タグ:BUMP OF CHICKEN ( 7 ) タグの人気記事

BUMP OF CHICKEN、16th・17thシングルリリース決定。

曲の感想を、個人的に伝えたい時。
どういった手段にしようか、と考えることがあります。
メールで文章化するのと。
電話や直接会って、口頭にするのと。
どうも、ニュアンスが変わってくるようで。
ただ、口頭の場合は、感情が前のめりになって、言葉にならないこともあれば。
文章だと、まとまらなくて、根幹が希薄になってしまったり。
不器用で仕方ないが、好きなモノは好きで仕方ないのも、事実。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「HAPPY」
・種類:国内盤/CDシングル
・発売日:2010年4月14日
・規格品番:TFCC-89300
・レーベル:TOY'S FACTORY
・価格:1,050円(税込)
・収録曲
 1.HAPPY
 2.pinkie

■タイトル:「魔法の料理~君から君へ~」
・種類:国内盤/CDシングル
・発売日:2010年4月21日
・規格品番:TFCC-89303
・レーベル:TOY'S FACTORY
・価格:1,050円(税込)
・収録曲
 1.魔法の料理 ~君から君へ~
 2.キャラバン



前作のシングルは、両A面でしたが。
今回はご覧の通り、2週連続シングルリリースです。

「魔法の料理~君から君へ~」は、NHK「みんなのうた」2010年4~5月のうたになっております。
あや兵衛、番組で放映されている分だけでなく。
この曲のPVも拝見しました。

番組の方は、ホッチカズヒロ氏の細かい彩色によるイラストに、温かみがあります。
しかも、イラストが歌詞の内容をピンポイントで捉えてくるので。
涙のフィルターがかかりそうになるのが、大変いけない。

PVはPVで。
白い大きな階段が、子供から大人への成長の象徴だと思っています。

両方の映像で言えることは、やっぱ家庭の食卓って、素晴らしいな、と。

雑誌のインタビュー等を読んでいると。
メンバーが1979年生まれともあって、20代と30代の節目について語られてあって。
今だからこそ見える過去のことや。
これから見えてくる未来のことがあったり。
でも、今の自分ができることは、これなんだ、と。
ちゃんと主張できる姿が凄いな、と感心しました。





今回のBGM:小沢健二 featuring スチャダラパー「今夜はブギー・バック (nice vocal)」
[PR]

by p_and_l | 2010-04-06 17:21 | 偏見的リリース情報

BUMP OF CHICKEN、15thシングルリリース決定。

最近になって、マインスイーパのルールを知りました。
もっと言えば、「マインスーパー」と間違って覚えてました。
因みに、まだプレイしてません。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「R.I.P/Merry Christmas」
・種類:国内盤/CDシングル
・発売日:2009年11月25日
・規格品番:TFCC-89289
・レーベル:TOY'S FACTORY
・価格:1,050円(税込)
・収録曲
 1.R.I.P
 2.Merry Christmas



実に、2年ぶりの音源リリースとのことです。
最後にリリースしたのは、5thアルバム「orbital period」で。
これは、2007年12月19日。
シングルだと、「花の名」と「メーデー」で、共に2007年10月24日。

去年の夏から、バンプは制作期間に入り。
おかげさまで、今年は夏フェスなどイベントやライブを自粛してありました。
そして、ようやく今年も終わりに近づく中。
待望の音源リリースに至ったワケですな。

メンバー30歳初の音源になるのか、としみじみ思うも。
よく考えたら、リリース日時点では、まだ増川氏(Gt.)のみが30歳になってないことに気づきました。
彼は12月生まれなので。

タイトルの「R.I.P」を見た時。
一瞬、RIP SLYMEが脳裏を過ぎったのは、仕方なきことですが。
このタイトルは、正しくは「アール・アイ・ピー」と読みます。

因みに。
「R.I.P.」には、ラテン語「Requiescat in Pace(レクイエスカット・イン・ペイス)」の頭文字で。
「安らかに眠れ」という意味がありました。
欧米の墓に刻まれる文字だそうですよ。

今回のBGM:RIP SLYME「STEPPER'S DELIGHT」
RIP SLYMEの「RIP」は初期メンバーのRYO-Z、ILMARI、PESの3人の頭文字から。
[PR]

by p_and_l | 2009-10-06 22:54 | 偏見的リリース情報

5/5(月) BUMP OF CHICKEN「2008 TOUR "ホームシップ衛星"」at 福岡マリンメッセ

あや兵衛「今度、ライブ行くんですよ」
叔母「誰のライブ?」
あや兵衛「BUMP OF CHICKENです」
叔母「え、何? ばんぷ…?」
あや兵衛「バンプ・オブ・チキンです」
叔母「判った、チキンね。チキン」
あや兵衛「○○(叔母の息子)君に訊けば、判ると思いますよ」
と言うわけで、従兄弟よ、後は任せた。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

