タグ:F-X ( 22 ) タグの人気記事

BEA presents F-X 2010、タイムテーブル決定。

ゴールデンウィーク中の、とある出来事。
車を運転していたら、国道の交差点で、出会い頭の交通事故があったようで。
1台の車の運転席部分の破損が、とても激しかったですね。
怖いなぁ、なんて思っていたら、その5分後。
国道沿いのパン屋さんに、軽トラックが前から突っ込んでありました。
恐らく、ブレーキとアクセルを間違えたのではなかろうか、と。
その光景に呆気に取られまして、写メを撮ろうかと思いましたけど。
流石に不謹慎かなぁと、思い直して止めておきました。
そして、ラーメン屋に立ち寄ったら、駐車場に停められた車のナンバーが、総て県外でした。
一番遠かったのは、浜松でした。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■BEA presents F-X 2010
・日程:2010年5月15日(土)・16日(日)
・開場/開演:両日共に、10:30/11:00(20:30終演予定)
・会場:海の中道海浜公園 デイキャンプ場(福岡市東区西戸崎)※雨天決行
・料金:1日券…各日6,300円(入園料込み)/2日間通し券…10,500円(入園料込み)※6才未満ご入場不可
・ローソンチケット:0570-000-461(発売日初日のみ)/0570-084-008(発売日翌日以降)
【L コード:87700】
・チケットぴあ:0570-02-9902(発売日初日のみ)/0570-02-9999(発売日翌日以降)【Pコード:347-487】
・e+(イープラス)
・チケット一般発売日:3月20日(土)
・問合せ:BEA 092-712-4221(平日11:00~18:00・第2・4土曜日11:00~15:00)/Mail→fxck@bea-net.com
・公式HP→http://www.bea-net.com/FX/
・タイムテーブル(※タイムテーブル・出演者・開始時間は変更になる場合有り。各ステージ20分前後のセットチェンジ有り)
 【5月15日(土)】
 11:00~ [Champagne]
 11:45~ オレスカバンド
 12:30~ SISTER JET
 13:15~ FUZZY CONTROL
 14:05~ Pay money To my Pain
 14:55~ GLORY HILL
 15:45~ ONE OK ROCK
 16:45~ 9mm Parabellum Bullet
 17:45~ THE BACK HORN
 18:45~ HAWAIIAN6
 19:45~ RIZE
 
 【5月16日(日)】
 11:00~ GENERAL HEAD MOUNTAIN
 11:45~ coldrain
 12:30~ FUNKIST
 13:15~ COMEBACK MY DAUGHTERS
 14:05~ Northern19
 14:55~ RAZORS EDGE
 15:45~ HiGE
 16:45~ locofrank
 17:45~ AA=
 18:45~ BEAT CRUSADERS
 19:45~ 怒髪天


はい。
今回、発表されたのは、タイムテーブルです。
実は、あや兵衛個人的に今まで、勘違いをしていまして。
公式HPに、タイムテーブルについては、「公演直前に発表」と書かれていましたから。
てっきり、フェス当日にならないと判らない、と思っていました。
お恥ずかしい限りです。

あと、公式HPでは、フェスに関する注意事項を明記した「NOTICE」。
公式グッズに関する「GOODS」と。
総てのコンテンツが掲載されておりますので。
目を通されることを、強くオススメします。

今年のトップバッターは[Champagne]で、初日のトリはRIZEで。
今年の大トリは怒髪天です。
怒髪天は判らなくもなかったんですが。
RIZEのトリは意外でしたね。
実は、あや兵衛はTHE BACK HORNか、と思っていました。

一昨年、あや兵衛の乗ったツアーバスの会場到着時刻が、遅れてしまいまして。
オープニングアクトの序盤が見られなかったんですよね。
だから、今年はくれぐれも気をつけなければ。
何せ、[Champagne]がトップバッターですから。
初手から、エンジンをフル稼働させます。
こう見えても、スイッチのONとOFFの切替は得意です。

あと、あや兵衛個人的にはトリよりも、その1つ前の出演バンドの方を気にしていました。
何故かと言いますと。
5月の福岡の日の入りが、だいたい19時頃なんですよ。
それで、夕暮れから暗闇へ移ろうと共に、ステージの様子の変化が、とても綺麗でして。
あや兵衛は、良いシチュエーションだと思っています。
まぁ、16日のBEAT CRUSADERSは予想していた分。
15日のHAWAIIAN6は、嬉しいですね。
何か、えらく叙情的になりそうです。

あと残り、1週間です。
あと、やるべきことは、てるてる坊主作成でしょうか。
当日はルールを守って。
互助の精神を忘れず。
思う存分楽しんで。
良き思い出を作れたらな、と思います。

今回のBGM:9mm Parabellum Bullet「Talking Machine」
[PR]

by p_and_l | 2010-05-07 23:38 | 偏見的ライブ情報

BEA presents F-X 2010、最終出演アーティスト・出演日程決定。

今日の午前中は、お腹の調子が良ろしくなくて苦しみました。
朝はカレーだろうが、カツ丼だろうが、お好み焼きだろうが。
問題なく、胃袋は受け付けてくれるのですが。
唯一の弱点として、牛乳がダメです。
ホットは良いけど、コールドが無理。
今朝のミルクティー、牛乳を少し多めにいれたのが、マズかったか。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■BEA presents F-X 2010
・日程:2010年5月15日(土)・16日(日)
・開場/開演:両日共に、10:30/11:00(20:30終演予定)
・会場:海の中道海浜公園 デイキャンプ場(福岡市東区西戸崎)※雨天決行
・料金:1日券…各日6,300円(入園料込み)/2日間通し券…10,500円(入園料込み)※6才未満ご入場不可
・ローソンチケット:0570-000-461(発売日初日のみ)/0570-084-008(発売日翌日以降)
【L コード:87700】
・チケットぴあ:0570-02-9902(発売日初日のみ)/0570-02-9999(発売日翌日以降)【Pコード:347-487】
・e+(イープラス)
・チケット一般発売日:3月20日(土)
・問合せ:BEA 092-712-4221(平日11:00~18:00・第2・4土曜日11:00~15:00)/Mail→fxck@bea-net.com
・公式HP→http://www.bea-net.com/FX/
・出演アーティスト ※アルファベット順・()内の数字は過去F-X出演回数
 【5月15日(土)】
 9mm Parabellum Bullet
 THE BACK HORN
 [Champagne]
 FUZZY CONTROL
 GLORY HILL
 HAWAIIAN6
 ONE OK ROCK
 オレスカバンド
 Pay money To my Pain
 RIZE
 SISTER JET

 【5月16日(日)】
 AA=(初)
 BEAT CRUSADERS
 coldrain
 COMEBACK MY DAUGHTERS
 怒髪天
 FUNKIST
 GENERAL HEAD MOUNTAIN
 HiGE
 locofrank
 Northern19
 RAZORS EDGE


はい。
今回、発表されたのは、AA=です。
これで、総ての出演アーティストが発表されたワケでして。
あと、各日のタイムテーブルなんですけども。
公式HPによりますと、公演直前に発表されるとのことです。

公式Twitterで、最後に発表されるアーティストのヒントが、「A」で始まるアーティストだったんですけど。
これは、予想を遥かに超えましたね。
あや兵衛、ASIAN KUNG-FU GENERATIONを予想しておりましたから。
公式ブログでも、流石に正解はなかったそうでして。
主催者の思惑通りだったに違いない、とか。
何処の孔明か、とか。
お主もなかなかワルよのぉ、とか。
言ってる場合ではなく。

あや兵衛としては、もう万歳三唱。
今夜はお赤飯だね、おっ母さん、と言いたいくらい。
そして、大いに悶える。
何故かと言いますと。
「AA=」はTHE MAD CAPSULE MARKETSの上田剛士のソロ・ユニットのことでして。
あや兵衛、実は、THE MAD CAPSULE MARKETSがお気になんです。
ライブにも、一度だけ行きました。

それにしても。
もう、F-Xまで1ヶ月とちょっとですね。
フェス当日は、晴天であることいいですね。
5月と言えど、会場のすぐ近くに海があるため、海風が少々冷たい場合もありますので。
上着のご用意をしておくことをオススメします。

そして、フェス当日はくれぐれもケガのないように。
互助の心が大事です。
皆さんにとって、楽しい日となりますように。
当日、どんなサプライズがあるか、密かに期待しています。
陰ながら、今年もF-Xが成功を収められますよう、お祈り申し上げます。

さて、今回で長かった説明も最後となりましたので、どうぞお付き合い下さいませ。
■AA=(エーエーイコール)
・THE MAD CAPSULE MARKETSの上田剛士のソロ・ユニット。
・2006年4月にTHE MAD CAPSULE MARKETSが活動停止となり、2008年10月にAA=として活動開始。ユニット名は、ジョージ・オーウェル作「動物農場」の一文、「All animals are equal」の略から。
・所属レーベルは、commmons。
・最新音源は、1stアルバム「#1」(2009.02.25)。

