<   2009年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

NUBO、ライブツアー決定。

ここ最近、ライブ情報に県名まで加えるようになりましたが。
県名があった方が見栄えが良いかな、と思ったぐらいで。
実際のトコ、市名に対する県名が、殆ど判ってません。
関東地方なんか、特に酷いです。
そもそも行ったことがないですし。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■NUBO "RESHAIN" TOUR 2009
・2009年10月11日(日)神奈川・横浜F.A.D
 対バン:EGG BRAIN/SiM/Dr.downer
 問合せ:横浜F.A.D 045-663-3842

・2009年10月12日(月)栃木・宇都宮HELLO DOLLY
 問合せ:宇都宮HELLO DOLLY 028-635-7182

・2009年10月13日(火)福島・郡山CLUB#9
 対バン:THE MOVIE ARCHIVES/他
 開場/開演:18:30/19:00
 チケット代:1,500円(前売・税込)/1,800円(当日・税込) ※ドリンク代別
 問合せ:郡山CLUB#9 024-934-1980
 
・2009年10月16日(金)北海道・札幌KLUB COUNTER ACTION
 対バン:THE WELL WELLS/SERVICE ACE/fault/baBetc/他
 開場/開演:19:00/19:30
 チケット代:1,000円(前売・税込)/1,500円(当日・税込) ※ドリンク代別
 問合せ:札幌KLUB COUNTER ACTION 011-222-1413

・2009年10月17日(土)北海道・旭川CASINO DRIVE
 問合せ:旭川CASINO DRIVE 0166-26-6022

・2009年10月18日(日)北海道・函館Bay City's Street
 問合せ:函館Bay City's Street 0138-55-7723

・2009年10月20日(火)青森・弘前Mag-net
 対バン:ミサイルマン/他
 開場/開演:18:00/18:30
 チケット代:1,500円(前売・税込)/2,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 問合せ:弘前Mag-net 0172-38-1236

・2009年10月21日(水)秋田・秋田LIVE SPOT2000
 問合せ:秋田LIVE SPOT2000 018-831-9600

・2009年10月23日(金)岩手・盛岡club change WAVE
 問合せ:盛岡club change WAVE 019-613-6618

・2009年10月24日(土)山形・山形SESSION
 対バン:BLAZE/LACCO TOWER/Next/IKAGAi/Scene
 開場/開演:17:00/17:30
 チケット代:1,500円(前売・税込)/2,000円(当日・税込) ※ドリンク代別
 問合せ:山形SESSION 023-622-1300

・2009年10月25日(日)宮城・仙台RIPPLE
 問合せ:TAKE UP SEED 022-215-1960

・2009年10月28日(水)千葉・千葉LOOK
 対バン:Fed MUSIC/UPLIFT SPICE/NO-LOOK-PASS
 開場/開演:18:00/18:30
 ローソンチケット:【Lコード:73463】
 チケット代:2,000円(前売・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:9月12日(土)
 問合せ:千葉LOOK 043-225-8828

・2009年10月30日(金)茨城・水戸LIGHT HOUSE
 問合せ:水戸LIGHT HOUSE 029-224-7622

・2009年10月31日(土)長野・長野CLUB JUNK BOX
 対バン:山嵐/Pay money To my pain/ロットングラフティー/GOLDEAD/jamdrunk
 開場/開演:17:00/17:30
 ローソンチケット:【Lコード:74845】
 チケット代:3,500円(前売・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:9月5日(土)
 問合せ:長野CLUB JUNK BOX 026-267-9120

・2009年11月1日(日)富山・富山Soul Power
 問合せ:富山Soul Power 076-492-7830

・2009年11月3日(火・祝)石川・金沢vanvanV4
 対バン:A(c)/アルカラ/rega/LACCO TOWER/eleki
 ローソンチケット:【Lコード:57179】
 チケット代:2,200円(前売・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:9月1日(火) 
 問合せ:金沢vanvanV4 076-223-7565

・2009年11月4日(水)新潟・新潟CLUB JUNK BOX mini
 問合せ:新潟CLUB JUNK BOX mini 025-226-7200

・2009年11月6日(金)群馬・高崎club FLEEZ
 問合せ:高崎club FLEEZ 027-345-7571

・2009年11月7日(土)埼玉・熊谷blue forest
 問合せ:モルタルレコード 048-526-6869

・2009年11月8日(日)山梨・甲府KAZOO HALL
 問合せ:甲府KAZOO HALL 055-243-7069

・2009年11月11日(水)神奈川・横須賀PUMPKIN
 問合せ:横須賀PUMPKIN 046-824-4335

・2009年11月13日(金)静岡・静岡Sunash
 問合せ:静岡Sunash 054-288-0880

・2009年11月14日(土)愛知・名古屋APOLLO THEATER
 問合せ:SMCプラザ 052-265-2666

・2009年11月15日(日)岐阜・中津川BREATH
 問合せ:岐阜・中津川BREATH 057-366-6330

・2009年11月18日(水)香川・高松DIME
 問合せ:高松DIME 087-862-4440

・2009年11月19日(木)高知・高知X-pt.
 問合せ:高知X-pt. 088-885-2626

・2009年11月21日(土)広島・広島CAVE-BE
 問合せ:広島CAVE-BE 082-511-1109

・2009年11月23日(月・祝)岡山・岡山CRAZY MAMA 2nd room
 問合せ:岡山CRAZY MAMA 2nd room 086-225-9014

・2009年11月25日(水)滋賀・滋賀U★STONE
 問合せ:滋賀U★STONE 077-531-1770

・2009年11月27日(金)兵庫・神戸STAR CLUB
 問合せ:神戸STAR CLUB 078-221-6328

・2009年11月28日(土)大阪・心斎橋DROP
 問合せ:心斎橋DROP 06-6213-9101

・2009年11月29日(日)京都・京都WHOOPEE'S
 問合せ:京都WHOOPEE'S 075-551-2331

・2009年12月1日(火)愛媛・松山SALON KITTY
 問合せ:松山SALON KITTY 089-945-0020

・2009年12月2日(水)大分・大分T.O.P.S
 問合せ:大分T.O.P.S 097-533-0467

・2009年12月4日(金)福岡・福岡DRUM Be-1
 対バン:OGRE YOU ASSHOLE/group_inou
 開場/開演:18:30/19:00
 ローソンチケット:0570-084-008【Lコード:84837】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:334-543】
 チケット代:2,800円(前売・税込)/3,300円(当日・税込) ※ドリンク代別
 チケット一般発売日:10月10日(土)
 問合せ:TSUKUSU 092-771-9009

・2009年12月5日(土)熊本・熊本DRUM Be-9
 問合せ:熊本DRUM Be-9 096-320-8805

・2009年12月6日(日)長崎・長崎DRUM Be-7
 問合せ:長崎DRUM Be-7 095-827-7020

・2009年12月8日(火)鹿児島・鹿児島SR HALL
 問合せ:鹿児島SR HALL 099-227-0337

・2009年12月12日(土)東京・渋谷CYCLONE
 問合せ:渋谷CYCLONE 03-3463-0069



ご覧の通り。
詳細未定な点が、まだあまりにも多すぎるため。
随時、公式HPをご覧になることをオススメします。

詳細まで待ちきれんとたい。
早くチケットを確保したか。
と、そんな貴方には、http://www.nuboweb.com/ticket.htmlから予約することを強くオススメします。(但し、10/31・長野CLUB JUNK BOXは除く)