1.グッズ販売は、会場外で13時から。
 1-1.あや兵衛が見た開場1時間前でも無論、長蛇の列。
 1-2.お客さんのタオル率高し。

2.会場外で荷物預かりが行われてました。
 2-1.前回、同様にマリメでライブあった時は、特設ロッカーがあったけど、今回は設置されたテントにスタッフが荷物を預かる形でした。
 2-2.実は会場内にも多少ながら、コインロッカーがあります。

3.あや兵衛、会場外で迷子になる。
 3-1.グッズ販売・荷物預かりエリアと、入場整列エリアは目と鼻の先にあるけれど、通路が1ケ所で、しかもわざと遠回りになるような仕組みでした。
 3-2.その仕組みをよく把握してなかったために、公共機関関係者とイベント関係者から2回ほど注意されました、そっちじゃない、って。

4.OPはステージに映像が映し出されました。
 4-1.アルバムのジャケットに描かれている「星の鳥」が徐々に眩い光を放ち、様々な惑星の周りを巡って、遥か銀河を羽ばたいていきます。すると、「星の鳥」の向かう先は、BUMP OF CHICKENの象徴ともなるロゴの形をした、1つの大陸。水や新緑、様々な生命が満ち溢れたその大陸の真ん中に、今、「星の鳥」は流星のごとく舞い降りていく――こんな感じです。

5.メンバーの動き、MCはそれぞれ見ものです。
 5-1.メンバーの中で特に、動きの激しいBa.直井氏はジャンプしたり、あちこちに移動するため、スタッフさんがコードに配慮されてありました。また、前日から福岡に来ていたメンバーはどんたくを見に行ったようで、祭が終わっても、福岡はもっと勢いがあるんじゃないか、と観客を煽ってました。
 5-2.ステージの映像のおかげで、Dr.升氏の手の動きがよく判ります。マラカス片手にドラム叩いたり、スティックからマレットに持ち換えたり、と。立ったまま、シンバルを叩く姿もありました。椅子の上にも立ちましたが、MCしようにも、彼にはマイクがないため、直井氏が代弁してましたが。
 5-3.感極まって何度も、観客に有難うと繰り返すVo.&Gt.藤原氏も、別のMCでは、「凄ク、楽シイ」と何故か、片言の日本語を操る外国人風に気持ちを表現します。しかし、何度か繰り返すうちに、趣旨がどんどん離れ、「オ菓子、美味シイ」と言い出しました。
 5-4.そんな藤原氏の暴挙に対する巻き添えを食らったのは、増川氏であって。「オ菓子、美味シイ」の台詞を増川氏にも言わせようとします。他にも「オ水、美味シイ」、「ボ●レスハム」、「丸●ハム」など。当然狼狽するも、一生懸命返そうとしてました。また、別の増川氏のMCの際、たまたまギターを持ってなかったので、わざわざ藤原氏がギターを渡してました。増川氏曰く、ギターがないと落ち着かないそうで、まるで下半身裸の状態とのこと。

6.藤原氏、3回、曲を止めました。
 6-1.そのうち、2回は自身の失敗・間違いによるもの。
 6-2.1回目はイントロで間違え、仕切り直しのために、演奏前に直井氏が言った「皆、楽しんでいきましょう」の台詞を自分で言って、曲をやり直し。
 6-3.2回目は間違いではなく、藤原氏の意思で、曲を中断させました。原因は、ある曲で観客側から手拍子が始まったためで。手拍子の気持ちは非常に有難いが、リズムが狂うのか、手拍子とかはメンバー側から煽るので、それに従ってほしいとの藤原氏から弁明がされました。
 6-4.3回目はAメロで間違える。間違えるたびに、本気で何度も謝罪する藤原氏に対し、「頑張れ」と観客からの温かい声援は微笑ましいものですね。

7.観客側からの声援が凄し。
 7-1.アリーナで男性からの「基央、愛してるー!」の声に対し、藤原氏、飲んでた水を噴き出しそうになって、苦笑いしてましたが。
 7-2.アンコールの際、普通「アンコール」と言うはずが、何故か一部で、増川氏の下の名前である「弘明」と言っていました。