今回のBGM:AA=「ROOTS」
[PR]

by p_and_l | 2010-04-09 17:48 | 偏見的ライブ情報

BEA presents F-X 2010、第4弾出演アーティスト・出演日程決定。

ROCKIN'ON JAPAN5月号を購入していたのにも関わらず。
タワレコの袋に入れたまま、約5日。
それを読みながら、ふと思い返せば。
4月号も、タワレコの袋から出していなかったことが判明しました。
この後、読みます。
そして、タワレコで貰ってきたフリーペーパーも。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■BEA presents F-X 2010
・日程:2010年5月15日(土)・16日(日)
・開場/開演:両日共に、10:30/11:00(20:30終演予定)
・会場:海の中道海浜公園 デイキャンプ場(福岡市東区西戸崎)※雨天決行
・料金:1日券…各日6,300円(入園料込み)/2日間通し券…10,500円(入園料込み)※6才未満ご入場不可
・ローソンチケット:0570-000-461(発売日初日のみ)/0570-084-008(発売日翌日以降)
【L コード:87700】
・チケットぴあ:0570-02-9902(発売日初日のみ)/0570-02-9999(発売日翌日以降)【Pコード:347-487】
・e+(イープラス)
・チケット一般発売日:3月20日(土)
・問合せ:BEA 092-712-4221(平日11:00~18:00・第2・4土曜日11:00~15:00)/Mail→fxck@bea-net.com
・公式HP→http://www.bea-net.com/FX/
・出演アーティスト ※アルファベット順・()内の数字は過去F-X出演回数
 【5月15日(土)】
 9mm Parabellum Bullet
 THE BACK HORN(初)
 [Champagne]
 FUZZY CONTROL
 GLORY HILL
 HAWAIIAN6
 ONE OK ROCK
 オレスカバンド
 Pay money To my Pain
 RIZE
 SISTER JET

 【5月16日(日)】
 BEAT CRUSADERS
 coldrain
 COMEBACK MY DAUGHTERS(2)
 怒髪天
 FUNKIST
 GENERAL HEAD MOUNTAIN
 HiGE
 locofrank
 Northern19
 RAZORS EDGE



はい。
第4弾として発表されたのは、2組です。
今日現在で、これで、15日は11組で、16日は10組です。
即ち、あと残るは、16日の出演の1組の発表のみです。

公式Twitterによりますと。
残り3組のアーティストのヒントが、「A.B.C.」とのことでして。
即ち、BがTHE 「B」ACK HORNで。
Cが「C」OMEBACK MY DAUGHTERSだから。
残りは、Aで始まるアーティストとなりますね。
あや兵衛が思いつく限りのアーティストを挙げますと。
ASIAN KUNG-FU GENERATION、avengers in sci-fi、andymori、ASPARAGUS、ACIDMAN、ala、ART-SCHOOL、あふりらんぽ、等々。
しかし、Aをすっ飛ばして、B・Cと先に来ましたからね。
これがベッドでの話なら、女の子はえらく困ることでしょう。
まぁ、それは置いといて。

昨夜、Zepp Fukuokaで開催されたTHE BACK HORNのKYO-MEI大会に行ってきまして。
入場整列中に、この朗報を知りました。
おかげ様で、声を上げるわ、ライブ同行者の両方の二の腕を掴んで、前後に振って揺らすわで。
こんな形で、喜びを体現させていただきました。
あや兵衛の後ろに並んでいらっしゃった数名の女性の方の、「あぁ、F-Xか」の呟きで、我に帰りましたけど。
しかし、「COMEBACK MY DAUGHTERS」を早口に言うのは、難しいですな。
興奮も相俟ったせいで、声を上げた時、ちょっと舌を噛みました。
また、会場入口で戴いたチラシの中に、2組の出演が明記されたF-Xのチラシが同封されておりました。
流石です。

公式HPでは「ACCESS」の項目にて、内容が追加されていまして。
今年もJTBのツアーが決定しております。
なので、遠方の方々にはオススメですよ。

さて、今回も2組を簡単ながら説明しますので、お付き合い下さいませ。
■THE BACK HORN(ザ・バックホーン)
・メンバーは、山田将司(Vo.)、菅波栄純(Gt.)、岡峰光舟(Ba.)、松田晋二(Dr.)の4人による、ロックバンド。
・1998年に結成し、2001年に1stシングル「サニー」でメジャーデビュー。
・所属レーベルは、SPEEDSTAR RECORDS。
・最新音源は、7thアルバム「パルス」(2008.09.03)。2010年4月21日に18thシングル「戦う君よ」がリリース予定。
・2010年4月6日(火)に大分で、「LIVE HOUSE OITA T.O.P.S『21th ANNIVERSARY SPECIAL』」に出演。

■COMEBACK MY DAUGHTERS(カムバック・マイ・ドーターズ)
・メンバーは、高本和英(Vo.&Gt.)、中津川吾郎(Dr.)、CHUN2(Gt.)、小坂裕亮(Key.)の4人による、ロックバンド。
・1998年に結成し、2000年に初音源のアナログ盤「HOME OF THE SUN」を自主レーベルからリリース。
・所属レーベルは。PIZZA OF DEATH RECORDS。
・最新音源は、3rdアルバム「EXPerience」(2008.10.22)。2010年5月21日にNIW!RECORDSより7inch「Bored Rigid」がリリース予定。

今回のBGM:THE BAWDIES「KEEP YOU HAPPY」
[PR]

by p_and_l | 2010-04-05 20:34 | 偏見的ライブ情報

BEA presents F-X 2010、第3弾出演アーティスト・出演日程決定。

とあるライブの入場整列中。
あや兵衛の後ろに並んである方が、お金を落とされた。
あや兵衛が「どうぞ」と、拾って渡せば、その方は「すみません」と、頭を下げる。
ところが、また、お金を落とされた。
その方が「すみません」と気恥ずかしそうに言えば、あや兵衛は「いいですよ」と答える。
ところが、またまた、お金を落とされた。
近くに並んであった方が、状況を見ていたのか、思わず失笑された。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■BEA presents F-X 2010
・日程:2010年5月15日(土)・16日(日)
・開場/開演:両日共に、10:30/11:00(20:30終演予定)
・会場:海の中道海浜公園 デイキャンプ場(福岡市東区西戸崎)※雨天決行
・料金:1日券…各日6,300円(入園料込み)/2日間通し券…10,500円(入園料込み)※6才未満ご入場不可
・ローソンチケット:0570-000-461(発売日初日のみ)/0570-084-008(発売日翌日以降)
【L コード:87700】
・チケットぴあ:0570-02-9902(発売日初日のみ)/0570-02-9999(発売日翌日以降)【Pコード:347-487】
・e+(イープラス)
・チケット一般発売日:3月20日(土)
・問合せ:BEA 092-712-4221(平日11:00~18:00・第2・4土曜日11:00~15:00)/Mail→fxck@bea-net.com
・公式HP→http://www.bea-net.com/FX/
・出演アーティスト ※アルファベット順・()内の数字は過去F-X出演回数
 【5月15日(土)】
 9mm Parabellum Bullet
 [Champagne] (初)
 FUZZY CONTROL
 GLORY HILL
 HAWAIIAN6(初)
 ONE OK ROCK
 オレスカバンド
 Pay money To my Pain
 RIZE
 SISTER JET(初)

 【5月16日(日)】
 BEAT CRUSADERS
 coldrain
 怒髪天
 FUNKIST
 GENERAL HEAD MOUNTAIN(初)
 HiGE
 locofrank
 Northern19
 RAZORS EDGE



はい。
第3弾として発表されたのは、4組です。
今日現在で、これで、15日は10組で、16日は9組です。
公式Twitterによりますと。
今年は、各日11組のアーティストが出演だそうで。
5月15日はあと1組、5月16日はあと2組、それぞれ出演で。
次回の出演アーティスト発表は、4月に入ってからとのことです。

あと、Twitterと言いますと。
現在、公式Twitterでは、公式グッズのリクエストを受け付けてあります。
Twitterをやられてある方は、ぜひ、呟いてみては如何でしょうか。
まだ、Twitterをやられてない方も、これを機会に如何でしょうか。

あや兵衛個人的に、[Champagne] の出演が嬉しすぎて。
何せ、[Champagne] の今回のアルバムリリースツアーに、福岡が含まれていませんでしたからね。
含まれていなかったんですよ、えぇ、畜生。