つーか、ね。
いやぁ、もう、口角が上がりっぱなしですよ。
今年のうちに、またNUBOのライブが観れるなんて。
あや兵衛、嬉しいことがあると、すぐに顔に出るタイプなので。
今、この記事を書きながら。
したり顔になっております。

何気に、今回のツアーは日本列島を南下してるようで。
寒くなるに連れて、南へ行くのは好都合かも知れませんが。
福岡の冬は、結構寒いんですよね。
だから、寒い夜には熱い鍋料理が持ってこい、というワケで。

冬になると、風邪が怖いですが。
何より、新型インフルエンザが9月に大流行する、とニュースなどで言われてます。
体調管理を徹底しないといけませんね。

今回のBGM:THE PRACTICE「BURNING」
この間のTHE PRACTICEのライブ、行きたかったなぁ。
[PR]

by p_and_l | 2009-08-31 22:51 | 偏見的ライブ情報

2009/08/20「TOGGY'S T.T.」・後編※ゲスト:ストレイテナー

前編→http://pointline.exblog.jp/11831384/

これからお送りするのは、2009年8月20日(木)、CROSS FMで17:00~20:00にオンエアされた「TOGGY'S T.T.」という番組の一部です。
「●」の会話は番組ナビゲーターのものです。
一部、内容を編集しておりますので、ご了承下さい。

●「CLONE」の方は、映画「戦慄迷宮3D」(※注1)の主題歌。
ホリエアツシ(以下、「ホリエ」)「ホラーの3D映画なんですよ」
●これは初めから、お話があったんですか?
ホリエ「いや、曲ができて、レコーディングも終盤になった頃に、実はこんな話があって、って言われて。『呪怨』の監督ですよ(※注2)
●うわー、俺、絶対観たくない。
ホリエ・大山純(以下、「大山」)「(笑)」
●え、でも、観なきゃいけないでしょ、一応。
ホリエ「観なきゃいけないことはないですけど、僕等2人は観るっつって。あと残りのリズム隊の2人は無理、と」
全員(笑)
●はっきり分かれたワケですね(笑)
ホリエ「でも、皆で鍋でも囲んで、呑みながらとかで観ようよっつって(笑)」
大山「せっかくの3Dなのに、家で観るとか」
●(笑)
ホリエ「3Dですよ」
●じゃあ、鍋を楽しみにしてるワケですね、今。
ホリエ「あ、僕等は試写会に行って、ちゃんと3Dで観ますんで。飛び出してくるんですよ」
●え? メガネかけるんですか?
大山「かけるみたいですね」
●うわー! ホラーで3D。何で観るんですか、そんなん。
ホリエ・大山「(笑)」
●僕、貞子がテレビから出てきただけで、もう…。
ホリエ「もし、3Dだったら、かなりですよ」
●うわー。あの時、僕、友達の別荘で呑んで。呑んでるから大丈夫だと思って、観てたんだけど、もう、全然ダメだった。
ホリエ「ダメですよね(笑)」
●外でゲーゲーでしたかね。
ホリエ「ゲーゲーですか」
●僕、霊感強いんですよ。
ホリエ・大山「おお」
ホリエ「うわー、それは…」
●リセットされたような感じ(笑)
ホリエ・大山「(笑)」
●何か、俺の中からどんどん出てくるみたいな。
ホリエ「うわー、マジですか」
●普段、そんなことないのに。
ホリエ「映画観ただけで」
●びびってるワケじゃないですよ。
ホリエ「絶対、その、貞子が原因じゃなくて、別荘じゃないですかね?(笑)」
大山「(笑)」
●(笑) 何か、聴きどころとか、この辺ちょっと細かいトコあるんで、ちゃんと聴いてくれよ、みたいなところはありますか。
ホリエ「うーん、そうですね。もう、何か身を任せて聴いてほしいですね。深ーく沈んでほしいですね(笑)」

●同じく、8月5日の日にDVDがリリースされております。今年5月の初めての日本武道館ライブを完全収録した「Nexus Tour Final」。
ホリエ「日本武道館『Nexus Tour Final』、余すことなく」
●でも、いきなりポーン、と武道館じゃなくて、割と徐々に徐々に、こう近づいていった感があるでしょう?
ホリエ「そうですね。武道館でやるとも思ってなかったですね。もう、武道館でやろうって言い出したのも、1年前とかぐらいなんで」
●もう群馬に戻ってたら、武道館なんてね、もう、ほぼ行かないじゃないですか。
大山「はい。行かないですね」
●ライブをあまり観に行かないくらいのノリで。
大山「行かないですね」
●そのステージに立ってるっていうのは。
大山「あのー、ストレイテナーとしてデビューして、僕、1年経たずに武道館立っちゃいましたね」
ホリエ「(笑)」
●それは凄い!(笑) どんな新人よりも早いですね。
大山「早いですね」
●今までその近辺で、武道館ライブ、実際、観客として行ったことはあったんですか?
大山「ありますよ。何度か」
●そこに自分が立ってる。
大山「立っちゃいましたね」
●でも、他のメンバーも、武道館のステージに立つのは初めてでしょ。
ホリエ「いや、対バンとしてはあって。でも、それはもう、人のふんどしで。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの。イベントでね(※注3)
●具体的な名前出てきた(笑)
ホリエ「もう、かなり前ですけどね、4、5年前ですけど」
●感極まる部分とかありました?
ホリエ「やっぱ、何かこう、結構、武道館って、お客さんが近く感じられるんですよ。迫ってくるって言うか。で、何かアットホームな感じで。ライブハウスとあまり変わらない熱量の交感ができたような、そういう意味では」
●だから、癖になって、皆、毎年やろうか、みたいになって。
ホリエ「そうですね。やる人達は当たり前のようにね。永ちゃんとかね(※注4)
大山「(笑)」
●(笑)
ホリエ「僕等は完全に、記念としてと言うか、祝福って言うか、武道館でやるよって言ったら、皆、友達とか来てくれるし。おめでとうって、言ってくれるんで。幕張メッセでやるって言っても、あんま…。凄いね、ぐらいの感じですけど」
●だから、結婚披露宴とか、お葬式ってのは、如何に会場が大切かって言うね。
ホリエ「あぁー」
大山「何の話ですか?」
全員(笑)
●来てくれそうな人も来てくれなくなるワケですよね。
ホリエ・大山「あ、成程」
●九州男児として思うところはあるんですか、武道館。
ホリエ「(笑) 特にないんすけどね」
●え、メンバーはどういう出身別になったんですかね?(笑)
ホリエ「歴史みたいですけど。その元からいる2人の僕とドラムのナカヤマ君と、この2人が長崎出身で。後はもう関東で」
●関東対九州の。
ホリエ「そうですね」
大山「『この2人が』って、自分、日向さん、指、指してますね」
ホリエ「(笑)」
●(笑) ラジオ聴いてる人は何のことだか、全然判ってないですけどね(笑) 生活習慣とかで、やっぱ、長崎の人は違うな、というのはないですか。
大山「いや…だって、やっぱ、東京長いでしょ」
ホリエ「そうですね。別に坂に強いとか、そういうことじゃないっす」
全員(笑)
ホリエ「やたら坂道上っていくってワケでもなく。下りより上りの方が速いみたいな(笑)」
●食べ物の好みとか、やっぱ、ずっと変わらないでしょ、味付けとか。
ホリエ「僕はかなり、やっぱ九州寄りって言うか、あの魚だったら、青魚とか好きだし。…ってのはあるんですけど。ナカヤマ君はあんま、ない。九州っぽさが」
大山「うーん、そうねぇ」
ホリエ「やっと最近、ウニとか食べれるようになったし(笑)

