.led(「DANIELS E.P.」/2006)
 3.shine on me(「fadeouts(for JUSTICE)」/2007)
 4.the noise(「DANIELS E.P.」/2006)
 5.higher(「RECOGNIZE ep」/2004)
 6.amplified my sign(「RECOGNIZE ep」/2004)
 7.in my room(「K.AND HIS BIKE」/2003)
 8.When You Wish Upon A Star(「DIVE INTO DISNEY」/2002)※ボーナストラック
 9.GIVE A LITTLE WHISTLE(「MOSH PIT ON DISNEY」/2004)※ボーナストラック



この情報を知った時。
まず何より、タイトルに目を疑いました。
だって、「shits」ですよ。
あや兵衛自身、いや、そんな、まさかと頭を振ったけど。
やっぱり、何処をどう見ても、「shits」。
こう、何と言いますか。
従来、人前では慎むべき言葉なんですけどね。

まぁ、よく考えたら。
ライブのMCにて、それに近き言葉を吐いてるから、違和感はないんだ。
と、あっさり納得しちゃいました。

あや兵衛個人的に。
「I love you Wasterd Junks & Greens」のPVがお気にです。
初めて、このPV見た時。
何て、明るいんだ、と驚きました。
この「明るい」と言うのは、雰囲気もそうですけど。
特に、光のことを指してます。
PVは外で収録されてますからね。
それまで、バンアパのPVに対し、陰影のイメージが強かった故の反動です。

あと、上記と同じ発売日に。
1stアルバム「K. AND HIS BIKE」(asg-014S/2,400円(税込))
2ndアルバム「quake and brook」(asg-003S/2,730円(税込))
3rdアルバム「alfred and cavity」(asg-007S/2,835円(税込))
これらが、紙ジャケット仕様で、枚数限定にてリリースされます。

まさか、「K. AND HIS BIKE」が今、販売されてないなんて知りませんでしたよ。
よく見たら、当時はレーベルが違ってたんですね。

今回のBGM:the band apart「When You Wish Upon A Star」
どんなに寒くても、家じゃ靴下を履かない。
[PR]

by p_and_l | 2009-01-13 22:12 | 偏見的リリース情報

1/10(土)075D初企画「第一回 鷲掴み!!」at decadent DELUXE

今回のこの企画に参加したバンドは、以下の通りです。
envoy from the silence、3mm、VISCERA INFEST、下関THC、Develop One’s Potential、075D。
しかし。
あや兵衛の都合上、envoy from the silence、Develop One’s Potential、075Dしか観ることができませんでした。
ご了承下さい。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■075D
2008年、福岡にて結成されたガールズデスメタルバンド。
メンバーはtomomi(Vo.&Gt.)、YKK(Vo.&Ba.)、acco(Vo.&Dr.)の3人です。
「075D」と書いて、「オナゴデス」と読みます。
前方の立ち位置(左→右)がYKK女史、tomomi女史となってます。

上記の通り、実は2008年9月に初ライブを飾ったばかりで。
元々、ライブのお客さん同士だったメンバーが、自分達もバンドをやりたい、と。
その強い意気込みが、結成のきっかけになったそうです。

また。
これまで、様々なバンドからライブのお誘いを受けているが、非常におこがましきことで。
ならば、自分達で企画を作ってしまえと、この企画をうちだしたワケです。
バンド結成と言い、企画立ち上げと言い。
その驚かんばかりの動機を、MC担当のYKK女史の口から、発せられました。

尚、本来、企画主催バンドはトリを務めるのが、お約束ではありますが。
今回、いきなりトップバッターを切るという、新年早々、新手の業を観せてもらいました。

何と言いますかね。
ステージ初っ端からの音で、凄い度量を持っていると思いました。
メンバーは3人だけなのに、どっしりとした重低音に圧倒されました。
特に、激しいアクションを起こすワケでもないのに、一音、一音に込められたパワーは凄かったです。
曲数は少なくて、残念でしたけど。
ステージ終了後の、メンバーの満面の笑みと言ったら、もう。

元々、ライブを愛する一観客だったせいか。
観客側の視点とバンド側の視点を、上手い具合に兼ね備えて。
YKK女史曰く、今日の企画で、バンド・観客共に、ハートを掴み・掴まれで、楽しんでほしい。
彼女等が掲げた企画タイトルには、そう言った気持ちが込められてます。

