<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

椿屋四重奏、インストアイベント決定。

不思議なことに。
今のところ9月には、1つもライブの予定がない。
8月になれば、また新しいライブ情報が入手できるといいけど。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■ニューアルバム「CARNIVAL」リリース記念インストアイベント
・日程:2009年8月30日(日) 
・開演:15:00
・場所:タワーレコード福岡店3Fイベント・スペース(福岡市中央区天神11-3 西鉄福岡駅ビル3F 092-722-4611)
・内容
 中田裕二ソロでのライブ&握手会。
 但し、握手会への参加は、ニューアルバム「CARNIVAL」をタワーレコード福岡店・香椎浜店での購入者が対象。
・注意事項
 イベント観覧はフリーです。
 諸事情により、内容等の変更・イベント中止となる場合がございますので、予めご了承下さい。
 イベント時の撮影・録音等は禁止です。
 イベント当日は、お渡しした「握手会参加券」を忘れずにお持ち下さい。
 「握手会参加券」の配布は指定枚数に達し次第、終了とさせて頂きます。紛失・盗難等による再発行は致しませんので、ご了承下さい。
 ご予約のお客様には優先的に「握手会参加券」を確保し、商品購入時に参加券を差し上げます。
 ご予約で定員に達した場合、その後に商品をご予約・ご購入いただいても「握手会参加券」はお渡しできません
・問合せ:ワーナーミュージック・ジャパン福岡オフィス 092-712-8351



確か、去年の2月、前作のアルバム「TOKYO CITY RHAPSODY」のリリースの際にも。
地元・福岡では上記と同じ会場で、インストアイベントがありました。
当初、予定していた日程が当日、大雪の為に、急遽中止になったんですよね。
それを知らずに、あや兵衛、会場に足を運んでしまいまして。
今となりゃ、良き思ひ出です。

インストアイベントは、これで2回目ですからね。
有難や、タワーレコード福岡店。
有難や、ワーナーミュージック・ジャパン福岡オフィス。
有難や、椿屋四重奏。

何せ、日程が8月30日なのが、非常に助かりました。
先週の23日だと、野外フェスに行くつもりなので。
泣く泣く見過ごすところでした。

因みに。
福岡県内のタワーレコードは、5つ支店がありまして。
福岡市中央区の福岡店。
福岡市東区の香椎浜店。
北九州市の若松店。
久留米市の久留米店。
直方市の直方店。
今回のイベントも、対象店は福岡店と香椎浜店のみ。
県内全店対象だったら、何かと好都合だな、思いますが。
これは消費者としての意見であって。
主催者側からしたら、いろいろと大変なことになりますね。

今回のBGM:the telephones「panic disorder」
あ、8月30日はDRAGON GATEが福岡で開催。
[PR]

by p_and_l | 2009-07-30 22:13 | 偏見的ライブ情報

ACIDMAN、DVDリリース決定。

とある高校球児が、甲子園の切符を賭けた試合に負けて、悔し泣き。
見かねた母親が、もう泣き止むよう慰めたら。
彼は母親に対し、謝罪。
いつも、遠くまで試合会場へ車で送ってくれてたのに。
いつも、仕事の休みの日に、試合の応援に来てくれたのに。
いつも、朝練のために朝早く起きて、お弁当を作ってくれてたのに。
甲子園に連れて行けなくて、ごめんなさい、と。
因みに、そのご家庭は母子家庭で。
彼は野球特待生で高校に入学していて。
もう、その時点で、充分親孝行してると、あや兵衛は思いましたが。
甲子園の裏には、ドラマがあると、しみじみ感じました

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「scene of “A beautiful greed”」

続きを読む。
[PR]

by p_and_l | 2009-07-29 21:53 | 偏見的リリース情報

BEAT CRUSADERS、サウンドトラック&Blu-ray Discリリース決定。

今回の地元での豪雨災害。
近所の国道でも、流木があちこちに散らばる中。
子供用のスニーカーの片方が、ぽつんと落ちてあって。
それを見た時、ちょっと、怖くなりましたね。
今回の災害で数名の死傷者が出た分、つい、悪い方へ考えてしまって。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「PRETTY IN PINK FLAMINGO サウンドトラック」
・種類:国内盤/CD
・発売日:2009年9月9日
・規格品番:DFCL-1590
・レーベル:DefSTAR RECORDS
・価格:1,680円(税込)
・収録曲
 1.ウォーアイニー 【高橋瞳×BEAT CRUSADERS】
 2.THIS TIME/LAST TIME 【ジ・アマテラス(BEAT CRUSADERS)】
 3.Now I'm Here 【hurdy gurdy(木村世治)】
 4.五月雨ゲッタウェイ 【増子直純】
 5.ビコーズ・ザ・ナイト 【偽村トオル(BEAT CRUSADERS)】
 6.Rosy Day 【hurdy gurdy(木村世治)】
 7.ビコーズ・ザ・ナイト 【偽村ユウキ+ジ・アマテラス(高橋瞳×BEAT CRUSADERS)