●(笑) えーでも、ホリエさんは最近は植木の水やりが楽しみだとか。凄い。もう30(歳)になったんですよね?
大山「(笑)」
ホリエ「なってます、なってます。僕、植木とかそういう生き物全般、自分の家には置きたくなかったんですけど、大山純さんから誕生日に…」
大山「ちょっと待って(爆笑)
ホリエ「観葉植物をね、戴きまして。ガジュマルの何か、小っちゃい植木を貰って。それに水をやってます」
大山「(笑)」
ホリエ「しかも、観葉植物なのに、ベランダに置いちゃってますけどね」
全員(笑)
ホリエ「日が当たりまくっている(笑)」
●ガジュマルって、何か意味あるんですか?
大山「いや、何か可愛かったんですよねぇ。何でもいいかなと思ったけど、一番可愛いヤツを」
ホリエ「可愛いです」
●大きくなるんですか?
ホリエ「大きくなるみたいですね」
大山「大きくなってますか」
ホリエ「今は結構ね、青々として。葉っぱも増えたような気がしますけど、そこまで注意深く見てないので(笑)」
●(笑) 対して、大山さんの最近の楽しみは、10年くらいずっと酒。
大山「あの、ごめんなさい。他に書くことなかったんで」
ホリエ「(笑)」
●(笑) 酒はギター置く・置かない関わらず、ずっと。
大山「そうですね」
●大丈夫ですか。呑み過ぎは30(歳)越えたら来ますよ。
大山「来ま…した。はい。今まで記憶飛ぶとかなかったですけど。たまに、飛ぶようになっちゃいましたね」
ホリエ「27(歳)くらいで1回来て、で、また、35(歳)くらいでガクーン、って来るって言いますね」
●35(歳)、40(歳)で来ますねぇ。(※注5)
ホリエ「あ、あぁ…(笑)」
●打上げとかも、年々大人しくなってるんじゃないですか?
ホリエ「なってます、なってます。記憶も若い頃に無茶やって、もうベロンベロンで寝ちゃうみたいな、で、記憶ないとかじゃないんですよ。はい。普通にご機嫌に酔っ払って、普通に家に帰って、寝て。健康に起きてんだけど、昨日、何話したか覚えてない、みたいな。何杯呑んだっけ、みたいな」
大山「なんで、俺んちの台所がこんなに汚れているのかが判らない」
ホリエ「(笑)」
●(笑) 最後に、リスナーに一言ずつ。
ホリエ「インフルエンザ、気をつけて、皆さん健康で、頑張りましょう」
大山「お酒は程々に、しましょう。はい」
●今日は有難うございました。
ホリエ・大山「有難うございました」

 曲:ストレイテナー「CLONE」


~解説~
※注1:映画「戦慄迷宮3D」
富士急ハイランドの人気お化け屋敷「戦慄迷宮」を実写化した邦画初の長編3D映画。
2009年10月17日より全国公開。
出演は柳楽優弥、蓮佛美沙子、勝地涼など。

※注2:『呪怨』の監督ですよ
映画監督・清水崇氏のこと。
2001年「富江 re-birth」で映画監督デビューを果たし、2002年「呪怨」、2003年「呪怨2」を制作する。

※注3:ASIAN KUNG-FU GENEATIONの。イベントでね
「ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES.」のこと。
ASIAN KUNG-FU GENERATIONが主催するロック・フェスティバルである。
日本武道館で開催されたのは、2004年7月1日で、出演アーティストは、ASIAN KUNG-FU GENERATION、ACIDMAN、GOING UNDER GROUND、ストレイテナー。

※注4:永ちゃんとかね
ミュージシャン・矢沢永吉氏のこと。
日本武道館最多公演記録(102回)を現在更新中。

※注5:35(歳)、40(歳)で来ますねぇ。
この番組のナビゲーターは、1967年3月16日生まれで。
即ち、今年42歳。
[PR]

by p_and_l | 2009-08-30 23:03 | ラジオレポート

2009/08/20「TOGGY'S T.T.」・前編※ゲスト:ストレイテナー

これからお送りするのは、2009年8月20日(木)、CROSS FMで17:00~20:00にオンエアされた「TOGGY'S T.T.」という番組の一部です。
「●」の会話は番組ナビゲーターのものです。
一部、内容を編集しておりますので、ご了承下さい。

●どうも、ご無沙汰しております。
ホリエアツシ(以下、「ホリエ」)「どうも。ストレイテナー、ボーカルのホリエです」
●はい。
大山純(以下、「大山」)「はい。ギター、大山純です」
●こんばんは。大山さん、初めまして。
大山「初めまして。宜しくお願いします」
ホリエ「僕はご無沙汰です」
●ご無沙汰ですね。去年、加入したの?
大山「去年かな…?」
●今、間がありましたけど、大丈夫ですか?(笑)
大山「ちょっと、判んなくなってきてるんで」
●去年。
大山「去年、はい」
●ちょうど1年ぐらい経ちますか。
大山「そうですね」
ホリエ「1年ぐらいですか。発表から1年…弱ぐらい」
大山「です」
●良い感じで。
ホ「かなり、良い感じです」
●嬉しいですね。
大山「嬉しいですよね。だって、『うーん』と言われた日には…」
●(笑)
ホリエ「(笑)」
大山「もう帰りますよ
ホリエ「まさか、ね(笑) まさか、このスタジオで『うーん』とかね」