公式HPはありませんが。
mixi(http://mixi.jp)に、コミュニティがあるとのことです。


■envoy from the silence
2004年、福岡にて結成されたエモーショナルロックバンド。
メンバーは川添恭梓朗(Gt.&Vo.)、宮本敦子(Gt.&Cho.)、古本周平(Ba.&Cho.)、宮下司(Dr.&Cho.)の4人です。

前方の立ち位置(左→右)が、古本氏、宮本氏、川添氏になってます。
昨年12月にライブ観た時と、川添氏と宮本氏の立ち位置が逆にでしたね。

メンバーは非常に気さくで謙虚な方ばかりですけど。
ステージ上での演奏では、別人かと思うくらいのオーラを放ってみせます。
だって、目が凄いですもの。

今回、コーラスが少なめで、ちょっと残念でしたけど。
メンバー全員の爆音に劣ることない川添氏の低音ボイスに、古本氏のシャウトには聴き惚れますね。
何と言いますか。
曲を聴いていくうちに、足元から徐々に上り詰めるような感覚になりますね。
イントロなんかでは、それが顕著でして。
ライブそのものに、力強さがあります。

また、次の曲へと移る間が、あまりないおかげで。
アウトロで余韻を残しつつも、次の曲へと違和感なく入り込めるのが不思議です。

そういや。
ステージの際、メンバーが「GROUND ZERO」というロゴの入ったTシャツを着てまして。
何のことか、と不思議に思ってたら。
地元で行われているイベント企画タイトルのようで。

公式HP→http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=sw008


■Develop One’s Potential
2004年、福岡にて結成されたエモーショナルハードコアバンド。
メンバーはAnchi(Vo.&Gt.)、TOYAMA(Vo.&Ba.)、Tujikawa(Dr.)の3人です。
「Develop One’s Potential」と書いて、「ディベロップ・ワンズ・ポテンシャル」と読みます。
意味は「潜在能力を伸ばす」ですね。
前方の立ち位置(左→右)は、TOYAMA氏、Anchi氏となってます。

やっと、ライブが観れたと、あや兵衛にとっては、安心感と期待感が大きかったですね。
何せ、去年の夏、地元でのLITEのライブで。
このバンドのステージを見逃したことが口惜しゅうて、口悔しゅうて。

TOYAMA氏は、今年はしっかり遊んでいきたいと、抱負を述べました。
この「遊ぶ」は、一見、ちゃらんぽらんな感じの意味と捉えられますが。
「遊ぶ」と言うことは、真剣に生きていることを意味していると、TOYAMA氏自身の考えに基づいてるモノです。
ここ最近、著しいバンドの活動がなかった分、今年は攻めの姿勢を、前面に押し出してましたね。

Anchi氏の比較的高音の声と、TOYAMA氏の低音の声とで、メリハリがありましたね。
2人とも非常に、声に伸びがありました。
しかも、2人が楽器を振り回したりと、激しいアクションを起こすため。
それに感化された観客まで、サークルモッシュを起こしてしまうと言う。
何とも激しい、グルーヴ感の衝突だったと思います。

そんな中、Tujikawa氏のドラムは淡々とした姿と、えらく複雑なリズムが印象的でしたね。

公式HP→http://developonespotential.web.fc2.com


~今回のまとめ~
・この企画で凄いなぁ、と思ったのは、バンド同士の繋がりですね。
・Develop One’s Potentialのステージセッティング中、Anchi氏がLITE「Ef」のフレーズを弾いたのは、聴き逃しませんでした。
・今回の企画フライヤーに描かれていたイラストが、描写の細かさと線使いにえらく感心してたら、075Dのacco女史の作品と判りました。これまた、凄いスキルをお持ちで。
f0042928_1754882.jpg
[PR]

by p_and_l | 2009-01-11 17:05 | ライブレポート

ストレイテナー、アルバムリリース決定。

今度の連休は、天気予報だと。
地元・福岡は雪になるそうで。
仕事が休みの日に雪が降るのは、得なのか、損なのか。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「Nexus」
・種類:国内盤/CDアルバム
・発売日:2009年2月11日
・規格品番:TOCT-26757
・レーベル:EMIミュージック・ジャパン
・価格:2,500円(税込)
・収録曲
 1.クラッシュ
 2.Little Miss Weekend
 3.Ark
 4.Lightning
 5.Magic Blue Van
 6.蝶の夢
 7.Black Hole
 8.Stilt
 9.イノセント
 10.ネクサス
・概要
 初回特典に「Nexus Tour」ファイナル(2009年5月8日・日本武道館)公演チケット応募抽選・先行予約券封入