8.会場がホールだと、ライブハウスと違った雰囲気が味わえるもので。
 8-1.ステージには4人の姿が映像で、ずっと個別に映し出されてました。
 8-2.音や声がえらくクリアに聴こえてくるし、観客からの手拍子の音もライブハウスと違って、甲高く聴こえますよ。
 8-3.アリーナのスタンディング席で、倒れた方を見かけました。容態が大事に至らないことを祈るばかりです。

9.アンコールは2回行われました。
 9-1.1回目のアンコール終了後、直井氏や増川氏からペットボトルの水が撒かれ、しかも直井氏に至っては、自分の着ていたTシャツを観客側に投げました。
 9-2.終演は21時頃でした。

10.会場外で海賊版商品が販売されてました。
 10-1.開演前のアナウンスさんの台詞を借りれば、アーティストの権利を著しく侵害するので、購入しないようにしましょう。
 10-2.冷やかし程度に、どんな商品が販売されてあるのか見てみたら、ロゴ入りのラグランTシャツ、ポスター、タオル、バッジと意外と豊富でした。
[PR]

by p_and_l | 2008-05-06 15:04 | ライブレポート

BUMP OF CHICKEN、初のシングル・カップリング集アルバムリリース決定。

咽喉に良いから、と。
親戚の方から、手作りのカリン酒をいただく。
当初の目的に反して、お湯割りにして飲むあや兵衛。
やっぱ、香りが違うわ。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「present from you」
・種類:国内盤/CDアルバム
・発売日:2008年6月18日
・レーベル:トイズファクトリー
・規格品番:TFCC-86257
・価格:2,800円(税込)
・収録曲
 1.ラフ・メイカー
 2.バイバイサンキュー
 3.彼女と星の椅子
 4.ホリデイ
 5.Ever lasting lie(Acoustic Version)
 6.睡眠時間
 7.夢の飼い主
 8.スノースマイル ~ringing version~
 9.銀河鉄道
 10.真っ赤な空を見ただろうか
 11.東京賛歌
 12.ガラスのブルース(28 years round)
 13.プレゼント



さて、上記の通り。
このアルバムは、シングルのカップリング集ですけど。
カップリングの曲にも、様々な逸話があるようでして。
(※注意:シングルの順番は、廃盤の「LAMP」(1999/11/25)を1st.と見なして、記載しております)

・「ラフ・メイカー」2nd.Sg.「ダイヤモンド」(2000/9/20)
 最後まで「ダイヤモンド」とどちらをメインにするか迷った曲。

・「バイバイサンキュー」3rd.Sg.「天体観測」(2001/3/14)
 Vo.&Gt.藤原氏が17歳の頃に留学する高校の先輩のために送った曲。 

・「彼女と星の椅子」4th.Sg.「ハルジオン」(2001/10/17)
 Ba.直井氏が17歳の時に製作したものに、後から藤原氏と直井氏が手を加えて完成させた合作。

・「ホリデイ」5th.Sg.「スノースマイル」(2002/12/18)
 藤原氏が得意とする「日々の倦怠」が明るく歌い上げられている。
 
・「Ever lasting lie(Acoustic Version)」7th.Sg.「アルエ」(2004/3/31)
 アコースティックギター2本によるアレンジが加えられての再録。

・「睡眠時間」8th.Sg.「オンリー ロンリー グローリー」(2004/7/7)
 藤原氏の実の祖父へのレクイエム。

・「夢の飼い主」9th.Sg.「車輪の唄」(2004/12/1)
 ツアーの合間に強行スケジュールで録られた新曲。

・「スノースマイル ~ringing version~」9th.Sg.「車輪の唄」(2004/12/1)
 ベルやストリングス等、クリスマスの雰囲気のあるアレンジ。

・「銀河鉄道」10th.Sg.「プラネタリウム」(2005/7/21)
 1番を作り、2番を作った「プラネタリウム」とは反対に、頭から少しずつ作っていった曲で、タイトルは最後に決定した。

・「真っ赤な空を見ただろうか」12th.Sg.「涙のふるさと」(2006/11/22)
 藤原氏が極度のスランプに陥った際、偶然、夕焼けを見て強く感動し、その時の衝動のまま一気に書き上げた曲。

・「東京賛歌」13th.Sg.「花の名」(2007/10/24)
 藤原氏が始めてハーモニカを使用した曲。

・「ガラスのブルース(28 years round)」14th.Sg.「メーデー」(2007/10/24)
 アルバム「FLAME VEIN」収録曲のアコースティックバージョン。

・「プレゼント」
 アルバム「THE LIVING DEAD」に収録された「Opening」と「Ending」を1曲にした新曲。

こう、収録曲を一通り、目を通すと。
あぁ、懐かしいな、みたいな。
懐かしさあまりに。
久々にバンプの初期の曲でも聴いてみようかな、と思ったら。
肝心の音源が見つからない。
切なめ。
 