■タイトル:「Oh my ZEPP / PRETTY IN PINK FLAMINGO」
・種類:国内盤/Blu-ray Disc
・発売日:2009年9月9日
・規格品番:DFXL-9
・レーベル:DefSTAR RECORDS
・価格:5,454円(税込)
・概要
 2009年6月10日にリリースされたDVD商品の内容に加えて、ボーナストラックとして秘蔵ライブ映像3曲追加。



このDVDが発売されたのが、2009年6月10日で。
曰く、ムトウの日だそうで。
武藤敬司だとか、何とか。

それなら。
今回のサントラとBlu-rayに関しては、9月9日なので。
ククの日ということで。
カーネル・サンダースですね。
ケンタッキー・フライド・チキンを食べながら、サントラとBlu-rayを楽しめばいいじゃない。

あと。
DVDのお値段が4,545円(税込)だったことに対し。
Blu-rayのお値段は5,454円(税込)。
判りやすくて良いですね。

今後は、映像源はこうやって、Blu-rayがどんどん発売されていくんでしょうかね?
仮に、DVDが廃れていくのを考えると。
昔、集めてたライブビデオやPVビデオの二の舞か、なんて考えちゃいますけどね。
何と言いますか。
DVDをリリースしたのに、観れないという客のニーズに答えて。
ビデオまでリリースしたという、あの頃が懐かしく思います。

今回のBGM:PASTIME「ニューウェイヴ」
9月9日はカーネルズ・デーということで、日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社が制定してます。
[PR]

by p_and_l | 2009-07-28 21:00 | 偏見的リリース情報

ストレイテナー、ライブDVDリリース決定。

アベフトシ氏の訃報には、本当に残念です。
謹んで、ご冥福をお祈りいたします。
あや兵衛は昨夜から、thee michelle gun elephantの動画祭りです。
一度でいいから、ライブを生で観たかったですね。
実は、密かにミッシェルが復活することを期待してました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「NEXUS TOUR FINAL」
・種類:国内盤/DVD+CD
・発売日:2009年8月5日
・規格品番:TOBF-5646X
・レーベル:EMI MUSIC JAPAN
・価格:4,500円(税込)
・概要
 2009年5月8日、「Nexus Tour」初の日本武道館公演を収録。
 2枚組DVDは、日本武道館LIVEの他、ツアーを追った20~30分のツアー・ドキュメンタリー映像を収録。
 CDは「Nexus Tour」でのZepp Osaka、Zepp Nagoyaでのライブから、武道館未演奏曲を中心に収録。
 シングル「CLONE / DONKEY BOOGIE DODO」【初回盤】とDVD「NEXUS TOUR FINAL」【初回盤】両方購入者全員に、日本武道館ライブ音源着うたプレゼント(期間:2009年8月5日(水)~ 2009年10月31日(土)23:00)



シングルがリリースすることは、把握してましたが。
DVDの件をすっかり忘れていたことは、秘密、秘密。

さて、話の内容は反転しまして。
今は7月、夏。
九州北部はまだ梅雨明け宣言はないものの、夏。
で。
知人から、夏をテーマにしたオムニバスCDをいただきました。
曲の内容は総て、知人の趣向です。
中身はこんな感じです。

1.LADY NAVIGATION(B'z)
2.江ノ島エスカー(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
3.Beautiful Survivor(DOPING PANDA)
4.サーフライダー(MCU feat.浜崎貴司)
5.sailing day(BUMP OF CHICKEN)
6.DAY DREAM(JUDY AND MARY)
7.Honey(L'Arc~en~Ciel)
8.Life(Mondo Grosso)
9.アオイアサガオ(Jazztronik)
10.よる☆かぜ(ケツメイシ)
11.楽園ベイベー(RIP SLYME)
12.Replay(Mr.Children)
13.瞳そらさないで(DEEN)
14.Starry Night(Hi-Standard)
15.アト・イチネン 2002(KEMURI)
16.COCONUTS FINE(locofrank)