●何か、今、入ってきた途端、この前列の(観客の)方から、笑われちゃいましたが。
ホリエ「(笑) 僕が帽子の跡で、髪がくっきり分かれすぎてるんじゃないかな、と」
大山「(笑)」
●いや、ほら、そう気にするんですよ、顔見て笑われると。さて、先程も話しましたけども、大山さんは去年の8月ぐらいから。
大山「うーん、とですね。発表が10月でしたね」
●じゃあ、まだ1年は経ってないんですね。
大山「経ってないです」
●ストレイテナー自体がずっと3人で、10年ぐらい。
ホリエ「えーと、5年ぐらいですね」
●あ、5年ぐらい。
ホリエ「その前の5年ぐらいは、2人」
●2人、3人、そして4人。
ホリエ「はい。そうです。5年単位で(笑)」
●じゃ、これ30年後はどうなってるのか判らない(笑)
大山「(笑)」
ホリエ「そうですね(笑)」
●計算で言うと、5年ごとに1人増えてるワケですから。30年後には10人になってますよ。
ホリエ「30年後に? そうですね(笑)」
●4人になって1年弱、まぁ、ライブとかレコーディングとかで、やっぱ、いてよかったなと思うところは、ボーカリストとしては、どんなところでしょうね。
ホリエ「ま、ライブを観れば明らかなんですけど、もう、ホント、曲作りも凄く自由になれて。あの…何て言うんですか、曲の音楽性も広がってますね。音楽性が広がるということが、果たして良しとされるのかどうかってのが判らないですけど、僕等は完全にもう、良しとしてます」
大山「ここで、『うーん』と言われた日には…(笑)」
●ちょっと、対応しづらいですもんね。これは、どういう選定方法だったんですか?
ホリエ「選定。いや、1人入れたいと言うよりかは、彼が、大山純君が、いたから、しかも、宝の持ち腐れで、ギターを弾くのを辞めて、実家に引っ込んでて」
●あら!
大山「あら(笑)」
●途中、ギターを置いたんですね。じゃあ、一旦は。
大山「はい、置きましたね」
●あら!
大山「あら」
ホリエ「(笑)」
●実家で何か作ってたんですか? 家庭菜園とか。
大山「(笑)」
●そうじゃなくて。
大山「うん。まぁ、働いてましたね」
●その情報を聞きつけ。
ホリエ「はい。その、地元、群馬なんですけど、ツアーで行った時に、呼んで、ライブを。ライブ観に来いと呼んで。その後、呑みに行って。で、その流れですかね」
大山「ライブ観に行ったら、何か、翌日には、『俺、ストレイテナーなるかもしんない』っつって」
●(笑)
ホリエ「(笑) 『母ちゃん、俺、ストレイテナーなるかもしんない』っつって」
大山「アンタ、何、馬鹿なこと言よう。うん」
●(笑)でも、それが現実になったワケですよね。
大山「なっちゃいましたね」
●えぇ! かなり急でしたね(笑)
大山「はい」
●でも、割と落ち着いてらっしゃいますよね。
ホリエ「そうですね。元々、こう、何か、浮足立ったりとか、しないタチだとは知ってたんで」
●しかも、ギター置いたってことは、自分からバンドメンバー集めて、っていうタイプじゃないんじゃない?
大山「そうですね。あの、バンドとかしないと思ってました
●(笑)
ホリエ「(笑)」
●ちょっと待って下さい(笑) バンドとかしない、と。
大山「もう、音楽とかしない(笑)
ホリエ「(笑)」
●ギターを一旦、置いた男は強いですよ。
ホリエ「そうですね。ある意味、そこで清算してるワケですから」
●うんうん。リセットされて。
ホリエ「デトックス(※注1)的なことをしてますよね」
大山「(笑)」
●そう、そう、そう。
ホリエ「音楽業界の中、毒に犯されていって」
●デトックスって言うか、もう、断食道場みたいなものですよね(笑)
ホリエ「一度、滝に打たれてますよ(笑)」
●また再び、出てきたワケですね。
大山「そうですね」
●指が動かないとか、ビッキングがとか、そういう悩みはなかったですかね、当初。
大山「いや、ありましたよ。ホントに。翌日からギター触んなきゃ…」
●ヤバい、と。ホントにストレイテナーになっちゃうぞ、と。
大山「…って、思って。練習を始めたその日に。関節炎になって
ホリエ「(笑)」
●しすぎでしょ、それ。もしくは準備運動してないんすよ(笑)
大山「でも。そこまで4年弾いてなくて(※注2)
●うお! 4年ですか!
大山:いきなり当時のノリで、基礎練やっただけなんですけど。それでもう、ダメでしたね」
●幼稚園の運動会で、アキレス腱切るお父さんみたいですよね。
大山「それです(笑)」
ホリエ「(笑)」
大山「サッカー部の時のノリで走るから」
●走っちゃうから(笑)
ホリエ「コーナー曲がりきれずに、コケたりとかね(笑)」
●でも、ギターが1台増えたワケですから。
ホリエ「そうですね。幅が広がるから、はい。鍵盤も弾くし」
●凄い喜んでもらえて。嬉しいですよね。
大山「嬉しいですね、これは」
●どんどん欲が、出てきてるんじゃないすか?
大山「欲ですか? うーん、まぁ、そうですね。曲のネタを僕が作るとかも、やっとやり出してるので」
ホリエ「まさに、今回のシングル。2曲目の方は――」
大山「まさに。今流れてるヤツですね」
●「DONKEY BOOGIE DODO」。これ、じゃ、アイデアは、まず。大山さんが。
大山「そうです」
●これから、どういう過程を経て。
ホリエ「いや、結構、もう殆どできてて。このファンキーなカッティングがあって。リズムもなんとなく、こうしかないよね、みたいな感じだったので。後はもう、僕がメロディーを乗せただけで」
●それで、できちゃった。
ホリエ「そうですね」
●曲のベースはもう全部、持っていったワケですね。
大山「そうですね」
●ファンの皆さんは、どうなんですかね。
大山「(笑) 戦おうとしてる」
ホリエ「(笑)」
大山「『どう?』と言ったね、今(笑)」
●どうなんすか? 有り?
ホリエ「(笑)」
大山「よかった」
●これは有りで、頷いてもらわないと。
ホリエ「『まぁ、有り』ぐらいの感じでしたよね、今の頷き方(笑)」
大山「半分ぐらいだったもん(笑)」
ホリエ「『まぁ、有り』みたいな(笑)」
●アイデアを持ってきたご本人目の前に、ちょっと、ないかな、みたいなこと、全員が首振られると。
大山「ここで、『うーん』と言われた日には(笑)
ホリエ「(笑)」


~解説~
※注1:デトックス
体内に溜まった毒素を排出させるという健康法のこと。
方法としては、食生活の改善、ミネラルウォーターの飲用、岩盤浴、マッサージなど。

※注2:そこまで4年弾いてなくて
大山氏は、2003年10月にバンド・ART-SCHOOLを脱退している。
因みに、同年同月にストレイテナーのBa.日向秀和氏もART-SCHOOLから脱退。

後編→http://pointline.exblog.jp/11836937/
[PR]

by p_and_l | 2009-08-30 01:35 | ラジオレポート

スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2010、開催決定。

鶏肉が嫌いな知人が、ある時。
鶏肉嫌いを克服しようと、決意して。
まず、手始めにチキンラーメンから攻めてみたそうで。
結果、惨敗。
なので、昼食にチキンラーメンを食べるあや兵衛を見て。
何処が美味しいのか、と怪訝な表情をしてました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2010
・出演アーティスト:THE BAWDIES/andymori/avengers in sci-fi/SISTER JET
・2010年1月8日(金)北海道・札幌ベッシーホール
 開場/開演:18:00/18:30
 ローソンチケット:0570-084-001【Lコード:19075】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 e+
 問合せ:WESS 011-614-9999
  
・2010年1月10日(日)宮城・仙台MA.CA.NA.
 開場/開演:17:30/18:00
 ローソンチケット:0570-084-002【Lコード:24458】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:335-690】
 e+
 問合せ:GIP 022-222-9999
  
・2010年1月11日(月・祝)新潟・JUNK BOX mini
 開場/開演:17:30/18:00
 ローソンチケット:0570-084-003【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 e+
 問合せ:FOB新潟 025-229-5000

・2010年1月14日(木)大阪・心斎橋CLUB QUATTRO
 開場/開演:17:30/18:30
 ローソンチケット:0570-084-005【Lコード:52119】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:335-733】
 e+
 問合せ:清水音泉 06-6357-3666

・2010年1月16日(土)福岡・福岡DRUM SON
 開場/開演:17:30/18:30
 ローソンチケット:0570-084-008【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 e+
 問合せ:BEA 092-712-4221
 
・2010年1月17日(日)広島・広島ナミキジャンクション
 開場/開演:17:30/18:00
 ローソンチケット:0570-084-006【Lコード:66051】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:335-395】
 e+
 問合せ:夢番地 広島 082-249-3571

・2010年1月19日(火)愛知・名古屋CLUB QUATTRO
 開場/開演:17:30/18:30
 ローソンチケット:0570-084-004【Lコード:47794】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:335-643】
 e+
 問合せ:ジェイルハウス 052-936-6041