そういや。
「present 『for』 you」とは、よく聞くが。
「present 『from』 you」とは、あまり聞かないような。
でも、この「from」ってのが、ちょいと気になるトコではありますね。

今回のBGM:BUMP OF CHICKEN「プラネタリウム」
カラオケで唄っても、大概キーが合わない。
[PR]

by p_and_l | 2008-04-14 23:07 | 偏見的リリース情報

BUMP OF CHICKEN、2008年アリーナツアー決定。

一社会人なので。
今年も当たり前な顔をしてやってくる。
それは年末調整。
今年もやたら改正されてて、困ったもんだ。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■BUMP OF CHICKEN 2008 TOUR "ホームシップ衛星"
・2月23日(土)・24日(日)千葉 幕張メッセ国際展示場ホール9・10・11
 23日…開場/開演:17:00/18:30
 24日…開場/開演:16:30/18:00
 問合せ:BOC TICKET INFO(24hテープ案内)0180-99-3655
 チケット発売日:1月27日(日)

・3月6日(木)・7日(金)大阪 大阪城ホール
 開場/開演:18:00/19:00
 問合せ:グリーンズ 06-6882-1224
 チケット発売日:1月27日(日)

・3月17日(月)・18日(火)名古屋 日本ガイシホール
 開場/開演:18:00/19:00
 問合せ:ジェイルハウス 052-936-6041
 チケット発売日:2月3日(日)

・3月22日(土)仙台 ホットハウススーパーアリーナ(グランディ・21)
 開場/開演:17:00/18:00
 問合せ:キョードー東北 022-296-8888
 チケット発売日:2月10日(日)

・4月5日(土)金沢 石川県産業展示館4号館
 開場/開演:17:00/18:00
 問合せ:FOB金沢 076-232-2424
 チケット発売日:2月16日(土)

・4月12日(土)新潟 朱鷺メッセ
 開場/開演:17:00/18:00
 問合せ:FOB新潟 025-229-5000
 チケット発売日:2月16日(土)

・4月19日(土)札幌 北海道立総合体育センター きたえーる
 開場/開演:17:00/18:00
 問合せ:WESS 011-614-9999
 チケット発売日:2月17日(日)

・4月29日(火)広島 グリーンアリーナ
 開場/開演:17:00/18:00
 問合せ:夢番地広島 082-249-3571
 チケット発売日:2月2日(土)

・5月5日(月)・6日(火)福岡 マリンメッセ
 開場/開演:17:00/18:00
 問合せ:キョードーインフォメーション 092-715-8900
 チケット発売日:2月17日(日)

・5月10日(土)静岡 エコパ・アリーナ
 開場/開演:17:00/18:00
 問合せ:ジェイルハウス 052-936-6041
 チケット発売日:2月17日(日)

・チケット代:5.000円(前売)/5.500円(当日)



おぉ、遂に、やっと。
と言うのが、あや兵衛の感想でして。

何せ、先に公開されたライブハウスでのツアーには。
あや兵衛の地元・福岡がなかったですから。
そうなると、十中八九、ホールで行われるだろう、と。
そうしたら、やっぱりマリンメッセ。
広いよなぁ、ホント、あそこは。

あれだけ広いと。
また職場の方やら、知人に遭遇するのではないか、と思います。
前回のライブでは遭遇しました。
ちょっと気恥ずかしかったですな。

あと、あや兵衛的に。
福岡での開催日は、5日・6日で良かったな、と。
5月3日・4日は毎年、博多どんたくが開催されますからね。
そして、GW中は必ずと言って良いほど。
雨に見舞われるという。

……。
あ、しまった。
今、気づいた。
今年のクリスマスディナーの注文、まだ決めてなかったことに。
BUMP OF CHICKEN、の「CHICKEN」を見て、思い出しました。
いやはや、こんなトコでこんな付随効果があるなんて。
チキンの名前も伊達じゃないですね。