ちょうど、このCDを戴いた日の職場での昼休み。
お昼の情報番組で、夏ということで。
TUBEの音楽が注目されてました。

TUBEの曲を聴く度に。
ひと夏の淡い思い出と言えど。
あや兵衛にとっては、思春期の思い出しかないので。
切なさとイタさが入り混じります。

収録曲の候補にBONNIE PINK「A Perfect Sky」があったそうですが。
収録されてなくて、密かに安堵。
この曲は確かに、良い曲であることは間違いないですが。
ただ。
この間行ったライブにて。
ちょっと、笑いのツボから、まだ脱却できないもので。

今回のBGM:thee michelle gun elephant 「バードメン」
ここ3ヶ月で、3kgほど痩せてました。
[PR]

by p_and_l | 2009-07-23 23:30 | 偏見的リリース情報

7/17(金)susquatch「1st full album release live "In This World"TOUR」at 福岡DRUM SON

今回の会場付近には、猫が多いです。
それは親猫から子猫まで、一通り見られます。
一匹の子猫に手を差し出してみると、怯えて逃げていきます。
しかし、逃げた先に自転車が止められてあって。
タイヤと地面の間に体が挟まり、もがく姿が何気にツボでした。
あと、今回の会場入口付近には、蚊が多いです。
開場待ちの間に、5ヵ所刺されました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■襟~eri~
メンバーは、ニシモトヨウスケ(Vo.&Gt.)、サカイキョウヘイ(Gt.)、マツモトヒデユキ(Gt.)、タノウエタクヤ(Ba.)、ハラグチタクロウ(Dr.)の5人です。
ステージ前列の立ち位置は、左から右に、タノウエ氏、サカイ氏、マツモト氏、ニシモト氏となってます。

バンド名が「襟」だけど、メンバー全員服装が襟付きじゃない、と。
タノウエ氏曰く、お約束の挨拶が入るこのバンド。
因みに、襟付きだったのが、シャツ姿のニシモト氏とポロシャツ姿だったハラグチ氏のみ。

ステージにはマイクが3本立っていたので、4人編成のバンドかと思いきや。
ギターが3人もいるという、ある意味、贅沢な構成とも言えますが。
エフェクターを駆使し、様々な音やリズムを展開させます。
例えば、タノウエ氏・ニシモト氏と、サカイ氏・マツモト氏と、2組になってメロディーが分かれたり。
または、タノウエ氏と、サカイ氏・マツモト氏・ニシモト氏とで分かれたり。
他にも、タノウエ氏・サカイ氏・マツモト氏と、ニシモト氏・ハラグチ氏とで分かれたこともありましたね。
また、サカイ氏やマツモト氏に至っては、手でエフェクターを扱い、音の歪みを生じさせます。

そういや、MC担当のニシモト氏が、こんなこと言ってましたね。
皆、自分達以外(のライブ)を観に来たんでしょ? ビジュアル系と思ったでしょ? 違うんです、と。
観客の笑いを誘う一方で。
かけがえのない時間を大事にしたい。この時間を観客と一緒に楽しみたい、と。
自分の意思を堂々と述べてありました。

ただ、曲が終わる際、ニシグチ氏が謝辞を述べますけど。
「アリガ、ト」と、何故か片言になるのが不思議、不思議。

・MySpace→http://www.myspace.com/841forevereri


■Half-Life
メンバーは、Hiroshi Uezato(Gt.&Vo.)、Taketo Okamura(Ba.&Vo.)、Yu Fukushima(Dr.&Vo.)の3人です。
ステージ前列の立ち位置は、左から右に、Okamura氏、Uezato氏となってます。

会場内の照明がふ、と消えてからステージが始まりましたね。
何と言いますか。
曲の疾走感が凄いと思いきや、えらく情熱的な一面も持ち合わせています。

長い前髪から垣間見たUezato氏の目力が凄かったのが、特に印象的でしたね。
汗にまみれた首筋に浮かぶ血管も、圧倒的なパワーを物語ってるようです。
彼の唄声は、まるで「吼える」ような、「語る」ような、この微妙なラインの元に成り立ってるんじゃないか、と思われ。