この喜びを、先に自身のTwiiterで呟くどころか、叫ぶ形で代弁させていただきました。
流石に、コンビニ店内で「よっしゃー!」とか、叫べるか、って。

さて、今回も4組を簡単ながら説明しますので、お付き合い下さいませ。
…4組でよかった。

■[Champagne] (シャンペイン)
・メンバーは、川上洋平(Vo.&Gt.)、磯部寛之(Ba.&Cho.)、白井眞輝(Gt.)の3人による、ロックバンド。
・2007年に、現メンバーにより本格始動。
・所属レーベルは、RX-records。
・最新音源は、インディーズ1stアルバム「Where's My Potato」(2010.01.20)。

■HAWAIIAN6(ハワイアン・シックス)
・メンバーは、yuta(Gt.&Vo.)、toru(Ba.&Cho.)、hatano(Dr.)の3人による、メロディックハードコアバンド。
・1997年結成。2000年、1stミニアルバム「FANTASY」でデビュー。
・所属レーベルは、IKKI NOT DEAD。
・最新音源は、3rdアルバム「BONDS」(2009.11.11)。

■SISTER JET(シスター・ジェット)
・メンバーは、ワタルS(Vo.&Gt.)、ショウサカベ(Ba.&Cho.)、ケンスケアオキ(Dr.&Cho.)の3人による、ロックバンド。
・2003年結成。2008年、1stミニアルバム「our first love EP」でデビュー。
・所属レーベルは、felicity。
・最新音源は、タワレコ限定販売シングル「MR.LONERY」(2010.02.03)。ミニアルバム「JETBOY JETGIRL」(2009.11.06)
・現在、ライブツアー「~TOUR~『MR.LONELY』」敢行中。長崎・3月25日(木)、熊本・3月26日(金)、鹿児島・3月27日(土)、福岡・3月28日(日)。

■GENERAL HEAD MOUNTAIN(ジェネラル・ヘッド・マウンテン)
・メンバーは、松尾昭彦(Vo.&Ba.)、オカダコウキ(Gt.)、海太(Dr.)の3人による、宮崎出身のロックバンド。
・2000年1月に結成し、2003年5月に現メンバーに。 2009年、「羽」でメジャーデビュー。
・所属レーベルは、日本コロムビア。
・最新音源は、メジャー1stアルバム「深まる日々に、微笑みを。」(2010.01.20)
・「ircle 「NextRockFes2010春」プレワンマン」が福岡・3月26日(金)、小倉・3月27日(土)、熊本・3月28日(日)。「NUBO"HANDMADE PLAYGROUND"TOUR」が久留米・3月31日(水)、佐賀・4月3日(土)、長崎・4月4日(日)。

今回のBGM:ala「across the world」
[PR]

by p_and_l | 2010-03-13 20:43 | 偏見的ライブ情報

BEA presents F-X 2010、第2弾出演アーティスト・出演日程決定。

今、やたらと長かった本編を書き終えました。
えらく集中したおかげで、少々、気持ち悪うございます。
あや兵衛個人的に、怒髪天の出演が嬉しいです。
流石は、去年、怒髪天のツアー途中に、急遽、F-Xにやってきて。
初日の、MARS EURYTHMICSのステージの後に。
DOESをゲストに、増子氏によるトークショーを展開しただけはあります。
その際、ツアー中にお客さんから戴いたという、酒一升瓶を片手に、既に出来上がっている状態でしたが。
あと、あや兵衛個人的に、ONE OK ROCKの出演が驚きです。
他意はなく、純粋に驚いただけです。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■BEA presents F-X 2010
・日程:2010年5月15日(土)・16日(日)
・開場/開演:両日共に、10:30/11:00(20:30終演予定)
・会場:海の中道海浜公園 デイキャンプ場(福岡市東区西戸崎)※雨天決行
・料金:1日券…各日6,300円(入園料込み)/2日間通し券…10,500円(入園料込み)※6才未満ご入場不可
・ローソンチケット:0570-000-461(発売日初日のみ)/0570-084-008(発売日翌日以降)
【Lコード:87700】
・チケットぴあ:0570-02-9902(発売日初日のみ)/0570-02-9999(発売日翌日以降)【Pコード:347-487】
・e+(イープラス)
・チケット一般発売日:3月20日(土)
・問合せ:BEA 092-712-4221(平日11:00~18:00・第2・4土曜日11:00~15:00)/Mail→fxck@bea-net.com
・公式HP→http://www.bea-net.com/FX/
・出演アーティスト ※アルファベット順・()内の数字は過去F-X出演回数
 【5月15日(土)】
 9mm Parabellum Bullet(4)
 FUZZY CONTROL(初)
 GLORY HILL
 ONE OK ROCK(初)
 オレスカバンド(初)
 Pay money To my Pain
 RIZE(初)

 【5月16日(日)】
 BEAT CRUSADERS(4)
 coldrain(初)
 怒髪天(初)
 FUNKIST(初)
 HiGE(2)
 locofrank
 Northern19
 RAZORS EDGE



はい。
第2弾として発表されたのは、10組です。
しかし、まだまだ出演アーティストは、増えるようですよ。

しかも、今日時点での公式HPでは、以下のコンテンツの内容も追加されてあります。
交通アクセスを知るための「ACCESS」、スタッフによるブログの「BLOG」、過去のF-Xの歴史やライブレポートが見られる「ARCHIVE」。
しかも、今年は更に公式の「Twitter」まで登場です。
それはもう、ジョニーのように、流行の波に乗ってありますね。
そう言うあや兵衛も、他人の事は言えませぬが。

さて、今回は10組一度に、説明しますので。
少々、長いですが、お付き合い下さいませ。

■9mm Parabellum Bullet(キューミリ・パラベラム・バレット)
・メンバーは、菅原卓郎(Vo.&Gt.)、滝善充(Gt.)、中村和彦(Ba.)、かみじょうちひろ(Dr.)の4人による、横浜出身のロックバンド。
・2004年に結成し、2007年「Discommunication e.p.」でメジャーデビュー。
・所属レーベルは、Capitol Music(EMI)。
・最新音源は、2ndシングル「命ノゼンマイ」(2010.01.06)。2010年4月21日に3rdアルバム「Revolutionary」がリリース予定。
・現在、ライブツアー「命ノゼンマイ大巡業」敢行中。尚、2010年5月20日より、ワンマンツアー「Revolutionary Tour 2010」を敢行。九州は、福岡・6月13日(日)。

■FUZZY CONTROL(ファジー・コントロール)
・メンバーは、JUON(Vo.&Gt.)、SATOKO(Dr.&Cho.)、JOE(Ba.&Cho.)の3人による、ロックバンド。
・2003年に結成。1stシングル「SHINE ON」でデビュー。
・所属レーベルはCountersign、DCT records。
・最新音源は、10thシングル「latest」(2009.12.02)。
・2010年3月19日より、「FUZZY CONTROL九州対バンTOUR」を敢行。鹿児島・3月19日(金)、熊本・3月20日(土)、福岡・3月21日(日)、長崎・3月22日(月・祝)、大分・3月25日(木)、宮崎・3月24日(水)。

■ONE OK ROCK(ワン・オク・ロック)
・メンバーは、Taka(Vo.)、Toru(Vo.&Gt.)、Ryota(Ba.)、Tomoya(Dr.)の4人による、ロックバンド。
・2006年に1stミニアルバム「ONE OK ROCK」でインディーズデビューし、2007年に1stシングル「内秘心書」でメジャーデビュー。
・所属事務所はアミューズで、所属レーベルはA-Sketch。
・最新音源は、4thシングル「完全感覚Dreamer」(2010.02.03)。
・2010年4月15日に大分で、「松健aniki祭 vol.21 &山嵐 PRIDE TOUR 2010」。2010年6月27日より、「ONE OK ROCK 2010 "This is my own judgment" TOUR」を敢行。九州は、福岡・7月3日(土)。

■オレスカバンド
・メンバーは、とみ(Ba.&Vo.)、もりこ(T-Sax)、サキ(Trumpet)、リーダー(Trombone)、たえさん(Dr.)、いかす(Dt.&Vo.)の6人による、スカバンド。
・2003年5月に結成。2006年に1stミニアルバム「俺」でメジャーデビューし、2007年にはアルバム「ORESKABAND」で全米デビュー。
・所属レーベルは、TERRY DOLLAR RECORD$(Sony Music Associated Records)。
・最新音源は、ミニアルバム「What a Wonderful World! vol.2」(2009.04.15)。2010年4月28日にシングル「自転車」リリース予定。

■RIZE(ライズ)
・メンバーは、JESSE(Vo.&Gt.)金子ノブアキ(Dr.)、KenKen(Ba.)の3人による、ミクスチャー・ロックバンド。
・1997年に結成。2000年シングル「カミナリ」でメジャーデビュー。
・所属レーベルは、FAR EASTERN TRIBE RECORDS(ユニバーサルミュージック)。
・最新音源は、15thシングル「ZERO」(2009.10.28)

■BEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダーズ)
・メンバーは、ヒダカトオル(Vo.&Gt.)、クボタマサヒコ(Ba.)、カトウタロウ(Gt.)、マシータ(Dr.)、ケイタイモ(Key.)の5人による、ロックバンド。
・1997年に結成。2003年に現メンバーに。2004年にミニアルバム「A PopCALYPSE NOW 〜地獄のPOP示録〜」でメジャーデビュー。
・所属レーベルは、DefSTAR RECORDS。
・最新音源は、メジャー8thシングル「LET IT GO」(2009.09.23)

■coldrain(コールドレイン)
・メンバーは、 Masato(Vo.)、Sugi(Gt.)、Y.K.C(Gt.)、RxYxO(Ba.)、Katsuma(Dr.)の5人による、名古屋出身のメロディアスラウドロックバンド。
・2007年結成。2008年、1stマキシシングル「Fiction」でデビュー。
・所属レーベルは、バップ。
・最新音源は、1stフルアルバム「Final Destination」(2009.10.28)。
・「Supe 【BLACKLIST TOUR 2010 in JAPAN】」が、熊本・3月11日(木)、福岡・3月12日(金)と3月15日(月)敢行。「TRIANGLE'10」が、長崎・4月24日(土)、佐賀・4月25日(日)、熊本・4月27日(火)、大分・4月29日(木・祝)、宮崎・5月2日(日)、鹿児島・5月3日(月・祝)、福岡・5月5日(水・祝)敢行。

■怒髪天(ドハツテン)
・メンバーは、増子直純(Vo.)、上原子友康(Gt.)、清水泰而(Ba.)、坂詰克彦(Dr.)の4人による、北海道出身のロックバンド。
・1984年結成。1991年にメジャーデビューし、活動休止後、1999年にインディーズで活動再開し、2004年に再メジャーデビュー。
・所属レーベルは、インペリアルレコード。
・最新音源は、シングル「ド真ん中節」(2010.01.27)。3月3日にアルバム「オトナマイト・ダンディー」リリース予定。
・2010年3月14日に熊本で「KKT ROCKET COMPLEX×FMK RADIO BUSTERS Presetns SOUND BLOW Vol.2」。2010年4月1日に福岡で「THE BACK HORN「KYO-MEI大会」」。2010年5月3日より「オトナマイト・ダンディー・ツアー 2010 "NEO ダンディズム"」を敢行。九州は、大分・5月14日(金)、福岡・6月13日(日)。

■FUNKIST(ファンキスト)
・メンバーは、染谷西郷(Vo.)、宮田泰治(Gt.)、ヨシロウ(Gt.)、春日井陽子(Flute)、JOTARO(Ba.)、オガチ(Percussion)、住職(Dr.)の7人による、ミクスチャー・ロック・バンド。
・2001年結成。2008年、シングル「my girl」でメジャーデビュー。
・所属レーベルは、ポニーキャニオン。
・最新音源は、メジャー4thシングル「Snow fairy」(2009.12.02)。2010月3月10日にLeyona×FUNKIST×Latyr Sy「MAMA AFRICA」をリリース予定。
・2010年3月8日より「FUNKIST CUP ワンマンツアー2010」を敢行。九州は、福岡・3月12日(金)。

■HiGE(ヒゲ)
・メンバーは、須藤寿(Vo.&Gt.)、斉藤祐樹(Gt.&Piano)、宮川トモユキ(Ba.)、佐藤"コテイスイ"康一(Percussion&Dr.)、川崎"フィリポ"裕利(Dr.&Percussion)の5人による、ロックバンド。
・1999年結成。2003年にミニアルバム「LOVE LOVE LOVE」でインディーズデビュー。2005にアルバム「Thank you, Beatles」でメジャーデビュー。2010年2月に、バンド名を「髭 (HiGE)」から「HiGE」に変更。
・所属レーベルは、ビクターエンタテインメント/SPEEDSTAR RECORDS。
・最新音源は、メジャー6thアルバム「D.I.Y.H.i.G.E」(2009.03.04)。2010年3月17日にベストアルバム「テキーラ!テキーラ! the BEST」をリリース予定。

今回のBGM:なし。
[PR]

by p_and_l | 2010-02-25 22:48 | 偏見的ライブ情報

BEA presents F-X 2010、第1弾出演アーティスト決定。

ポテトチップスで、表面をギザギザにするメリットがよく判らない。
だからと言って。
デメリットもよく判らない。
何故、かっぱえびせんと、ポテトチップスを間違えるのか。
それも、もっと判らない。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■BEA presents F-X 2010
・日程:2010年5月15日(土)・16日(日)
・開場/開演:両日共に、10:30/11:00(20:30終演予定)
・会場:海の中道海浜公園 デイキャンプ場(福岡市東区西戸崎)※雨天決行
・料金:1日券…各日6,300円(入園料込み)/2日間通し券…10,500円(入園料込み)※6才未満ご入場不可
・ローソンチケット:0570-000-461(発売日初日のみ)/0570-084-008(発売日翌日以降)
【Lコード:87700】
・チケットぴあ:0570-02-9902(発売日初日のみ)/0570-02-9999(発売日翌日以降)【Pコード:347-487】
・e+(イープラス)
・チケット一般発売日:3月20日(土)
・問合せ:BEA 092-712-4221(平日11:00~18:00・第2・4土曜日11:00~15:00)/Mail→fxck@bea-net.com
・公式HP→http://www.bea-net.com/FX/
・出演アーティスト ※アルファベット順・()内の数字は過去F-X出演回数
 GLORY HILL(2)
 locofrank(初)
 Northern19(初)
 Pay money To my Pain(初)
 RAZORS EDGE(3)



はい。
第1弾として発表されたのは、5組です。
昨年と比べりゃ、発表数がえらく少ないです。
でも、あや兵衛、ほんの最近になって知りまして。
初開催である、ロッキング・オン主催の「JAPAN JAM 2010」は、F-Xと同時期だったんですね。
こうなると、各フェスとの出演の兼ね合いがどうなるのか、と。
ちょっと気になるトコですが。

あや兵衛個人的に、特に喜んだのが、locofrankとNothern19です。
locofrankは野外でライブを観るのは、MONSTER baSH 2005以来と。
5年振りなので、とても楽しみです。

Nothern19は野外でライブを――と言うより。
ライブ自体が初めてでして。
思えば、昨年3月に行こうとしたライブが、体調不良で見送ったので。
F-Xでその分、楽しませていただきます。
そもそも、Nothern19はツアーが決定してますが。
バンド公式HPで、肝心の地元・福岡が「会場未定」となっていたのが。
当初、目を疑いましたけど。
今では、温かい眼差しを向けたくなります。

そして、今年もやりますよ。
各バンドの簡単な説明をどうぞ。

■GLORY HILL【グローリー・ヒル】
・メンバーは、TAKUYA(Vo.&Gt.)、JUNYA(Gt.&Cho.)、KO-01(Ba.&Cho.)、KENSAKU(Dr.)の4人による、愛知出身のエモ・メロディックパンクバンド。
・2006年に、インディーズプレデビューアルバム「ploof of existence」でデビュー。
・所属レーベルは、ULTIMATE RECORDINGS。
・最新音源は、3rdアルバム「Signs」(2009.09.02)。

■locofrank【ロコフランク】
・メンバーは、木下正行(Vo.&Ba.)、森勇介(Gt.&Vo.)、笹原達也(Dr.&Cho.)の3人による、大阪出身のメロディック・ハードコアバンド。
・1998年「相撲茶屋」という名前で結成し、2003年に現在の名前に改名。
・所属レーベルは、773Four RECORDS。
・最新音源は、3rdアルバム「BRAND-NEW OLD-STYLE」(2008.06.04)。

■Northern19【ノーザン・ナインティーン】
・メンバーは、笠原健太郎(Gt.&Vo.)、井村知治(Ba.&Vo.)、馬場豊心(Dr.)の3人による、新潟出身のメロディックパンクバンド。
・2006年に、1stアルバム「Everlasting」でデビュー。
・所属レーベルは、CATCH ALL RECORDS。
・最新音源は、3rdアルバム「SMILE」(2010.03.10)。
・2010年3月19日より、ライブツアー「SMILE TOUR 2010」を敢行。 九州は、長崎・5月14日(金)、佐賀・5月15日(土)、熊本・5月18日(火)、鹿児島・5月19日(水)、宮崎・5月21日(金)、大分・5月22日(土)。

■Pay money To my Pain【ペイ・マネー・トゥー・マイ・ペイン】
・メンバーは、K(Vo.)、Pablo(Gt.)、T$UYO$HI(Ba.)、ZAX(Dr.)の4人による、スクリーモハードコア・パンクバンド。
・2004年に結成し、1stシングル「Drop of INK」でデビュー。
・所属レーベルは、Vap。
・最新音源は、2ndアルバム「after you wake up」(2009.03.18)。
・Supe"BLACKLIST TOUR 2010 in JAPAN"に対バン出演。熊本・3月11日(木)、福岡・3月12日(金)。