・2010年1月23日(土)東京・赤坂BLITZ
 開場/開演:17:00/18:00
 ローソンチケット:0570-084-003【Lコード:79216】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:335-794】
 e+
 問合せ:VINTAGE ROCK 03-5486-1099

・チケット代:2,800円(前売・税込) ※ドリンク代別
・問合せ:VINTAGE ROCK std. 03-5486-1099(平日12:00~17:00)



現時点では、まだ詳細未定の部分が多いので。
公式HP、http://www.spaceshowertv.com/retsuden/event_tour2010.htmlを、随時ご覧になることをオススメします。

出演アーティストのうち、andymoriとavengers in sci-fiは大のお気にですが。
THE BAWDIESとSISTER JETに関しては名前程度の知識と、勉強不足で恐縮です。

因みに、去年のJAPAN TOUR 09なんか。
出演アーティストがthe telephones/tacica/lego big morl/mudy on the 昨晩、と。
行くか否か、結構迷ったけど。
諸事情で断念したので、今年こそはJAPAN TOURに足を運びたいものです。

そもそも。
「列伝」とはどういう意味なのか、と思ってたら。
「多くの人々の伝記を書き並べたもの」だそうで。
過去のこのイベントを見てみたら。
2001年に開始と、歴史があるんですね。
そして、何気に。
イベント名にセンスがあって、面白いです。
あや兵衛的には、2004年に開催された、スペースシャワー列伝・第四十一巻「肘撃(エルボー)の宴」がイイな、と。
その際の出演アーティストが藍坊主、ジェット機、マキシマム・ザ・ホルモンですから。
思いっきり、攻撃しまくり感満載で、これは、もう。

余談ですが。
ジェット機の曲を聴きたくて。
動画サイトで検索しようとしたら。
JET STREAMの動画を見つけてしまして。
思いっきり、脱線しまくり感満載で、これは、もう。
城達也氏の声が渋いのですよ。

今回のBGM:くるり「ワンダーフォーゲル」
もう来年のライブの予定が入ってきちゃうのか。
[PR]

by p_and_l | 2009-08-28 23:06 | 偏見的ライブ情報

8/25(火)BEATLE CRUSADERS "ビートル・クルセイダースがやってくる ヤァ! ヤァ! ヤァ!"at 大分T.O.P.S

BEATLE CRUSADERSとは、BEAT CRUSADERSよるthe Beatlesコピーバンドのことでございます。
The Beatlesと言いますと。
イギリス・リヴァプール出身のロックバンドであり。
世界中で名高い、最も成功したロックバンドであります。
曲のタイトルは知らなくても、聴けば知ってるという方も多いのではないか、と。
あや兵衛は、中学3年の時、音楽の授業でthe Beatlesの曲が出たことがきっかけで。
あや兵衛の学年で、the Beatlesが異常なまでに、流行しましたね。
放送委員がthe Beatlesの大ファンのおかげで、ずっと曲を流してましたし。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■HOLIDAYS OF SEVENTEEN
メンバーは、三浦太郎(Vo.&Gt.)、中原功太(Gt.&Cho.)、碇YO-PEI(Ba.&Cho.)、中島元良(Dr.&Cho.)、山下蓬(Key.&Cho.)の5人です。
今回の、ステージ前列にいるメンバーの立ち位置は、左→右に、碇氏、三浦氏、中原氏、山下氏となっています。

ステージの右側奥にある控えで、メンバー全員の掛け声が聞こえた後、観客の拍手に包まれながら、ステージに登場しまして。
再度、ステージ中央にメンバー全員が集まり、円陣を組みました。

HOLIDAYS OF SEVENTEENでは、三浦氏以外もコーラスを務めるため、マイクが用意されていますが。
三浦氏のマイクスタンドのみ、既にメガネがテープで固定されてました。
これは、メガネを常用してる三浦氏は、ライブ中によく、そのメガネを振り落とすために、予備用としてあるワケです。
でも、予備用メガネも振り落とされる運命でしたけどね。

上記の通り、HOLIDAYSのVo.&Gt.の三浦氏の名前は「太郎」です。
お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが。
BEAT CRUSADERSのGt.の名前もカトウタロウで、名前が同じです。
正確言うと、こちらの漢字は「太朗」ですけど。
ライブ中、観客から名前を呼ばれた三浦氏は、上記のことを自分の口から説明をしまして。
こんなエピソードを披露しました。
楽屋で「タロウさん」と名前を呼ばれ、間違って、返事をして振り返ってしまったそうで。
三浦氏が言うところの、自分ではなく、本物の「タロウ」の方だった、と。

また、曲の合間のMC中に、1人の観客(以下、観客A)さんから声が上がりました。
どうやら、ライブに来れなかった友人さんがHOLIDAYS OF SEVENTEENのファンであることを、アピールしたようで。
それを聞いた三浦氏、じゃあ、観客Aさん自身はどうなのか、と、その後の台詞に期待を込めて、「――で?」と返すと。
「あんまり」と、観客Aさん、一刀両断。
しかし、そこで間髪入れずに。
某巨大掲示板で言うところの「氏ね」。
1995年に、化学兵器を使用した無差別テロを起こした宗教団体で言うところの「ポ●するぞ」。
――と、なんと、中原氏が集中的な反撃を開始。
他の観客は観客Aさんの回答に対し、失笑や苦笑をしていたのが、一気に爆笑へと変わりました。
ついでに、下ネタも口走りましたけど、この後、大御所が控えてるので、中原氏、敢えて自粛。

中原氏曰く、その「あんまり」と言う返事は、告白で言うところの「良い人だけど…」と、歯切れの悪い返事に似ている、と。
2回頷く山下氏が、相手に好かれる為に、良い人を演じるところもあるよね、と補足すれば。
元々、自分は非常に良い人であることを、中原氏は具体例を挙げて強調しました。
女性と道を歩く際、必ず車道側を歩く。
しかも、右側が車道の場合、「今日は、右手で煙草を吸いたいから」と、あくまで自然に車道側へ移動する。
山下氏や観客が感嘆する傍らで。
ちゃんと車道側を歩いているのかと、突如、中原氏に話題を振られてしまった三浦氏の回答は、と言いますと。
少し驚いた様子で、「え…? あ、俺は気づいた時に」とのこと。

複数による様々なコーラスや、ポップでキャッチーなメロディーに、自然と観客の体もリズムを刻み始め。
観客と共に、手拍子が何度も行われました。
ステージ上じゃ、よくメンバーが動きます。
山下氏なんか、スニーカーの靴紐が解けていたにも関わらず。
ジャンプや足技をキメていたところは特筆すべきか、と。

あと、HOLIDAYS OF SEVENTEENもthe Beatlesの曲から1曲、「Revolution」をカバーしました。


■BEATLE CRUSADERS
今回のライブはthe Beatlesの曲をカバーすると言うことで、いつものライブと雰囲気が異なってます。
BEATLE CRUSADERSのメンバー曰く、BEAT CRUSADERSとは友人とのことで。
翌日のBEAT CRUSADERSのライブにも遊びに来てほしい、とPRしました。

メンバーは、以下の通りです。
ジョン・レノソこと、ヒダカトオル(Vo.&Gt.)
・元ネタはthe Beatlesのジョン・レノン(リズムギター)。
・衣装は、水色系のカラーシャツに、右襟に6つのピンバッジをつけたスーツ、紺地に水玉模様のネクタイ、靴は皮製の茶色のカジュアルシューズ。
・左手首にリストバンドをつけており、スーツの袖からシャツが見えなかったことから、恐らくシャツは半袖か、と。
・ギターはGretsch(グレッチ)のを使用。