あと。
Fukushima氏のドラミングのキレが凄かったですね。
ただ、クラッシュシンバルの高さが、異様にあったと思います。
クラッシュシンバルが叩く時は、結構、腕を伸ばしてましたが。
腕のリーチが長い分、特に何の問題もないんでしょうね。

MC担当は、Okamura氏。
MCに関しては、もう曲の印象と真逆と言っていいほどでしたね。
何せ、過去のライブで観客から、何故、MCは緩いのか、と指摘された経験を持つほどで。
しかし、Okamurashi氏は自分はベース兼リーダー兼MC担当だ、と述べた上で――因みに、何故か、ここでUezato氏が失笑。
これが自分の持ち味だと、説明しました。
因みに、Half-Lifeにとっては初の福岡ライブであって。
Okamura氏自身にとっては、人生2回目の来福です。

ラストではUezato氏が、バスドラムに上がって、演奏しました。
但し、会場のステージの天井は低いので、腰を屈めての演奏でしたけど。

・公式HP→http://sound.jp/half-life/
・My Space→http://www.myspace.com/halflifejp


■susquatch
メンバーは、KENTA OSHIKIRI(Vo.&Gt.)、KO INABA(Gt.&Cho.)、MAKI NAKANO(Dr.&Cho.)の3人です。
ステージ前列の立ち位置は、左から右に、INABA氏、OSHIKIRI氏となってます。
但し、INABA氏の左側には、ベースのサポートメンバーがいらっしゃって、コーラスも務めました。

Half-Lifeの際はステージのカーテンが閉められて、機材セッティングが行われましたが。
susquatchは、カーテンは開けられたままの状態でした。

音源では、音に繊細な印象を受けますが。
ライブになると、地にしっかり足の着いた力強さが伝わってきます。
間奏の時なんか、メンバー全員、よく中心を見てあります。
まるで、そこから音の渦が生じているようで。
また、NAKANO嬢が、OSHIKIRI氏とINABA氏、それぞれアイコンタクトをして、タイミングを見計らうこともありました。

OSHIKIRI氏曰く、福岡は(会場の雰囲気が)温かいから、楽しい。思いっきりやれる、と。
そのせいか、ライブ中のOSHIKIRI氏の表情は終始、笑顔でした。
また、福岡でのライブのMCの度に、自分は博多弁を知ってると、自慢してたんですが。
いつも、観客の反応はいまいちな上、襟~eri~のメンバーから「くらすっぞ」は、あまり使われていない事実を知ったようで。
実は、OSHIKIRI氏は幼少の頃から、漫画「クッキングパパ」を読んで、博多弁の知識を得たそうで。
本編ラストでは、「ブ●クオフで、クッキングパパ、チェックし下さい」と、観客に言い残して、ステージを後にしましたよ。

アンコールは1回行われました。
勢い余ってか、OSHIKIRI氏のピックが指から弾いてしまうし。
INABA氏の口から、彼の出生地が福岡県の某市であることを、思い出したように述べました。
そして、アンコールが終わった後も、「クッキングパパね」と、OSHIKIRI氏からの最後の念押しが入りました。

・公式HP→http://www.susquatch.net/
・My Space→http://www.myspace.com/ssqtweb


~今回のまとめ~
・susquatchから有難い事に、NAKANO嬢直筆のセットリストを戴きました。まさか戴けるとは思わず、驚いたんですが、戴いた後、写メ撮らせて下さいや、見せてくださいと、他の観客さんからの要望の方にもっと驚きました。
・「くらすっぞ」の「くらす」とは、博多弁で「殴る」と言う意味です。あや兵衛もこの言葉は多用しません。
・「クッキングパパ」はうえやまとち著の漫画で、講談社「モーニング」で連載中。2009年3月時点でコミックスは103巻。因みに、一時期、あや兵衛は「クッキングパパ」のことを「料理親父」と呼んでました。
[PR]

by p_and_l | 2009-07-20 18:59 | ライブレポート

TILITILI、ミニアルバムリリース決定。

ライブ会場限定販売音源。
殆ど買えた試しがない。
そういう音源がある時に限って。
地元じゃ、ライブが行われない。
仕方ない。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「ふできなトレス」
・種類:国内盤/CDミニアルバム
・発売日:2009年7月15日
・レーベル:SUNSETFREAK RECORDS
・価格:1,500円(税込)
・収録曲
 【CD】
 1.standing up
 2.桃源郷
 3.1minute
4.思想
 5.various story
6.kitsch
 7.泣き草