■RAZORS EDGE【レイザーズ・エッジ】
・メンバーは、KENJI RAZORS(Vo.)、TAKA BEEF(Gt.)、MISSILE(Ba.)、KRASH(Dr.)の4人による、大阪出身のスラッシュ・ハードコア・パンクバンド。
・1996年に結成し、1998年に7インチ盤「THRASH MARCH e.p.」、2000年に1stアルバム「THRASH 'EM ALL!!」をリリース。
・所属レーベルは、PIZZA OF DEATH RECORDS。
・最新音源は、5thアルバム「SONIC!FAST!LIFE!」(2010.03.10)。
・2010年4月10日より、ライブツアー「SONIC!FAST!LIVE!TOUR 2010」を敢行。九州は、大分・6月19日(土)、宮崎・6月20日(日)、鹿児島・6月22日(火)、熊本・6月24日(木)、長崎・6月26日(土)。

今回のBGM:FACT「a fact of life」
[PR]

by p_and_l | 2010-02-08 21:04 | 偏見的ライブ情報

BEA presents F-X 2010、開催決定。

この間、お祭りに行きまして。
数ある屋台の中から、チョコバナナを見つけました。
チョコバナナの屋台は初めて見たから、妙に新鮮でした。
バナナの先端に、コーンフレークやカラーチョコスプレーを使って。
動物の顔にしてあるのは、面白かったです。
チョコバナナなら、牛乳もセットで、と。
汚れたオトナの、タチの悪いボケです。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■BEA presents F-X 2010
・日程:2010年5月15日(土)・16日(日)
・開場/開演:両日共に、10:30/11:00(20:30終演予定)
・会場:海の中道海浜公園 デイキャンプ場(福岡市東区西戸崎)※雨天決行

・料金:1日券…各日6,300円(入園料込み)/2日間通し券…10,500円(入園料込み)※6才未満ご入場不可
・ローソンチケット:0570-000-461(発売日初日のみ)/0570-084-008(発売日翌日以降)
【Lコード:87700】
・チケットぴあ:0570-02-9902(発売日初日のみ)/0570-02-9999(発売日翌日以降)【Pコード:347-487】
・e+(イープラス)
・チケット一般発売日:3月20日(土)
・問合せ:BEA 092-712-4221(平日11:00~18:00・第2・4土曜日11:00~15:00)/Mail→fxck@bea-net.com
・公式HP→http://www.bea-net.com/FX/



古代種が、至上の幸福が眠るとも言われる「約束の地」を目指すように。
我々、F-Xファンも1年前の約束を果たしに、海の中道海浜公園へと向かうワケですね。

と、言うことで。
今年も無事に、F-Xの開催が発表されました。
嬉しい限りです。
今年で4回目で、野外フェスとしては3回目。
2度あることは3度ある、とか。
3度目の正直、とか言いますけど。
果たして、今年はどんなフェスになるのか。
非常に楽しみです。

因みに、正直に申しますと。
2月に入ってから、F-Xの情報が解禁されると思っていましたので。
少なくとも、あや兵衛の中ではフェイントでした。

まず、解禁されたのが、日時とチケット購入方法です。
昨年の内容と、それほど代わりはないようですが。
今年も、チケットが割引価格で購入できますので。
お早めに、公式HPをチェックされることをオススメします。

今年もどんなアーティストが出演するのかが、非常に楽しみでして。
ただ、昨年の場合。
BIGMAMAが、出演の最終発表になったがために。
フェス当日、メンバーが何故か謝罪を述べるという、何とも言えない事態なっていましたが。
BIGMAMA自体には、何も罪はないと思いますけどね。

あや兵衛個人的な意見としましては、まぁ、ダメで元々で言いますけども。
ivory7 chordが出演していただけたら。
目から汁が、大量に零れ落ちると思います。
まぁ、この予想が外れたら、外れたで。
違う意味の汁を目から流します。

今回のBGM:SUM41「No Reason」
[PR]

by p_and_l | 2010-01-25 22:11 | 偏見的ライブ情報

BEA presents F-X 2009 at 海の中道海浜公園 デイキャンプ場 【5/10の章】

もう、とっくにご存知の方は、ご存知であると思いますが。
実は、このブログ、F-Xの公式ブログにリンクさせていただいてます。
本当に恐悦至極です。
リンクの事実を知った時。
えらく恥ずかしくて、耳まで真っ赤にして。
えらく申し訳なくて、畳に暫く突っ伏して。
ただ、後から冷静になると。
あぁ、してヤラれたな、みたいな感じになりましたけどね。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■10:45~ HOLIDAYS OF SEVENTEEN
夏日を思わせるほどの日差しの下、ステージでは終始、温かい雰囲気に包まれました。
中原功太氏(Gt.&Cho.)が「お早う!」と挨拶すると、観客から盛大な拍手が沸き起こり、こんなの初めて、と本人もえらくご満悦の様子で。でも、途中からデタラメな英語で話し出すところが、何とも。
ステージ中、時折、ダンサーとしての本領を発揮させながら、山下蓬氏(Key.&Cho.)が観客に手拍子を誘導させていきます。
また、いつもならステージ中に、三浦太郎氏(Vo.&Gt.)のメガネが勢いあまって外れるところですが、今回は何故か外れなくて。あれ、珍しいな、と思っていたら、ラストで、メガネを外して、観客へ投げたのには、えらく驚きました。

■11:30~ THE RODEO CARBURETTOR
1曲目から新曲をブチかますという、何とも彼等らしい荒業でした。
境敦哉氏(Dr.)がステージに登場するや否や、上半身裸になるわ、「ロックンロール!」「かかってこいよ!」などと、鍛治毅氏(Vo.&Gt.)が威嚇するわ、で。しかも、「体力を温存するだろうが、次の曲は思いっきり踊れ!」と、1番目のステージながら、アクセル全開に突き進んでいきます。
だから、ラストでドラムセットのシンバルが倒れるわ、鍛治氏のマイクスタンドが倒れるわ、で。もう、ブレーキが壊れた状態でありました。
因みに、鍛治氏のMCで、「メンバーの中に雨男がいるけど、晴れてよかった」とのこと。

■12:20~ BIGMAMA
今年のF-Xの出演アーティスト発表において、最後に発表されたのが、このBIGMAMA。金井政人氏(Vo.&Gt.)はMCでその事に触れ、「ラストに発表されて、ごめんなさい」と、健気に謝罪。しかし、観客からは「そんなことないよ」と、即、フォローの声が上がりましたね。
また、過去に対バンを果たしたHOLIDAYS OF SEVENTEENやthe telephonesの名前を挙げた上で、「友達のバンドや先輩のバンドと一緒に参加できて嬉しい」と述べ、「1つのことに努力すれば、実現できることを、このライブで示したい」と、その堂々たる様は、非常にかっこよかったです。
間奏で響く、東出真緒嬢(Violon)のバイオリンの音色がとても綺麗でしたね。

■13:10~ te'
今回で来福が2回目となるte’。masa氏(Ba.)の、「次のライブは福岡Yahoo!ドームで」というMCを皮切りに、「生まれ変わったら、福岡に住みたい」や「明日にでも籍を福岡に変える」と、福岡LOVEであることは充分把握しましたが、何事にも限度があると思われ。
演奏中は観客に背を向けるmasa氏も、MCではちゃんと正面を向いてくれまして。只、前を向くと、メンバーから怒られるそうで。本人曰く、「捨て身のMC」。
そんな破天荒っぷりはMCだけに止まらず、ラストでは、まず、masa氏とhiro氏(Gt.)がそれぞれ自分の楽器をkono氏(Gt.)の体にかけて。次に、masa氏はステージ下に降りて、hiro氏はマイクスタンドを抱えながら暴れて。最後に、kono氏はと言うと、そのままの状態で平然と演奏したという。

■14:00~ the telephones
石毛輝氏(Guitar,Synthesizer,Vox)の高い声と、岡本伸明氏(Synthesizer,Cowbell,Chorus)の半端ない暴れっぷりが印象的でした。
また、観客全員で「ディスコ!」と何度も叫んだり、サークルモッシュができたり、シャボン玉が飛ばされたり。この広い野外でディスコ気分が味わえるなんて、ある意味贅沢じゃないか、と思いましたよ。でも、会場が何処であろうが、観客を惹き込ませる絶対的なパワーがありましたね。
あと、ちゃんと、ステージにはミラーボールまで用意されてありました。
「ここ(F-X)に来れて光栄です。他にいろんなバンドがいるから、ライブハウスに行って、皆の力でここに呼んでほしい」という、このMCには心がほっこりしました。