ストレイテナーの今度のツアーのファイナルは、上記の通り、日本武道館。
この間、知人からの指摘で気づきましたが。
日本武道館でライブを行うアーティストが、増えましたね。
だから、「え、このアーティストもやるの!?」みたいなことは、しばしばありました。

やっぱ、日本武道館でライブを行うと言うことは、1つのステータスなんでしょうね。
大々的に発表されてますし。

まぁ、そもそも、あや兵衛が地方人なので。
日本武道館に訪れる機会など、殆ど無きに等しく。
でも、訪れたら訪れたら、印象が変わるかも知れませんね。
それに、ライブの会場が云々より、ライブの中身の方が重要でしょうし。

日本武道館の収容人数は、どのくらいかと調べたら。
約14,471人だそうで。

因みに。
さいたまスーパーアリーナの収容人数は、約37,000人。
横浜アリーナはの収容人数は、約17,000人。
代々木第一体育館の収容人数は、約13,665人。

流石に、どれも行ったことがないですね。
こうして見ると。
あのASIAN KUNG-FU GENERATION主催の夏フェス、「NANO-MUGEN FES.」。
この規模が徐々に拡大していることが、よく判りました。

最後に、話は変わって。
今回のアルバムもちゃんと、アルバムタイトル・収録曲名共に。
大文字+小文字と規則性があって、判りやすいです。
でも、収録曲名にカタカナが多いのは、珍しいですね。

今回のBGM:GLORY HILL「イノセント」
上記の収容人数は、http://www.m-on.jp/blog/oriradi/2008/12/081211.htmlを参考にさせていただきました。
[PR]