 【DVD】
 1.OPENING~郡山
 2.蔵studio
 3.SUNSETFREAKS FES2
 4.思想~PV~

・概要
 ライブ会場での販売や、岩手県大船渡市・陸前高田市のCDショップでの販売が主になります。
 詳しい問合せ、郵送などのお問合せは公式HPまで。
 DVDにおいては、一部のDVD再生機種によっては再生できないこともあるようなのでご了承下さい。

・公式HP→http://www.tilitili.net/
・MySpace→http://www.myspace.com/sunsetfreakrecordstilitili



まず、基礎知識としまして。
TILITILI(チリチリ)とは、どんなバンドかと言いますと。
岩手県は大船渡市のバンドでございます。
メンバーは、YASU(Vo.&Gt.)、KEN(Ba.&Cho.)、JIN(Dr.&Cho.)による3ピースバンドです。

音源は7曲入りで。
DVDは44分収録と大ボリュームで。
そんでもって、税込1,500円。
非常にお徳か、と。

さて。
音源のタイトルにある「トレス」。
この意味が、一体何なのか。
これはぜひ、音源を購入されて、知っていただけたら、と思います。

何せ。
あや兵衛、この音源において、レビューを書かせていただいております。
TILITILIのレビューを書くのは、これで2回目ですが。
2回目の方が、えらく苦労しました。

正直に言いますと。
あや兵衛自身が、締切をこの日と決めたにも関わらず。
10時間ほど、締切を破りました。

レビューはいつものこのブログの文章とは、また違った感じでやってみました。
やっぱ、長年、こんな独自の文章で書いてると。
なかなか、そこから脱却できないことを知りましたね。

今度の日曜、7月19日に岩手県で開催されるフェス「KESEN ROCK FESTIVAL.09」にて。
ステージのトップバッターを務めますので。
このフェスに行かれる方は、ぜひライブを観ていただきたいものです。

今回のBGM:ケツメイシ「トモダチ」
フェスの成功を福岡より、お祈りしております。
[PR]

by p_and_l | 2009-07-16 23:14 | 偏見的リリース情報

7/11(土)Nothing's Carved In Stone「POLYPOID TOUR」at 福岡DRUM Be-1

開演前のSEがフェードアウトしていったので。
ステージ開始のタイミングが判りやすかったのは、良しとして。
開演前、スタッフさんがメンバーの機材チェックをしていると。
生形氏の分の際、ギターの爆音には肩がすくみ上がるほど驚きました。
何せ、その時のあや兵衛は半分以上、寝こけていたので。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

メンバーは、村松拓(Vo.&Gt.)、生形真一(Gt.)、日向秀和(Ba.)、大喜多崇規(Dr.)の4人です。
前列のメンバーの立ち位置は左から右に、日向氏、村松氏、生形氏になってます。

日向氏以外、全員マイクスタンドがあり。
曲によっては、コーラスを務めています。
ただ、MCにおいて、マイクなしでも日向氏が村松氏のMCに水をさしてくるので。
おかげさまで。
今回、「ワッショイ!」の言葉が観客の心を掴んで、一体感を生み出すきっかけとなりました。

それにしても。
観客の声に1つ1つ応えてくれる村松氏は、健気でしたし。
あと、彼が生形氏を「真一」と下の名前で呼ぶのは、個人的に斬新でしたね。
そして、彼の痩身から繰り出される腰の動きが、何ともセクシーだったと思います。

曲に関しては、とにかく、ギターやベースを中心に激しいの何の。
それは音だけじゃなく、全身を使っての動きも同様です。
ボーカルの声を喰っちゃうんじゃないか、と思うくらいですが。
村松氏の唄声も迫力に関しては、負けちゃいないですよ。

前列3名は間奏中など、ステージ前ぎりぎりに近づいてくれましたね。
ギターやベースのヘッドを観客に向けては、興奮を煽ってましたし。
あと、日向氏が手拍子など、観客を誘導していきます。
因みに、モッシュもありましたし、ダイブもありましたよ。