■14:50~ 9mm Parabellum Bullet
今回も滝善充氏(Gt.)は、麦焼酎「いいちこ」の前掛けを着けて登場しました。しかも、その格好のままで、酒ビンを煽るんですから、もう板についたようですね。ただ、マイクスタンドを抱えたまま、ギターを演奏する力技には驚きました。
今回も中村和彦氏(Ba.)は、平然と菅原卓郎氏(Vo.&Gt.)のマイクを動かし、菅原氏は平然と唄い続けました。
メンバーが少しでも腰を屈めば、観客のダイブやモッシュで見えにくくなることがありまして。まぁ、それだけ興奮が激しいってことです。曲が始まるたびに、声が何度も上がってましたしね。
実は、5月9日は滝氏の26回目の誕生日でして。スタッフ等から用意されたバースディケーキが、ステージに登場しました。観客からの祝福の拍手を受ける中、滝氏はえらくご満悦の様子で。菅原氏曰く、「F-Xとフジキングには、一生分の借りができたね」と。

■15:40~ dustbox
ステージ開始前から、多くの観客が肩車をして、メンバーを待ってありました。
SUGA氏(Vo.&Gt.)に首にかけられてたレイ。本人曰く、楽屋で1問正解したとのことですが、流石に詳細は、不明。
SUGA氏とJOJI氏(Ba.&Vo.)の2人の声が気持ちいいくらい突き抜けていて、かっこよかったです。
JOJI氏は「時間が短いから、思いっきり楽しめ!」と言った後、「後ろのサークルも最高!」と、観客ブースの後部でできていたサークルモッシュに対してもコメントを述べました。
続いて、SUGA氏も「今日は祭りだ!」と拍車をかけまして。この時、あや兵衛としては、「フェス=フェスティバル=祭り」ということを、改めて気づかされた感じで。観客のダイブが終始続く中、会場全体から生じるパワーの凄さに感心しました。

■16:30~ Nothing’s Carved In Stone
九州では初のライブをF-Xで迎えるなんて、これは偉業と言って、過言ではなかろうか、と。
観客からメンバーの名前が呼ばれることに対し、村松拓氏(Vo.&Gt.)曰く、「個別ですね」と。まぁ、確かに、メンバー個別のファンがいらっしゃること、そして、生形真一氏(Gt.)や日向秀和氏(Ba.)に至っては、個別のプレイスタイルが顕著でいらっしゃることは、至極ごもっともでございます。
あと、あや兵衛は村松氏がえらくストイックな人だと、憶測を持ってたが故に、MCでの緩さ加減と言ったら、もう。えらく驚きました。その緩さが直接の原因かは判りませんが、村松氏がMCで次の話題を口にしようとしたら、生形真一氏(Gt.)のイントロが始まっちゃって。そのまま演奏に移ってしまいましたね。
因みに、生形氏(Gt.)は昨年のF-Xでは夜の出演だったため、夜の会場の雰囲気しか知らなかった分、日中の絶景に驚かれてありました。

■17:20~ eastern youth
吉野寿氏(Vo.&Gt.)の最初の挨拶にて、「少しの間やります。耳を塞いで下さい」と言いましたけれど、このステージで耳を塞いだことがあっただろうか。否、ない。
吉野氏の歌声がじわじわと心に染みて、とてもほっこりしますし。曲全体のスケールの大きさを思い知らされました。
しかも、この時間帯はちょうど陽が傾き始めて。夕景が広がる中、優しい風が吹き抜けるという、見事なシチュエーションだったと思います。
あと、吉野氏の別の挨拶にて、「eastern youthです。もう、ユースじゃないんですけど。41歳の春です」と言いましたけれど、彼等の曲に青春を彷彿させないことがあっただろうか。否、ない。

■18:10~ BEAT CRUSADERS
ステージ開始が近づくに連れて、会場の後方にあるシートエリアなど、あちこちから、続々と観客がステージに向かっていく姿を見まして。その様子に、あや兵衛は産卵のために陸に上がるウミガメを彷彿させました。
初手からの観客の熱気に、ヒダカトオル氏(Vo.&Gt.)は、「流石、九州男児はアツい!」と感心しまして。実は、御祖父様が宮崎出身のため、九州の血が混じっているヒダカ氏本人も喧嘩っ早い、とのこと。
因みに、今回の卑猥用語コールは、安産を祈願してのこと。その後に、痴漢撲滅の為に、東京からあの刑事を呼んできたとヒダカ氏に紹介されて登場したのは、挨拶代わりに山本高広氏のネタである「キター!」をかます、カトウタロウ氏(Gt.)。しかも、ここの会場である「海の中道」を敢えて、「海の中●し」とわざわざ、卑猥表現に言い直すトコがなんとも。
あと、クボタマサヒコ氏(Ba.)に至っては、カトウ氏と共に、観客ブースでステージを観てたら、ある観客からPOLYSICSのハヤシ氏と間違えられたそうで。クボタ氏がメガネをかけてたが故の間違いだったかと思います。

■19:00~ マキシマム ザ ホルモン
ダイスケはん(キャーキャーうるさい方)曰く、「(F-X)出演者はライブハウスで、鎬(しのぎ)を削っているバンドだ!ライブハウスは戦場だ、2つしかない!それは、殺るか、殺られるかだ!」と、この時の観客の
マキシマム ザ ホルモンはF-X2回目の出演ですが、野外は今回初です。だから、1回目の頃と比べると、F-Xはパワーアップしてるから、後悔するなよ!思いっきり楽しめ!と仰るワケですよ。ただ、今回の出演時間が夜のため、海が見えないのが残念、と漏らしてましたが。
恒例の恋のおまじないは、本来なら一度、ナヲ姉指導の下、観客全員で練習を行うんですが、今回は練習なしで見事、一発でキマり、ナヲ姉から盛大な感嘆の声が上がりました。

■19:50~ POLYSICS
ハヤシ氏(Guitar, Voice, Programming)が「最後だから、思いっきり楽しめ!」と言うと、無論、観客がその声に応えないはずがなく。踊ったり、体が揺れたり、と、何と言いますか。観客のグルーヴが上下ではなく、横に繋がっていく感じでしたね。また、観客全員で腕を横に振ったり、手拍子したりと、何だかあらゆるトコから、手が生えてるような錯覚に陥らなくもないです。
実は、先程の台詞の後に「俺も楽しむ!」と続くんですが、ハヤシ氏本人が全身を使って踊る姿に、最後の台詞にはえらく説得力がありました。流石は、今年の大トリという大役を務めるだけあって、言葉の重みが違います。
アンコールでは通常、「アンコール!」と言うところを、今回は「ハヤシ!」と名前が何度も上がりました。
しかも、アンコールでは、最後まで残っていたバンドのメンバー全員がステージに登場して、トーストされた食パンを観客ブースに投げ込みました。実は、POLYSICSは初期の頃、ライブで食パン投げのパフォーマンスが行われていたため、これはもう、ファンにとっては非常に嬉しいコトでありました。
アンコールは2回行われ、「トリをやれて、光栄です!」と、ハヤシ氏の言葉と共に、観客からの一際大きい拍手が響きました。また、「ステージ上絶景、No.1!」と、太鼓判を戴いたものの、その絶景を望むことは、我々、観客には難しいことですが。「(ステージ上からの絶景を)観たいなら、バンド組んで下さい!」と、これには、もう感服の至りでございました。
[PR]

by p_and_l | 2009-05-22 00:32 | ライブレポート

BEA presents F-X 2009 at 海の中道海浜公園 デイキャンプ場 【5/9の章】

F-X、今年も無事終了、おめでとうございます。
出演アーティストを初め、スタッフ、関係者の皆様方、本当にご苦労様でした。
そして、本当に有難うございました。
あや兵衛にとって、非常に充実した2日間と相成りました。
来年も大いに期待しております。
実は、今もその時の筋肉痛が続いてるんですが。
言い換えれば、嬉しい痛みですからね。
もう、マゾですよ、はい。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■10:45~ Special Thanks
雲1つない澄み切った青空の下、ミサキ嬢(Vo.&Gt.)の魅力的な声が響くこと、響くこと。曲を通してまっすぐに表現する、そんな彼女が可愛くて仕方ないですよ。
そして、主にMC担当のショーン氏(Gt.&Cho.)が、観客に向かっての開口一番「暑いねー!」と、ハイテンションっぷりを見せつけてくれる中。
ルパン氏(Ba.&Cho.)も演奏中、手拍手や腕を振ったりして、観客の興奮を煽っていきました。
もう、オープニングアクトにも関わらず、多くの観客がステージに密集し、ダイブやサークルモッシュが展開されました。