今回のBGM:BAND A「sad my sunday」
この間、ライブ行けなくてごめんなさい。
[PR]

by p_and_l | 2007-11-30 22:23 | 偏見的ライブ情報

BUMP OF CHICKEN、ニューアルバムリリース決定。

椿屋四重奏にて。
九州地区限定でCD購入者特典、ってのがあったんですよ。
「LOVER」か「恋わずらい」の購入者に抽選で、賞品が貰えるんですが。
不肖ながら、あや兵衛、当選しました。
非常に嬉しいです。
残業中に、その結果を知り。
「やった!」と、思わずガッツポーズしたおかげで。
近くにいた先輩を驚かせてしまいました。
すみません。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■タイトル:「orbital period」
・発売日:2007年12月19日
・レーベル:トイズファクトリー
・規格品番:TFCC-86245
・価格:3,059円(税込)
・収録曲
 1.voyager
 2.星の鳥(Instrumental)
 3.メーデー
 4.才悩人応援歌
 5.プラネタリウム
 6.supernova
 7.ハンマーソングと痛みの塔
 8.時空かくれんぼ
 9.かさぶたぶたぶ
 10.花の名
 11.ひとりごと
 12.飴玉の唄
 13.星の鳥 reprise(Instrumental)
 14.カルマ
 15.arrows
 16.涙のふるさと
 17.flyby



2004年8月25日にリリースした前作アルバム「ユグドラシル」以来、と。
実に、3年4ヶ月ぶりだそうで。
この事実を知って、もう、3年も経つのか!?と正直、驚きました。
まぁ、歳を取るごとに、1年とは早いものだと、痛感しますけどね。

さて。
このタイトルを見た時。
「orbital」という単語が使われてあることから。
天体に関することだろう、と予感しました。

案の定、調べましたら。

「orbital period」とは、「公転周期」または「軌道周期」を意味します。
一つの天体の周りを、他の天体が回ることを公転と言いまして。
だから、公転周期は1公転するのに要する時間を指します。

参考程度に。
地球の公転周期…365日。
月の公転周期…約27日8時間。

また。
バンプの音源の合計収録時間には、意味が込められていることが多いため。
今回もどのような意味があるのか、非常に楽しみです。

あと。
前作は14曲収録だったのに。
今回は17曲収録、と。
徐々に、収録曲数が増えていってることに驚いてます。

今回のBGM:GREAT ADVENTURE「BLACK POWER」
今日、この音源が届いて、嬉しさ倍増。
[PR]

by p_and_l | 2007-11-19 22:27 | 偏見的リリース情報

SG3。

昨夜、知人からメールが来て。
その内容はポカリスエットキャンペーンによる、ポルノグラフィティのシークレットライブのセットリストの報告でした。
いやはや、驚きましたよ。
何故、ちゃんとセットリストを覚えてるんだ!?、と。
(一応、普通に懐かしい曲も披露したんだな、とも驚きましたがね)

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■Tama、1stシングルリリース決定。
タイトル:Metal Cool
発売日:2006年11月1日
レーベル:SMEレコード
品番:SECL-442
価格:1,223円(税込) 
収録曲
 1.Metal Cool
 2.Strange Days
 3.Futures

※初回封入特典はLIVE応募ハガキ封入(在庫がなくなり次第、通常盤に切り替わります)

「Tamaって何!?」
と、思われる方もいらっしゃるでしょうが。
彼は元ポルノグラフィティのBa.です。
こう付け足せば。
「あーあーあー、成程ねぇ」
と、オバチャン並のリアクションをしていただけるかと思います。

■BUMP OF CHICKEN、シングルリリース決定。
タイトル:「涙のふるさと」
発売日:2006年11月22日
レーベル:トイズファクトリー
品番:TFCC-89191
価格:1,050円(税込)

こちらの曲はロッテのチョコレート〈エアーズ〉のCM曲としてオンエア中でございます。
あや兵衛はまだCMを見たことがないので、何とも言えませんが。
最後にロッテのチョコを食べたのがいつだったのか。
そちらの方が密かに気になってます。

■ASIAN KUNG-FU GENERATION、シングルリリース決定。
タイトル:「或る街の群青」
発売日:2006年11月29日
レーベル:キューン レコード
品番:KSCL 1068
価格:1,020円(税込)
収録曲
 1.或る街の群青 ~アルマチ ノ グンジョウ~
 2.鵠沼サーフ ~クゲヌマ サーフ~

こちらは、12月23日より全国ロードショーの映画「鉄コン筋クリート」主題歌になっております。
あまり聴き慣れない「鵠沼」。
何なのか調べてみたら。
神奈川県藤沢市の南部中央にある地域の総称だそうで。
地名の由来は、かつてその辺りには沼が多くあり、そこに鵠(くぐい)が多く飛来していたことからだそうです。
因みに、鵠とは白鳥のことです。

今回のBGM:BUMP OF CHICKEN「バイバイサンキュー」
青系色の中で群青ことコバルトブルーが一番好きです。
[PR]

by p_and_l | 2006-10-12 22:45 | 偏見的リリース情報