ポール・マサヒコットニーこと、クボタマサヒコ(Ba.&Cho.)
・元ネタはthe Beatlesのポール・マッカートニー(ベース)。
・ケイタイモ氏から「ポール・ヒコットニー」と、言い間違えられる。
・衣装は、ストライプのシャツに、チェンジポケットのついたスーツ(英国調スーツを代表するデザインで、スーツの右腰ポケットの上に小さなポケットが付いている)、紺地にラインとイギリスの国章のようなデザインのワンポイントがついたネクタイ、靴は黒の紐付きのビジネスシューズ。
・ベースはRickenbacker(リッケンバッカー)のを使用。

ジョージ・ハリスソこと、カトウタロウ(Gt.&Cho.)
・元ネタはthe Beatlesのジョージ・ハリスン(リードギター)。
・「ハリスソ」の発音が判りづらいため、本人はわざとその部分を強調する。
・衣装は、白の無地のシャツにスーツ、赤の無地のネクタイ、靴は皮製の黒のカジュアルシューズ。
・因みに、スーツは青色ではなく、短パンでもない。
・ギターはGibson(ギブソン)だが、従来の赤のSGではない。

マンゴ・スターこと、マシータ(Dr.&Cho.)
・元ネタはthe Beatlesのリンゴ・スター(ドラムス)。
・リンゴの果物に因んで、「マンゴ」と命名。
・衣装は、白の無地のシャツにスーツ、赤の無地のネクタイ、靴はコンバースのスニーカー。

ブライアン・エプスタイモこと、ケイタイモ(Key.&Cho.)
・元ネタはthe Beatlesのマネージャー、ブライアン・エプスタイン。
・the Beatlesのメンバーは4人なので、このような処置が取られている。
・衣装は、水色系のカラーシャツにスーツ、柄物のネクタイ、靴は黒の紐付きのビジネスシューズ。
・キーボードだけでなく、タンバリンやウッドブロックも使用。
・左足が肉離れのせいで、ギプスをつけており、ステージには松葉杖をついて登場した。

そして、今回の、ステージ前列にいるメンバーの立ち位置は、左にポール氏とジョージ氏、右にジョン氏。
ステージ後列にいるメンバーの立ち位置は、中央→右に、マンゴ氏、ブライアン氏となってます。
因みに、マイクは所謂、ガイコツマイクを使用するという、素晴らしい演出っぷりでして。
このマイクは2つしか用意されていないため、ジョン氏が1つ使用し。
ポール氏とジョージ氏で、もう1つを使用してました。
ただ、ご存知の方もいらしゃっると思いますが、ポール氏とジョージ氏には身長差がありまして。
マイクスタンドはジョージ氏の身長に合わせてあるため、ポール氏は若干、脚を曲げて唄ってましたね。

ステージ登場の際は、メンバー全員、お面を顔の前に添えてました。
BEAT CRUSADERSなら、そのお面を投げるところですが。
BEATLE CRUSADERSは、投げることなく、お面はアンプなど定位置にずっと、置かれてありました。

ポール氏曰く、地元の楽器店からピックを数枚、戴いたそうで。
そのピックが観客に向かって、投げられました。
また、ここで、突如、the Beatlesに関するクイズが出題されました。
正解者には、ジョージ氏からピックの贈呈で、問題は以下の通りです。

Q1.the Beatlesが最後にリリースした、オリジナルアルバムのタイトルは?
A1.「Let It Be」(1970年)。

Q2.リンゴ・スターの子供の名前は?
A2.ザック・スターキー。
因みに、この問題の前に、「マシータの子供の名前は…」と述べたために、多くの観客が答えましたが、それは引っ掛け問題でした。

Q3.ポール・マッカートニーが、1人の女性を取り合った相手の男性の名前は?
A3.エリック・クラプトン。
この時点で、ジョージ氏の手持ちのピックがなくなった代わりに、ジョン氏のピックが贈呈されました。
また、2人の観客が解答したため、ジャンケンするも、ジョン氏の計らいで、両者の手元へ。

因みに。
HOLIDAYS OF SEVENTEENでも登場した観客Aさん。
その方は、このBEATLE CRUSADERSでも持ち前のキャラクターを、思う存分発揮してました。
観客Aさんが、ジョージ氏に「キモい」と言えば。
このツアーが始まったばかりの際、ジョージ氏は奥様から、自由すぎるとメールが来て、流石に本人も凹んだことを自白し。
今度はジョージ氏が、観客Aさんに「頃す」と言えば。
ジョン氏から他の観客へ「ジョージに殺されたい人?」との質問に、間髪入れずに、複数の男性観客から手が上がりました。
このように、観客Aさんのおかげで、ジョージ氏とのやり取りが非常に白熱しまして。
隣で傍観しているジョン氏も、口元に手を当てて、笑いを堪えてありました。

ジョージ氏もMCで、曲紹介やダンスの説明など、本題を話さないといけないのに。
ジョン氏の横やりと、観客Aさんの野次によって、あらぬ方向へ脱線し放題で。
ジョン氏によるギター演奏で、ジョージ氏は金●先生のモノマネをしながら、「贈る言葉」を1コーラス唄い上げたりしましたよ。
しかも、このモノマネのために髪をストレートにしたとのことですが、真相は不明。
終いにゃ、何故、いつものライブでこの面白さを発揮しないのか、とジョン氏からジョージ氏にダメ出しがありました。

因みに、ダンスの説明とは、俗に言う、モンキーダンスのことでして。
ジョン氏曰く、この不景気の世の中、肩叩きをして、周りの方々に癒しを与えよう、と。
そこに、「肩叩きって、リストラのことだよね」と、ジョン氏が補足。
すると、ポール氏がジョージ氏の背後に近づいて、彼の肩をポン、と――。

さて。
大分では何故か、アンコールがマシータコールになるほど、マシータ人気でして。
今回、マンゴ氏がステージセンターでマイクを持って、唄を1曲披露してくれました。
因みに、ドラムはジョン氏が担当しました。

観客からのアンコールは「マシータ」ならぬ、「マンゴ」コールでした。
当の本人も、呼ばれないかと思ってたようで、このコールに安堵し、謝辞を述べました。

アンコールでは、HOLIDAYS OF SEVENTEENメンバー全員、登場してのセッションが行われました。
三浦氏はマイク、中原氏はタンバリン、碇氏はウッドブロック、中島氏はマラカス、山下氏はカウベル、とそれぞれ器材を片手にして。
曲はHOLIDAYS OF SEVENTEENがカバーした「Revolution」を、原曲に近い形で演奏されました。
この時、2人のタロウによるコーラスは、見事でありました。

Wアンコールもあり、1曲だけ披露することになりました。
ジョン氏から、激しい曲と聴き入る曲、どちらが良いかとの提案に対し。
激しい曲の方が、リクエストが多かったものの。
何かを察した観客の中には、「両方!」と答える方もいらっしゃいました。
これは流石だ、とあや兵衛個人的に、感心しましたよ。

この最後の曲「Hey Jude」では、ラストをメンバー、観客全員の唄声が会場内に響きました。
まず、観客全員→2階の観客→1階の観客→真ん中より左側の観客→真ん中より右側の観客→女性観客→男性観客→真ん中より前列の観客→真ん中より後列の観客→観客全員と、このような様々なパターンが展開されました。