■11:30~ S.M.N.
遂に開幕したF-X。この先陣を切ったのが、地元・福岡勢のバンドの1つ、S.M.N.。
ステージ開始のSEが流れると、複数の観客が肩車をして、メンバーを迎えてました。
メンバーが物販ブースにできた観客の長蛇の列を指して、「物販、最悪―!」と叫んだ後、「俺等はライブをしに来たんだ!」と、観客に堂々たる姿を見せ付けました。また、別のMCでは、メンバーが会場のトイレに行った際、ある男性3人組の会話で「S.M.N.って誰?」と言われたエピソードを披露し、「(S.M.N.は)俺達です!」と自己アピールをしましたね。
それにしても、野外ともあって、機材トラブルが起きることは仕方なきことですが、「俺、泳いで帰る!」とメンバーがツッコミ満載の逆ギレするのは、珍しいケースだと思いました。
彼等のステージは迫力満載で、メンバーのヘッドバンギングが凄かったですね。また、音なしの状態で、横山裕章氏(Gt.&Vo.)と西村浩介(Vo.&Ba.)の2人の歌声が会場に響いた時は、もう、身震いしました。

■12:20~ knotlamp
リハーサルでKEIT氏(Vo.&Gt.)が本格的に唄い出すフェイントに、本番さながらの観客の興奮を沸かせました。
地元・福岡のバンドである彼等は、KEIT氏(Vo.&Gt.)の口から「メンバーの間で、F-Xに出るのが夢だった」と、達成した充実感に、また、観客からの声に1つ1つ反応しては、「地元・福岡って感じで嬉しい」と温かい雰囲気に、笑顔が溢れてました。
その一方で、「knotlamp最高!」と言った観客に対しては、「それ、英語で言ってみて」と、無茶振りをする茶目っ気も見られました。
機材トラブルにより、急遽KEIT氏から担当を任されたAKIHIKO氏(Dr.&Cho.)のMCによると、去年のF-Xにも、雨の降る中、来てたそうで。
太陽が照りつける中、メンバーの演奏する姿はとても輝いていましたが、何より、メンバーの金髪がえらく眩しかったように思えたのは、あや兵衛だけでしょうか。

■13:10~ F.I.B
「楽しんだモン勝ちだ!」叫び、観客に踊れや唄えやと煽る中途氏(Vo.)本人が一番、身体全体を使って暴れていたのではないでしょうか。また、何が直接の原因なのか不思議なくらい、中途氏の顔がえらく紅潮していたのが印象的でした。
前列の中途氏の歌声に、JJ氏(Gt.&Cho.)、Pelori氏(Gt.&Cho.)、ホワイティ氏(Ba.&Cho.)3人のコーラスが加わると、迫力がとても凄くて、更に、観客が一斉に腕を高く掲げながら一緒に歌えば、見事な相乗効果となります。
実は、フェス自体が初めてだったF.I.B。ステージの盛り上がり具合に大変満足の様子で、観客に対し、礼を言いました。そして、ステージ最後には、中途氏が観客ブースへダイブをキメて、初のフェスは大成功を収めました。

■14:00~ DOES
第1回目のF-Xではオープニングアクトだった地元・福岡のバンドが、再びF-Xに帰ってきてくれましたよ。
メンバーがステージに登場する際、赤塚ヤスシ氏(Ba.)から観客に向けて水の入ったペットボトルが投げられて。これが、なんとまぁ、見事な飛距離で。
また、各メンバーが各メンバーを紹介する際、森田ケーサク氏(Dr.)から観客に向けて自分のTシャツが投げられて。これは、本人が「暑い!」と、ペットボトルの水を頭からかけて、それを見ていた氏原ワタル氏(Vo.&Gt.)に「脱げ、脱げ」と挑発されるがまま、実行したワケですが。Tシャツを受け取った観客に対し、「気をつけろ。馬鹿が感染る」と、氏原氏がのたまうのが何とも。
突然、赤塚氏がステージを降りて、観客ブース前を駆け巡ったのには驚きましたが。興奮に包まれたステージのラストで、最高潮に達したのか、ステージで仰向けのままギターを掻き鳴らしていたのが、起き上がって、同じようにステージに降りてきた氏原氏には、もっと驚きましたよ。

■14:50~ MARS EURYTHMICS
とにかく、磯部正文氏(Vo.&Gt.)の声の伸びが、素晴らしくて仕方なかったです。ギターの音の魅力が満載で、身体を揺らさずにはいられませんでしたよ。
ステージ途中、スタッフがメンバーの方に近づいてきたと思いきや、工藤哲也氏(Ba.)のアンプの調子がおかしいようで。ベースなしで演奏中の曲が終わりに近づく中、スタッフや工藤氏の尽力で、ベースからイントロが始まる曲には間に合うことができました。
但し、シールドが短くなってしまい、コーラスに使うマイクの位置が後ろへと下がってしまいましたが。
3曲連続で、新曲が披露されるという珍しい構成でしたが、磯部氏もその点をMCで触れた上で、それらの新曲を収録したCDがこの会場限定で販売されていると、ちゃっかりかつ、ちゃんと宣伝も兼ねてありました。

■15:40~ GLORY HILL
曲だけじゃなくMCでも終始、元気いっぱいのメンバーが魅力的で。ステージから望む海に、TAKUYA氏(Vo.&Gt.)が「海が綺麗!」と感銘してありました。
あや兵衛の中でGLORY HILLの曲は英詞の印象が強いけど、改めて日本詞の曲を聴いた時は、まっすぐに伝わってくるメッセージに心が震え上がりましたね。
最後の曲で、観客に「ついてこれるか!?」と挑発したおかげで、観客の熱狂に更に火がつき、凄まじいダイブ・モッシュが起きましたよ。観客数十名が大きな輪になった状態で待機してて、サビに入った途端、中心に駆け寄ってくるサークルモッシュと言うのを、あや兵衛、この時初めて観ました。

■16:30~ GOOD 4 NOTHING
このフェスにおいて、次のステージのセッティング中に流れるSEが止むと、ステージが始まることを認識しますけども。GOOD 4 NOTHINGの場合、突然の「始めるぞー!」と、TANNY氏(Vo.&Gt.)の声に、散らばっていた観客が一斉にステージ中心に集まっていく光景に、凄いなぁ、とあや兵衛は感心してました。ただ、観客ブース最前に控えているスタッフさん等が、全速力で持ち場へ走っていく光景に、凄いなぁ、とあや兵衛は愕然としてました。
ここが福岡だけあって、TANNY氏が観客に「お前ら、めんたいロックかー!?」と挑発し、もう、観客の腕振りやら、手拍子やら、そのタイミングと勢いが秀逸です。
メンバーもステージの両端まで駆け巡り、終いにゃ、上半身裸のTANNY氏がギターを置いたと思いきや、観客の波へ飛び込んでいきました。

■17:20~ ASPARAGUS
「ここは海が綺麗で、景色が良い。良いトコだね――人の奥に水がある」と、最後は自己流の賛辞を呈した渡邊忍氏(Vo.&Gt.)。
チューニング中、一瀬正和氏(Dr.)は同じ男性観客から何度も名前を呼ばれる始末で。失笑気味になった一瀬氏を渡邊氏が、「ドラムはジャニーズ直系だから」と、さらりとトドメを指すトコが何とも。
また、只でさえ、独特の甘い歌声で魅了されているのに、MCでもその声で、「これ(新曲)は2人1組とかで盛り上がる曲です。いきすぎると子供できちゃうからね」と、さらりと下ネタを盛り込むトコが卑怯すぎるほど、卑怯です。
ASPARAGUSは比較的、メンバー間の距離が近かったと思うんですけど、そこから生まれるグルーヴ感にシビレさせていただきました。

■18:10~ the band apart
リハーサルでは、メンバーの1人が音を鳴らせば、別のメンバーが音を被せてくるという、ちょっとしたセッションに。
原昌和氏(Vo.&Gt.)は福岡に来ると、梅ヶ枝餅(「うめがえもち」…小豆餡を薄い餅の生地でくるみ、梅の刻印が入った鉄板で焼く焼餅のこと)を食べることを楽しみにしてるそうですが。今回に限って、高速道路のPAでは店が閉まってたという、原氏曰く、「とんだウェルカムパーティーでしたよ」。
また、水分補給中、男性観客から「水、美味しい?」と尋ねられた原氏は、その観客に向かって、そのままペットボトルを投げました。原氏曰く、「それで、餅、流し込め」。
最初はそれぞれの立ち位置だったのがが、徐々にヒートアップすると、全く違う立ち位置での演奏となり、ラストは曲と観客からの盛大な拍手が混じる中、川崎亘一氏(Gt.)、木暮栄一氏(Dr.)、荒井岳史氏(Vo.&Gt.)の順にステージを離れ、残った原氏が見事なソロプレイを披露し、終幕となりました。