そういや。
日向氏のアンプに、8枚ほどピックが用意されてましたけど。
彼は殆どと言っていいほど、指弾きだったので。
万が一の保険だったんでしょうかね。
また、このライブでも日向氏に1人のスタッフさんがついていまして。
そのスタッフさんは、賢明なストレイテナーファンの方なら、ご存知かと思いますが。
ストレイテナーのライブでもお馴染みの、あのスタッフさんです。
今回も同様、ベースを交換したり、日向氏の口に飴を運んだり、音楽にノッてたり。
ベース交換と言えば。
大抵、曲ごとに交換するんでしょうが、曲の途中で交換するのは稀有なことか、と。

実は新曲も1曲、披露されまして。
仮タイトルは「アポロン2号」とのことで。
もしかしたら、そのまま本タイトルになってしまうかもしれない、とは日向氏のお言葉。

曲数が少ないという大人の事情で、本編はあっという間に終わってしまいましたが。
アンコールは2曲行われました。
そのアンコールでは、もうお約束のように、観客から「ワッショイ!」の声が上がりました。
これを、大喜多氏言うところの、「ワッショイ!」にのせられている、と。
そして、日向氏言うところの、「ワッショイ!」に操られている、と。
最後に、生形氏が「冷静に考えて、ワッショイって何よ?」と、苦笑いしつつ、シメてくれました。

アンコールの1曲目は、セッションでした。
生形氏は何も決めてなかったから、ドキドキしたそうで。
そこに、「ドキンとしちゃった」と、日向氏が即、反応。

アンコール2曲目は、本編1曲目の曲が再度、演奏という形になりまして。
その曲で始まり、その曲で終えるという。
粋な感じと言いますか。
通な感じと言いますか。

アンコールのラストでは、村松氏がドラム台からジャンプをキメてくれました。
ただ、ジャンプのタイミングを計るために、少しの間、ドラム台で構えていたのが、ちょっと微笑ましかったり。

終演後、アンケートやフリーペーパーを戴いた際。
「ステッカーも入ってます」と、一言、スタッフさんから声をかけられたので。
ステッカーも用意されてたのか、と思って見てみると。
ABSTRACT MASHのステッカーでした。
流石に、これには予想外。


~今回のまとめ~
19時に開演して、20時半過ぎに終演となりました。
因みに、この日はドラゴンクエストⅨの発売日だったんですね。発売日当日、朝から並んで購入するのがお約束みたいな。それがまさか、身近にいらっしゃっるとは、ね。
「ワッショイ!」に関して、7月なので、福岡の山笠と関連してるのか、という考えは杞憂に終わりまして。結局はただ、言いたかっただけか、と。
ABSTRACT MASH(アブストラクト・マッシュ)とは、村松拓氏が所属するインディーズバンドです。
[PR]

by p_and_l | 2009-07-15 00:08 | ライブレポート

perfect piano lesson/3nd、スプリット限定販売シングルリリース決定。

学生の頃は、ゲームが好きだったのに。
今や殆ど、ゲームをしなくなりましたね。
じっとしていられない。
途中で飽きてしまう。
これらが原因ですけどね。
ゲームプレイ動画を見るのは、好きですね。
ただ、この間、PS2版のドラクエ5のプレイ動画を観てた際。
画像に酔って、気持ち悪くなってしまいました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「black and orange」
・種類:国内盤/CDシングル
・発売日:2009年8月12日
・規格品番:ZNR-070
・レーベル:残響record
・価格:1,050円(税込)
・収録曲
 1.1,000 miles above(perfect piano lesson)
 2.black sugar(perfect piano lesson)※アルバム未収録
 3.monsoon(3nd)
 4.orange(3nd)※アルバム未収録
・概要
 1,000枚限定販売



販売枚数は1,000枚とのことです。
一瞬、10,000枚かと思いましたが。
現実とは、時に厳しいもので。
残念なのことに、やはり1,000枚です。
はい。
予約しろ、とのことですね。

perfect piano lessonはあや兵衛にとって。
音源を聴いて、買って、ライブに行くという。
無双三段並みの威力でございましたが。

3ndに関しては、無知でございます。
「3nd」と書いて、「サンド」と言うそうで。
似てるけど、「3rd」の間違いじゃないか、と決して疑ってはいけません。

メンバーは、速水直行(Gt.)、安西哲哉(Gt.)、遠藤篤(Dr.)、平泉佑真(サポートBa.)でして。
メンバー4人によるインストバンドです。
因みに、安西氏はpocketlifeというバンドに。
遠藤氏は杏露虫というバンドに、それぞれ参加してあります。
言わずもがな、彼等も残響record所属です。
公式HPはこちら→http://www.3nd.jp/