~今回のまとめ~
f0042928_235476.jpg・あや兵衛、実に3年ぶりの大分T.O.P.S来訪でして、懐かしき会場の雰囲気に、1人興奮してました。だから、ドリンクも黒霧島ロックを迷わずセレクト。
・あや兵衛、実はメガネフェチだけでなく、スーツフェチでして、今回、ダブルで来たもんだから、鼻血だけじゃ済まされず、耳血も出ますよ。
・開演前のSEもthe Beatlesの曲が流れてましたね。
・ちょうど、あや兵衛の後ろにいた観客さんは、両者ともライブを初めて観るようで。興奮のあまり、「面白い」「凄い」と何度漏らしてあったことか。
・ガイコツマイクとは、右図参照のこと。

[PR]

by p_and_l | 2009-08-26 23:07 | ライブレポート

BEAT CRUSADERS、シングルリリース決定。

明日は、久々のライブなので楽しみです。
体力のペース配分には、気をつけたいと思います。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「LET IT GO」
・種類:国内盤/CDシングル
・発売日:2009年9月23日
・規格品番:DFCL-1593
・レーベル:DefSTAR RECORDS
・価格:1,020円(税込)
・収録曲
 1.LET IT GO 
 2.LIFE IN THE NATION



某動画サイトにて。
昔懐かし、「アメリカ横断ウ●トラクイズ」の動画を観てみました。
当時、小学生だったあや兵衛は、大いにハマりましたね。

1989年の第13回の時なんか。
決勝戦に進出した長戸勇人氏と永田喜彰氏。
級友との間で、長戸氏派か永田氏派かで分かれましたね。
因みに、当時からメガネフェチだったあや兵衛は、永田氏派でした。

1991年の第15回の時なんか。
クイズ王に輝いた能勢一幸氏。
当時は理解していなかった人間ドラマ性が、今は痛いほどよく判りますわ。
いけない。
また、涙腺が。

何と言いますか。
各回の決勝戦進出者の年齢を見てみると。
中には、年齢がVo.&Gt.ヒダカ氏と近かったり。
第15回当時の能勢氏が、何処となくBa.クボタ氏を彷彿とさせ。
そのことを知人に言ったら、静かに無視されました。

10代の方々には、判り辛い話で恐縮ですね。
あや兵衛、クイズ番組とか好きでして。
ゲームセンターで稀に、「Answer×Answer」の補助要員として、プレイしてます。
得意分野は歴史と文学とアニメ・漫画・ゲーム。
苦手分野はスポーツと映画。
ただ、そもそも鈍臭いため、早押しが大の苦手です。
時に、すくみ上がっちゃってます。

今回のBGM:なし。
市販のヨーグルトに、摘み立てのブルーベリーで作ったジャムを混ぜて凍らせると美味し。
[PR]

by p_and_l | 2009-08-22 23:11 | 偏見的リリース情報

GLORY HILL 、3rdアルバムリリース決定。

最近、某動画サイトにて。
「はたらくくるま」MADがお気にです。
http://www.youtube.com/watch?v=fk_cSut-TAQ
しかし、この曲、女性が唄ってるものと思いきや。
子門真人氏も唄ってたんですね。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「Signs」
・種類:国内盤/CDアルバム
・発売日:2009年9月2日
・規格品番:XNUR-10015
・レーベル:ULTIMATE RECORDINGS
・価格:2,520円(税込)
・収録曲
 1.Time to Glide
 2.Cosmic Fly
 3.CRAZE
 4.Funny boys school
 5.Find you
 6.Stay Awake
 7.消えない弱さ
 8.Out of reason
 9.I BELIEVE
 10 Distance
 11.The world says
 12.Silly things
 13.Rights and Wrongs
 14.DAYS



5thシングル「Cosmic Fly」のリリースを知った時。
これはお約束なのかな、と。
密かに、あや兵衛の中で、予想してまして。
このアルバムのリリースを知った時。
これはお約束なんだな、と。
密かに、あや兵衛の中で、確信を得ました。

それは、ジャケットのデザインです。

4thシングル「DAYS」から、ジャケットのデザインがアメコミ風と言いますか。
原色バリバリでして。
1stから3rdのシングルに加え。
前作のフルアルバムとのデザインのギャップに、目を瞠りましたが。
これで、アルバムごとにデザインセンスの統一性がある、と実感できたワケで。
GLORY HILLは、アルバムごとに進化の軌跡を辿ることができるだろうな、と思いました。

そういや。
このリリースツアーの対バンが、ぼちぼち決まってるようで。
地元・福岡ではARUとSTANCE PUNKSでして。
両者とも、嬉しい限りです。
両者とも、今年またライブを観れるとは思いませんでした。
こりゃ、また暴れるなぁ。

今回のBGM:WAGNER LOVE「YOU ARE ALL I NEED」
無料招待ライブに当選するといいな。
[PR]

by p_and_l | 2009-08-21 22:36 | 偏見的リリース情報

NUBO、2ndシングルリリース決定。

実際にiPhoneを使用されてる方から。
iPhoneには「Shazam」というアプリがあることを教えてくれまして。
曲を聴かせると、曲の詳細を検索・表示してくれるそうで。
一瞬、欲しいなと食指が動きそうになりました。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「RESHINE」
・種類:国内盤/CDシングル
・発売日:2009年10月7日
・規格品番:BDSS-0006
・レーベル:BADASS
・価格:1,000円(税込)
・収録曲
 1.RESHINE
 2.Weekend lovers
 3.Go on foot
 4.Sometimes



今年の5月に、1stシングルをリリースしまして。
今日時点では、まだそのリリースツアーを完遂してませんが。
颯爽と、2ndシングルをリリースする運びと相成りました。
凄いよ。

そして、何気に。
1stシングルより、収録曲数が1つ多いです。
しかも、お値段そのまま。

因みに、公式ブログによると。
「RESHINE」というのは造語とのことで。
「RE・SHINE」で、「また射す光」という意味だそうです。

つーか。
今年のNUBOはライブ本数と言い。
音源リリースと言い。
彼等の活躍っぷりは、ホント輝いてますね。

そもそも、彼等のライブはとてもエネルギッシュでして。
彼等が愛用しているブランド「seedleSs(シードレス)」のTシャツ。
汗によるTシャツの変色が凄いですよ。
しかも。
あれだけ、ライブでカロリーを消費したはずなのに。
自分達のステージが終われば、すぐに物販ブースに回って。
観客さん等とのコミュニケーションを図るという。
もう、どれだけタフなんだ、と。

因みに。
ある知人は、残業から急いで会場に来たため。
スーツ姿にも関わらず、列の前の方でライブを楽しんだそうで。
やるな、ホワイトカラー。

今回のBGM:椿屋四重奏「別世界」
ラーメン屋やまちゃんのレバ刺しが美味し。
[PR]

by p_and_l | 2009-08-20 22:31 | 偏見的リリース情報

LITE、シングルリリース決定。

「スペシャルブラックモンブラン」というアイスを食しまして。
通常のブラックモンブランと、どうスペシャルなのかと思いきや。
通常の種類別はアイスミルクで、スペシャルのはアイスクリーム。
通常の内容量は115mlで、スペシャルのは125ml。
見た目では内容量の違いが、あまり判りませんでしたけどね。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「Turns Red EP」
・種類:国内盤/CD
・発売日:2009年10月7日
・規格品番:RDCP-1002
・レーベル:I want the moon
・価格:1,200円(税込)
・収録曲
 1.The Sun Sank
 2.Tomato
 3.Vermillion