■19:00~ KEN YOKOYAMA
お約束のように、Ken Yokoyama氏(Vo.&Gt.)のアンプの上には、3体の愛らしいレッサーパンダのぬいぐるみが常備されてます。
MCでKen氏が「夏ですね!」と言うと、観客もい●とも風に「そうですね!」と続き、「『Summer Of '99』ですよ!」と言えば、「そうですね!」と、この後の観客の過熱ぶりがヒトシオでした。もう、ダイブ・モッシュが絶え間ない。
また、別のMCでは男性シンボルの各人各様さから、女性に対する顔と母性の象徴的サイズとの関連性へと、話が下ネタへ脱線してしまいまして。業を煮やしたJun Gray氏(Ba.)が時間がないよと、教育的指導キックをKen氏に入れようとする有様に。そんなJun氏は、二児のパパ。
「今日のステージに来なかった人が後悔するくらい、良いライブをするから」と宣言した中、なんと、ステージにMARS EURYTHMICSの磯部氏がゲストで登場し、曲を披露してくれました。

■19:50~ RAZORS EDGE
Ken Yokoyama氏のライブに一緒についていって以来、九州にライブで訪れる機会が多くなって。年明けに、この1日目のトリを務めることが判って以来、この約5ヶ月間、非常に緊張したことをMCで告白しました。
RAZORS EDGEと言えば、サークルモッシュがお約束で。KENJI RAZORS氏(Vo.)の提案に促されるまま、観客ブース後部に設置されていたPA(音響設備)を囲むような、巨大なサークルが出来上がりました。
観客が踊り狂う中、KENJI氏も高いジャンプを繰り返して。また、そんな中、ステージ袖から1人の男性がダイブしてきたのには、驚愕しましたね。あれは一体、誰だったのやら。
アンコールでは、実はやってみたかったというKENJI氏に呼ばれ、このフェスの首領(ドン)かつ主催者であるFUJIKING氏が今年もステージ上に登場。観客からの盛大な拍手で迎えられました。
何故、自分達をトリにしたのか、と言うKENJI氏からの質問に、FUJIKING氏の回答は「面白そうだから」。のみ。的確かつ説得力のあるお言葉でありました。
ラストはKENJI氏が観客ブースへダイブ。観客に支えられながら、夜空へまっすぐに拳を掲げる彼の姿に、緊張していたことが、まるで虚言のようにすら思えましたね。
[PR]

by p_and_l | 2009-05-12 23:24 | ライブレポート

BEA presents F-X 2009、タイムテーブル決定。

あや兵衛の黄金週間は、暦通りです。
予定では、とりあえず。
3日かかって観たDVD「スカイクロラ」を、もう一度見直したり。
9mm Parabellum Bullet「act I」のうち、実はまだ観てないDVD2枚目を観たり。
こないだのライブで購入したlocofrankのDVDを、いい加減、袋からぐらい出そうか、と。

全国のおとまにの皆さん、こんにちは。
あや兵衛こと綾部かづきです。

■BEA presents F-X 2009
 ・日程:2009年5月9日(土)・10日(日)
 ・開場/開演:両日共に、10:30/11:00(20:30終演予定)
 ・会場:海の中道海浜公園 デイキャンプ場(福岡市東区西戸崎)※雨天決行
 ・料金:1日券…各日6,300円(入園料込み)/2日間通し券…10,500円(入園料込み)※6才未満入場不可
 ・ローソンチケット 0570-084-008【Lコード:89999】/チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:317-018】
 ・チケット一般発売日:3月8日(日)
 ・問合せ:BEA 092-712-4221
 ・出演アーティスト
 5月9日(土)
 10:45~ Special Thanks
 11:30~ S.M.N
 12:20~ knotlamp
 13:10~ F.I.B
 14:00~ DOES
 14:50~ MARS EURYTHMICS
 15:40~ GLORY HILL
 16:30~ GOOD 4 NOTHING
 17:20~ ASPARAGUS
 18:10~ the band apart
 19:00~ KEN YOKOYAMA
 19:50~ RAZORS EDGE

 5月10日(日)
 10:45~ HOLIDAYS OF SEVENTEEN
 11:30~ THE RODEO CARBRETTOR
 12:20~ BIGMAMA
 13:10~ te'
 14:00~ the telephones
 14:50~ 9mm Parabellum Bullet
 15:40~ dustbox
 16:30~ Nothing's Carved In Stone
 17:20~ eastern youth
 18:10~ BEAT CRUSADERS
 19:00~ マキシマム ザ ホルモン
 19:50~ POLYSICS
 ・公式HP→http://www.bea-net.com/FX/



やっとこさ。
今年のF-Xのタイムテーブルが、発表と相成りました。
発表まで、えらく放置プレイを受けてたような気がします。
昨年のタイムテーブル発表が、4月の半ばだったせいでもありますが。
もしかして、F-X当日までタイムスケジュールが判らないのでは、とも思いましたよ。

しかし。
今年のタイムスケジュールには、驚きました。
初日のトリはRAZORS EDGE。
昨年は初日目の1番目だったのが、今年は初日目のトリですよ。
何ですか。
この、ニュータイプに覚醒したような、超人的な飛躍は。

そして、今年の大トリは、POLYSICS。
去年はセミ大トリでしたからね。
今年のF-Xのラストを、思いっきり「トイス!」で、しめたいものです。

正直なトコ。
F-Xまで、あと1週間ちょっとと言うのが、実感が湧かないんですよね。
でも。
ここ最近じゃ、ちらほら、夏フェスの話題が上がってますけど。
あや兵衛としては、まだ夏フェスどころじゃないぞ、と。
このF-Xを制覇するのが先だ、と。
意気込みは大いにあります。

昨年は生憎の天候でしたが。
今年は、天候に恵まれることを心より願っております。

まぁ。
天候が悪かったら、悪かったで。
あや兵衛は見逃してしまったが。
昨年のF-Xで、タイムテーブルを手書きしたレインコートを着用する強者が、いらっしゃったそうで。
また、現れたらいいなぁ、なんて思ってないですよ。
えぇ、ちっとも。

さて、遂に。
今回で最後になります。
10日(日)に出演するアーティストの情報等を、簡単にまとめてみました。

・BEAT CRUSADERS
 最新音源は、ベストアルバム「VERY BEST CRUSADERS」(2009.2.18)。

・BIGMAMA
 最新音源は、2ndフルアルバム「Dowsing For The Future」(2008.12.3)。

・dustbox
 最新音源は、5thフルアルバム「Blooming Harvest」(2008.11.5)と、V.A「...OUT OF THIS WORLD 4」 (2009.4.15)※dustboxは14曲目「Just One Minutes」を収録

・eastern youth
 最新音源は、11thシングル「赤い胃の頭ブルース」(2008.2.6、配信限定)。オムニバスアルバム「極東最前線2」(2008.7.23)と、ベストアルバム「1996-2001」・「2001-2006」(2008.7.23)。

・マキシマム ザ ホルモン
 最新音源は、2ndDVD「Deco Vs Deco~デコ対デコ~」(2008.3.19)と、8thシングル「爪爪爪/「F」 」(2008.7.9)。

・Nothing's Carved In Stone
 最新音源は、1stフルアルバム「PARALLEL LIVES」(2009.5.6)。
 2009年5月29日(金)~6月30日(火)に「PARALLEL LIVES TOUR」、2009年7月08日(水)~7月15日(水)に「POLYPOIDO TOUR」を開催。(福岡は7月11日)

・THE RODEO CARBURETTOR
 最新音源は、4thフルアルバム「rowdydow」(2008.11.5)。
 2009年9月6日(日)~11月7日(土)にアルバムリリースツアーを開催。(福岡は11月1日)

・POLYSICS
 最新音源は、アルバム「1st P」、「A・D・S・R・M!」(2009.2.25)。シングル「Shout Aloud!/Beat Flash」(2009.3.11)。

・te'
 最新音源は、2ndDVD「音楽を汚すものは、悦楽でも、惰性でも、官能でも無い。 現実が要求する打算と、経験から生まれる熟慮、それに反省。 現実を汚す音楽を救えるものは、受取手の無垢という表現」(2009.3.11) と、3rdアルバム「まして、心と五感が一致するなら全て最上の『音楽』に変ずる。」(2008.10.8)。

・the telephones
 最新音源は、2ndミニアルバム「Love&DISCO E.P.」(2008.11.19)。
 2009年4月にEMIミュージック・ジャパンと契約しメジャーデビュー。

・9mm Parabellum Bullet
 最新音源は、2ndアルバム「VAMPIRE」(2008.10.15)と、1stDVD「act I」(2009.4.1)。
 2009年6月12日(金)~7月8日(水)に「THE BACK HORN × 9mm Parabellum Bullet『大惨事目眩大戦』」を開催。(福岡は6月19日)

・HOLIDAYS OF SEVENTEEN
 最新音源は、1stアルバム「YEAH」(2008.9.3)。
 2009年6月19日(金)福岡ビブレホールにて、6月28日(日)福岡DRUM SONにてライブを開催。

今回のBGM:ラジオ。
そろそろ、ラジオレポがやりたくなりまして、えぇ、はい。
[PR]

by p_and_l | 2009-05-01 22:34 | 偏見的ライブ情報