インストバンドと判った瞬間、あや兵衛の食指が動くのが何とも。

よく考えたら、今更ながら。
何気に、残響recordはインストバンドが多いですね。
あや兵衛が熟知してるだけでも、te'やmudy on the 昨晩。
しかも、この2つのバンドに関しては、残念なお話が続いただけあって。
また、切なさが込み上げる。
大変いけない。

今回のBGM:TILITILI「泣き草」
今日、セミの鳴き声を聞いたので、もうすぐ梅雨明けですかね。
[PR]

by p_and_l | 2009-07-13 23:40 | 偏見的リリース情報

BEAT CRUSADERS、ビートルズ・コピーバンドツアー決定。

ある男性イベンタースタッフさんが、学生時代の先輩に見間違えるほどそっくりで。
ぜひ、この驚きを共有させるべく。
学生時代の知人を、ライブに連れていったところ。
知人は、教えるより早く、似ていることに気づきまして。
若干、悔しい気持ちになりましたが。
それ以来、知人との間で、彼を先輩と、勝手にあだ名をつけてます。
先輩、いつも、素晴らしい仕事っぷりです。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■BEATLE CRUSADERS tour"ビートル・クルセイダースがやってくる ヤァ! ヤァ! ヤァ!"
・2009年8月20日(木)愛媛・松山salon kitty
 対バン:HOLIDAYS OF SEVENTEEN
 開場/開演:18:30/19:00
 ローソンチケット: 0570-084-006【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 問合せ:DUKE松山 089-947-3535

・2009年8月25日(火)大分・大分T.O.P.S
 対バン:HOLIDAYS OF SEVENTEEN
 開場/開演:18:00/19:00
 ローソンチケット:0570-084-008【Lコード:84155】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:331-520】
 問合せ:BEA 092-712-4221

・チケット一般発売日:8月8日(土)
・チケット代:2,000円(前売・税込)/2,500円(当日・税込) ※ドリンク代別



8月22日(土)は、香川県での野外フェス、「MONSTER baSH2009」に出演して。
8月23日(日)は、長崎県での野外フェス、「Sky Jamboree'09」に出演して。
それらの前後に、このライブが行われるという。
なんとまぁ、合理的。
そういうトコ、好きか嫌いかで言うところの、好き。

余談ですが。
昨年は、スカジャンの翌々日に、地元・福岡でライブがありましたね。

このライブが九州で行われるのは、有難いとして。
何より、対バンの名前に驚きました。
愛媛・大分共に、HOLIDAYS OF SEVENTEENの名前が。

なんとまぁ、凄い。
なんとまぁ、恐ろしい。
この間、the HIATUSの対バンを務めたと思いきや。
今度は、BEAT CRUSADERSですからね。

あや兵衛自身、ぜひ参戦したいと思ってます。
そして、大分で温泉がてら、ちょっとした1泊旅行しますかね。
そもそも。
知人から、ライブがスカジャンの翌々日だから。
体力面で大丈夫なのか、と心配されまして。
流石、先に三十路に突入された方の台詞は違います。

今回のBGM:DOES「レインボウ・セブン」
HOLIDAYS OF SEVENTEENの公式HPを検索する際は、「HO17」で入力した方が早いですよ。
[PR]

by p_and_l | 2009-07-08 18:39 | 偏見的ライブ情報

the HIATUS、ライブツアー決定。

知人から、SOUL SPLASH CREW Vol.13 JUNK LIVE「THE HOTEL」というイベントに誘われて。
面白そうだ、と食指が動いたものの。
あや兵衛にとって、日程が悪かったので残念。
これ、2009年8月23日(日)にZepp Fukuokaにて開催されます。
HPはこちら→http://soulsplash.jp/
因みに、8月23日と言いますと。
あや兵衛、間違いなく県外にいると思います。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■Ghost In The Rain Tour 2009
・2009年9月2日(水)Zepp Tokyo
 開場/開演:18:00/19:00
 ローソンチケット:0570-084-003【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 e+
 問合せ:ディスクガレージ 03-5436-9600

・2009年9月3日(木)Zepp Tokyo
 開場/開演:18:00/19:00
 ローソンチケット:0570-084-003【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 e+
 問合せ:ディスクガレージ 03-5436-9600