前作「Phantasia」から、1年5ヶ月振りのリリースです。
しかも、今回、LITEは自主レーベル「I Want The Moon」を立ち上げたそうで。

しかし、立ち上げたばかりと言う割には。
規格品番がRDCP-「1002」、と。
中途半端だなと思って、調べてみたら。

「RDCP-1001」は、レーベルParabolicaら。
2009年9月2日にリリース決定で。
Tera Melosという洋楽アーティストの音源「Drugs/Complex」だったワケですね。

因みに、Parabolicaレーベルとは。
LITEのBa.井澤氏が主宰するレーベルです。
この井澤氏、レーベルを立ち上げるだけでなく。
LITEの他に、FULLARMORなどのバンドでも活動してます。
なんと、凄い才器なことか。

そういや。
音源タイトルに「Red」とあるように。
収録曲タイトルは、何気に赤に関連してますよね。
「The Sun Sank」の「sun」は「太陽」で、「sank」は「sink(沈む)」の過去形。
「Vermillion」は「朱色」という意味です。
因みに、「Tomato」は、「トメイトウ」と発音するのがアメリカ英語でして。
イギリス英語だと、「トマート」と発音します。
あや兵衛としては、無難に後者の発音であってほしいと思いますが。

最後に。
今年はまだ、LITEのライブが福岡で行われないのが、何気に寂しいです。

今回のBGM:LOST WEEKENDER「Reset」
ちょっと気になる、このバンド。
[PR]

by p_and_l | 2009-08-17 23:38 | 偏見的リリース情報

BEAT CRUSADERS、ライブツアー決定。

もう、殆どの野外フェスが終了し。
楽しかった、との声をよく聞きますが。
まだ、あや兵衛は野外フェスに行ってないので。
良いなぁ、羨ましいなぁ、の言葉しかございません。
23日(日)は晴天であることを願います。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

BEAT CRUSADERS tour "サイボーグ2009"
・2009年10月4日(日)新潟・新潟LOTS
 開場/開演:18:30/19:00
 対バン:Northern19
 ローソンチケット:0570-084-003【Lコード:72031】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 チケット一般発売日:9月5日(土)
 問合せ:FOB新潟 025-229-5000

・2009年10月6日(火)秋田・秋田Club SWINDLE
 開場/開演:18:30/19:00
 対バン:Northern19
 ローソンチケット:【Lコード:24138】(秋田県内ローソン店頭のみ発売)
 チケット一般発売日:9月5日(土)
 問合せ:ノースロードミュージック秋田 018-833-7100

・2009年10月8日(木)北海道・函館Bay City's Street
 開場/開演:18:00/18:30
 対バン:Northern19
 ローソンチケット:0570-084-001【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 チケット一般発売日:9月5日(土)
 問合せ:SMASH EAST 011-261-5569

・2009年10月10日(土)北海道・釧路CLUB GREEN
 開場/開演:18:00/18:30
 対バン有り
 ローソンチケット:0570-084-001【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 チケット一般発売日:9月5日(土)
 問合せ:SMASH EAST 011-261-5569

・2009年10月12日(月・祝)北海道・苫小牧音楽館
 開場/開演:18:30/19:00
 対バン有り
 ローソンチケット:0570-084-001【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 チケット一般発売日:9月5日(土)
 問合せ:SMASH EAST 011-261-5569

・2009年10月18日(日)長野・長野JUNK BOX
 開場/開演:17:30/18:00
 対バン:hurdy gurdy
 ローソンチケット:0570-084-003【Lコード:72025】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード: 333-286】
 チケット一般発売日:9月5日(土)
 問合せ:FOB長野 026-227-5599

・2009年10月31日(土)佐賀・佐賀GEILS
 開場/開演:18:00/18:30
 対バン:HOLIDAYS OF SEVENTEEN
 ローソンチケット:0570-084-008【Lコード:84629】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 チケット一般発売日:9月26日(土)
 問合せ:BEA 092-712-4221

・2009年11月3日(火・祝)鹿児島・CAPARVO HALL
 開場/開演:18:30/19:00
 対バン:HOLIDAYS OF SEVENTEEN
 ローソンチケット:0570-084-008【Lコード:84631】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 チケット一般発売日:9月26日(土)
 問合せ:BEA 092-712-4221

・2009年11月4日(水)長崎・長崎DRUM Be-7
 開場/開演:18:30/19:00
 対バン:HOLIDAYS OF SEVENTEEN
 ローソンチケット:0570-084-008【Lコード:84632】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 チケット一般発売日:9月26日(土)
 問合せ:BEA 092-712-4221

・2009年11月26日(木)徳島・徳島DOUBLE-OO
 開場/開演:18:30/19:00
 対バン:Yacht.
 ローソンチケット:0570-084-006【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 チケット一般発売日:9月26日(土)
 問合せ:DUKE高松 087-822-2520

・2009年11月29日(日)高知・キャラバンサライ
 開場/開演:18:30/19:00
 対バン:Yacht.
 ローソンチケット:0570-084-006【Lコード:未定】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 チケット一般発売日:9月26日(土)
 問合せ:DUKE高知 088-822-4488


■RYUKYUDISKO×BEAT CRUSADERS Wレコ発 “琉球サイボーグ2009"
・2009年11月1日(日)福岡・福岡DRUM LOGOS
 対バン:RYUKYUDISKO
 開場/開演:17:30/18:30
 ローソンチケット:0570-084-008【Lコード: 84630】
 チケットぴあ:0570-02-9999【Pコード:未定】
 チケット一般発売日:9月26日(土)
 問合せ:BEA 092-712-4221

・2009年11月28日(土)広島・広島クラブクアトロ
 対バン:RYUKYUDISKO
 開場/開演:18:00/19:00
 ローソンチケット:【Lコード:65717】(中国地方5県内ローソン店頭のみ発売)
e+
 チケット一般発売日:9月26日(土)
 問合せ:夢番地広島 082-249-3571

・チケット代:2,500円(前売・税込) ※ドリンク代別 (但し、広島のみドリンク代込3,000円)



上記の通り。
まだまだ、詳細未定の部分が多いので。
随時、公式HPをご覧になることをオススメします。

さて。
今回のライブツアーで、九州は佐賀県にもやってくるんですね。
これで、何気に今年は九州全県制覇してますね。

しかも、その九州での対バンが、HOLIDAYS OF SEVENTEENという。
もう流石にもう、免疫がついたので、驚かなくなりましたが。
嬉しいことには間違いございません。

久々に、佐賀GEILSに行ってみたい気持ちもあるんですが。
今のところ、あや兵衛のスケジュールが厳しくて、切ない。
10月はライブに、4本行くつもりです。

地元・福岡で言いますと。
ビークルは、これまで殆どの会場がBEAT STATIONだったのに。
今回、DRUM LOGOSですよ。
ちょっと、これは嬉しかったりします。

にしても。
ビークルのライブは、いつどんな形で、ライブが行われるか判らないので。
油断も隙もあったもんじゃない、と思ってます。

今回のBGM:なし
ドラマ「セーラー服反逆同盟」の出演者で、森尾由美と仙道敦子を勘違いしてたのが、恥ずかしい。
[PR]

by p_and_l | 2009-08-15 12:44 | 偏見的ライブ情報