by p_and_l | 2009-01-08 22:05 | 偏見的リリース情報

BEAT CRUSADERS、ベストアルバムリリース決定。

USBフラッシュメモリは、ここ数年でえらく価格が安くなったけど。
MDは、ここ数年でも、あまり価格が変わらないのが不思議です。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「VERY BEST CRUSADERS」
・種類:国内盤/CDアルバム+DVD
・発売日:2009年2月18日
・規格品番:DFCL-1545~6【初回生産限定盤】/DFCL-1547~8【通常盤】
・レーベル:DefSTAR RECORDS
・価格:3,535円(税込)
・収録曲
 【初回生産限定盤】
 1.LAST GOOD-BYE(ミニアルバム「A PopCALYPSE NOW ~地獄のPOP示録~」収録)
 2.JAPANESE GIRL(ミニアルバム「A PopCALYPSE NOW ~地獄のPOP示録~」/アルバム「P.O.A.~POP ON ARRIVAL~」収録)
 3.LOVE DISCHORD(ミニアルバム「A PopCALYPSE NOW ~地獄のPOP示録~」/アルバム「P.O.A.~POP ON ARRIVAL~」収録)
 4.HIT IN THE USA(シングル「HIT IN THE USA」/アルバム「P.O.A.~POP ON ARRIVAL~」収録) ※2004~2005年アニメ「BECK」主題歌
 5.FEEL(シングル「FEEL」/アルバム「P.O.A.~POP ON ARRIVAL~」収録)
 6.BANG! BANG!(シングル「FEEL」収録)
 7.LOVEPOTION #9(アルバム「P.O.A.~POP ON ARRIVAL~」収録)
 8.ISOLATIONS(アルバム「P.O.A.~POP ON ARRIVAL~」収録)
 9.I CAN SEE CLEARLY NOW(カバーアルバム「MUSICRUSADERS」収録・ジミー・クリフの曲をカバー)
 10. DAY AFTER DAY(シングル「DAY AFTER DAY/SOLITAIRE」/アルバム「EPopMAKING ~Popとの遭遇~」収録) ※世界最大級のスノーボード国際大会「X-TRAIL JAM IN TOKYO DOME '06公式イメージソング」
 11.SOLITAIRE(シングル「DAY AFTER DAY/SOLITAIRE」/アルバム「EPopMAKING ~Popとの遭遇~」収録)
 12.TONIGHT, TONIGHT, TONIGHT(シングル「TONIGHT, TONIGHT, TONIGHT」/アルバム「EPopMAKING ~Popとの遭遇~」) ※2006年アニメ「BLEACH」主題歌
 13.GHOST(シングル「GHOST」/アルバム「EPopMAKING ~Popとの遭遇~」収録)
 14.CUM ON FEEL THE NOIZE(アルバム「EPopMAKING ~Popとの遭遇~」収録) ※マツモトキヨシCM「MKカスタマー水虫薬シリーズ」CMソング
 15.HEY×2 LOOK×2(アルバム「EPopMAKING ~Popとの遭遇~」収録) ※アメリカ放送のアニメ「KAPPA MIKEY」主題歌
 16.LET'S ESCAPE TOGETHER(アルバム「EPopMAKING ~Popとの遭遇~」収録)
 17.WINTERLONG(シングル「WINTERLONG」/アルバム「popdod」) ※2007年アニメ「獣神演武」主題歌
 18.TIME FLIES, EVERYTHING GOES(アルバム「popdod」収録)
 19.WORK IT OUT(アルバム「popdod」収録)
 20.CHINESE JET SET(アルバム「popdod」収録)
 21.SUMMEREND(アルバム「popdod」収録)
 22.PHANTOM PLANET ※2008年プレイステーション3用ゲームソフト「リトルビッグプラネット」TV-CFソング 【初回生産限定盤のみ収録】
 23.Have You Seen Her Happy? ※2008年古田新太主演映画「小森生活向上クラブ」主題歌 【初回生産限定盤のみ収録】

 【通常盤】
 1.LAST GOOD-BYE
 2.JAPANESE GIRL
 3.LOVE DISCHORD
 4.HIT IN THE USA
 5.FEEL
 6.BANG! BANG!
 7.LOVEPOTION #9
 8.ISOLATIONS
 9.I CAN SEE CLEARLY NOW
 10.IMAGINE?(カバーアルバム「MUSICRUSADERS」収録・ABBAの曲をカバー) 【通常盤のみ収録】
 11.DANCING QUEEN?(カバーアルバム「MUSICRUSADERS」収録・ABBAの曲をカバー) 【通常盤のみ収録】
 12.DAY AFTER DAY
 13.SOLITAIRE
 14.TONIGHT, TONIGHT, TONIGHT
 15.GHOST
 16.CUM ON FEEL THE NOIZE
 17.HEY×2 LOOK×2
 18.LET'S ESCAPE TOGETHER
 19.WINTERLONG
 20.TIME FLIES, EVERYTHING GOES
 21.WORK IT OUT
 22.CHINESE JET SET
 23.SUMMEREND



このベストアルバムは非常にお買い得か、と。
初回生産限定盤・通常盤共に、23曲も収録。
初回生産限定盤・通常盤共に、ライブを収録したDVDがついて。
初回生産限定盤・通常盤共に、お値段そのまま。

ここまで書くと。
何か、某通信販売会社CMみたいですね。
あや兵衛的に、た●た社長がPRしたらどうなるか見てみたいような、云々。

でも、ホント、23曲も収録するなら。
CD2枚組になってもおかしくはないでしょうけどね。
それに、カバー曲まで収録するなんて。
あや兵衛的には、珍しいと思ってますが。
収録曲は、リリース順に並んでるものの。
例の三部作コラボ・スプリットミニアルバムの収録曲が、全くないのも面白き哉。

因みに。
このベストは、メジャー初のベストアルバムとなってます。
2004年にメジャー移籍して、今年で5年。

何ですか?
昨今は、5年経過で、ベストアルバムをリリースするもんなんですか?

今回のBGM:Paradise Lunch「Gun's and Roses」
サビのイントロにえらく惹かれました。
[PR]

by p_and_l | 2009-01-07 23:27 | 偏見的リリース情報