・2009年9月5日(土)Zepp Osaka
 開場/開演:17:00/18:00
 ローソンチケット:0570-084-005【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 e+
 問合せ:SOGO大阪 06-6344-3326

・2009年9月6日(日)Zepp Osaka
 開場/開演:17:00/18:00
 ローソンチケット:0570-084-005【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 e+
 問合せ:SOGO大阪 06-6344-3326

・2009年9月9日(水)Zepp Nagoya
 開場/開演:18:00/19:00
 ローソンチケット:0570-084-004【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 e+
 問合せ:サンデーフォーク 052-320-9100

・2009年9月10日(木)Zepp Nagoya
 開場/開演:18:00/19:00
 ローソンチケット:0570-084-004【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 e+
 問合せ:サンデーフォーク 052-320-9100

・2009年9月16日(水)Zepp Sendai
 開場/開演:18:00/19:00
 ローソンチケット:0570-084-002【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 e+
 問合せ:GIP 022-222-9999

・2009年9月17日(木)Zepp Sendai
 開場/開演:18:00/19:00
 ローソンチケット:0570-084-002【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 e+
 問合せ:GIP 022-222-9999

・2009年9月23日(水・祝)Zepp Sapporo
 開場/開演:17:00/18:00
 ローソンチケット:0570-084-001【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 e+
 問合せ:マウントアライブ 011-211-5600

・2009年9月24日(木)Zepp Sapporo
 開場/開演:17:00/18:00
 ローソンチケット:0570-084-001【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 e+
 問合せ:マウントアライブ 011-211-5600

・2009年9月30日(水)Zepp Fukuoka
 開場/開演:18:00/19:00
 ローソンチケット:0570-084-008【Lコード:84195】
 チケットぴあ:0570-02-9903(発売日初日のみ/Pコード不要)/0570-02-9999【Pコード:331-593】(発売日以降)
 e+
 問合せ:BEA 092-712-4221

・2009年10月1日(木)Zepp Fukuoka
 開場/開演:18:00/19:00
 ローソンチケット:0570-084-008【Lコード:84195】
 チケットぴあ:0570-02-9903(発売日初日のみ/Pコード不要)/0570-02-9999【Pコード:331-593】(発売日以降)
 e+
 問合せ:BEA 092-712-4221

・ツアーメンバー:細美武士(Vo.)、masasucks(Gt.)、ウエノコウジ(Ba.)、一瀬正和(Dr.)、堀江博久(Key.)
・チケット代:2,500円(前売・税込) ※ドリンク代別
・チケット一般発売日:8月22日(土)



7月7日現在、ライブに関する詳細は上記の通りなので。
随時、公式HPをご覧になることをオススメします。
しかし。
地元・福岡の公演は、一番最後だと言うのに。
ライブ詳細の公開が一番早かったという。
流石、地元・福岡イベンター、BEAですね。
折角だから、ここで。
ブログの更新はまだですか?と、付け加えておきましょうかね。

因みに。
今回のツアーメンバーの概要は、こちらです。

■細美武士
・ELLEGARDEN (2008年9月活動休止) http://www.ellegarden.jp/
・TAKESHI HOSOMI OFFICIAL WEBSITE http://www.takeshihosomi.com/

■masasucks
・FULLSCRATCH http://www.fullscratch.or.tv/
・BRAZILIANSIZE(2006年脱退) http://www.braziliansize.com/
・~You Shook Me All Night Long~(BLOG) http://ameblo.jp/masasucks/

■ウエノコウジ
・thee michelle gun elephant(2003年10月解散) http://columbia.jp/~michelle/
・Radio Caroline(2009年3月活動休止) http://radiocaroline.jp/
・THE ANONYMOUS http://www.myspace.com/theanonymousjapan
・武藤昭平 with ウエノコウジ

■一瀬正和
・popcatcher(2002年1月解散) http://www.captainhouse.com/
・ASPARAGUS http://www.3p3b.co.jp/

■堀江博久
・NEIL&IRAIZA http://www.escalator.co.jp/

あや兵衛自身も、まだ各メンバーに関しては、勉強中でございます。
ただ、客観的に見ていった結果。
木村カエラ嬢と関連していると判っただけで。
今回は良し、とします。

今回のBGM:Nothing's Carved In Stone「Words That Bind Us」
折角のプロレスも、機会を逃したのが痛かった。
[PR]

by p_and_l | 2009-07-07 22:25 | 偏見的ライブ情報